ウォーターサーバー乗り換え完全ガイド|最新のキャンペーン情報から具体的手順まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「ウォーターサーバーを乗り換えたい」、「手続きはどうやるの?」など、ウォーターサーバーの乗り換えについて気になっていませんか?

ウォーターサーバーはどこもお得な乗り換えキャンペーンをやっていますが、商品によって使い勝手や料金が大きく変わるため、それだけに釣られて契約するのは危険です。

このページでは、過去に5年間のウォーターサーバーの営業経験のある筆者が、乗り換えの注意点やおすすめ機種ついて、以下の流れで解説していきます。

  1. ウォーターサーバーの乗り換えで知っておくべき2つのこと
  2. 乗り換え先のおすすめウォーターサーバー5選
  3. ウォーターサーバー乗り換えの3ステップ

全て読めば、乗り換えの注意点は何か、ベストな乗り換え先はどこか、具体的にどうやって乗り換えるのかまでがわかり、ストレスなく手続きを終えることができるでしょう。

1. ウォーターサーバーの乗り換えで知っておくべき2つのこと

ウォーターサーバーの乗り換えを検討している方は、損をしないためにも以下2つは必ず理解しておきましょう。

  • 2~3年以内の解約だと解約金がかかる
  • 解約金は乗り換えキャンペーンでカバーできることがある

1-1. 2~3年以内の解約だと解約金がかかる

ウォーターサーバーは2~3年の最低利用期間が決まっており、期間内の解約だと10,000~20,000円の解約金がかかるのが一般的です。

解約金イメージ

 現在利用しているウォーターサーバーの利用期間が短い方は解約金がかかる場合があるため、金額や条件を確認しておきましょう。

【参考】主要10ブランドの解約金の決まり

-スマホでは左右にスクロールできます-

ブランド 解約金の決まり
プレミアムウォーター 2~3年未満の解約:10,000~20,000円
※プラン、機種による(公式ページ
フレシャス 1年未満の解約:16,500円
1年以上2年未満の解約:9,900円
コスモウォーター 2~3年以内の解約:9,900~20,900円
※機種による(公式ページ
アクアクララ 通常プラン:1年未満の解約で6,600円
2年割プラン、子育てアクアプラン:2年未満の解約で11,000円
クリクラ 基本的になし
アルピナウォーター、信濃湧水、ハワイアンウォーター 2年以内の解約:14,300
サントリー 2年プラン:2年未満の解約で22,000円
3年プラン:3年未満の解約:で25,300円
5年プラン:5年未満の解約で27,500円
うるのん 通常プラン:2年以内の解約で11,000円
3年プラン:3年以内の解約で16,500円

1-2. 解約金は乗り換えキャンペーンでカバーできることがある

ウォーターサーバーは各社が乗り換えの契約で特典を受けられるキャンペーンを実施しています。

中には以下のように、解約金のキャッシュバックが受けられるものもあります。

フレシャスキャンペーン

(引用)フレシャス公式

こうしたキャンペーンを使うと、早期解約でも解約金を実質ゼロにすることも可能になります。

そのため、解約金が発生する方は、少なくともこうしたキャッシュバックを実施しているブランドはチェックしておくことをおすすめします。

実施中の乗り換えキャンペーン

主要なウォーターサーバーで実施中の乗り換えキャンペーンをまとめると、以下の通りです。

-スマホでは左右にスクロールできます-

内容 締め切り
フレシャス ・解約金を最大16,500円キャッシュバック
・水一箱(約5,000円分)無料プレゼント
〜2022年10月10日
プレミアムウォーター ・解約金を最大16,500円キャッシュバック
・Quoカード2,000円分プレゼント
〜2022年10月2日
うるのん ・解約金を最大16,500円キャッシュバック
・解約金がない場合のみ水2本(約4,000円分)プレゼント
なし
エブリィフレシャス 解約金を最大16,500円キャッシュバック 〜2022年10月10日
コスモウォーター 現金5,000円キャッシュバック 〜2022年9月30日
アクアクララ Amazonギフト券5,000分プレゼント なし
クリクラ デジタルギフト9,000円相当、ボトル6本プレゼント 〜2022年9月30日
サントリー ・JCBギフトカード8,000円分プレゼント
・天然水2箱(2,700円分)プレゼント
なし
アルピナウォーター ・現金5,000円プレゼント
・水4本(約4,000円分)、ペットボトルの水(320ml×24本)プレゼント
〜2022年9月30日

一部でやっている解約金のキャッシュバックは、どこも「最大で16,500円」と高額になっています。

その他のブランドも、総額で5,000~10,000円相当の特典が受けられるお得な内容になっています。

キャンペーンの内容だけで選ぶのは禁物

ただし、キャンペーンのキャッシュバックで乗り換えの解約金をゼロにできたとしても、またすぐに解約したくなり、解約金を払う羽目になっては意味がありません。

そのため、乗り換え先のウォーターサーバーはキャンペーンの内容だけでなく、その他のコストや使い勝手の面でも納得のいくものを選ぶようにしましょう。

2. 乗り換え先のおすすめウォーターサーバー5選

ウォーターサーバーは大きく以下二つに分かれます。

  • 宅配水:天然水など、宅配で届く水を使う
  • 浄水型:水道水を浄水して使う

タイプごとに、乗り換え先のおすすめをまとめたのが以下です。

宅配水 フレシャスデュオデュオ
(フレシャス)
4,653円/24L
水の交換がラクで、使いやすいデザインが強み
宅配水おすすめNo. 1
スマートプラススマートプラス
(ワンウェイウォーター)
2,700円/24L
水代がとにかく安い
デュオミニデュオミニ
(フレシャス)
5,651円/24L
最もコンパクトな宅配水サーバー
浄水型 アイコンアイコン
(ウォータースタンド)
4,400円/月
水道直結型だから補充不要で手間がかかない
浄水型おすすめNo. 1
tallトール
(エブリィフレシャス)
3,300円/月
水道水を補充するタイプで最も高機能

宅配水ならフレシャスの「デュオ(https://www.frecious.jp/dewo)」、浄水型ならウォータースタンドの「アイコン(https://waterstand.jp/products/icon.html)」が最もおすすめです。

宅配水、浄水型どちらを選ぶべき?

まず、以下に当てはまる方は宅配水を選びましょう。

  • 天然水が飲みたい
  • 浄水した水道水は抵抗がある
  • 一日1リットルも使わないことが多い

その他の方は、以下のメリットがあり、コスト、使い勝手の両面で優れた浄水型を選びましょう。

  • 定額で飲み放題
  • ボトル不要、直結タイプなら水の補充も不要

特に、これまで宅配水サーバーを使っていて、「ボトル交換が面倒」、「水代が高い」と感じていた方は、浄水型にすると不満が解消できるはずです。

では、それぞれのおすすめ機種について、紹介していきます。

宅配水サーバーのおすすめ3選

宅配水サーバーは、機種によって以下が大きく変わります。

  • コスト
  • 使いやすさ
  • デザイン

主要ブランドの宅配水サーバー50機種以上を比較した結果は以下の通りで、トータルで最も優れていたのはフレシャスの「デュオ(https://www.frecious.jp/dewo)」でした。

-スマホでは左右にスクロールできます-

宅配水おすすめランキングTOP10

機種
(ブランド)

総合評価
コスト 使いやすさ
デザイン
月額
(24L)
省エネ
機能
ボトル 交換の
しやすさ
ラクな姿勢で使えるか 片手で
使えるか
フレシャスデュオデュオ
フレシャス
★★★★★
4.7
4,653円
使い捨て
パック
軽量
スマートプラススマートプラス
ワンウェイウォーター
★★★★☆
4.3
2,700円
使い捨て
ボトル
足元交換
デュオミニデュオミニ
フレシャス
★★★★☆
4
5,651円
使い捨て
パック
軽量
スマートプラスNext
コスモウォーター
★★★★☆
4
4,104円
天然水サーバー
サントリー
★★★★☆
4
3,822円
スマートサーバー
キララ
★★★★☆
3.7
5,431円
スラット
フレシャス
★★★★☆
3.7
5,189円
サイフォンプラス
ショート
フレシャス
★★★★☆
3.7
4,160円
cado×PREMIUM WATER
プレミアムウォーター
★★★★☆
3.3
5,074円
アクアファブ
アクアクララ
★★★☆☆
3
4,238円

コストの基準

  • 月額税込(24L):~3,000円台=◎、4,000円台=◯、5,000円~=△ 
  • 省エネ機能:あり=◎、なし=△

使いやすさの基準

  • ボトル:使い捨てパック=◎、使い捨てボトル=◯、再利用ボトル=△
  • 交換のしやすさ:軽量対応=◎、足元交換=◯、上部重量=△
  • ラクな姿勢で使えるか:かがまずに使える=◎、かがむ必要有り=△
  • 片手で使えるか:温冷水共に片手可=◎、冷水のみ片手可=◯、温冷水共に両手が必要=△

デザインの基準

  • グッドデザイン賞受賞=◎、ボトルが隠れたデザイン=◯、ボトルが見えたデザイン=△

そのため、とにかくいいものを選んで後悔したくない人は、「デュオ(https://www.frecious.jp/dewo)」を選んでおきましょう。

次に評価が高くなった以下2機種を含め、それぞれ特徴を解説していきます。

デュオ(フレシャス):宅配水おすすめNo. 1

デュオ

こんな人におすすめ

  • 総合的にいいものが使いたい
  • 音が静かな方がいい

フレシャスの「デュオ(https://www.frecious.jp/dewo)」はシャープな見た目だけでなく、使いやすさにも徹底的にこだわったデザインが魅力の人気機種です。

「デュオ」の具体的な強みは以下3つです。

  • 使いやすさにこだわったデザイン
  • 軽量パックで水の交換がラク
  • 省エネで静音設計
使いやすさにこだわったデザイン

「デュオ」は出水ボタンが上にあるデザインであることから、以下2つのメリットがあります。

  • 大人はかがまずに使える
  • 小さい子供が出水ボタンに触る心配がない

デュオ特徴

また、トレイが広めに設計されていることから、以下二つのメリットもあります。

  • コップをトレイに置いて片手で給水できる
  • 鍋などの大きめの器も置いて給水できる

デュオのデザイン

軽量パックで水の交換がラク

水は1パック7.2Lの軽量タイプであり、女性でも交換がしやすいです。

また、パック式のため、使い終わった後もよくあるボトルタイプのようにゴミとしてかさばりません。

デュオ交換

省エネで静音設計

「デュオ」は省エネ性能が他に比べて高く、省エネ機能がない機種の約3分の1にまでに電気代を抑えることができるという強みがあります。
デュオ電気代

また、静音設計にこだわって作られており、動作音が図書館においても気にならないレベルになっているため、音に敏感な方でも快適に使うことができます。

デュオ静音

【実施中の乗り換えキャンペーン

フレシャスキャンペーン

「デュオ」基本データ
月額税込
(24L)
4,653円
※送料は一律無料
水の種類 天然水
ボトル 7.2L使い捨てパック
水の配送 28.8L(7.2L×4)/月〜の定期配送
※2ヶ月連続しなければ無料で配送の一時停止も可
解約金 1年未満の解約:16,500円
1年以上2年未満の解約:9,900円
対応エリア 沖縄、離島以外
サイズ デュオサイズ

フレシャス「デュオ」公式ページ

https://www.frecious.jp/dewo/

スマートプラス(ワンウェイウォーター):水代がとにかく安い

スマートプラス

こんな人におすすめ

  • とにかく水代が安い宅配水サーバーいい
  • 天然水にはこだわらない

ワンウェイウォーター(https://onewaywater.com)の最大の強みは水代の安さで、24Lあたりの料金は2,700円と、主要ブランドの中でも最も安くなりました。

ただ、安い一方で、以下のデメリットがあります。

  • 水は特殊なフィルターで不純物を除去したRO水(ミネラルが入った天然水ではない)
  • 配送ノルマがきつく、毎月最低でも36Lは使う必要がある。

よって、「水の種類にはこだわらない」、「毎日1L以上は水を使う」といった人向けのウォーターサーバーと言えます。

足元交換タイプで、チャイルドロックの機能が充実

「スマートプラス」の水ボトルは、12Lと重いです。

ただ、以下のように足元ボトル式のため、比較的交換がしやすくなっています。

スマートプラス交換

また、チャイルドロックの調整が可能で、以下のように温冷水両方を完全にロックしたり、逆に解除することも可能になっています。

スマートプラスチャイルドロック

このことから、以下のような細かいニーズにも柔軟に対応ができる強みがあります。

  • 子供の事故やイタズラが心配だから温水も冷水も完全にロックをかけたい
  • 大人だけの利用だからロックを外してお湯も簡単に出せるようにしたい
「スマートプラス」基本データ
月額税込
(24L)
2,700円
※送料は一律無料
水の種類 RO水(天然水も選べるが料金が上がる)
ボトル 12L使い捨てボトル
水の配送 36L/月〜の定期配送
※配送1ヶ月停止で休止手数料880円
解約金 2年以内の解約:9,900円
対応エリア 本州、四国、九州
サイズ smartplus_size

ワンウェイウォーター公式ページ

https://onewaywater.com

デュオミニ(フレシャス):宅配水サーバーで最もコンパクト

デュオミニ

こんな人におすすめ

  • なるべく場所を取らない卓上タイプが使いたい
  • コストよりも使いやすさや機能性を重視して選びたい

「デュオミニ(https://www.frecious.jp/dewomini/)」は「デュオ」のコンパクト版で、省エネ性能が高く、静音設計である点は「デュオ」と同じです。

以下のように他の卓上型サーバーと比べてもその小ささは圧倒的なため、省スペースな卓上型を検討している人には「デュオミニ」は最もおすすめです。

卓上サーバーサイズ比較

「デュオ」は水パックが7.2Lなのに対し、「デュオミニ」は4.7Lとさらに軽量で持ちやすい特長があります。

デュオミニ交換

「デュオミニ」は「デュオ」に比べて月額は高くなるものの、交換がさらにしやすく、圧倒的に省スペースです。

よって、これらに魅力を感じる方にとっては、それだけの価値が十分あると言えます。

【実施中の乗り換えキャンペーン

フレシャスキャンペーン

「デュオミニ」基本データ
月額税込
(24L)
5,651円
※送料は一律無料
水の種類 天然水
ボトル 4.7L使い捨てパック
水の配送 18.8L(4.7L×4)/月〜の定期配送
※2ヶ月連続しなければ無料で配送の一時停止も可
解約金 1年未満の解約:16,500円
1年以上2年未満の解約:9,900円
対応エリア 沖縄、離島以外
サイズ デュオミニサイズ

フレシャス「デュオミニ」公式ページ

https://www.frecious.jp/dewomini/

浄水型サーバーのおすすめ2選

浄水型サーバーは以下2タイプに分けられますが、それぞれ以下がおすすめです。

「水道直結型」、「水道水補充型」どちらを選ぶべき?

迷ったら、補充が不要で、使い勝手がいい「水道直結型」を選んでおきましょう。

水道管直結

「水道水補充型」の方が安いですが、以下のデメリットがあります。

  • 3~5L使うごとに水の補充が必要
  • 1週間に一度は水タンクを取り外して洗うことが必要

かかる手間がほとんどなくなるため、選ぶなら「水道直結型」の方が断然おすすめです。

とにかく料金重視なら「水道水補充型」を選ぶ

一方、月額が1,000円以上安くなることもあるため、料金重視の方には「水道水補充型」がおすすめです。

水道水補充

また、「水道直結型」は、水道管につなげることから、基本的に置き場所はキッチン周辺になります。

そのため、以下に当てはまる場合、「水道水補充型」を選んでおくべきです。

  • キッチン付近にウォーターサーバーを置くスペースが全くない
  • 水道から離れた所に設置したい

水道直結型のおすすめ:アイコン(ウォータースタンド)

水道直結型のウォーターサーバーのおすすめは、ウォータースタンドの最新機種「アイコン(https://waterstand.jp/products/icon.html)」です。

icon

水道直結型のウォーターサーバーは機種ごとに以下が変わります。

  • コスト:レンタル代、設置費用
  • 機能性:常温水が飲めるか、温水の温度調節機能があるか
  • 設置スペース:どれだけ場所を取るか

これらで主要なものを比較した結果、最も優れていたのは以下の通り「アイコン」でした。

-スマホでは左右にスクロールできます-

機種 総合評価 コスト 機能性 設置スペース
アイコンアイコン
ウォータースタンド
★★★★★
4.7
★★★★☆
4,400円/月
※設置無料
★★★★★ ★★★★★
ガーディアン
ウォータースタンド
★★★★☆
4.3
★★★☆☆
4,400円/月
★★★★★ ★★★★★
ピュレスト
楽水
★★★★☆
4
★★★★☆
3,278円/月
★★★★★ ★★★☆☆
ネオ
ウォータースタンド
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3,850円/月
★★★★☆ ★★★☆☆
SKサーバー
Locca
★★★★☆
3.7
★★★★☆
4,378円/月
※設置無料
★★★★☆ ★★★☆☆
NUOVO
キララ
★★★★☆
3.7
★★★☆☆
5,478円/月
※設置無料
★★★★★ ★★★☆☆
ファミリアⅡ
キララ
★★★☆☆
3.3
★★★★☆
4,378円/月
※設置無料
★★★☆☆ ★★★☆☆
 オーシャン ★★★☆☆
3.3
★★★★☆
4,378円/月
※設置無料
★★★☆☆ ★★★☆☆
アクアスタイル ★★★☆☆
3.3
★★★★★
3,608円/月
※設置無料
★★★☆☆ ★★☆☆☆
S3
ウォータースタンド
★★★☆☆
3
★★☆☆☆
5,280円/月
★★★★☆ ★★★☆☆

コスト(以下の合計)

  • レンタル代:3,000円台=★4、4,000円台=★3、5,000円台=★2、6,000円~=★1
  • 初期費用(工事費など):無料=★1

機能性(以下の合計)

  • 温水の温度調整機能あり=★4、なし=★3
  • 常温水:あり=★1

設置スペース(以下の合計)

  • 卓上=★2、床置き=★1
  • 設置面積:~700㎠=★3、700~1,000㎠=★2、1,000㎠~=★1

そのため、迷ったら「アイコン」を選んでおきましょう。

「アイコン」の具体的な強みは以下3つです。

  • コンパクトで場所を取らない
  • 温度調節機能が充実
  • 設置費無料・セルフメンテナンス可は「アイコン」だけ
コンパクトで場所を取らない

アイコンは卓上タイプで、場所をとらないだけでなく、横幅が18cmとかなりコンパクトなデザインとなっています。

そのため、キッチンなどのちょっとした隙間に置くことができます。

アイコン

温度調節機能が充実

温水、冷水、常温水が出せるだけでなく、温水の温度が「70℃、80℃、90℃」の3種類から選択できるようになっています。

そのため、以下のような細かいニーズにも柔軟に対応ができます。

  • インスタント食品や、コーヒーを作るのに高温のお湯が使いたい
  • 白湯、粉ミルクなどに最適な、熱すぎないお湯が欲しい
設置費用無料・セルフメンテナンス可は「アイコン」だけ

ウォータースタンドでは複数の機種が出ていますが、以下のメリットがあるのはアイコンだけです。

  • 設置費用無料:他機種は9,900円の初回設置費用がかかる
  • セルフメンテナンス可:他機種は半年に一度スタッフが訪問してメンテナンス

浄水フィルターは、半年ごとに届くものを自分で交換するだけで良く、予定を合わせてスタッフの訪問を受ける必要がありません。

対面のやり取りなしで使える点は、大きなメリットと言えます。

「アイコン」基本データ
月額税込 4,400円
初回設置費用 無料
タイプ 水道直結型
フィルター交換 定期的に届くフィルターを自分で交換する
出水可能温度 温水:90℃、80℃、70℃
冷水:5~8℃
常温水
解約金 1年未満の解約:9,900円
対応エリア 全国
サイズ アイコンサイズ

ウォータースタンド「アイコン」公式ページ

https://waterstand.jp/products/icon.html

水道水補充型のおすすめ:トール(エブリィフレシャス)

水道水補充型のおすすめは、おしゃれなデザインが人気のエブリィフレシャスの最新機種「トール(https://every.frecious.jp/tall/)」です。

tall

水道水補充型のウォーターサーバーは、以下の点ではほぼ全て共通していて、コストや設置スペースの面では目立った違いがありません。

  • 月額が3,000円台と安い
  • 床置きタイプ(一部除く)

ただ、以下のように、使える水の温度が変わります。

-スマホでは左右にスクロールできます-

温冷水 常温水 再加熱機能 (参考)月額
トール(エブリィフレシャス) 3,300円
フローズ(ハミングウォーター) 3,300円
スノーアルプス浄水型サーバー × 3,280円
シャインウォーターリング × 3,630円
リフィルサーバー(Locca) × × 3,146円
シャインウォーター × × 3,300円
ミニ(エブリィフレシャス) × × 3,300円
クリクラ浄水型サーバー × × 3,300円
  • 温冷水:◎=弱冷水・弱温水が作れる、◯=調節機能なし
  • 常温水:◎=あり、×=なし
  • 再加熱機能(高温水が作れる):◎=あり、×=なし

シンプルに温度のバリエーションが最も多く、高機能なため、エブリィフレシャスの「トール(https://every.frecious.jp/tall/)」が最もおすすめです。

以下のように用途に合わせて様々な温度を使い分けることができ、補充型の中でも温度調節機能は最も優れています。

tall温度

また、部屋の明るさを検知して、自動で省エネ運転になるなど、省エネ性能が優れていて、電気代が月400円前後と安いメリットもあります。

使いやすさも重視したデザイン

「トール」は、インテリアに馴染みやすいデザイン性の高さを強みとしています。

tall

一方、見た目がおしゃれなだけでなく、出水ボタンが上にあるデザインで、以下の点で、使い勝手の面でも優れています。

  • 大人はかがまずに使える
  • 小さい子供が出水ボタンに触る心配がない

デュオ特徴

水のタンクは取り外して一気に補充することができ、サーバーに直接少しずつ補充することもできます。

tall補充

【実施中の乗り換えキャンペーン

エブリィフレシャスキャンペーン

「トール」基本データ
月額税込 3,300円
タイプ 水道水補充型
フィルター交換 6ヶ月に一度届く浄水カートリッジを自分で交換
出水可能温度 ・温水:80℃~85℃
※エコモード利用時70~75℃
※再加熱時85~90℃
・冷水:5~10℃
※エコモード利用時10~15℃
・常温水
解約金 1年未満:22,000円
1年以上2年未満:16,500円
2年以上3年未満:11,000円
対応エリア 沖縄、離島以外
サイズ トールサイズ

エブリィフレシャス「トール」公式ページ

https://every.frecious.jp/tall/

3. ウォーターサーバー乗り換えの3ステップ

最後に、具体的な乗り換え手順について、以下の流れで解説していきます。

  • ステップ1:新しいウォーターサーバーの申し込みをする
  • ステップ2:利用中のウォーターサーバーを解約する
  • ステップ3:キャンペーンの申請をして特典を受け取る

ステップ1. 新しいウォターサーバーの申し込みをする

まずはネットから新しいウォーターサーバーの申し込みを行いましょう。

乗り換えキャンペーンを使う場合、申し込み時に以下が必要になることがあります。

  • ページの必要箇所にチェックを入れる
  • 専用のキャンペーンコードの入力

ここでやり方を間違えると通常の申し込みになり適用されないこともあるため、キャンペーンを使う方は各自方法を確認しておきましょう。

当ページで紹介している以下の機種の乗り換えキャンペーンは、公式から申し込み時に「乗り換えサポートに参加」をチェック入れると適用されます。

  • デュオ、デュオミニ(フレシャス):解約金最大16,500円キャッシュバック、水一箱プレゼンント
  • トール(エブリィフレシャス):解約金最大16,500円キャッシュバック

フレシャス乗り換えページ

【参考】その他ブランドで乗り換えキャンペーンを使う場合の申し込み方法一覧

ブランド 申し込み方法
プレミアムウォーター 公式ページから申し込み時に「乗り換えキャッシュバックプレゼント」にチェック
うるのん 公式ページから申し込み時に「のりかえキャンペーン・違約金キャッシュバックに申し込む」にチェック
コスモウォーター 公式ページから申し込み時にキャンペーンコード「413255」を入力
アクアクララ 公式ページから通常の申し込み
クリクラ 公式ページから申し込み時に「のりかえキャンペーン」にチェック
サントリー 公式ページの「他社サーバーから乗り換えの方」から申し込み
アルピナウォーター 公式ページから申し込み時に連絡欄に「のりかえキャンペーン」と入力

ステップ2. 今使っているウォーターサーバーを解約する

次に、現在契約しているウォーターサーバーの解約をします。

解約にあたっては以下2つに注意しましょう。

  • 解約時に解約金の領収書を依頼すること
  • サーバー返却時は水抜きが必要

解約時に解約金の領収書を依頼すること

解約金のキャッシュバックキャンペーンを利用する場合、支払った明細がわかる領収書などの証明書類が必要になります。

領収書は依頼をしないと発行されない場合もあるため、必要な方は解約の電話のタイミングで忘れずに依頼をしておきましょう。

サーバー返却前には水抜きが必要

ウォーターサーバーの解約は、集荷に来た宅配業者などに本体を引き渡して完了となりますが、引き渡しまでには以下のような水抜き作業を自分でやっておく必要があります。

水抜き手順

ウォーターサーバーには空焚き防止用の温水タンクがあり、そこの水は給水口からは出ないようになっています。

よって、最後には排水キャップを外しての水抜きが必要になります。

排水キャップは外すと勢いよく水が飛び出すため、以下のように水が受けきれずに床を水浸しにしてしまう人もいます。

こうならないためにも、ボウルやバケツなどの大きめの器を用意するか、浴室に向けて排水を行うようにしましょう。

また、以下のように火傷をしてしまったという声もあるため、排水前には必ず電源を切り、少なくとも6時間は時間を置くようにしましょう。

排水キャップは以下のようにサーバーの背面にあることがほとんどです。

排水キャップ

水抜き後は、引き渡しがしやすいように本体を玄関まで移動しておきましょう。

ステップ3. キャンペーンの申請をして特典を受け取る

乗り換えキャンペーンを使う場合、以下が終わった段階で、契約していたことや解約金の明細がわかる書類をつけて申請が必要になります。

  • 新サーバーの設置
  • 旧サーバーの解約

当ページで紹介している以下の機種のキャッシュバックは、申請期限が、申し込みから90日以内と決まっています。

期限を過ぎるとキャンペーンは一切使えなくなってしまうため、念の為早めに申請しておきましょう。

申請後、約3ヶ月で特典の受け取りが可能です。

4. まとめ

ウォーターサーバーを乗り換える際の注意点やおすすめ機種について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

お得な乗り換えキャンペーンが多いですが、後悔しないためにも、乗り換え先は、毎月のコストや使い勝手でも、納得のいくものを選ぶようにしましょう。

ウォーターサーバーは「宅配水」、「浄水型」の2タイプに分かれますが、それぞれのおすすめ機種は以下の通りです。

宅配水 フレシャスデュオデュオ
(フレシャス)
4,653円/24L
水の交換がラクで、使いやすいデザインが強み
宅配水おすすめNo. 1
スマートプラススマートプラス
(ワンウェイウォーター)
2,700円/24L
水代がとにかく安い
デュオミニデュオミニ
(フレシャス)
5,651円/24L
最もコンパクトな宅配水サーバー
浄水型 アイコンアイコン
(ウォータースタンド)
4,400円/月
水道直結型だから補充不要で手間がかかない
浄水型おすすめNo. 1
tallトール
(エブリィフレシャス)
3,300円/月
水道水を補充するタイプで最も高機能

迷ったら、タイプごとに、以下を選ぶようにしましょう。

当ページの内容が、あなたにとってのベストな乗り換え先のウォーターサーバー選びにつながることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る