ビッグローブ光はIPv6がおすすめ!高速通信できる理由、利用方法を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「ビッグローブ光はIPv6対応してるの?」「どうやってIPv6に接続させるの?」など、ビッグローブ光のIPv6について気になっていませんか?

結論、ビッグローブ光ではIPv6という接続方法を使うことで、回線速度が通常の2倍以上になるケースもあるなど、快適にネットを利用できます。

ですが、光回線は申し込みや設定がややこしく、分かりずらいのが難点ですよね。

このページでは、長年光回線の販売員をしてきた私が、ビッグローブ光のIPv6の気になる速度・評判から申し込みの流れ、接続手順などを解説します。

  1. ビッグローブ光のIPv6は優秀!実測値をチェック
  2. ビッグローブ光のIPv6はユーザーの評判も良い!
  3. ビッグローブ光でIPv6対応のルーターを用意する方法
  4. ビッグローブ光のIPv6オプション申し込み方法
  5. IPv6オプション申し込み後の接続手順
  6. IPv6で接続しているのに遅い?原因と対策をチェック
  7. ビッグローブ光をお得に申し込めるおすすめの窓口

これを読めば、ビッグローブ光のIPv6について詳しく理解でき、快適なネット生活を送ることができます。

1. ビッグローブ光のIPv6は優秀!実測値をチェック

まずはビッグローブ光でIPv6を利用したときの速度を見てみましょう。

通常プランのIPv4と比べて、IPv6オプションにすると2倍以上のダウンロード速度になります。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

オプションの有無通信規格平均ダウンロード速度平均アップロード速度オプション料金
オプション非加入
(通常の光回線プラン)
IPv4129.22Mbps163.87Mbps無料
「IPv6オプション」に加入IPv6323.54Mbps206.18Mbps無料
(IPv6対応ルーターのレンタル時は月額550円)

出典:みんなのネット回線速度

ビッグローブ光の契約時にデフォルトで設定されるIPv4と比較して、IPv6ではユーザーの許容量が多いため、より優れた速度でインターネットを利用できます。
IPv6 IPv4 比較
では、なぜビッグローブ光のIPv6を使うと速くなるのか、理由を解説していきます。

1-1. IPv6がIPv4よりも速い理由

IPv6は次世代の通信規格で、光回線がより速く快適に使えるようになります。

IPv4と比べて、IPv6を利用した際の速度が優れている理由は、以下の2点です。

  1. IPアドレスの対応数が多い
  2. インターネットと直接つながるIPoEを利用可能

理由1:IPアドレスの対応数が多い

そもそもインターネットに接続する機器には、それぞれの機器を識別する為のIPアドレスという番号があります。

新しい通信規格であるIPv6は、従来のIPv4と比べてIPアドレスの対応数が大幅に増えている事が特徴です。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

通信規格IPアドレス対応数
IPv63.4×1038
IPv44.3×109

IPv4のIPアドレス対応数も一見すると多く見えます。

ですが、今や世界で52億人もの人がインターネットを使用しています。そのため、IPv4ではIPアドレス対応数が不足してしまい、通信速度に影響が出ていました。

しかし、IPv6の対応できるIPアドレスは3.4×1038です。もし仮に、全世界の人がネットを使っても処理できる上に、混雑もしない快適なインターネットが実現できるのです。

中にはIPv4からIPv6に変更したことで、30倍近いダウンロード速度になったケースもあるようです。

理由2:インターネットと直接つながるIPoEを利用可能

他にもIPv6は、IPoEという接続方式に対応している事もポイントです。

簡単にいうと、従来のPPPoEよりIPoEの方がインターネットに接続するまでの手間が少なく、回線速度が速く快適なインターネットが使用できます。

最大通信速度でもPPPoEは1Gbpsしかでないのに対し、IPoEでは10Gbpsもの速度が出る点も優秀です。

2. ビッグローブ光のIPv6はユーザーの評判も良い!

ビッグローブ光でIPv6を利用した人の声をTwitterで見てみると、「速度が大幅に良くなった!」という声が上がっています。

このように、ビッグローブ光でIPv6を利用した方の多くが速度を評価しています。

そのため、安定して高速のネットが使いたい方や、今より速く快適に光通信を使いたい方は、IPv6を利用しましょう。

ここまでのまとめ

以上で見てきたように、ビッグローブ光はIPv6を利用することで、より速いインターネットを利用することができます。

さて、ここからはビッグローブ光でIPv6を利用する流れを見ていきましょう。

既にビッグローブ光を契約している人のIPv6利用手順は、以下の3ステップです。

  1. IPv6対応のルーターを用意する(3章
  2. IPv6オプションを申し込む(4章
  3. 接続設定をする(5章

ちなみに、これからビッグローブ光の利用を検討しているという人は、こちら「ビッグローブ光をお得に申し込める窓口」を参考に、お得な申込先をチェックしてください。

3. ビッグローブ光でIPv6対応のルーターを用意する方法

まずはIPv6に対応したルーターを用意しましょう。

先にルーターを用意しておく事で、申し込み後スムーズに接続出来ます。

ここでは以下の3つのパターン毎に手順や、IPv6に対応したルーターを解説します。

3-1. ルーターを別途購入してIPv6を利用する(おすすめ)

ルーターの用意で最もおすすめなのは、市販のルーターを自分で用意する方法です。

というのも、ビッグローブ光でルーターをレンタルするよりもお得になるからです。

公式レンタルのルーターは月額550円がかかるのに対し、市販でルーターを購入すると約4000円~の価格帯で購入出来ます。

ですので、基本的には市販品のルーターを購入した方がお得になります。

下記のおすすめIPv6対応ルーターを参考に、購入を検討してみてください。

おすすめのIPv6対応ルーター3選

IPv6が正常に動作する事が確認されているルーターの中から、おすすめのルーターを3つ紹介します。

① BUFFALO:WSR-1166DHPL2|コスパ抜群の定番ルーター

WSR-1166DHPL2

機種名WSR-1166DHPL2
メーカーBUFFALO
メーカー推奨広さ3LDKまで
推奨利用環境12台(4人)
サイズ(幅×高さ×奥行)5.5×15.9×13cm
重さ265g
参考価格(Amazon)3,480円(2021年11月現在、税込価格)

WSR-1166DHPL2」は、パソコン周辺機器の老舗メーカーであるBUFFALOから発売されているコスパ抜群のWi-Fiルーターです。

4,000円を切る圧倒的なコスパの良さで、かつ複数端末の同時通信を可能にする「MU-MIMO」にも対応している点が魅力です。

② NECパーソナル:Aterm WX3000HP|最新のWi-Fi6で複数台つないでもサクサク

機種名Aterm AX3000HP
メーカーNEC
メーカー推奨広さ4LDKまで
推奨利用環境36台
サイズ(幅×高さ×奥行)12.95 x 4.8 x 17 cm
重さ940 g
参考価格(Amazon)11,867円(2021年11月現在、税込価格)

Aterm WX3000HP」は、電気機器メーカーで有名なNECから発売されているWi-Fiルーターです。

最新のWi-Fi6を搭載しており、30台近く同時接続できる高性能ルーターです。

他にも、接続中の端末化がアプリでわかる「見えて安心ネット」や、子供向けのセキュリティ・ネット制限機能もあって便利でおすすめです。

③ BUFFALO:WXR-6000AX12S|最大4803+1147Mbpsの通信速度が魅力

機種名WXR-6000AX12S
メーカーBUFFALO
メーカー推奨広さ4LDKまで
推奨利用環境36台
サイズ(幅×高さ×奥行)‎7.5 x 30 x 19.5 cm
重さ1.58㎏
参考価格(Amazon)37,300円(2021年11月現在、税込価格)

BUFFALOから発売されている「WXR-6000AX12S」は、とにかく通信性能に優れたルーターです。

最新のWi-Fi6に加え、64ビット2.2GHzクアッドコアの高性能CPUも搭載しており、負荷の大きいオンラインゲームやFXなどでも安心の一台です。

また、アンテナの向きを変えることで特定の方向の電波を強化できるので、端末別に強いWi-Fiを使う事も可能です。

3-2. 光電話に申し込んで、光電話対応ルーターで代替する

光電話を契約すると、同時に「光電話対応ルーター」という機器をレンタルし、自宅に設置する必要があります。

この光電話対応ルーターを代わりに利用して、IPv6に接続する方法があります。

ただし、この方法の注意点として、光電話対応ルーターは有線接続でしか利用できません。

もし無線(Wi-Fi)を使ってIPv6を使いたい場合には、無線LAN機能の付いたルーターが必要になります。

無線LANを使いたい場合は、3-1を参考にルーターを購入してください。

3-3. ルーターをビッグローブ光でレンタルする

最後に、ルーターをレンタルするという方法があります。

代理店NEXTからの申込であればIPv6対応のルーターを無料でレンタルすることができ、おすすめです。

4. ビッグローブ光のIPv6オプション申し込み方法

IPv6オプションの申し込みは、以下の3ステップで完了します。

  1. 契約窓口の「会員ページ」へログイン
  2. 「IPv6お申し込み」からIPv6オプションに申し込み
  3. ビッグローブのアドレスに届く設定完了メールを確認

申し込みから設定完了メールが届くまで、通常は2時間~1日で完了します。

使いたいと思ったらすぐ使えるのはビッグローブ光のIPv6の大きな魅力です。

また、ビッグローブ光に新規契約する人は、申し込みの際にオプションに加入しましょう。

オプション加入した後に、開通工事が完了すれば、IPv6をすぐ使えるようになります。

4-1. 注意点は「IPv6オプション」を選ぶこと

ビッグローブ光では、「IPv6オプションライト」でなく「IPv6オプション」を選ぶのがポイントです。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

オプション名IPv4 over IPv6IPv6サイトIPv4サイト
IPv6オプション対応
(IPv6で閲覧可能)
IPv6オプションライト非対応
(IPv6では閲覧不可)

というのも、「IPv6オプションライト」を選んでしまうと、IPv4 over IPv6を利用できないのです。

IPv6は従来より速く快適で優れている反面、IPv6に未対応のサイトに接続できないというデメリットをもちます。

ですが、IPv4 over IPv6の技術を利用することで、IPv4にしか対応していないサイトもIPv6で閲覧できるようになります。

また、「IPv6オプション」「IPv6オプションライト」どちらの場合でも料金は変わらず無料なので、「IPv6オプション」を申し込みましょう。

4-2. 分からない時のビッグローブ光への問い合わせ

もし上記の手順が分からない時は、以下の公式サイトで問い合わせてみましょう。

ビッグローブ光では通常のサポート窓口のほか、AIチャットサポートも用意されています。

窓口でのラグが回避したい場合や、簡単な質問の場合にはAIチャットサポートの利用もおすすめです。

5. IPv6オプション申し込み後の接続手順

IPv6オプションの申し込みが完了したら、次はIPv6でお手元のデバイスと接続しましょう。

無線・有線の2パターンに分けて、接続手順を紹介していくので確認してみましょう。

5-1. 無線の場合の接続手順

無線での接続にはWi-Fiルーター、もしくは無線LAN機能のついた接続機器が必要です。
IPv6
具体的には、以下のような接続手順になります。

  1. 光コンセントと光電話対応ルーター、もしくはONUを光ケーブルでつなぎます。
  2. 光電話対応ルーター(もしくはONU)を、Wi-Fiルーター、もしくは無線LAN対応接続機器につなぎます。
  3. 使用機器とWi-Fiでつなげれば接続完了です。

5-2. 有線の場合の接続手順

有線の接続も実際には可能です。複数台でIPv6を利用しない人や、強い回線でIPv6を利用したい人は有線の利用も検討してみましょう。
IPv6
具体的には、以下のような接続手順になります。

  1. まず光コンセントと光電話対応ルーター、もしくはONUを光ケーブルでつなぎます。
  2. ONUを利用する場合には、IPv6対応接続機器とLANケーブルでつなぎます。
  3. 光電話対応ルーター、もしくはIPv6対応接続機器から使用機器をLANケーブルでつなぎます。

5-3. IPv6で接続できているか確認する方法

IPv6に接続出来たら、最後に正しく接続出来ているか確認をしましょう。

確認方法は簡単で、ビッグローブ光サポートにアクセスするとすぐに接続を確認できます。

サイトにアクセスし、「現在の接続環境の部分」にIPv6と表示されれば正しく設定されています。

もし下図のようにIPv4と表示された場合には、ルーターの設定を再確認してみてください。

6. IPv6で接続しているのに遅い?原因と対策をチェック

IPv6でインターネットを接続しているのに、回線速度が遅いと感じる場合、以下の対処法を試してみましょう。

  1. パソコンの設定でIPv6が無効になっている|設定を変更
  2. モデム・ルーター・パソコンの不調|再起動してみる
  3. 使用機器の性能不足|古い機器がないかチェック

6-1. パソコンの設定でIPv6が無効になっている|設定を変更

まずパソコン側の設定を確認しましょう。以下でWindowsのIPv6の有効化手順について紹介します。

① Windowsボタンを押し、設定の「ネットワークとインターネット」を開きます。

②「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

③Wi-Fi(またはイーサネット)と書かれたアイコンを右クリックし、プロパティを開きます。

④ 図の赤印の部分にチェックがついていれば、IPv6が有効になります。


IPv6が無効の設定になっていると、IPv6接続が利用できません。基本的に初期状態ではIPv6は有効になっていますが、中には設定が無効になっているケースもあるので最初に確認しておくと安心ですね。

6-2. モデム・ルーター・パソコンの不調|再起動してみる

パソコンの設定に問題が無かったら、次に機器を再起動してみましょう。

IPv6の利用で経由している機器のどれか1つでも不調があると、速度が遅くなってしまいます。これらの機器を再起動すると、回線速度が改善されることがよくあります

特にモデムやWi-Fiルーターは365日24時間使い続けており、過負荷で不調になりがちなので要注意です。

6-3. 使用機器の性能不足|古い機器がないかチェック

最後に、使用している機器そのもののバージョンを確認しましょう。

インターネットはここ10~20年で飛躍的な進歩を遂げたため、古い機器だと最新のIPv6には対応しきれない事があります

パソコンやスマホなどの端末から、LANケーブルも含め一度機器を確認するのがおすすめです。特にLANケーブルは、「カテゴリ6e」と書かれているものだとIPv6に対応しているので安心です。

7. ビッグローブ光をお得に申し込めるおすすめの窓口

2021年11月現在、BIGLOBE光の一番お得な申込窓口は、代理店NEXTです。

お得な申込窓口を選ぶ主な基準は下記です。

  • キャッシュバック額と工事費割引額の合計額が高いこと
  • オプション加入が不要なこと

代理店NEXTでは他社に比べ圧倒的にキャッシュバック額が高く、光電話のオプション加入のみで63,000円を受け取ることができます。

もし光電話をつけない場合でも、60,000円もの高額なキャッシュバックを受け取ることができ、どちらもしても実質月額料金は代理店NEXTが最安です。

なお、下記の表以外にも、申込窓口は多数ありますが、「キャッシュバック+工事費割引額が5万円分以上」適用されるのは下記の申込窓口だけでした。

光回線
申込窓口
キャッシュバック額

工事費割引額
オプション加入要否受け取りやすさ
受取時期手続き
 NEXT合計:63,000
キャッシュバック額:63,000円
工事費割引額:0円
光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要

電話手続き
BIGLOBE光BIGLOBE光 公式合計:59,800円
キャッシュバック額:40,000円
工事費割引額:19,800円
光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
2カ月後
電話手続き
ブロードバンドナビ合計:57,800円
キャッシュバック額:38,000円
工事費割引額:19,800円
光電話のみ
※格安SIMユーザーは不要
6カ月後×
FAX申請後、再度WEB手続き

※3年間のみの契約(37ヶ月めで解約した場合)の計算
※戸建て(ファミリータイプ)の金額での計算

ビッグローブ光 正規代理店「NEXT」

当サイト限定! 合計最大71,300円おトク!

代理店NEXTでは、不要なオプション加入なしで6万円以上のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

また、v6プラス対応の高速Wi-Fiルーターを無料で利用できるので追加で費用がかかることもありません。

ポイント

BIGLOBE代理店NEXT「BIGLOBE光キャンペーンページ」:https://www.biglobe-hikari.net/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

まとめ

この記事では、高速のビッグローブ光をより速く使えるIPv6について、実測値や評判から、申し込み・設定方法に注意点を解説しました。

ビッグローブ光では「IPv6オプション」を使うことで、通信速度がより速くなります

ビッグローブ光のIPv6オプションは、以下の3ステップで利用でき、ルーターの用意にかかる代金以外は無料ですので、ぜひ試してみてください。

  1. IPv6対応のルーターを用意する(3章
  2. IPv6オプションを申し込む(4章
  3. 接続設定をする(5章

また、これからビッグローブ光を契約しようと検討している方は、NEXTからの申し込みがもっともお得でおすすめです。

このページを読んで、快適なネット生活を過ごされることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る