サントリーのウォーターサーバー辛口レビュー|口コミ・評判からわかった2つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「サントリーのウォーターサーバーってどうなの?」「評判はいい?」など、サントリーのウォーターサーバーについて気になっていませんか?

結論から言うと、口コミ調査や他ブランドとの比較の結果、サントリーのウォーターサーバーは一流企業の運営という安心感や高機能であるというメリットが大きいものの、使い勝手の面では注意点もあることがわかりました。

このページでは、過去に5年間のウォーターサーバーの営業経験のある私がサントリーのウォーターサーバーの特徴や注意点を以下の流れで解説していきます。

  1. サントリのウォーターサーバーってどうなの?
  2. サントリーのウォーターサーバーは使うべき?口コミを元に徹底解説
  3. サントリーでかかる料金とウォーターサーバーのスペック解説
  4. ウォーターサーバー選びで誰もが意識すべき3つのこと
  5. 迷ったらこれ!50機種の比較でわかったおすすめ1選
  6. サントリーのウォーターサーバーに関するQ &A

全て読めばサントリーのウォーターサーバーを使うべきかがわかり、選んでも後悔しないベストな一台を見つけることができるでしょう。

1. サントリーのウォーターサーバーってどうなの?

サントリーウォーターサーバー

サントリーのウォーターサーバーは、高い知名度を誇る南アルプスの天然水がウォーターサーバーで楽しめることが強みの人気機種です。

そんなサントリーのウォーターサーバーについて、「コスト」と「使いやすさ」の2点で他の主要ブランドと比較をしたのが以下の表です。

20ブランド比較

  • コストの基準(月額、省エネ機能の有無)
  • 使いやすさの基準(ボトル交換のタイプ、配送方式、注文ノルマ、機能性)

サントリーのウォーターサーバーの月額料金の目安は、水24L換算で4,000~4,500円と、他ブランドに比べて高くも安くもなく標準的です。

使い勝手の面ではサーバーの機能性が高く、水が軽量で交換がしやすいなどメリットが多いものの、毎日一定時間使えなくなる等一部注意点もあります。

具体的にサントリーのウォーターサーバーを使う上でのメリットと注意点をまとめると以下のようになります。

メリット注意点
・運営が飲料水大手のサントリー

・温度調整機能が豊富

・チャイルドロックが厳重で安心

・水の交換がしやすい

・デザインがいい

・給水位置が低い

・内部のクリーニングで1日約3時間使えなくなる

それぞれの詳細については、実際に使うべきかも含めて次章で解説していきます。

2. サントリーのウォーターサーバーは使うべき?口コミを元に徹底解説

サントリーのウォーターサーバーは他ブランドに比べて基本性能が高く、水が女性でも持ちやすい軽量タイプであることから、基本的に自信をもっておすすめできます。

ただし、使う上では以下の注意点もあります。

  • 給水位置が低い
  • 内部のクリーニングで1日約3時間使えなくなる

そのため、以下に当てはまる方に限っては、使うことはおすすめできません。

  • 水を使うときに毎回かがむのはイヤ
  • 夜中の数時間でも、毎日水が飲めない状態になるのは不満

サントリーのウォーターサーバーが基本的におすすめできる5つの理由と2つの注意点について、それぞれ解説していきます。

2-1. サントリーのウォーターサーバーがおすすめできる5つの理由

  1. 運営が飲料水大手のサントリー
  2. 温度調整機能が豊富
  3. チャイルドロックが厳重で安心
  4. 水の交換がしやすい
  5. デザインがいい

理由①|運営が飲料水大手のサントリー

サントリーは清涼飲料水やお酒の販売でおなじみの大手企業です。

そんなサントリーの天然水はミネラルウォーター市場で売上一位を記録したこともあり、圧倒的な知名度を誇ります。

サントリー天然水

ウォーターサーバーで他にここまで知名度のあるブランドはないため、とにかく運営元が大手で安心して使えるものがいいという人には、サントリーはうってつけと言えます。

以下のように、実際にこの点が決め手になって契約したという口コミもあります。

口コミ・評判

Kさん
評価:★★★★★5

ここのレンタルサーバーを借りようと思ったのはやはりサントリーの天然水ということで一番有名な ブランドだから安心して借りることができるんではないかと思いました また支払いの方もレンタルサーバーの 利用代金メンテナンス代金や配送料金などが無料だし 何より支払うのは飲んだ水だけでいいのでその辺りを考慮して 入ることにしました。
ミネラルウォーターを買っていた頃は毎日あの重たい水を自分で運んでいましたが今では配送業者さんが持ってきてくれるのでとても楽になりました。

引用:みん評

理由②|温度調整機能が豊富

サントリーのウォーターサーバーは通常の温冷水に加え、弱温水、弱温水も作れるようになっています。

そのため、以下のようなニーズにも柔軟に対応ができるという強みがあります。

  • 冷たすぎない常温に近い水が飲みたい(弱冷モード)
  • 粉ミルクを溶かした後に湯冷しがしやすい熱すぎないお湯が使いたい(弱温モード)

また、ボタン一つで温水を再加熱できる機能もあり、インスタント食品に使う熱湯に近いお湯もすぐに作ることができます。

温度調整機能の高さは他ブランドと比べても高く、以下のようにこの点がいいと感じている利用者の口コミもあります。

口コミ・評判

Tさん
評価:★★★★★5

このウォーターサーバーの良い点は、水の温度が4段階に分けられる事です。一般的な冷水と温水に加えて弱冷と弱温モードがあります。弱温モードだと70度ほどなので、赤ちゃん用のミルクや高齢者に暖かいお茶を出したり白湯を飲みたい時に便利です。さらに、自動で雑菌対策をしてくれる機能も付いているのでかなり高機能なサーバーになっています。お水も大手でよくCMなどでも見るサントリーの天然水で飲みなれた味で安定感があって美味しく感じます。欠点の少ないサーバーです。

引用:みん評

理由③|チャイルドロックが厳重で安心

サントリーのウォーターサーバーは、子供の事故防止のチャイルドロックとして、温水冷水ともにロック解除ボタンを長押しした後でないと出せないようになっています。

チャイルドロックボタン

チャイルドロックがある点は他ブランドのものも同じですが、サントリーのサーバーは内部のボタンで一切水が出せなくなる「2重ロック」の設定もできるようになっています。

サントリーチャイルドロック

そのため、小さい子供の事故の心配が少なく、より安心して使えるという強みがあります。

以下のようにこの点がいいと感じている利用者の口コミもあります。

口コミ・評判

Tさん
評価:★★★★★5

今までは、病院の待合室にあるようなウォーターサーバーを使っていましたが、お湯がカンタンに出ないようにする「チャイルドロック機能」が非常に低機能で、何度か操作しているうちに緩んで、危うく事故になりそうなことがありました。その点、サントリーのウォーターサーバーは、給水レバーの部分だけでなく、ボトル収納口を開けた部分に取り付けられたパネルでも、厳重なロックができるため、安全性はバツグンです。しかも、本体が四角形で重心が下にありますから、ちょっとぶつかっただけではウォーターサーバーが倒れそうになることもなく、小さな子供がいるうちでも安心して使えました。

引用:みん評

理由④|水の交換がしやすい

12Lの重量ボトルで交換が大変なウォーターサーバーが多い中、サントリーでは7.8Lの軽量の水が使われており、女性でも持ち上げて交換がしやすいというメリットがあります。

7.8Lボックス

以下のように実際にこのメリットを感じている利用者の口コミもあります。

口コミ・評判

Rさん
評価:★★★★☆4

冷水とお湯、どちらも選べてボタンを押すだけで出るって本当に便利ですね。それにお湯の温度を再沸騰で90℃まで上げられるので、カップラーメンも作れます。サーバー交換の際、新品のサーバーではなくリサイクルのサーバーなのが不満ですが、水の味もまろやかで飲みやすく、「おいしさキーパー」という機能がついてるので、衛生的にも安心だと分かりすごく気に入りました。サーバーのデザインも、すっきりしていてリビングに置いても違和感ないですし、おしゃれなインテリアになってうれしいです。それから水の交換って重くて大変なイメージがありましたが、1箱が7.8リットルなのでそんなに重くなく交換しやすいです。また災害時には非常時用注水コックを取り付ければ、箱から直接水が出せるのでいざという時のためにも必要な存在になりました。

引用:みん評

理由⑤|デザインがいい

サントリーのウォーターサーバーは、シンプルなデザインがインテリアに馴染みやすいという特長があります。

サントリーサーバー

一般的なボトルが丸見えの機種のように部屋の中にあっても浮くことがありません。

以下のように、この点がいいと感じている利用者の口コミもあります。

口コミ・評判

Sさん
評価:★★★★☆4

はじめは、サントリーというブランドの安心感で、選びましたが、使用したところ、とても良かったです。まず、注がれる水やお湯の出る量が多すぎず少なすぎないところと、コップはもちろん、すこし、タッパのある、保温ポットにも、スムーズに注ぐこともできます。また、水のタンクの取り替えも、スムーズにわりと楽に最初からできたところが良かったです。デザインもスタイリッシュなので、気に入っています。なにより、美味しいです。

引用:みん評

2-2. サントリーのウォーターサーバーの2つの注意点

  1. 給水位置が低い
  2. 内部のクリーニングで1日約3時間使えなくなる

注意点①|給水位置が低い

以下のように、サントリーのウォーターサーバーは、給水ボタンの位置が他ブランドの機種に比べて低めとなります。

ウォーターサーバーデザイン

そのため、大人が使う場合は以下のように水を入れるのにかがむ必要が出てきます。

ウォーターサーバー利用例

この点が気になるという方はサントリーでなく、給水位置が高めの他のウォーターサーバーを選ぶことをおすすめします。

注意点②|内部のクリーニングで毎日約3時間使えなくなる

サントリーのウォーターサーバーには、毎日決まった時間に温水を循環させて内部をクリーニングする「おいしさキーパー機能」があります。

衛生面では安心できる機能と言えますが、機能が作動している約3時間は利用ができなくなることから、以下のように不満を感じる人もいるため注意が必要です。

作動する時間は、夜中など自分が基本的に使わない時間に設定が可能ですが、以下のようなタイミングで使えないということも起こりえます。

  • 夜中に目が覚めて水が飲みたい時
  • 夜遅くまで起きていて水が飲みたい時

そのため、毎日3時間使えなくなる点がストレスに感じるという方にはサントリーのウォーターサーバーはおすすめできません。

2つの注意点が気になるという人にはフレシャスの「デュオ」がおすすめ

デュオイメージ

フレシャスの「デュオ」は給水ボタンが上にあることから、かがまずにラクな姿勢で使うことができます。

また、サントリーと同じく内部をクリーニングする機能もあるものの、作動のタイミングは自分で選ぶことができます。

さらに、サントリーと同じく水が7.2Lの軽量タイプで、女性でも交換がしやすいという強みもあります。

3. サントリーでかかる料金とウォーターサーバーのスペック解説

ここまで読まれてサントリーのウォーターサーバーを使ってみたいと思った方向けに、以下2つについて解説していきます。

  1. サントリーでかかる料金
  2. サントリー天然水サーバーのスペック

3-1. サントリーでかかる料金

料金について、以下2つに分けて解説していきます。

  • 毎月かかる料金(電気代を除く)
  • 場合によってはかかる料金

毎月かかる料金(電気代を除く)

サントリーのウォーターサーバーの利用で毎月かかる料金は以下の2つです。

  • 頼んだ分の水代
  • 月会費

金額は利用するプランによって以下の通り変わってきます。

水代
(一箱/7.8L)
月会費
スマートプラン
(基本のプラン)
1,350なし
バリュープラン
(月6箱以上注文する人向け)
1,1341,100

バリュープランは月会費がかかるものの水代が安く、6箱以上注文すると以下のように月額の合計が安くなります。

プランごとの料金

そのため、月に6箱(46.8L)以上は水を注文したいという人はバリュープランを選んでおきましょう。

場合によってはかかる料金

サントリーのウォーターサーバーの利用で場合によってはかかる料金には以下2つがあります。

  • 配送停止の事務手数料
  • 中途解約手数料
配送停止の事務手数料

サントリーの水は自分で決めた周期(1~4週に一度)での定期配送になり、水が余っている時は配送を停止することも可能です。

ただ、2ヶ月以上連続で水の受け取りがなかった場合、停止手数料として1,100円が発生してきます。

注文例

一月あたりどれだけ水を使えば余らない?

少なくとも一月あたり約12Lの利用ができれば、水を余らせずに使うことが可能です。

サントリーでは4週に一度、3箱(23.8L)からの定期配送となるため、23.8Lが月間の注文ノルマと言えます。

ただ、一月であれば無料で定期配送のスキップができるため、2ヶ月に一度スキップすることで一月あたり半分の約12Lの利用でも続けていくことができます。

中途解約手数料

サントリーでは、解約のタイミングによって以下の解約手数料が発生します。

設置から1年以内16,500
設置から1年以上2年以内9,900
2年以上なし

3-2. サントリー天然水サーバーのスペック

サントリーで使えるウォーターサーバーは天然水サーバーのみで、カラーは以下2色から選べるようになっています。

サントリーウォーターサーバー

以下の機能が全てあり、機能性は他ブランドのウォーターサーバーと比べても高いと言えます。

  • 温度調整機能:温冷水に加えて弱温水、弱冷水も出せる
  • 省エネ機能:弱温水、弱冷水に設定すると消費電力を抑えられる
  • おいしさキーパー機能:毎日内部を温水で洗浄する
  • 二重チャイルドロック:内部のボタンで二重にロックがかけられる

水は以下のように7.8Lの軽量ボックスをそのまま内部にセットして使う独特の設計となっています。

サントリーサーバー内部

基本的に、温水も冷水も以下のロック解除ボタンを2秒以上長押しした後でないと出せない仕組みになっています。

チャイルドロックボタン

しかし、サーバー内部のボタンでこの解除の操作を不要にする設定もできるようになっています。

ロック解除ボタン

温水も冷水もスムーズに出せるようになるため、大人だけの利用の場合は嬉しい設定と言えます。

「天然水サーバー」の基本データ
月額税込
(1セット/23.8L注文時)
4,050
1ヶ月の電気代目安700~1,000円
温水冷水の温度温水:85~92℃
※弱温モード:70~75℃
冷水:4~9℃
※弱冷モード:12~15℃
サイズサントリーウォーターサーバーサイズ

サントリーウォーターサーバー公式ページ

https://www.suntoryws.com

4. ウォーターサーバー選びで誰もが意識すべき3つのこと

「コスト」、「使いやすさ」、「デザイン」の3つで失敗している人が多い!

ウォーターサーバーは全国規模で展開するブランド数だけで20以上、サーバーの種類は50を軽く超えます。

「どれを選んでいいかわからない!」と悩んでしまうのはごく自然なことです。

しかし、だからと言ってなんとなくで選んでしまうのは危険です。

なぜなら、ウォーターサーバーは早期解約だと大きな解約金がかかることが基本であり、選び間違えたとしても簡単にやめられるものではないからです。

以下のように、高い解約金を嘆く声はSNS上にあふれています。

今回当サイトでは、誰もがウォーターサーバーを選ぶ上で注意すべきポイントを洗い出すため、SNSや口コミサイトで解約に至ったユーザーの口コミ200件以上を調査しました。

その結果、ユーザーのほとんどが大きく分けて以下3つのポイントに不満を感じて解約に至っていることがわかりました。

  1. 毎月のコスト
  2. 使いやすさ
  3. デザイン

ウォーターサーバーの解約理由

これら3つが、長く愛着を持って使えるウォーターサーバーを選ぶ上では外せないポイントになるということです。

早期解約とならないためにも、具体的にどういった基準で選んでいくべきかについて、それぞれ解説していきます。

ポイント①| 毎月のコスト

  • 月額はトータルで比較すること
  • 納得のいく月額で、省エネ機能のあるものを選んでおけば間違いない

ウォーターサーバーに毎月かかるコストは、水24L換算で3,000~6,000円が相場です。

主要ブランドのサーバーを月額の価格帯ごとに分けると以下のようになります。

ウォーターサーバー価格帯

月額の相場は24L換算で4,000円台が最も多く標準的、5,000円を超えてくると高めとなります。

こうした費用目安は事前に調べればわかるはずですが、以下のように使い始めてから値段で後悔する人は後を立ちません。

理由としては、以下が考えられます。

  • 「水代が安い!」、「レンタル代が無料!」といった細かい費用の宣伝文句に釣られて契約した
  • トータルで費用を比較しなかった

「水代が安い」、「レンタル料が無料」と安さを強調しているブランドでも、その他の費用が掛かり、トータルで見ると全然安くないということはよくあります。

ウォーターサーバーに毎月かかる費用としては以下があげられます。

ウォーターサーバーコスト

「思っていたよりお金がかかる…」と後悔しないためにも、上記の中で毎月かかるものがないかは確認し、月額費用は必ずトータルで比較するようにしましょう。

電気代は?

ウォーターサーバーの電気代については、各ブランドが公式HPで月額電気代の目安を公表していますが、大体以下の通りとなっています。

  • 省エネ機能あり → 約500円
  • 省エネ機能なし → 約1,000円

省エネ機能の有無は、1月あたりだと500円程度の差にしかなりませんが、3年使うと20,000円近くもの差になる重要なポイントです。

以下のように、電気代の高さを理由に解約を検討する人もいるほどです。

納得のいく月額で、なおかつ省エネ機能のあるものを選んでおけば、コストで失敗することはまずなくなります。

ポイント②|使いやすさ

ウォーターサーバーの使いやすさは、以下4つにかかっています。

  • ボトルのタイプ
  • 交換のタイプ
  • ラクな姿勢で使えるか
  • 片手で使えるか

ボトルのタイプ

ウォーターサーバーのボトルには、以下3タイプがあります。

再利用ボトル使い捨てボトル使い捨てパック
再利用ボトル使い捨てボトル水パック

再利用ボトルだと、空きボトルの保管に余分なスペースが必要になり、以下のようにボトルが邪魔と感じる人もいるため注意が必要です。

配達のたびに回収はしてもらえるため、大きなスペースが必要になることはありませんが、その点が気になる方は使い捨てタイプの方を選んでおきましょう。

中でも使い捨てパックのものだと、捨てるときにもゴミとしてかさばらないため、使い勝手は最も良くなります。

交換のタイプ

重量ボトルを持ち上げて交換するタイプはおすすめしない

ボトル交換には以下3パターンがあります。

サーバー上部で交換足元で交換
重量ボトル(12L)軽量ボトル(6~7L)
重量ボトル交換軽量交換足元ボトル

最も多いのは重量ボトルを持ち上げて交換するタイプです。

このタイプは身体への負担が大きく、以下のように体を痛めてしまう人もいるため、力に自信がある人を除き使うことはおすすめしません。

足元で交換するタイプは上に持ち上げるよりはラクにはなります。

ただ、多少なりとも重いボトルを持つ必要がある点は変わらないため、迷ったら軽量ボトルの方を選んでおくことをおすすめします。

ラクな姿勢で使えるか

ウォーターサーバーは、給水のレバーやボタンの位置が低いものだと以下のように水を入れるときにかがむ必要が出てくる場合があります。

ウォーターサーバーの給水左:フレシャス「サイフォンプラス」、右:サントリー「天然水サーバー」

座って使う場合は問題ありませんが、そうでない場合は、以下のような機種を選んだ方が、かがまずによりラクな姿勢で使うことができるようになります。

  • 給水ボタンが上にあるタイプ
  • 高い位置で使える卓上タイプ

ウォーターサーバーの給水左:フレシャス「デュオ」、右:フレシャス「デュオミニ」

上記のようにボタンが上にあると、小さい子供がボタンに触れることもできなくなり、イタズラや事故防止にもなるため子供にとっても安全であるという強みがあります。

デュオとcado

左:フレシャス「デュオ」、右:プレミアムウォーター「cado×PREMIUM WATER」

片手で使えるか

冷水にも両手が必要になるタイプは大人だけの利用の場合おすすめしない

ウォーターサーバーはスマホを使いながら等、片手がふさがった状態で使うシーンも必ず出てきます。

そういった時にストレスなく使うために重要になるのが「片手で使えるか」というポイントです。

ウォーターサーバーは操作方法によって以下3つのタイプに分かれます。

  1. 温水も冷水も出すときに両手が必要
  2. 温水だけ出すときに両手が必要
  3. 温水も冷水も片手で出せる

最もストレスに感じる方が多いのは、一つ目の常に両手が必要になるタイプです。

ウォーターサーバーの操作

画像:プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」

子供のイタズラや事故を防止するためのチャイルドロックとしてこうした仕様になっているものの、大人だけの利用の場合は邪魔でしかありません。

実際以下のように、チャイルドロックが邪魔と感じている人の口コミは多いです。

以下のように温水のみロックがついているタイプは最も主流ですが、大人だけでの利用で温水を使うことが多い場合はストレスになるかもしれません。

ウォーターサーバーの操作

画像:アルピナウォーター「スタンダードサーバー」

以下のように、温水も冷水も片手で出せるものだと使い勝手は最も良くなります。

ウォーターサーバーの操作

左:フレシャス「デュオ」、右:コスモウォーター「スマートプラス」

ポイント③| デザイン

ウォーターサーバーは大きく存在感のある家電です。

そのため、以下のように使い始めたはいいものの、見た目のデザインが後々気になってしまうというパターンはよくあります。

口コミを調査では、白いサーバーに水ボトルが載っている「いかにもウォーターサーバーらしいデザイン」をダサいと感じる意見が多く見られました。

近年はボトルが見えないタイプで、以下のようにデザインにもこだわった機種が増えてきています。

デザインがいいウォーターサーバー

ボトルがむき出しのものと違ってどれもインテリアに馴染みやすいデザインとなっているため、こうした機種から選んでおけば後々デザインで後悔することはなくなるはずです。

その他にウォーターサーバー選びで意識すべきこと

選ぶ上で特に重要なのは「コスト」、「使いやすさ」、「デザイン」の3つですが、その他に選ぶ上で意識すべきことを以下に全てまとめました。

  • 水の種類
  • 注文ノルマ
  • 解約金の決まり

水の種類

安全で美味しい水が飲めるのはどちらも一緒!

ウォーターサーバーの水には天然水とRO水の2種類があります。

天然水とRO水

どちらも以下2つの点では違いはありません。

  • 十分な殺菌がされている安全な水
  • 美味しい水

よって、どちらを選んでも「水の種類で失敗した」となることはまずありえません。

ただ、天然水にこだわりたい方や一緒に使う家族等にこだわりのある方がいる場合は、契約前にどちらの水かを忘れずに確認しておきましょう。

注文ノルマ

配送スキップのルールもあわせて確認

ウォーターサーバーの契約では、「毎月少なくとも24~30Lは注文は必要」というノルマが決められていることが基本です。

ただ、1ヶ月であれば配送を無料でスキップできる場合もあり、各月でスキップすることで、実質一月あたり12~15Lの利用でも続けることも可能になります。

スキップイメージ

月間15Lと言うと、1日平均で使うべき水は500mlボトル一本分と非常に少なくなります。

そのため、消費量に不安がある方は配送スキップの決まりについても合わせて確認し、無料で配送スキップが可能なブランドを選ぶようにしましょう。

解約金の決まり

ウォーターサーバーは携帯の契約と同じように、契約後1〜2年に解約すると解約金がかかるのが一般的で、金額は3,000~20,000円とブランドによって開きがあります。

ただ、そもそも長く使えるウォーターサーバーを選ぶことができれば発生するものではないため、比較の優先順位としては低いです。

まずは、コストや使いやすさ等の重要ポイントを比較してベストなサーバーを選んだ上で、契約前に念のため確認する程度でいいでしょう。

5. 迷ったらこれ!50機種の比較でわかったおすすめ1選

総合評価No.1はフレシャスの「デュオ」

今回当サイトでは、サントリーも含めた主要ブランドの全50機種のウォーターサーバーを、以下3つのポイントで徹底比較しました。

  • コスト
  • 使いやすさ
  • デザイン

ウォーターサーバー50

その結果、以下の通り総合評価が高く、3つのバランスが最もいい機種はフレシャスの「デュオ」であることがわかりました。

-スマホでは左右にスクロールできます-

総合評価TOP10

機種
(ブランド)

総合評価
コスト使いやすさ
デザイン
月額
(24L)
省エネ
機能
ボトル交換の
しやすさ
ラクな姿勢で使えるか片手で
使えるか
フレシャスデュオデュオ
(フレシャス)
★★★★★
4.8
4,630円
デュオミニ
(フレシャス)
★★★★☆
4.3
5,638円
スマートプラス
(コスモウォーター)
★★★★☆
4.3
4,104円
スマート
(ワンウェイウォーター)
★★★★☆
4.3
2,700円
スマートサーバー
(キララ)
★★★★☆
4
5,448円
スラット
(フレシャス)
★★★★☆
4
5,166円
サイフォンプラス
ショート
(フレシャス)
★★★★☆
4
4,152円
天然水サーバー
(サントリー)
★★★☆☆
3.8
4,152円
cado×PREMIUM WATER
(プレミアムウォーター)
★★★★☆
3.8
5,074円
アクアファブ
(アクアクララ)
★★★☆☆
3.8
5,132円
(7L)

4,238円
(12L)

コストの基準

  • 月額税込(24L):~3,000円=◎、4,000円台=◯、5,000円~=△ 
  • 省エネ機能:あり=◎、なし=△

使いやすさの基準

  • ボトル:使い捨てパック=◎、使い捨てボトル=◯、再利用ボトル=△
  • 交換のしやすさ:軽量対応=◎、下部重量=◯、上部重量のみ=△
  • ラクな姿勢で使えるか:かがむ必要無し=◎、かがむ必要有り=△
  • 片手で使えるか:温冷水共に片手可=◎、冷水のみ片手可=◯、温冷水共に両手が必要=△

デザインの基準

  • グッドデザイン賞受賞=◎、ボトルが隠れたデザイン=◯、ボトルが見えたデザイン=△

サントリーのウォーターサーバーも上位に入りましたが、以下2つの点で使いやすさの面では「デュオ」の方が優れています。

  • 給水位置が高く、ラクな姿勢で使える
  • 内部のクリーン機能があるが、使うタイミングは自分で選べる

そのため、サントリーのウォーターサーバーの以下2つの注意点が気になるという人には、「デュオ」を真っ先におすすめします。

  • 給水位置が低い
  • 内部のクリーン機能で一日約3時間使えなくなる

フレシャス「デュオ」:総合評価No. 1

デュオ

とにかく良いものを使いたい!」「選んだ後で後悔はしたくない!」という方はフレシャスの「デュオ」を選んでおけば間違いありません。

なぜなら「デュオ」は以下の点で、コスト、使いやすさ、デザイン全てにおいて死角がなく、優れていると言えるからです。

  1. 月額は標準的だが省エネ性能が高い
  2. 軽量パックで水の交換がラク
  3. サーバーの機能性が高い
  4. 大人には使いやすく子供には安全なデザイン

月額は標準的だが省エネ性能が高い

「デュオ」の月額は水24L換算で4,000円台と、全体で見ると標準的です。

ただ、「デュオ」は省エネ性能が他に比べて高く、省エネ機能がない機種の約3分の1にまでに電気代を抑えることができるという強みがあります。

デュオ電気代

軽量パックで交換がラク

水は1パック7.2Lの軽量タイプであり、女性でも交換がしやすいです。

また、パック式のため、使い終わった後もよくあるボトルタイプのようにゴミとしてかさばりません。

デュオ交換

サーバーの機能性が高い

「デュオ」にはサントリーのウォーターサーバーと同様に、温水を循環させて内部をクリーニングする機能があり、衛生面で安心して使うことができるようになっています。

自動クリーン機能

この機能は基本的に1ヶ月に一度好きなタイミングで作動させるだけでよく、サントリーのウォーターサーバーのように「毎日自動で作動して使えなくなる」といったことはありません。

また、「デュオ」は静音設計にこだわって作られており、動作音が図書館においても気にならないレベルになっているため、音に敏感な方でも快適に使うことができます。

デュオ静音

大人には使いやすく子供には安全なデザイン

「デュオ」は出水のボタンが上にあるデザインであることから、以下2つのメリットがあります。

  • 大人はかがまずに使える
  • 小さい子供が出水ボタンに触る心配がない

デュオ特徴

また、トレイが広めに設計されていることから、以下2つのメリットもあります。

  • コップをトレイに置いて片手で給水できる
  • 鍋などの大きめの器も置いて給水できる

デュオのデザイン

「デュオ」はグッドデザイン賞の受賞歴があり、そのデザインの良さが広く認められたものになっています。

グッドデザイン賞

以下のように、デザインが良いという口コミは多いです。

「デュオ」基本データ
月額税込
(24L)
4,630
※送料は一律無料
省エネ機能あり
配送方式ワンウェイ
ボトル7.2L使い捨てパック
水の種類天然水
水の配送28.8L(7.2L×4)/月〜の定期配送
※2ヶ月連続しなければ無料で配送の一時停止も可
解約金1年未満16,500円
1年以上2年未満9,900円

対応エリア沖縄、離島以外
サイズデュオサイズ

フレシャス「デュオ」公式ページ

https://www.frecious.jp/dewo

6. サントリーのウォーターサーバーに関するQ &A

最後に、サントリーのウォーターサーバーに関してよくある以下7つの質問について回答していきます。

Q1. 対応可能エリアは?

一部地域を除く全国に対応しており、水の送料は一律で無料になっています。

対応可能エリアかは公式ページから確認が可能です。

Q2 水の種類は?

サントリーの水は、地下深くから汲み上げられた、天然由来のミネラルを含んだ天然水です。

サントリーは「奥大山、南アルプス、阿蘇」の3つの採水工場を持っており、市販のペットボトルの水も採水地によって以下3種が発売されています。

サントリー

ウォーターサーバーには南アルプス(山梨県)の天然水が使われています。

Q3. お得なキャンペーンはある?

サントリーでは2021年9月現在、新規契約、乗り換えでそれぞれ以下の特典が受けられるキャンペーンを実施中です。

新規契約天然水ボックス2箱プレゼント
乗り換え天然水ボックス2箱とJCBギフトカード8,000円分プレゼント

2つのキャンペーンの併用はできません。

Q4. 水の注文方法は?

サントリーでは最初に決めた配送周期での定期配送となるため、特に手続きを取らないでも定期的に水が届くことになります。

ただ、定期配送をスキップしたり、水を追加注文する際は会員専用ページから手続きが必要になります。

サントリーマイページ

※サントリーマイページログイン画面

Q5. 毎月の支払い方法は?

クレジットカード払いと口座引き落としの2つの支払い方法から選べるようになっています。

Q6. 設置までの流れは?

ネットから申し込み後、最短7日程でウォーターサーバーと最初の水が届きます。

設置は基本的に自分でやる必要がありますが、申し込み時に550円で設置までを業者が行うサービスを選ぶことも可能です。

申し込みにあたっては、以下2つについて指定する必要があります。

  • 定期配送の周期:1~4週に一回
  • 一回の配送あたりの水の量:3箱、6箱、9箱

水を持て余す失敗をしないためにも、配送周期について迷った場合は最も少ない4週に一度3箱(23.8L)の配送を選んでおきましょう。

配送周期は会員専用ページからいつでも変更できるため、実際に使って足りないと感じたタイミングで量を増やしていくといいでしょう。

申し込みはこちらから

サントリーウォーターサーバー申し込みページhttps://www.suntoryws.com/application/

Q7. 解約方法は?

以下のフリーダイヤルから電話でのみ解約の申し込みが可能です。

フリーダイヤル:0120-328-310

受付時間:9:00~18:00(日曜・祝日・年末年始を除く)

7. まとめ

サントリーのウォーターサーバーの特徴について、実際に使うべきかも含めて解説してきましたがいかがでしたか?

サントリーのウォーターサーバーは以下5つメリットが大きいことから、基本的に自信をもっておすすめできます。

  • 運営が飲料水大手のサントリー
  • 温度調整機能が豊富
  • チャイルドロックが厳重で安心
  • 水の交換がしやすい
  • デザインがいい

ただ、使う上では以下2つの注意点もあります。

  • 給水位置が低い
  • 内部のクリーニングで1日約3時間使えなくなる

これらが気になるという人には給水位置高く、ラクな姿勢で使えて自由なタイミングでクリーン機能が使えるフレシャスの「デュオ」がおすすめです。

デュオイメージ

主要ブランド50機種を比較した結果の総合評価No. 1

フレシャス「デュオ」公式ページ:https://www.frecious.jp/dewo

当ページの内容が、あなたにとってのベストなウォーターサーバー選びにつながることを祈っています。

<サントリーウォーターサーバー公式ページ>

https://www.suntoryws.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る