最も安いのは?モバイルWi-Fi比較ランキング&おすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「モバイルWi-Fiで最も安いのどこ?」「安いモバイルWi-Fiのおすすめは?」など、ポケットWi-Fiを安く利用したいけど選択肢が多すぎて困っていませんか?

結論、モバイルWi-Fiは大きくキャリア提供、WiMAX、クラウドSIM型に分けることができますが、最も安いとされるクラウドSIM型のように料金のみで選ぶと失敗する可能性が高いため、モバイルWi-Fiの種類や選ぶポイントなどをしっかりと理解することが大切です。

この記事では、長年のモバイルWi-Fi販売の経験と最新情報の徹底的なリサーチをもとに、モバイルWi-Fiとは何か、最安で選ぶポイント、徹底比較した結果のおすすめと実際の申し込み手順を、以下の流れで解説します。

  1. 11社を徹底比較!モバイルWi-Fiで最も安いのは「ZEUS Wi-Fi」
  2. モバイルWi-Fiの種類とクラウドSIM型の落とし穴
  3. 「安い」だけでは危険!モバイルWi-Fiを選ぶ5つのポイント
  4. WiMAXは販売代理店を経由することで安く購入できる
  5. 最もお得にモバイルWi-Fiを契約するための全手順
  6. モバイルWi-Fiのレンタル|最も安いおすすめ会社2選!

これを読めば、あなたに合ったモバイルWi-Fiを最もお得に利用することができるようになります。

1.11社を徹底比較!モバイルWi-Fiで最も安いのは「ZEUS Wi-Fi」

モバイルWi-Fiは大きく分けると、キャリア回線・WiMAX回線・クラウドSIM型の3種類に分類できますが、全てのモバイルWi-Fiで最も安いのはクラウドSIM型の「ZEUS Wi-Fi」です。

ただし、「データ容量」や「キャンペーン」によっても安さは異なりますし、結論から言うとクラウドSIM型は使用感であまり優秀ではないため、無制限で安く使うなら「WiMAX」の方がよいでしょう。

以下の表では、モバイルWi-Fiを提供する主要11社を「月額料金」「月間通信量」「キャンペーン等」で比較し、月額料金が安い順でランキングしています。

会社名月額料金月間通信量その他費用や備考
クラウドSIM型ZEUS Wi-Fi2,178円(2年縛り)
2,618円(縛りなし)
20GB
2,948円(2年縛り)
3,278円(縛りなし)
40GB
1~3ヵ月:3,278円
4ヵ月~:3,828円(2年縛り)
4,708円(縛りなし)
100GB
縛りなしWi-Fi2,926円(3年縛り)
3,190円(1年縛り)
3,366円(縛りなし)
20GB
3,025円(3年縛り)
3,278円(1年縛り)
3,575円(縛りなし)
50GB
3,080円(3年縛り)
3,300円(1年縛り)
3,630円(縛りなし)
2GB/日
Mugen Wi-Fi3,718円100GB
それがだいじWi-Fi3,718円100GB
THE Wi-Fi3,828円100GB
hi-ho Let’s Wi-Fi4,730円7GB/日
WiMAXUQ WiMAX公式4,268円無制限(10GB/3日)キャッシュバック
30,200円(GMO)
au4,721円無制限(10GB/3日)端末代:28,080円
キャリア回線Y!mobile4,065.6円
4,818円
7GB
無制限
割引端末代:10,800円
Softbank5,280円50GB端末代:27,000円
docomo7,205円(ギガホ)
+1,100円
60GB端末代:27,720円

※表示金額はすべて税込です

月額料金の安さだけで見ると、上記11社の中で最安値のモバイルWi-Fiは「1,980円(税込2,178円)/月20GB」プランの「ZEUS Wi-Fi」です。

ただし「ZEUS Wi-Fi」の最安プランはデータ容量に制限があるため、大容量でより安く使いたい場合は「Mugen Wi-Fi」の方がより安く利用できます。

しかし、実はこれだけ安いクラウドSIM型には大きな落とし穴があります。

2.モバイルWi-Fiの種類とクラウドSIM型の落とし穴

そもそもモバイルWi-Fi(ルーター)とは、簡単な設定をするだけで家でも外でも自由にインターネット(Wi-Fi)が楽しめる通信端末のことです。

端末は以下のようにコンパクトで、持ち運んでどこでもWi-Fiが利用できます。

w06画像出典:UQ WiMAX

モバイルWi-Fiは契約・申し込みをすれば工事不要ですぐに利用できるため、難しい手続きや配線接続なども不要です。

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fiルーターの違い

俗にいう「ポケットWi-Fi」とは、本来「Y!mobile社」の商標名であり、一般的なモバイルWi-Fiルーターとしても広く浸透したため、以下では「ポケットWi-Fi」も全て「モバイルWi-Fi」として表記します。

しかし、このモバイルWi-Fiには利用している回線別に種類があり、それぞれで特徴が異なります。

2-1.モバイルWi-Fiは3種類

モバイルWi-Fiの種類は下記の3つです。

  • WiMAX回線を使ったポケットWi-Fi
  • 通信キャリア回線を使ったポケットWi-Fi
  • クラウドSIM型のポケットWi-Fi

それぞれの特徴をまとめてみました。

 WiMAX型
通信キャリア型
クラウドSIM型
主な提供会社・UQ WiMAX
・au
・Y!mobile
・docomo
・Softbank
・Mugen Wi-Fi
・限界突破Wi-Fi
・ZEUS Wi-Fi など
通信回線WiMAX2+/4G LTE4G LTE4G LTE
通信速度下り1,237Mbps
上り75Mbps
下り988Mbps
上り37.5Mbps
下り150Mbps
上り50Mbps
通信容量実質無制限30GB~実質無制限100GB程度
月額料金3,500円前後4,000円~8,000円前後3,000円~4,000円前後
エリア日本全国日本全国日本全国/海外
主な特徴速度・通信容量ともに最高水準で、料金もお手頃に利用できる安定した通信キャリア回線を利用できるクラウド上でSIMを管理するため、国内外ともに利用場所によって、その時の最適なキャリア回線を自動で接続してくれる

このように、それぞれの特徴があります。

WiMAX回線のポケットWi-Fiとは

WiMAX回線のポケットWi-Fiは、UQコミュニケーションズが提供するモバイル通信サービスです。

通信キャリア系のポケットWi-Fiとの大きな違は電波で、WiMAX2+という規格を使っています。

WiMAXの電波の特徴として、直進性が高く、障害物に弱いため、地下や高層階だと通信が遅くなる可能性がありますが、高速な通信を得意としています。

通信キャリア回線のポケットWi-Fiとは

通信キャリア回線のポケットWi-Fiは、docomoやソフトバンクなどが提供するモバイル通信サービスです。

電波の種類は、4G LTEを使っています。

4G LTEの電波の特徴としては、障害物を避けて進めることや、通信の安定性があります。

クラウドSIM型のポケットWi-Fiとは

クラウドSIM型のポケットWi-Fiは、SIMカードを通信端末ではなく、クラウド上で管理するサービスです。

クラウド上でSIMを管理できるため、通信端末に対して1枚のSIMを割り当てるのではなく、複数のSIMを割当することができます。

そのため、複数のキャリアを自動で使い分けることができ、その時に最適な通信キャリアで利用することができます。

また、海外へ持ち出した場合でも、SIMを差し替えることなくインターネットを利用できることも特徴です。

2-2.クラウドSIM型のモバイルWi-Fiは選ぶべきではない!

ここまで、モバイルWi-Fiの種類をご説明しましたが、結論クラウドSIM型のモバイルWi-Fiは使うべきではありません。

クラウドSIM型のモバイルWi-Fiには、先ほどの比較ランキングでもご紹介した「どんなときもWi-Fi」や「Mugen Wi-Fi」など、聞いたことのあるサービスなのになぜ?って思うかもしれません。

その理由を3つの観点で説明します。

① 通信速度が遅い

クラウドSIMは、WiMAXなどよりもルーターのスペックが低く、圧倒的に遅い速度でしか通信ができません

下の表は、クラウドSIM(ギガゴリWi-Fi)とWiMAX(UQ WiMAX)のルーターのうち、最も高いスペックを搭載した機種を対象に、「最大通信速度」で比較しました。

サービス機種下り最大通信速度上り最大通信速度
WiMAX
(UQ WiMAX)
WX06
WX06
440Mbps75Mbps
クラウドSIM
(ギガゴリWi-Fi)
FS030W

150Mbps50Mbps

※UQ WiMAXのみ、3日間で10GBを超えて利用した場合、その翌日18時頃から翌々日2時頃まで、概ね1Mbpsの速度制限が適用されます。
※両サービスともベストエフォート型サービスのため、最大通信速度はあくまで理論上の数値であり、実際の通信速度は使用環境等の影響を受ける可能性があります。

WiMAXの最大通信速度が、クラウドSIMを圧倒的に上回っています。

また、実際の通信速度(実質速度)についても、「速度が遅い!」といった口コミも多数あります。

② 実は最適なキャリア回線を自動で選べていない

クラウドSIMは、その場で最適な通信回線を「docomo」「au」「Softbank」などのキャリアから自動で選択してくれるはずですが、これがうまく機能していないといった声が多く上がっています。

利用者からは、「docomoの回線を拾った試しがない」とか、中には「mvno(格安SIM)の回線つかんで遅い!」などの声もあります。

③ 通信トラブルが多い

2020年春ごろ、複数のクラウドSIM提供事業者で通信障害が起きました。

理由は、クラウドSIMはクラウドサーバー上にSIMを挿して管理するものですが、ユーザーの利用が増え、このSIMが調達が追い付かなくなったからです。

たとえば「どんなときもWi-Fi」は、2020年に入り2度の大規模な通信障害を起こしています。

どんなときもWi-Fi通信障害

どんなときもWi-Fi公式ページより

画像は3月の発表ですが、2月にも障害があったことがわかるかと思います。

下記のように全く使えないという声が多発していました。

また、その上でさらに「運営会社から納得いく対応をしてもらえない」という声も多数ありました。

「どんなときもWi-Fi」や「NEXT mobile」はもちろん、新規参入してきたサービスの回線は、安定性やトラブル時の対応などがよくないといった声が多いです。

3.「安い」だけでは危険!モバイルWi-Fiを選ぶ5つのポイント

2章にある通り、クラウドSIMはおすすめできないため、この章では「WiMAX回線」と「通信キャリア回線」のモバイルWi-Fiをどのように選ぶべきか徹底的に比較しながら解説していきます。

結論から言えば、モバイルWi-Fiは「WiMAX」を選ぶべきですが、選ぶ際に重要なポイントは以下の5つです。

なお、モバイルWi-Fiは「機種」ではなく、まずdocomo・au・UQ WiMAXなどの「サービス提供会社」で選びます。

理由は、「サービス提供会社」によって「実質月額料金」「データ容量」「速度制限」が大きく異なるからです。

実際に、モバイルWi-Fiを提供するキャリアとWiMAX回線の全5社を、5つのポイントで徹底比較した結果が以下の表です。

ポケットWi-FiクラウドSIMなし比較

比較した結果は、実質料金が最も安いことに加え、通信速度、データ容量、エリアなどにおいても良いことがわかるかと思います。

それでは、5つのポイントで詳しく比較していきましょう。

比較1. 実質速度|理論値ではない実際の速度は?

各社が公表している「最高速度」に騙されてはいけません。

「最高速度」はただの理論値であって、実際に利用者として使えなければ意味がありません。

そこで、室内・室外・電車内の計3箇所で各ポケットWi-Fiの速度を測定してきました。

ポケットWi-Fi実測計測風景

有名なスピードテストアプリ「Speedchecker」を利用しました。

結論、どのモバイルWi-Fiも、昨年に計測したときよりも着実に速くなっており、ますます使い勝手がよくなってきたなと実感できました。
※「UQ WiMAX」と「au」は、利用している回線も機種も同じですので、今回は「UQ WiMAX」で契約したモバイルWi-Fiのデータで検証しています。

計測結果をまとめたものが、下記の表です。

ポケットWi-Fi速度一覧

結論としては、「UQ WiMAX」「au」が非常に安定した結果を残しているという印象です。

各社のポイントをまとめました。

  • 「UQ・au」:安定して高い数値
  • 「Y!mobile」:常にあと一歩惜しい数値
  • 「Softbank」:ムラがあるが速いときはとても速い
  • 「docomo」:安定しているが、室外だとムラがある

たしかに他の利用者の口コミを探してみても、下記のようなものが見つかったのでこのような傾向はあるのかもしれません。

※ワイモバイルの速度に関する口コミ

※WiMAXの速度に関する口コミ

比較2. データ容量|毎月たくさん使っても大丈夫か?

口コミ・評判

docomoでモバイルWi-Fiを契約したユーザーの口コミ
評価:★☆☆☆☆ 1
docomoで契約したけど、5GBのデータ容量だとyoutubeとか見てると全く足りなかった。毎月の7000円くらいでとても高く、損した感じです。

第2のポイントとして、月間データ容量のプランが「実質無制限」で使えるかどうかはとても重要です。

実は、各社のモバイルWi-Fiのデータ容量は下記の2パターンあります。

  • 月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプラン(通常プラン)
  • 月のデータ容量に制限がないプラン(実質無制限プラン)

最近では、Netflix等の動画配信サービスを視聴したり、情報収集をYoutubeから行うケースも増えてきているので、迷ったら実質無制限プランを選ぶべきです。

そのため、モバイルWi-Fiを選ぶ際は、「自分が無制限で使いたいかどうか」「どの会社が無制限プランを提供しているのか」の2点を確認しましょう。

なお、「実質無制限」の「実質」とは、直近3日間で10GBを超えると速度制限がかかるため、「実質」という言い方をしています。

実質無制限で使えるのは『au』『Y!mobile』『UQ WiMAX』の3社

ここで5社の月間通信量を比較すると、月間通信量が無制限で使えるのは、「UQ WiMAX」「au」「Y!mobile」の3社です。

docomoとSoftbankは、データ容量が決まったプランしかないので注意しましょう。

無制限プランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。

ポケットWi-Fi 通信料7GBの基準

繰り返しになりますが、速度制限がかかってしまうと、動画視聴やデータ容量の多い通信はストレスに感じるので、迷ったら無制限プランにするのがおすすめです。

比較3. 速度制限の条件|制限後でもストレスなく通信できるか?

口コミ・評判

WiMAXでモバイルWi-Fiを契約したユーザーの口コミ(30代男性)
評価:★★★★★5
youtubeやHuluを見るのに結構使っても、速度制限はかからずに快適に使えた。
たまーに短期的に使いすぎて速度制限がかかるけど、携帯みたいな使い物ならないレベルの速度制限じゃないから、ストレスがなくてよい。

口コミ・評判

ワイモバイルでモバイルWi-Fiを契約したユーザーの口コミ(20代男性)
評価:★★☆☆☆2
アドバンスモード容量上限なし!と大きく宣伝していますが、実際には上限あり!です。
3日で10GB使うと次の日速度が遅くなるということは合意の上購入しましたが、容量に達していなくても動画が見れないほど遅くなります。

快適に通信できても、データを使い過ぎることでまったく使い物にならないレベルまで速度制限がかかる会社もあります。

会社によって大きく変わってくるので、5社の月間通信量と速度制限の条件、制限時の通信速度を下記に比較しました。

速度制限条件

(1)通常プラン|全社ともに速度制限後は128kbps

データ容量が無制限ではない通常プランの場合は、月間データ容量(7GBなど)を超えてしまうと全社ともに128kbpsというほぼ使い物にならないレベルの速度制限を受けてしまいます。

特に注意なのが『SoftBank』で、通常プランでも「3日合計で1GB使うと、128kbpsの速度制限」があります。

なので、迷ったら基本的には無制限プランを選択しておけば、いかなる状況でも安心なのでおすすめです。

※docomoは、3日で○GBというような短期制限はありませんが、料金が高いのでおすすめしません。(詳しくは、後述します)

(2)実質無制限プラン|全社ともに速度制限後は1Mbps

データ容量が実質無制限のプランであれば、直近3日間でデータ使用量が10GBを超えたとしても、全社ともに速度制限後は1Mbpsも出ます。

「1Mbps」はYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、実質無制限プランを提供している「Y!mobile」「au」「UQ WiMAX」は制限を受けても快適に使い続けることができます。

※『au』と『UQ WiMAX』の違い

実は、上記の通り「au」「WiMAX」は提供サービス自体は同じなのです。

ただし後述しますが、「UQ WiMAX」にはプロバイダをしっかり選べば3万円以上の割引を受けられるので、そちらを確実におすすめします。

「UQ WiMAX」「au WiMAX」の違い

比較4. 実質月額料金|初期費用や割引を含めた実質的な金額は安いか?

この記事で説明する実質月額料金とは、月額料金や端末代等の初期費用に対して、割引キャンペーンやキャッシュバック額を差し引いた、月額あたりの料金です。

この実質月額料金で一番お得に使えるモバイルWi-Fiを選ぶべきです。

実質月額料金とは

特に、実質月額料金を大きく左右するのは、下記の3つです。

  • 月額料金
  • 端末代
  • キャッシュバック

それでは、上記の3点を中心に、全社比較してみました。

←スマホの場合は左右にスクロールできます→

ポケットWi-Fi
種類
会社
実質月額料金
参考
月額料金※端末代キャンペーン
WiMAX系
(WiMAX2+)
UQ WiMAX3,901円4,969円実質無料30,200円
au5,051円4,721円28,080円なし
キャリア系
(4G LTE)
ドコモ9,075円7,205円(ギガホ)
+1,100円
27,720円なし
ソフトバンク6,030円5,280円27,000円なし
Y!mobile4,365.6円4,065.6円10,800円なし

※WIMAXは1〜3ヶ月までは3,969円

表を見ていただくと一目瞭然ですが、圧倒的にUQ WiMAXが安いです。

UQ WiMAXだけ圧倒的に安い

月額料金と月間通信量に関して、一番お得なのは、UQ WiMAXです。

「UQ WiMAX」にはプロバイダによる割引があります。

WiMAXはプロバイダ経由がお得

たとえば『GMOとくとくBB』というプロバイダからの購入であれば、11ヶ月後に約3万円のキャッシュバックと月額割引が受けることができます。

・携帯電話各社によるセット割は終了

以前は、「UQ WIMAX」「au」と「SoftBank」に関しては、自分がその会社の携帯を使っていれば、お得に使えたのですが、現在はどれもセット割を終了しています。

  • UQ WiMAX・au:「auスマートバリューmine」(2019年12月25日受付終了)
  • SoftBank:「Pocket Wi-Fiセット割」(2018年9月5日受付終了)

比較5. 対応エリア|利用できるエリアは広いか?

口コミ・評判

SoftBankでモバイルWi-Fiを契約したユーザーの口コミ(20代男性)
評価:★★★★☆4

速度制限受けてないのに、遅い。スピードメーターで速度計測したけど、1Mbpsも速度が出ないからストレス!都心なら、100Mbps以上出るはずなのに。

モバイルWi-Fiを利用するのに、速い速度で利用できるエリアが広いかどうか気になりますよね。

結論から言うと、「Y!mobile」「SoftBank」以外の回線であれば、比較的全国どこでも快適にインターネットが利用できます。

実際にいろいろな観点で比較してみました。

(1)サービスエリアマップでの比較

各社が公表しているサービスエリアマップを比較してみました。

濃く塗られているところが利用できる場所なので、ざっくりですが比べてみると「SoftBank」がやや広いなという印象です。

ポケットWi-Fiエリアの比較

ただ、各社同じように見えて、注意が必要なのは「Y!mobile」です。

実は、Y!mobile」の無制限プランでは7GBを超えると濃い青で塗られているところしか使えません。
※赤色の部分は低速128kbpsでしか使えません。

つまり、拡大した図で比較してみると、半分くらいしか利用できないことがわかります。

ポケットWi-Fiエリア比較|ワイモバイル注意

(2)実際に利用してみての感想

出張のついでに様々な都道府県で接続をテストしてみましたが、室内・室外においては、各社つながりやすいという印象です。

ただし、山間部・地下鉄においては、つながらない場合も多いです。そういったエリアで、docomoだけつながりやすいというケースが多くありました。

※「UQ WiMAX」「au」も無制限プランの範囲外となりますが、「au 4G LTE(ハイスピードエリアモード)」に切り替えることで山間部・地下鉄でもつながりやすかったです。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは、主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au  4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

利用した月は1,106円(税込)の費用がかかるデメリットがあるのであまりおすすめしませんが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

「Y!mobile」「SoftBank」は、どちらも圏外になりがちで弱いのかなという印象を受けました。

ポイント1で説明した「実質速度」の実験結果も踏まえると、安定して通信したいのであれば「Y!mobile」「SoftBank」は避けるのが無難でしょう。

結論:モバイルWi-Fiなら「WiMAX回線」がベスト

改めて、下記の理由から、モバイルWi-Fiは「WiMAX」がベストです。

  • 「実質月額料金」が最安値
  • 「実質無制限」でデータ容量が使える
  • 「実際の速度」が速い
  • 「速度制限」がかかってもストレスなく通信できる
  • 「使えるエリア」も広い

価格も他のサービスと比較しても最安値で、2021年5月現在、モバイルWi-Fiの中でただ一つの選択肢と言って良いでしょう。

4.WiMAXは販売代理店を経由することで安く購入できる

WiMAXは「au」からも提供されていますが、キャリア回線契約では月額料金も高いだけでなく、「UQ WiMAX」では販売代理店(プロバイダ)を経由することでさらに安く利用することができます。

WiMAXは販売代理店である「プロバイダ」を通すことで、サービス提供会社である「UQ WiMAX」よりも大幅に割引された価格で契約できるため、より安い料金でモバイルWi-Fiを使うことができます。

理由としては、プロバイダの多くはWeb主客により店舗運営費や人件費を削減しているため、その分利用者に還元できているためです。

ポケットWi-Fi 安い 代理店

特にキャッシュバック金額の大きい『GMOとくとくBB』を通すことで、実質料金が最も安くなります。

WiMAX契約で重要なのは、キャッシュバックや割引などを含めた「実質料金(実際に支払う料金)」です。

下記の比較表は、キャッシュバック・初期費用も考慮した3年間使った場合の月額料金(実質料金)で、安いプロバイダ上位3社を並べたものです。

 1位:GMOとくとくBB
(WiMAX)
2位:DTI
(WiMAX)
3位:カシモ
(WiMAX)
実質月額料金3,816円 3,985円3,930円
3年総額167,376円 143,473円141,489円
プランギガ放題プランギガ放題プランギガ放題プラン
(参考)
キャッシュバック
30,200円0円0円

※表示金額はすべて税込です

WiMAXのプロバイダで最安級で有名なのは『Broad WiMAX』ですが、表示されている金額は1~2ヵ月目までの料金であり、3ヵ月目以降は料金がグッと上がります。

契約年数である3年間の「実質料金」で比較すると、GMOとくとくBB経由が最もおすすめです。

ポイント

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン
https://gmo.jp/

他の窓口では、キャンペーンスペックが大幅に劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

5.最もお得にモバイルWi-Fiを契約するための全手順

前述した比較と解説で、速度も安定して使えるモバイルWi-Fiで最も安いのは「WiMAX」であり、『GMOとくとくBB』で申し込めば、WiMAXの端末代0円でさらにキャッシュバックが30,200円もらえ、最高機種の端末が利用できます。

しかし、このようなことを知らないと「約3万円分損してしまった…」「もう片方の端末を選んでおけばよかった…」など後悔するので必ず確認しておきましょう。

そうならないための簡単な契約手順を、わかりやすくまとめました。

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種は「WX06」、プロバイダは『GMOとくとくBB』がおすすめです。

 ※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/順番に解説します。

5-1. 契約プランを決める

プランは「通常プラン3,969円(税込)」か「ギガ放題プラン4,688円(税込)」で選びますが、迷ったら「ギガ放題」をおすすめします。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。

データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

5-2. 機種を決める

WiMAXのモバイルルーターは主に6機種ありますが、「WX06」が間違いなくおすすめです。

WX06

WX06をおすすめする理由は、以下の3点です。

<機種一覧>

機種比較

注意

  • 2021年5月現在、表に掲載している6機種の中で、購入できるのは「WX06」のみとなっています。
  • 2020年3月以降、KDDIにより最新機種「W07」のサービス提供が開始されましたが、法人向けサービスなので、個人で契約することができません。

ポイント1. 実際の通信速度が速い

WX06は平均して下り通信速度30Mbpsほどのパフォーマンスを出すことができ、様々な用途に利用できる端末です。

速度目安(下り)利用用途
~1Mbpsメールなど
1~3MbpsWeb、SNSの閲覧
3~25Mbps動画視聴(YouTubeなど)
25~Mbpsオンラインゲーム

WX06とW06の「最大通信速度」について

端末自体の速度スペックを測る数字として、「最大通信速度」がありますが、実はこの「最大通信速度」はあまり重要ではありません。

最大通信速度はあくまで技術規格上の最大値を指すものであり、実際の利用シーンの状況によって、通信速度は大きく変化します

例えば、WX06の前の機種であるW06は、下り最大速度においてWX06よりも優れていますが、実際の利用時における通信速度はそれほど変わりません。

 WX06W06
製品画像WX06w06
下り最大速度440Mbps

558Mbps

上り最大速度75Mbps

75Mbps

その証拠に、都内で両端末の通信速度を実際に計測してみました。

 WX06W06

下り実測値

39.3Mbps41.61Mbps

上り実測値

15.38Mbps7.58Mbps

(東京都港区にて、3回計測した平均値を掲載)

結果を見ると、やはり速度に大きな違いはないことが分かります。むしろ、上りの通信速度関しては、WX06の方が上回っています。

このように、「最大通信速度」の数値はそれほど重要ではなく、実際の速度で端末を選ぶべきと言えるでしょう。

ポイント2. 圧倒的な接続安定性

WX06は、2.4GHzと5GHzという異なる帯域の中で、快適に利用できる環境を自動的に設定する”バンドステアリング機能”を持っています。

これは、WX06で初めて搭載された機能で、これによりあらゆる場面で安定的に高速通信を行うことができます。

GMOとくとくBB公式HPより

ポイント3. バッテリーの持ち時間が長い

「WX06」の最大連続通信時間は14時間となっており、他の端末と比べて2~4時間長く使用することができます。

外出先でモバイルルーターを利用する上で、バッテリーの持ちは非常に重要で、WX06はこの点で優れています。

また、通常使用よりもバッテリーの減りが早い「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)」を使用しても、10時間30分の長時間使用することができるので安心です。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

5G対応機種は購入するべき?

5Gに対応したWiMAXルーターとして、2021年5月から"Galaxy 5G Mobile Wi-Fi"が販売されています。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

しかし、WiMAXの通信規格としては4Gの方がまだまだ主流であり、現状では高い利用料金を支払ってまで5Gにする必要はありません。

以降で、具体的な理由について解説していきます。

理由1:5G対応エリアがかなり限定されている

WiMAX回線の5Gエリア(赤部分)は、下の写真のように都心のごくわずかな部分しか対応しておらず、4Gの範囲(オレンジ部分)と比べてかなり狭いことが分かります。

wimax_5Garea

理由2:5G専用プラン・端末料金が高額

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiを使うためには、4Gの場合よりも高額な月額料金・端末料金を支払う必要があります。

下の表のように、3年間で2.5万円ほどの差が出てきますので、それでも5Gが使いたい!という方でないとおすすめできません。

 Galaxy 5G Mobile Wi-FiWX06
製品画像Galaxy 5G Mobile Wi-FiWX06
プラン名ギガ放題プラスギガ放題
プラン料金(月額)4,818円4,268円
端末代金21,780円 16,500円
3年間の支払総額195,228円170,148円

※UQ WiMAXの場合

5-3. 申し込み先のプロバイダを決める

申し込み先のプロバイダによって、キャッシュバック額が約3万円ほど変わるため、しっかりプロバイダを比較して申し込みましょう。

次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。

実質月額料金はどこが安いか

選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかを確認しましょう。

なぜなら、「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるからです。

下記の表では、「データ通信容量の実質無制限プラン」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。

順位プロバイダ名1ヶ月の実質費用(円)契約期間
(年)
キャッシュバック(円)
ギガ放題通常プラン
1GMOとくとくBB(月額割引)3,8943,21536,000
2GMOとくとくBB(キャッシュバック)3,906

3,227

330,000
3Vision4,0633,35130
3カシモ4,0633,38130
5Broad WiMAX4,0673,35530
6dti4,0774,01830
7ASAHIネット4,2573,98830
8dis4,818-30
9UQ WiMAX4,818-20
10So-net5,3754,62530
11BIGLOBE6,101-117,000

比較すると、『GMOとくとくBB』が上位2通りを独占しており、一人勝ちしている状況です。

その中でも6,000円のキャッシュバック3年間で最大25,898円が割引されるプランを申し込むことをおすすめします。

数十円の差ですが、月額割引であればキャッシュバックをもらい忘れることもなく、お得に利用できるでしょう。

GMOとくとくBBで申し込む際の唯一の注意点

一点だけ、申し込み前に知っておくべき注意点があります。

それは『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。

キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目にGMOから送られる「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。

『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

プロバイダ選びについて|まとめ

プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。

  • キャッシュバック金額を含めた「実質月額料金」で比べる
  • 2021年5月現在、『GMOとくとくBB』(https://gmo.jp)が最もお得
  • 購入後11ヶ月目にキャッシュバック振込指定口座の確認メールが届くので、キャッシュバック受け取りの手続きを忘れずに行う

ポイント

申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmo.jp/

電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。

理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。

必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

6.モバイルWi-Fiのレンタル|最も安いおすすめ会社2選!

実は、モバイルWi-Fiの利用には以下2つの方法があります。

  • 長期契約携帯電話のように2~3年の契約で手続きを行い、自身の端末とする方法
  • 短期レンタルWi-Fi端末を一時的にレンタルし、利用後には返却するという方法

一般的には「長期契約」のモバイルWi-Fiを利用しますが、入院や旅行など、一時的な期間で利用する際には「短期レンタル」がおすすめです。

モバイルWi-Fiのレンタル期間は最短1日~1ヵ月単位から可能で、料金の支払いは利用したい期間分のみとなり、レンタルする場合は契約料や解約金が一切かからないだけでなく、業者によっては店舗での受け取りも可能です。

ただし、モバイルWi-Fiをレンタルする場合、サービスの選び方やレンタル会社を間違えると使えない、もしくは費用が高額になってしまうことがあるため、事前に注意しておくことがあります。

6-1.モバイルWi-Fiをレンタルする際の3つのポイント

モバイルWi-Fiをレンタルする場合、事前に以下の3点に注意しておきましょう。

下記では、1つずつ詳しく解説していきます。

利用できるエリアを確認しておく

モバイルWi-Fiをレンタルする際に、注意しておかなければならないのが「通信エリア」です。

一般的にはモバイルWi-Fiがカバーするエリアは携帯電話と同等ですが、キャリアによって提供エリアが多少異なります。

ポケットWi-Fiエリアの比較※キャリア別の対応エリア

上記のように、都市部や主要地域ではほとんど同じですが、郊外や山間部などでは若干異なることがあるため、「使えない」といったことになる可能性もあります。

また、海外で利用する場合は、対応する地域や国の確認も必要です。

多くの事業社が複数の国や地域で利用できるレンタルサービスを提供していますが、世界中すべてのエリアをカバーしているわけではないので注意しておきましょう。

利用したい通信容量を確認しておく

モバイルWiFのレンタルでは、1日、もしくは1ヵ月で利用できる高速通信容量(GB)が決まっており、上限を超えると速度制限がかかってしまいます。

レンタルする事業社やプランにもよりますが、月に5~7GBや20~50GBなど容量が決まっているタイプと、無制限に使えるタイプの2種類に分かれます。

利用目的や使用する通信容量をしっかり把握し、利用期間に合った適正な容量を選択すると、後で失敗することもありません。

利用する期間とレンタル事業社を比較する

モバイルWi-Fiのレンタルサービスでは、借りる機種や期間によって料金が異なるため、複数のレンタル事業社を比較してお得なサービスを選びましょう。

基本的に1日単位のレンタルよりも1ヵ月単位でレンタルする方が、1日当たりの料金は安くなりますが、利用する期間が1週間以内であれば1日単位でレンタルした方が費用を抑えられます。

1日単位でのレンタル会社比較

下記は、1日からレンタルできる国内主要Wi-Fiレンタルサービス5社を比較しています。

1日単位の
レンタル
Wi-FiレンタルどっとこむWi-Fi RENTAL JAPANWi-Fiレンタル本舗NETAGEe-ca
エリア 端末通信量料金/日通信量料金/日通信量料金/日通信量料金/日通信量料金/日
auFS030W5GB1,320円5GB1,320円
WiMAXW01無制限528円
W03無制限446円
W04無制限528円
 W05無制限605円無制限528円無制限473円無制限605円
W06無制限605円
Softbank601HW無制限440円50GB528円30~50GB473円無制限650円無制限440円
303ZT無制限446円50GB528円無制限446円
501HW無制限446円無制限528円無制限446円
E53835GB1,320円5GB1,320円
607HW50GB528円
Y!mobileGL06P5GB396円

※1日単位のモバイルWi-Fiルーターレンタル価格帯(2021年5月現在)
※表示金額はすべて税込です

モバイルWi-Fiルーターを1日単位でレンタルする場合、各社1日400~500円程度となっているため、数日単位でのレンタルするなら費用はかなり抑えることができます。

ただし、取り扱う機種が事業者によって在庫がない場合もあるので、複数社で確認しくとよいでしょう。

1ヵ月単位でのレンタル会社比較

下記では、1ヵ月単位で国内主要Wi-Fiレンタルサービス5社を比較しています。

1ヵ月単位の
レンタル
Wi-FiレンタルどっとこむWi-Fi RENTAL JAPANWi-Fiレンタル本舗NETAGEe-ca
エリア 端末通信量料金/月通信量料金/月通信量料金/月通信量料金/月通信量料金/月
auFS030W5GB3,960円無制限7,700円5GB3,960円
WiMAXW01無制限4,950円
W03無制限4,950円
W04無制限4,950円
 W0550GB7,920円無制限7,095円
W06無制限8,470円無制限8,470円
WX03無制限7,425円無制限7,425円
WX05無制限8,470円無制限8,470円
WX06無制限8,470円無制限8,470円
Softbank601HW無制限6,600円50GB8,195円30~50GB7,095円無制限10,780円無制限6,600円
303ZT無制限7,425円50GB8,195円無制限7,425円
501HW無制限7,425円無制限9,570円無制限7,425円
E53835GB3,960円5GB3,960円
607HW50GB8,712円
Y!mobileGL06P5GB2,376円10GB2,178円

※1ヵ月単位のモバイルWi-Fiルーターレンタル価格帯(2021年5月現在)
※表示金額はすべて税込です

Wi-Fiレンタルサービス事業者によって利用料金にバラつきがあるため、機種にこだわりがなければ料金が安いところがおすすめです。

また、Wi-Fiルーターを1ヵ月単位でレンタルする場合、5GBなど容量を限定すればかなり費用は抑えられますが、容量が少ないと1ヵ月では使いにくいため無制限でのレンタルがおすすめです。

6-2.レンタルでおすすめの最安会社2選

以下では、レンタルする期間に応じた最も安いおすすめのサービス会社をご紹介します。

1日単位のレンタルにおすすめ「Wi-Fiレンタルどっとこむ」

出典:Wi-Fiレンタルどっとこむ

Wi-Fiレンタルどっとこむ」は東証一部に上場する企業が運営するモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスで、利用者は1,400万人にもなります。

取り扱う機種端末の種類も豊富で、一日単位(税込495円~/日)からレンタルすることができるため、短期的/長期的のどちらに利用したい人にもおすすめです。

1カ月程度のレンタルにおすすめ「縛りなしWi-Fi」

出典:縛りなしWi-Fi

縛りなしWi-Fi」の特徴は、「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」の2つの定額制プランでのレンタルとなることで、月額3,300円~と1ヵ月単位でのレンタルなら最安値です。

契約期間の縛りがないため1ヵ月ごとの自動更新となりますが、解約違約金が発生しないためいつでも安心して解約することができます。

ただし、「WiMAX」や「Softbank系Wi-Fi」の中での端末指定ができないため、在庫があるものでのレンタルとなることを覚えておきましょう。

まとめ

モバイルWi-Fiとは何か、最安で選ぶポイント、徹底比較した結果のおすすめと実際の申し込み手順について解説しましたが、いかがでしたか?

モバイルWi-Fiは大きくキャリア提供、WiMAX、クラウドSIM型に分けることができますが、最も安いとされるクラウドSIM型のように料金のみで選ぶと失敗する可能性が高いため、モバイルWi-Fiの種類や選ぶポイントなどをしっかりと理解することが大切です。

この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2021年5月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。

※KDDIより最新機種「W07」のサービスが提供されていますが、法人向けサービスなので、個人で契約することができません

上記の内容で契約をして、お得にモバイルWi-Fiを手に入れましょう!

ポイント

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmo.jp/

申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。

理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。

必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

以上を参考に、あなたに最適なモバイルWi-Fiを最も安い料金で、かつ快適に利用できることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket