26社を徹底比較してわかったドコモ光で使える最高のプロバイダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ドコモ光に申し込むときにプロバイダはどれにすべきなのかな?」「プロバイダってどうやって選べばいいの?」などドコモ光を使うときは、プロバイダ選びに悩まれるかと思います。

一見、プロバイダごとにそんなに差はないように見えますが、実はプロバイダ次第でドコモ光の満足度は大きく左右されるといっても過言ではありません。

ここでは、26種のドコモ光対応プロバイダを徹底的に比較し、下記の流れでベストなプロバイダを選ぶお手伝いをしていきます。

  1. ドコモ光でプロバイダが違うと何が違うの?満足度を左右する4つの違い
  2. 26社の比較でわかるドコモ光で一番おすすめのプロバイダ
  3. ドコモ光でプロバイダの変更はできる?注意点とその方法
  4. 参考:そもそもドコモ光の魅力とは?

このページを読めば、料金・速度など全ての観点でおすすめのプロバイダを選ぶことができ、ドコモ光に満足できる可能性が何倍にも高まります。

1. ドコモ光でプロバイダが違うと何が違うの?満足度を左右する4つの違い

プロバイダは、下記のようにインターネットにつながる入り口のような役割をしていて、必ず契約しなければいけないものです。

ドコモ光の場合、下記のプロバイダとパックになったプランがあり、従来の回線よりもお得に使えるようになっています。

上記のパック対象のプロバイダは26ありますが、ドコモ光はプロバイダによって、満足度が左右されると言っても過言ではありません。実際、プロバイダが違うと、下記の4つの面で差が出て来ます。

  • 月々に支払う料金
  • 速度期待度
  • セキュリティなどの+αのサービス
  • 独自キャンペーン

まずは、プロバイダによるこれらの違いを解説していきますが、結論から言うと、これらの観点で、トータル的に優れているのは「GMOとくとくBB」です。

1-1. 月々に支払う料金

ドコモ光はプロバイダを自由に選べますが、プロバイダによって、大きくて基本料金が3つに分かれます。

基本的に26のプロバイダの中から使うプロバイダによって、「料金の安いタイプA」と「料金の高いタイプB」に振り分けられています。

安いからといってサービスに大きな差があるわけではなく、タイプAでもいいプロバイダは多いため、基本的にタイプAからプロバイダを選ぶようにしましょう。

単独タイプと呼ばれるパックになっていないものは、プロバイダと別契約が必要で、結果高くなるためおすすめしません。

1-2. 速度期待度

ドコモ光に限らず光回線の場合、プロバイダはそのプロバイダの設備だけでなく、実は地域や顧客数で若干速度が変わります。

ドコモ光は最大1Gbpsの速度が出ると言われていますが、利用環境やプロバイダ次第では、その1/100も出ないケースはざらにあります。

イメージとしては下記のように、インターネットはエリアごとに基地局があるケースが多いですが、そのエリアごとにプロバイダの設備があります。

シンプルに、そのエリアの設備に対して使う人が多ければ多いほど、混み合うので、遅くなる可能性があります。

ただ、光回線は、正直お住いのエリアや、そこのユーザー数、または時間によってガラリと変わってくるため一概にここがいいとは言えません。ただし、接続方式に着目すれば速度に満足できる可能性は高まります。

私がおすすめするのはv6プラス対応のプロバイダ

ちなみにプロバイダごとに特殊な技術を使って、速度を速くしているものもあり、快適に使いたいという方はここに着目しましょう。

例えば、「GMOとくとくBB」は「V6プラス」と呼ばれる下記のように混雑するポイントを作らない技術を使うようになりました。

上記のように、v6プラスは混雑するポイントを通らないという技術でつなぐサービスで、インターネットが快適になりますので、通信速度が不安な方にも安心です。

v6プラスは一部事業者で呼び名が違いますが「IPv4 over IPv6」「v6オプション」と呼ばれることもあります。

「IPv6対応」とPRしているプロバイダはたくさんありますが、IPv6も細かい接続方式を見るとそこまで速くないものもありますので間違えないようにしましょう。

すごく複雑なので、ざっくりとですが、速度の期待値は「v6プラス(IPv4 over IPv6)>>IPv6 IPoE>>>IPv6 PPPoE」と覚えておき、それを元に選ぶことがおすすめです。

ただ、あくまでも技術的な期待値です。v6プラスが必ず速くなる訳ではないことを覚えておきましょう。

1-3. セキュリティなどの+αのサービス

プロバイダで、メール機能やセキュリティ機能を搭載しているものもありますが、スペックが若干違います。

メールに関しては、最近は「Gmail」などのフリーメールが使いやすくなってきたことからプロバイダのメールを使う人は少なくなってきました。

そこでお得に使うために特に気をつけて見ていきたいのが、セキュリティです。セキュリティソフトは多くの方がお金を払って用意するかと思いますが、プロバイダによっては無償でつけてくれるものもあります。

1年で数千円払うことになるので、どうせならこれが無料で使えるプロバイダを選びましょう。

ちなみに、プロバイダによってパソコンやタブレットを何台までセキュリティの対象にできるかも異なりますので、複数の端末を持っている方はここにも着目しましょう。

1-4. 独自キャンペーン

一番大きいのがこの独自キャンペーンかもしれません。

公式ページやドコモの店舗ではなく、プロバイダのキャンペーンページからドコモ光を申し込むことでドコモがやっているキャンペーンに加えて、プロバイダ独自のキャンペーンを受けることができます。

例えば、『GMOとくとくBB』はドコモの公式キャンペーンに加え、下記のような独自のキャッシュバックを受けることができます。

上記のような独自キャンペーンがあるものを選べばもっとお得に使うことができます。

2. 26社の比較でわかるドコモ光で一番おすすめのプロバイダ

では、実際にどのプロバイダがお得なのかを確かめるために先ほどの4つの観点で26社のプロバイダを一覧にしてみました。黄色の色がけはおすすめしたいポイント、グレーは注意した方がいいポイントです。

プロバイダ名 料金 速度期待度 セキュリティソフト 独自キャンペーン

ドコモネット

タイプA

IPv6 IPoE

12ヶ月無料・1台

ぷらら

タイプA

一部エリアのみ
IPv6 IPoE

24ヶ月無料・1台

ソネット

タイプA

IPv6 IPoE

24ヶ月無料・5台

GMOとくとくBB

タイプA

v6プラス対応

12ヶ月無料・3台

条件付きCB
10,700円+
高機能ルーター無料レンタル

DTI

タイプA

IPv6 PPPoE

12ヶ月無料・3台

@nifty

タイプA
(12/1~)

v6プラス対応

有料

タイガースネット

タイプA

IPv6 IPoE

永年無料・5台

阪神タイガースファンには
嬉しいサービスが

BIGLOBE

タイプA

v6オプション

12ヶ月無料・3台

BBエキサイト

タイプA

IPv6 PPPoE

36ヶ月無料・3台

アンドライン

タイプA

IPv6 PPPoE

12ヶ月無料・3台

Wi-Fiルーター等の
無料レンタル

ic-net

タイプA

v6プラス対応

12ヶ月無料・
PC3台・Android1台

Wi-Fiルーター等の
無料レンタル

ウーパ

タイプA

IPv6未対応

有料

動画サービス1年間無料

WiFiルーター

エディオンネット

タイプA

IPv6未対応

有料

シナプス

タイプA

IPv6未対応

有料

TiKiTiKi

タイプA

IPv6 PPPoE

有料

楽天ブロードバンド

タイプA

IPv6未対応

有料

ハイホー

タイプA

IPv6 PPPoE

有料

01光コアラ

タイプA

IPv6 PPPoE

@ネスク

タイプA

IPv6 PPPoE

有料

スピーディア

タイプA

v6プラス対応

永年無料・1台

@TCOM

タイプB

IPv6 PPPoE

12ヶ月無料・6台

OCN

タイプB

IPv6 IPoE

12ヶ月無料・1台

TNC

タイプB

IPv6 PPPoE

12ヶ月無料・6台

AsahiNet

タイプB

IPv6 IPoE

有料

WAKWAK

タイプB

IPv6 IPoE

有料

ちゃんぷるネット

タイプB

IPv6 PPPoE

有料

プロバイダによって下記のような注意点があります。公式ページで最新の情報を確認してから申し込みをしましょう。申し込み時にかかってくる電話などで確認をすることで、安心して使えます。

  • セキュリティの無料期間が終わると自動的に有料プランに切り替わる
  • IPv6およびv6プラスはご利用の環境次第では使えない場合や専用の機器が必要なケースがある
  • キャンペーンおよびセキュリティサービスは急遽変更になることがある

ちなみに、「訪問サポート」なども各社取り組んでいますが、実際に使っている人は少ないので、今回は比較対象に入れませんでした。

上記の比較の結果、最もおすすめできるプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

2-1. 最もおすすめのプロバイダ:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つです。

独自のキャッシュバック、安く使えるタイプAと、お得なだけでなく、v6プラスにも対応しているので速度面でも圧倒的に信頼できます。

独自キャッシュバックに関してはひかりテレビかスカパーの加入で最大10,700円相当とドコモ光で最大級のキャッシュバックを受けられますが、それ以上に下記のポイントで他のプロバイダを圧倒しています。

注目ポイント①高性能なルーターを無料レンタル、設定もラクラク

下記のような1万円以上する高性能なルーターを無料で貸してくれるので、v6プラスの速度を最大限生かしてストレスのないネット生活が実現できます。

インターネットをつなげるにはプロバイダの面倒な設定が必要ですが、このルーターをレンタルすれば、基本的につないで少し時間を置くだけでv6プラスが使えるので、面倒な設定が必要ありません。

注目ポイント②速度を公式ページで公開中、返金も!

v6プラスで速さに自信があるGMOとくとくBBは公式ページでユーザーが計測した速度を下記のように公表しています。

ちなみに、上記は他の回線を比較すると「かなり速い」数字で、下記のようにTwitterでも多くの方が満足しています。

上記のように好評ですが、GMOとくとくBBは、v6プラスを開通している方で、100Mbpsを下回った場合は100円相当のポイントをもらうことができます。

このように、速度に圧倒的な自信があるからこそ、保証もしっかりしています。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」:http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、ドコモ光を新しく使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

ドコモ公式ページや、代理店・ドコモショップでの申し込みではGMOが独自で実施しているキャッシュバックを受けられません。

ちょっと待って!GMOとくとくBB経由で大丈夫?

GMOとくとくBBがいいのはわかったけど、本当にプロバイダ経由での申し込みが一番お得なの?と疑問に感じた方のためにドコモ光+GMOとくとくBBの主な申し込み窓口を比較してみました。

結論から言うと、他の窓口ですとキャンペーンスペックが落ちるので『GMOとくとくBB』経由の申し込みにしましょう。

以下のように、共通で受けられるドコモが実施しているキャンペーンのほかに窓口独自のキャンペーンがありますが、窓口独自のキャンペーンで大きな差がついてしまいます。

ドコモのキャンペーン 窓口独自のキャンペーン
ドコモ公式ページやドコモショップ
GMOとくとくBB 最大10,700円CB
代理店株式会社トータルサービス 最大10,000円CB

ドコモ光自体の月額料金やサービス内容に差が出るわけではありません。GMOとくとくBB経由の申し込みにデメリットはありませんので、「GMOとくとくBBのキャンペーンページ」がおすすめです。

2-2. GMOにデメリットはない?他におすすめのプロバイダは..?

GMOとくとくBB』は圧倒的にお得なプロバイダで、正直大きなデメリットはありません。ただ、強いてあげるならセキュリティの無料期間が短いと言うことです。

GMOとくとくBBはセキュリティが1年しか無料にならず、それ以降はお金を払って使い続けるか、自分でソフトを購入しなければセキュリティを使い続けられません。

セキュリティの期間を気にせず使いたいという方は、セキュリティが5台まで永年無料の「タイガースネットがおすすめです。

また、大手がいいという方は、ユーザーからの評価も高く、ドコモ光の基本的な縛りである24ヶ月間セキュリティが3台まで無料の「ソネットを選んでおきましょう。(ドコモ光のソネットは法人名義のみ申し込みはできません。)

以前までの最大のデメリット「37ヶ月の縛り」はなくなりました!

GMOとくとくBBには以前まで「Wi-Fiルーターをつけると37ヶ月縛られる」というデメリットがありましたが、2017年の12月でそのデメリットが解消されました。

ルーターを借りてもGMOとくとくBBによる縛りはなくなり、さらに37ヶ月使えば解約してもWi-Fiルーターが返却不要になりました。

※GMOの縛りはなくなりましたが、ドコモ光自体の利用期間2年間は利用する必要があり、そこは全プロバイダ共通です。

3. ドコモ光でプロバイダの変更はできる?注意点とその方法

プロバイダについて考えている方の中には、すでにドコモ光を使っていて、プロバイダの乗り換えを検討している方もいらっしゃるかと思います。

この章では、ドコモ光のプロバイダを変えるといくらかかるのか、どうやって変更するのかなどに関して解説していきます。

3-1. ドコモ光でプロバイダを変えるときはいくらかかる?

ドコモ光でプロバイダを変えるときは基本的に下記の料金がかかってくるということを覚えておきましょう。

  • ドコモの事務手数料3,000円(税抜)
  • プロバイダごとの解約料(オプションなどの違約金)

基本的に単独タイプからAタイプorBタイプへの変更以外は3,000円の手数料がかかります。

そして、プロバイダの基本サービスの解約をする所はドコモが手続きを代行してくれますが、オプションサービスの解約はあなたからプロバイダに連絡をする必要があり、その際、場合によってはオプションの違約金が発生する可能性があります。

違約金をとるプロバイダはそこまで多くはありませんが、不安な方は、今のプロバイダに問い合わせをし、確認をしてみましょう。

3-2. どうやって変更すればいいの?

プロバイダの基本サービスであれば下記どちらかの方法でドコモへ連絡するだけでプロバイダ変更手続きができます。工事などの立会いも必要ありません。

ただし、プロバイダのオプションに加入している場合はあなたから連絡をしなければいけません。連絡が必要か不安な方は、ドコモに連絡するときに確認してみましょう。

違約金などが不安な方は「こちら」にプロバイダの連絡窓口や注意点がまとまっているので、事前に確認しておくといいでしょう。

3-3. プロバイダの乗り換えはずばりお得?

多くのプロバイダで3,000円で乗り換えができるので、今のプロバイダに不満があるのであれば積極的に乗り換えを行いましょう。

プロバイダの乗り換えを検討している方の大半が「速度が遅い」と悩まれているかと思います。そんなときは『GMOとくとくBB』などv6プラスに対応したプロバイダがおすすめです。

100%速くなるわけではありませんが、どのプロバイダが早いのか使ってみなければわからない以上、こういった速度にこだわりを持ったプロバイダがおすすめです。

料金に関しては、ドコモ光の中であれば3,000円払ってプロバイダを変えてもそこまで変わらないのが実情です。ただし、セキュリティ代を別に払っている方に関しては、セキュリティが5台まで永年無料の「タイガースネット」、大手で24ヶ月セキュリティが無料になる「ソネット」などを選んでおけばセキュリティ代を浮かせられます。

4. 参考:そもそもドコモ光の魅力とは?

プロバイダ以前に、ドコモ光にするか決めかねている方のためにここではドコモ光の以下の3つのメリットを紹介していきます。

基本的にドコモのスマホとNTTのフレッツ光を使っている方であれば、ドコモ光への切り替えが圧倒的にお得です。ドコモユーザーで新しく光回線を検討している方もドコモ光が一番おすすめです。

  • スマホとセットで月額料金が大きく下がる!
  • フレッツユーザーは新規工事費が無料
  • dポイント20,000円分プレゼント

それぞれのポイントを紹介していきたいと思います。

4-1. スマホとセットで月額料金が大きく下がる!

ドコモ光は元々の料金も安いですが、スマホと一緒に使うことで更に料金を下げることが可能です。一例ですがフレッツ光と3人でドコモのスマホを使っている家庭の場合、下記のように月額料金をガクッと下げられます。

ドコモ光はプロバイダ込みで一戸建て月額5,200円~、マンションで4,000円~という料金体系です。そのため、フレッツ光よりも安く使える可能性がかなり高いです。

さらに、スマホと光回線をセットにすると、スマホの料金が大きく割り引かれるので、「スマホ+光回線」の総額は大きく下げられます。

割引額はプランによって異なりますが、抜粋すると以下の通り、スマホで高いプランを使っていればいるほど割引額が増える仕組みです。

使っているプラン 割引額
ウルトラシェアパック100 3,200円
ウルトラシェアパック50 2,500円
ウルトラシェアパック30 2,000円
シェアパック15 1,800円
ウルトラデータLパック 900円
データMパック 800円
ケータイパック 500円

先ほどの方はウルトラシェアパック30を使っていて2,000円のセット割を適用したケースです。

4-2. フレッツユーザーは新規工事費が無料!

フレッツ光を使っている方が、ドコモ光を新規で申し込む場合、大きな工事も不要で、工事費が無料になります。

申し込み後、NTTから「転用承諾番号」と呼ばれる数字を取得する簡単な手続きが必要です。GMOの場合は申し込み後電話がかかって来ますので指示に従い取得しましょう。

  • フレッツの工事費が残っている場合は残金を請求されます。
  • あなたの契約状況などによっては工事費がかかるケースもあります。
  • 別途事務契約手数料(税抜き3000円)がかかります。

ただ2017年12月現在、フレッツを使っていない方が新規に申し込みをすると工事費が18,000円(戸建ての場合)、15,000円(マンションの場合)かかるので、そこも合わせて検討してみましょう。

4-3. ドコモからもdポイント最大20,000円分プレゼント

ドコモ光に申し込むことで、dポイントを新規で20,000pt、転用で10,000ptをプレゼントしてもらえます。よくあるキャッシュバックのようなイメージです。

1ポイント1円でコンビニやドコモの支払いに使えますから、新規の利用で工事費がかかってしまう場合も、ポイントで元を取れるイメージです。

加えてプロバイダのキャンペーンも受けられるので、月額料金がそこまで安くならない、という方もお得に使うことができます。

5. まとめ

ドコモ光で使うべきプロバイダを紹介して来ましたがいかがでしたか?

プロバイダは下記観点で選ぶことで、後悔する可能性をぐっと減らすことができます。

  • 月々に支払う料金
  • 速度
  • セキュリティなどのオプション
  • 独自キャンペーン

この観点で選ぶと、圧倒的に優れているのが『GMOとくとくBB』です。キャンペーンは毎月変わりますので、早めに申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

このページを参考にあなたが快適なネットライフを送れることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket