一人暮らしのウォーターサーバー選びで最大の注意点とおすすめ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「一人暮らしで使うウォーターサーバーを選ぶコツが知りたい」「おすすめはある?」など、一人暮らしで使うウォーターサーバーについて気になっていませんか?

ウォーターサーバーは一人暮らしでも快適に使うことは可能ですが、選び方を間違えると使いきれない水を山のようにためてしまう事になるため注意が必要です。

このページでは、過去に5年間のウォーターサーバーの営業経験のある私が、一人暮らしで使うウォーターサーバー選びの注意点やおすすめ機種について、以下の流れで解説していきます。

  1. 一人暮らしのウォーターサーバー選びで最大の注意点
  2. 一人暮らしに最適!ノルマなしのウォーターサーバーのおすすめ2選
  3. 定期配送(ノルマあり)のウォーターサーバーのおすすめ1選
  4. 一人暮らしには向いてる?異なる2タイプのウォーターサーバー
  5. 一人暮らしでウォーターサーバーを使うってどうなの?

全て読めば一人暮らしのウォーターサーバー選びの秘訣がわかり、選んでも後悔しないベストな一台を見つけることができるでしょう。

【結論】一人暮らしで使うべきウォーターサーバーはこれ!

一人暮らしのウォーターサーバー選びは、水をためずに使っていけるかが最も重要です。

具体的には、あなたが消費できる水の量によって以下のおすすめ機種を選んでおけば間違いありません。

一人暮らしのおすすめ機種

フレシャス「デュオ」
https://www.frecious.jp/dewo/

【安さ重視の人向け】シンプルウォーター「エコパックサーバー」
https://simple-water.com

【デザイン重視の人向け】アクアクララ「アクアファブ」
https://www.aquaclara.co.jp/product/server/fab/

1. 一人暮らしのウォーターサーバー選びで最大の注意点

水を使いきれるかが最も大事

一人暮らしでウォーターサーバーを使っている人にダントツで多い失敗は、以下のように「水を使いきれずにためてしまう」というものです。

こうした声はSNS上にあふれており、一人暮らしでの利用で、100L近くもの水をためてしまったという声はザラにあります。

こうなってしまっては、いくら納得のいくコストで便利なウォーターサーバーを契約できても、続けられずに高い解約金を払って解約することになるのは目に見えています。

こうならないためにも、一人暮らしで使うウォーターサーバーは「水をためることなく使っていけるか?」という点をまずは意識して選んでいく必要があります。

なぜ水がたまってしまうの?

定期配送の水が使いきれないから

ウォーターサーバーの水は定期配送が基本であり、4週に一度24Lといったように決まった周期で水が届くことになります。

使いきれずに余っていても関係なく水は届き続けることから、使う量が少ないとそれが積み重なって山のようにたまってしまうのです。

水が余る仕組み

一人暮らしの場合、複数人で使う場合に比べて消費量が少なくなるため、使う量が追いつかずにため込んでしまう人がどうしても多くなりがちです。

こうならないためには?

定期配送ではなく、必要な時に注文するだけでいい(注文ノルマがない)ものを選んでおけば間違いない

ウォーターサーバーの水は定期配送で、「少なくとも一月あたり何リットルは注文が必要」という水の注文ノルマがあることが基本です。

しかし、「シンプルウォーター」や「アクアクララ」のように一部ノルマがないブランドも存在します。

これらを選ぶと水は定期配送でなく、必要な時に注文するだけでよくなります。

ノルマ

使いきれない水がたまることが一切なくなるため、一人暮らしで水の消費量が少ないという人はノルマなしで使えるものを選んでおけば間違いありません。

1ヶ月に12~15Lは水を使えるなら定期配送(ノルマあり)でもOK

定期配送でもスキップの仕組みを活用すれば、一日あたり使うべき水はコップ2杯で足りる

定期配送のウォーターサーバーの一月あたりの注文ノルマの相場は24~30Lです。

ただ、同時に定期配送を2ヶ月連続しなければ無料でスキップできるブランドも多く、この仕組みを使うと一月あたり半分の12~15Lの利用でも続けていくことが可能になります。

スキップイメージ

月間12~15Lというと一日平均で使うべき水の量は400~500ml(約コップ2杯分)となります。

そのため、一人暮らしでもそれだけの量なら水が使えるという人は、一般的な定期配送のウォーターサーバーでも水をためる事なく使うことができると言えます。

その他に一人暮らしのウォーターサーバー選びで意識すべき3つのこと

一人暮らしの場合、水をためずに使っていけるもので、なおかつ以下3つについても納得のいく機種を選ぶことができれば、契約後に後悔することはまずなくなります。

  • 毎月のコスト
  • 使いやすさ(交換のタイプ、配送方式、チャイルドロックの仕様)
  • デザイン

毎月のコスト

  • 月額はトータルで比較すること
  • 納得のいく月額で、省エネ機能のあるものを選んでおけば間違いない

ウォーターサーバーに毎月かかるコストは、水24L換算で3,000~6,000円が相場です。

主要ブランドのサーバーを月額の価格帯ごとに分けると以下のようになります。

ウォーターサーバー価格帯

月額の相場は24L換算で4,000円台が最も多く標準的、5,000円を超えてくると高めとなります。

こうした費用目安は事前に調べればわかるはずですが、以下のように使い始めてから値段で後悔する人は後を立ちません。

理由としては、以下が考えられます。

  • 「水代が安い!」、「レンタル代が無料!」といった細かい費用の宣伝文句に釣られて契約した
  • トータルで費用を比較しなかった

「水代が安い」、「レンタル料が無料」と安さを強調しているブランドでも、その他の費用が掛かり、トータルで見ると全然安くないということはよくあります。

ウォーターサーバーに毎月かかる費用としては以下があげられます。

ウォーターサーバーコスト

「思っていたよりお金がかかる…」と後悔しないためにも、上記の中で毎月かかるものがないかは確認し、月額費用は必ずトータルで比較するようにしましょう。

※当サイトで表示しているサーバーの月額は、全て電気代を除く税込の総費用(水24L換算)です。

電気代は?

ウォーターサーバーの電気代については、各ブランドが公式HPで月額電気代の目安を公表していますが、大体以下の通りとなっています。

  • 省エネ機能あり → 約500円
  • 省エネ機能なし → 約1,000円

省エネ機能の有無は、1月あたりだと500円程度の差にしかなりませんが、3年使うと20,000円近くもの差になる重要なポイントです。

以下のように、電気代の高さを理由に解約を検討する人もいるほどです。

コストで失敗しないためには、納得のいく月額で、なおかつ省エネ機能のあるものを選んでおけば間違いありません。

使いやすさ

一人暮らしにおけるウォーターサーバーの使いやすさは、以下3つにかかっています。

  1. ボトル交換のタイプ
  2. 配送方式
  3. チャイルドロックの仕様
ボトル交換のタイプ

ボトル交換には以下3通りがあります。

サーバー上部で交換
足元で重量ボトル(12L)交換
軽量タイプ
(6~7L)
重量ボトル
(12L)

一番おすすめなのは、水を交換する負担が最も小さい6~7Lの軽量タイプのものです。

重量ボトルを上に乗せるタイプは、以下のようにあまりの重さに身体を痛めてしまう人が多くいるためおすすめしません。

足元で重量ボトルを交換するタイプは、上に持ち上げるタイプよりもやや楽にはなります。

しかし、このタイプも重いボトルを多少なりとも持ち上げる必要があることに変わりはないため、こちらもおすすめしません。

軽量タイプのものを選んでおけば、水の交換で苦労することは確実になくなります。

配送方式

ウォーターサーバーの水の配送方式には以下2タイプがあります。

ワンウェイ方式リターナブル方式
ボトル使い捨て再利用
使い捨てボトル再利用ボトル
特徴・ボトルは使い切ったら捨てるだけ
・配送はヤマトや佐川などの宅配業者
・使い切ったボトルは回収まで保管が必要
・配送はウォーターサーバー会社の専任スタッフ

リターナブル方式だと、空きボトルの保管に余分なスペースが必要になるため、以下のように邪魔と感じる人もいるため注意が必要です。

配達のたびに空きボトルは回収はしてもらえるため、大きなスペースが必要になることはありませんが、その点が気になる方はワンウェイ方式の方を選んでおきましょう。

チャイルドロックの仕様

冷水にもロックがついているタイプはストレスに感じる人が多いためおすすめしない

ウォーターサーバーには、子供のイタズラや事故の防止のために、簡単に出水できないようにチャイルドロックがついていることが基本です。

子供がいる家庭では安心ですが、一人暮らしでの利用の場合、むしろ邪魔と感じる人もいます。

中でも注意が必要なのは、以下のように冷水にもロックが常備されているタイプです。

スリムサーバーチャイルドロック温水だけでなく、冷水を飲むのにも毎回両手での操作が必要になることから、ストレスに感じる人が多いため、このタイプの利用は一人暮らしでは避けることをおすすめします。

デザイン

ウォーターサーバーは大きく存在感のある家電です。

そのため、以下のように使い始めたはいいものの、見た目のデザインが後々気になってしまうというパターンはよくあります。

近年はボトルが見えないタイプで、以下のようにデザインにもこだわった機種が増えてきています。

デザインがいいウォーターサーバー

ボトルがむき出しのものと違ってどれもインテリアに馴染みやすいデザインとなっているため、こうした機種から選んでおけば後々デザインで後悔することはなくなるはずです。

2. 一人暮らしに最適!ノルマなしのウォーターサーバーのおすすめ2選

主要ブランドのウォーターサーバーで、必要な時に水を注文するだけでいい、ノルマなしで使えるものは以下4ブランドの10機種だけです。

ノルマなしの10機種

今回当サイトでは、これらを一人暮らしのウォーターサーバー選びで外せない以下3つの観点で比較し、ランキングを作成しました。

  • コスト
  • 使いやすさ(ボトル交換のタイプ、配送方式、チャイルドロックの仕様)
  • デザイン

その結果、3つバランスが最もいいのは、以下の通りシンプルウォーターの「エコパックサーバー」であることがわかりました。

-スマホでは左右にスクロールできます-

ノルマなしのウォーターサーバー総合ランキング
順位サーバー名
(ブランド)
総合評価
コスト使いやすさデザイン
1エコパックサーバー
(シンプルウォーター)
★★★★☆
4.1
★★★
4
★★★★
4.4
2エコサーバー
(アルピナウォーター)
★★★☆☆
3.7
★★★
4.5
★★★
3.6
3高機能サーバー
(富士の湧水)
★★★☆☆
3.6
★★
2.5
★★★★
4.2
4高機能サーバー卓上タイプ
(富士の湧水)
★★★☆☆
3.6
★★
2.5
★★★★
4.2
5スタンダードサーバー
(アルピナウォーター)
★★★☆☆
3.5
★★★
4
★★★
3.6
6スタンダードサーバー卓上タイプ
(アルピナウォーター)
★★★☆☆
3.5
★★★
4
★★★
3.6
7アクアファブ
(アクアクララ)
★★★☆☆
3.2
★★
2
★★
2.6
8アクアウィズ
(アクアクララ)
★★★☆☆
3
★★
2.5
★★
2.6
9アクアスリム
(アクアクララ)
★★☆☆☆
2.5
★★
2
★★
2.6
10アクアスリムS
(アクアクララ)
★★☆☆☆
2.5
★★
2
★★
2.6
  • コストの基準:トータル月額、省エネ機能の有無
  • 使いやすさの基準:ボトル交換のタイプ、配送方式、チャイルドロックの仕様
  • デザインの基準:グッドデザイン賞受賞◎=星5、左記以外でボトルが見えないデザイン◯=星4、ボトルが見えているデザイン△=星3

そのため、ノルマなしのウォーターサーバー選びで迷った場合は、「エコパックサーバー」を選んでおけば間違いありません。

シンプルウォーター

ただ、「エコパックサーバー」は見た目が地味なため、デザインが物足りないと感じる方もいると思います。

そういった方には、ノルマなしのサーバーの中で唯一グッドデザイン賞の受賞歴があり、見た目がおしゃれなアクアクララの「アクアファブ」をおすすめします。

アクアファブ

ノルマなしのウォーターサーバーの中でも特におすすめな以下2機種について、それぞれ解説していきます。

機種
(ブランド)
月額税込
(24L換算)
こんな人におすすめ
エコパックサーバー

エコパックサーバー
シンプルウォーター

3,240・なるべく安いものが使いたい

・卓上タイプがいい

・天然水が飲みたい

アクアファブ

アクアファブ
アクアクララ

12Lボトル利用:4124
7Lボトル利用:5,173
おしゃれな機種を使いたい

エコパックサーバー(シンプルウォーター)

シンプルウォーターHP

シンプルウォーターの「エコパックサーバー」は見た目や機能はその名の通りごくシンプルですが、コストと使いやすさのバランスでは右に出るもののないサーバーです。

ノルマなしのサーバーの中でも特にエコパックサーバーがおすすめな理由は以下3つです。

  • 軽量パックで水の交換がラク
  • 月額が安い
  • 卓上型のため省スペース

軽量パックで水の交換がラク

エコパックサーバーは6Lの軽量パックの水が採用されており、水の交換がしやすく、女性の一人暮らしでも問題なく使うことができます。

また、一般的なボトルでなく、ノルマなしのサーバーの中では唯一パック式が採用されており、捨てるときにゴミとしてもかさばらないというメリットがあります。

シンプルウォーターの水

月額が安い

軽量ボトルを採用しているウォーターサーバーは24L換算で月額4,000円を超えることがほとんどですが、「エコパックサーバー」は3,000円台で安く利用することが可能です。

サーバーがレンタルでなく購入タイプのため、最初にサーバー代として15,180が発生しますが、長く使う前提であれば決して高くはない金額と言えます。

卓上型のため省スペース

エコパックサーバーは高さが55㎝の卓上タイプであり、キッチンなどのちょっとした空きスペースを活用して使うことが可能です。

シンプルウォーター

※画像は同じサイズの旧式モデルの利用例

そのため、一人暮らしで家のスペースに余裕がないという方にもおすすめできます。

以下のように、他のノルマなしの卓上型サーバーと比べても、「エコパックサーバー」は最もコンパクトな作りとなっています。

卓上サーバーサイズ比較

「エコパックサーバー」基本データ
月額税込
(24L)
3,240
※一箱(18L)あたり追加で発生する送料
沖縄:1500円
北海道、四国:400円
九州:300円
中国:200円
東北:100円
上記以外:無料
水の種類天然水
省エネ機能ありチャイルドロック温水のみ
ボトル6L使い捨てパック解約金なし
※サーバー代無料キャンペーン適用の場合のみ、解約までに注文した水が16箱以下で7,590円
配送方式ワンウェイ対応エリア離島を除く全国
サイズエコパックサーバーサイズ

シンプルウォーター公式ページ

https://simple-water.com

アクアファブ(アクアクララ):デザイン重視の人向け

アクアファブ

「アクアファブ」はアクアクララが出しているデザイン重視モデルのウォーターサーバーです。

上の水ボトルが見えないカバーが設置できることから、全体的にスタイリッシュな印象になっています。

フォーセットを手前に引いて出水する独特の仕様となっており、ノルマのないサーバーでは唯一グッドデザイン賞も受賞しています。

アクアファブ

以下のように、実際に一人暮らしでアクアファブを使っているという口コミもあります。

水代がやや高くなるものの、軽量ボトルも選べるようになっているため、ボトル交換をラクにすることも可能です。

ただ、アクアクララは再利用ボトルが使われているため、次の配達日に回収されるまで、空きボトルの保管が必要になるという点には注意しましょう。

「アクアファブ」基本データ
月額税込
(24L)
12Lボトル:4,238
7Lボトル:5,132
水の種類RO水
省エネ機能なしチャイルドロック温水のみ
配送方式リターナブル解約金半年以内
3,300円
ボトル12Lか7Lの再利用ボトル
対応エリア離島を除く全国
サイズ
アクアファブサイズ

アクアクララ「アクアファブ」公式ページ

https://www.aquaclara.co.jp/product/server/fab/

3. 定期配送(ノルマあり)のウォーターサーバーのおすすめ1選

前述の通り、月間12~15L(1日約コップ2杯)は水を飲めるという人であれば、定期配送のノルマがあるタイプでも水をためずに使っていくことができます。

今回当サイトでは、一人暮らしでもそれだけの量の水は使えるという人向けに、先程と同じ3つの観点で、定期配送のノルマがあるタイプも含めた主要ブランドのウォーターサーバー50台の比較を行いました。

主要ブランド50機種

その結果、以下の通り総合評価が最も高いのはフレシャスの「デュオ」であることがわかりました。

-スマホでは左右にスクロールできます-

総合評価トップ10
順位サーバー名
(ブランド)
総合評価
コスト使いやすさデザイン月間ノルマ
(スキップを活用した場合
1デュオ
(フレシャス)
★★★★
4.3
★★★
3.5
★★★★
4.4
14.4L
2エコパックサーバー
(シンプルウォーター)
★★★★☆
4.1
★★★
4
★★★★
4.4
なし
3スマート
(ワンウェイウォーター)
★★★★☆
4
★★★★★
5
★★★
3.2
36L
4スマートプラス
(コスモウォーター)
★★★☆☆
3.9
★★★
3.5
★★★
3.2
12L
5天然水サーバー
(サントリー)
★★★☆☆
3.9
★★★
3.5
★★★★
4.2
11.7L
6サイフォンプラス
(フレシャス)
★★★☆☆
3.7
★★★
3.5
★★★
3.8
14.4L
7エコサーバー
(アルピナウォーター)
★★★☆☆
3.7
★★★
4.5
★★★
3.6
なし
8スラット
(フレシャス)
★★★☆☆
3.7
★★
2.5
★★★
3.6
9.3L
9デュオミニ
(フレシャス)
★★★☆☆
3.6
★★
2.5
★★★★
4.4
9.4L
10スタンダードサーバー
(アルピナウォーター)
★★★☆☆
3.5
★★★
4
★★★
3.6
なし
  • コストの基準:トータル月額、省エネ機能の有無
  • 使いやすさの基準:ボトル交換のタイプ、配送方式、チャイルドロックの仕様
  • デザインの基準:グッドデザイン賞受賞◎=星5、左記以外でボトルが見えないデザイン◯=星4、ボトルが見えているデザイン△=星3

「デュオ」の注文ノルマは月28.8Lですが、フレシャスでは1ヶ月であれば無料で定期配送のスキップができるようになっています。

そのため、以下のようにスキップを使うことで毎月ノルマの半分(約15L)の消費でも水をためずに使っていくことができます。

デュオスキップイメージ

ノルマなしのおすすめとして紹介した「エコパックサーバー」も上位に入りましたが、「デュオ」の方が使い勝手や機能性の面では優れています。

よって、毎月15L(1日平均500ml)は少なくとも水を使えるという人には「デュオ」の利用をおすすめします。

デュオ(フレシャス)

デュオ

「デュオ」の具体的な強みは以下3つです。

  1. 月額は標準的だが省エネ性能が高い
  2. 軽量パックで交換がラク
  3. デザイン性が高くサーバーの機能も充実

月額は標準的だが省エネ性能が高い

「デュオ」の月額は水24L換算で4,000円台と、全体で見ると標準的です。

ただ、「デュオ」は省エネ性能が他に比べて高く、省エネ機能がない機種の約3分の1にまでに電気代を抑えることができるという強みがあります。

デュオ電気代

軽量パックで交換がラク

水は1パック7.2Lの軽量タイプで交換がしやすいため、女性の一人暮らしの場合でも安心です。

また、パック式のため、使い終わった後もよくあるボトルタイプのようにゴミとしてかさばりません。

デュオ交換

デザイン性が高く、サーバーの機能も充実

「デュオ」はグッドデザイン賞の受賞歴があり、そのデザインの良さが広く認められたものになっています。

グッドデザイン賞

以下のように、デザインが良いという口コミも多いです。

温水にはチャイルドロックが常備されているものの、上のボタンを長押しするだけで解除できるため、以下のように、温冷水問わず片手でストレスなく入れることが可能です。

デュオ出水

また、静音設計にこだわって作られており、動作音が図書館においても気にならないレベルになっているため、音に敏感な方でも快適に使うことができます。

デュオ静音

そのため、ワンルームの一人暮らしなどで寝る場所の近くにおくことを検討している方にも、自信を持っておすすめできます。

「デュオ」基本データ
月額税込
(24L)
4,630注文ノルマ28.8L/月
※配送スキップを活用した場合:14.4L/月
水の種類天然水定期配送停止のルール2ヶ月以上停止で再開まで毎月1,100円
省エネ機能ありチャイルドロック温水のみ
配送方式ワンウェイ解約金1年未満16,500円
1年以上2年未満9,900円
ボトル7.2L使い捨てパック
対応エリア沖縄、離島以外
サイズ
デュオサイズ

フレシャス「デュオ」公式ページ

https://www.frecious.jp/dewo

コンパクト版の「デュオミニ」もある

デュオミニ

定期配送のノルマがあるタイプでもOKという方で、省スペースな卓上タイプを使いたいと思っている方には、「デュオ」のコンパクト版の「デュオミニ」がおすすめです。

「デュオ」と同様におしゃれで機能性が高い(省エネ、静音設計)だけでなく、以下のように他の卓上型サーバーと比べても圧倒的にコンパクトであるという強みがあります。

卓上サーバーサイズ比較

月額は「デュオ」より高くなるものの、以下二つの点で使い勝手がさらに良くなるため、それだけの価値があると言えます。

デュオミニデュオ
1パックあたりの水の量4.7Lより軽くて持ちやすい7.2L
一月あたりの消費ノルマ
(スキップを活用した場合)
9.4Lより少ない消費でもOK14.4L

「デュオミニ」基本データ
月額税込
(24L)
5,638注文ノルマ18.8L/月
※配送スキップを活用した場合:9.4L/月
水の種類天然水定期j配送停止のルール2ヶ月以上停止で再開まで毎月1,100円
省エネ機能ありチャイルドロック温水のみ
配送方式ワンウェイ解約金1年未満16,500円
1年以上2年未満9,900円
ボトル4.7L使い捨てパック
対応エリア沖縄、離島以外
サイズ
デュオミニ

フレシャス「デュオミニ」公式ページ

https://www.frecious.jp/dewomini/

4. 一人暮らしには向いてる?異なる2タイプのウォーターサーバー

ウォーターサーバーはこれまで紹介してきた宅配の水を使ったタイプ以外に、以下2つがあります。

水道水を使ったタイプペットボトルの水を使ったタイプ
miniペットボトルサーバー

これら2つについて、「宅配タイプのウォーターサーバーに比べてどうなのか?」、「一人暮らしにおすすめできるか?」についてそれぞれ解説していきます。

4-1. 水道水を使ったタイプ

月額がレンタル代だけの定額制なため、水を使う量が多い場合は宅配タイプより安く使える

同じ一人暮らしでも、中には以下のように一日1.5L(月間45L)以上も水を使うという人もいます。

これだけの水を使った場合、一般的な宅配の水を使ったウォーターサーバーだと月額は安いものでも6,000円は確実に超えてきます。

しかし、水道水を使ったタイプだと、いくら水を使っても月額は定額の3,000~5,000円のレンタル代だけになります。

宅配水サーバーと水道水サーバー

コストをおさえて使うことができるため、一人暮らしで以下二つに当てはまる人には水道水を使ったタイプもおすすめです。

  • 水を一日1L(月間30L)以上使う
  • 浄水した水道水を使うのに抵抗がない

水道水サーバーは以下2タイプに分かれます。

水道水補充型水道直結型
miniナノラピアガーディアン
使い方水道水を補充して使う水道に直結させて使う
こんな人向け・キッチン周辺に置くスペースがない

・置き場所を自由に変えて使いたい

・キッチン周辺に設置スペースがある

・補充の手間がかからない方がいい

選ぶなら、タイプごとに特にコンパクトで機能性の高い以下2機種がおすすめです。

  • 水道水補充型:ミニ(エブリィフレシャス)
  • 水道直結型:ナノラピアガーディアン(ウォータースタンド)

水道水補充型:ミニ(エブリィフレシャス)

ミニ

エブリィフレシャスは、おしゃれなデザインで人気の宅配水ブランドの「フレシャス」が出した水道水サーバーブランドです。

そんなエブリィフレシャスの「ミニ」の強みは以下二つです。

  • 最小で最軽量
  • 機能性が高い
最小で最軽量

「ミニ」の大きさと重量を、他ブランドの水道水補充型の機種と比べると、以下のようになります。

サイズ、重量比較

「ミニ」は、水道水補充型の中では唯一の卓上タイプであり、他ブランドの機種と比べても圧倒的に小さく、そして軽いという特長があります。

このことから、他機種にはない以下のメリットがあります。

  • 移動がしやすい:設置場所を気軽に変えられる
  • 省スペース:キッチンやテーブルの上の空きスペースを活用して始められる
機能性が高い

「ミニ」は小さいものの以下3つの機能があり、他ブランドのものと比べても機能性は高いと言えます。

  • クリーン機能:殺菌効果のある光を照射して内部を清潔に保つ
  • スリープ機能:光センサーで明るさを感知し、夜間に自動で省エネ運転に切り替わる
  • 温度調整機能:エコモードに設定すると弱温水、弱冷水が作れる

高機能で省スペースに使えるに越したことはないため、水道水補充型を選ぶなら「ミニ」がダントツでおすすめです。

ミニ使い方

「ミニ」基本データ
月額税込3,300
タイプ水道水補充型
フィルター交換6ヶ月に一度届く浄水カートリッジを自分で交換
出水可能温度温水:80℃~85℃※エコモード利用時70~75℃
冷水:5~10℃※エコモード利用時10~15℃
解約金1年未満:22,000円
1年以上2年未満:16,500円
2年以上3年未満:11,000円
対応エリア沖縄、離島以外
サイズミニサイズ

「エブリィフレシャス」公式ページ

https://every.frecious.jp

水道直結型:ナノラピアガーディアン(ウォータースタンド)

ナノラピアガーディアン

「ナノラピアガーディアン」は、水道水サーバーのリーディングカンパニーであるウォータースタンドの人気モデルです。

「ナノラピアガーディアン」の具体的な強みは以下2つです。

  • 電気代が圧倒的に安い
  • 設置スペースは水道水サーバーで最小
電気代が圧倒的に安い

ウォーターサーバーの電気代の相場は500~1,000円ですが、「ナノラピアガーディアン」の電気代目安は150円と、圧倒的に安いという特長があります。

温冷水が使える水道水サーバーで、ここまで電気代がかからない機種は他にありません。

なぜこんなに安い?

ウォーターサーバーは内部のタンクの温冷水を保温するのに最も電力を使います。

しかし、「ナノラピアガーディアン」は数秒で温水や冷水が作れる瞬間温冷却機能があり、タンク自体がありません。

保温自体が不要な設計になっていることから、他のサーバーに比べて圧倒的な電気代の安さを実現しているのです。

設置スペースは水道水サーバーで最小

「ナノラピアガーディアン」はタンクを持たないことから、幅と奥行きが共に23㎝と圧倒的に小さなサイズも実現しています。

ナノラピアガーディアンサイズ

主要ブランドの水道直結型サーバーの中でも、設置面積は最小であるため、コンパクトさを重視する方には特におすすめです。

水道管とつなげる工事は意外と簡単!

水道直結型のサーバーの設置工事は、以下のように水栓や配水管に分岐する部品を取り付けてつなげる簡単な取り付け工事で済みます。

水道管直結工事例

つなげたパイプは以下のように壁に沿って配置してコーティングまでしてもらえるため、邪魔になることもありません。

水道水サーバーパイプ

これらは取り外して原状回復もできるため、賃貸での利用も問題なく可能です。

「ナノラピアガーディアン」基本データ
月額税込4,400
※初回費11,000円が発生
タイプ水道直結型
フィルター交換半年に一度専任スタッフが全体的なメンテナンスも含めて行う
出水可能温度温水:93℃、85℃、75℃
冷水:5~8℃
常温水
解約金1年未満の解約:11,000円
対応エリア全国
サイズ ナノラピアガーディアンサイズ

ウォータースタンド「ナノラピアガーディアン」公式ページ

https://waterstand.jp/products/nanoLapia_guardian.html

4-2. ペットボトルを使ったタイプ

宅配タイプに比べてコストは安くはなるが、使い勝手が悪いのでおすすめしない

ペットボトルを使ったタイプのウォーターサーバーはレンタルが主流の宅配タイプと異なり、10,000~20,000円で以下のようなサーバー本体を購入することが必要になります。

ペットボトルサーバー

※(左)Toffy 税込価格17,468円  (右)SOUYI卓上ウォーターサーバー 税込価格9,980円 

購入費はかかるものの、ペットボトルの水代が宅配タイプのウォーターサーバーより安いことから、コストは確実におさえて使うことが可能です。

その手軽さから一人暮らし向けと紹介されることも多い商品ですが、以下3つのデメリットがあるためこのタイプの利用はおすすめしません。

  • 冷水の温度が10~15度とぬるめ(レンタルタイプは4~10℃)
  • 故障等のトラブル時のサポートがほとんどない(あっても一年保証)
  • ボトル交換の回数が多く手間になる

一つ目の「水がぬるい」という点は、買って後悔したポイントとして、Amazon等の口コミでも多く上がっています。

使い勝手も含めて比べると、レンタルの高性能なウォーターサーバーの方が断然おすすめです。

5.  一人暮らしでウォーターサーバーを使うってどうなの?

ペットボトルに比べてコストは高いが、得られるメリットは大きい

以下のように、「一人暮らしでウォーターサーバーって必要?」、「コスパは良い?」と導入自体を悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

一人暮らしでのウォーターサーバーの利用でよく比較されるのが、ペットボトルの水を買って使うという方法です。

どちらも安全で美味しい水が飲めるという点では変わりはありませんが、以下の通りコストの面ではウォーターサーバーの方が明らかに高くなります。

ウォーターサーバーペットボトル※
1Lあたりの水代110~17050~60
一月あたりの費用
(24L換算)
3,000~5,0001,200~1,500

※Amazonで2Lボトルの水を買った場合

しかし、これだけを理由に一口に「一人暮らしでウォーターサーバーを使うのはコスパが悪い」とは決して言えません。

なぜなら、ウォーターサーバーには、ペットボトルの水では得られない以下のメリットがあるからです。

  • 冷蔵庫のスペースが空く
  • 温水がすぐ使える
  • ゴミが減らせる
  • 水を飲む習慣ができる
  • シンプルに気分が良くなる

コストについて理解した上で、これらに一つでも魅力を感じた方は、一人暮らしでもウォーターサーバーを使う価値は十分あると言えます。

それぞれ実際の口コミをもとに解説していきます。

メリット①|冷蔵庫のスペースが空く

一人暮らし用のコンパクトな冷蔵庫だと、ペットボトルの水を入れるだけで中が一杯になり、他のものが入れづらくなると感じたことがある人は多いのではないでしょうか?

ウォーターサーバーがあると冷水がいつでも簡単に飲めるため、このように冷蔵庫の場所を取ることは一切なくなります。

そのため、一人暮らしで水を冷やして飲む習慣がある方の場合、ウォーターサーバーを使い始めると以下のように冷蔵庫のスペースが空くというメリットを実感できるはずです。

メリット②|温水がすぐ使える

冷水はウォーターサーバーを使わないでも、ペットボトルの水を冷蔵庫で冷やせばすぐに飲めていましますが、温水については沸かしたり温めたりする手間がどうしてもかかってしまいます。

そこで、ウォーターサーバーを使うと、ボタンやレバーを押すだけで熱湯に近い温水をすぐに使うことが可能になります。

ウォーターサーバーのお湯

ケトルで沸かしたり、レンジにかけたりという手間が一切なくなり時短になるため、以下のようにカップ麺やコーヒーなどのインスタント食品を作る機会がある人は便利と感じるはずです。

メリット③|ゴミが減る

ペットボトルの水を使う場合、「ボトルのゴミがかさばる」というデメリットがあります。

その点、ウォーターサーバーはボトルのサイズが大きいためゴミが少なく、最近は以下のように使うごとに勝手につぶれていくタイプが多く、ゴミとしてもかさばらないという強みがあります。

ウォーターサーバーボトル

以下のように、一人暮らしの方でゴミが減るという点で「ペットボトルよりウォーターサーバーの方がいい」と感じているという声も実際にあります。

また、フレシャスの「デュオ」やシンプルウォーターの「エコパックサーバー」のように、パック式の水を採用しているウォーターサーバーを使えば、ボトルのゴミをゼロにすることも可能です。

ウォーターサーバー水

メリット④|水を飲む習慣ができる

ウォーターサーバーを使って初めて実感されることが多いメリットとして、「水を飲む習慣ができる」というものがあります。

ウォーターサーバーはいつでも冷水温水が気軽に飲めることから、ペットボトルに比べて水を飲もうというモチベーションは高くなるはずです。

以下のように、水を飲むことが習慣化することで結果として体調にも良い影響があったという口コミもあります。

メリット⑤|シンプルに気分が良くなる

ウォーターサーバーを使い始めた人の口コミとして意外と多いのが、以下のように、生活水準が上がったり、デザインがおしゃれなサーバーが家にあることで気分が良くなったというものです。

最近ではデザインにこだわり、インテリアとしてもおしゃれで、あるだけで気分がよくなるようなウォーターサーバーも増えてきています。

いくらペットボトルの水があっても、このように気分まで良くなることはまずないでしょう。

家にウォーターサーバーのある生活を想像して、自分の気分が少しでもよくなると感じたのであれば、使い始める価値は十分あると言えます。

6. まとめ

一人暮らしで使うウォーターサーバー選びの秘訣やおすすめを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

一人暮らしでのウォーターサーバーの利用でダントツで多い失敗は「定期配送の水を使いきれずに山のようにためてしまう」というものです。

そうならないためにも、迷ったら注文ノルマのない以下2機種のどちらかを選んでおけば間違いありません。

<ノルマなしのおすすめNo. 1>
シンプルウォーター「エコパックサーバー」
https://simple-water.com

<デザイン重視の人向け>
アクアクララ「アクアファブ」
https://www.aquaclara.co.jp/product/server/fab/

また、一人暮らしでも月間15L(1日500ml)は水を消費できるという方には、上記2機種より機能性が高く、「コスト、使いやすさ、デザイン」全てにおいて文句のつけようがないフレシャスの「デュオ」をおすすめします。

<主要ブランド50機種を比較した結果の総合評価No. 1>

フレシャス「デュオ」
https://www.frecious.jp/dewo/

当ページの内容が、あなたのウォーターサーバー選びの助けになれることを祈っています。

<その他当ページで紹介したおすすめサーバー>

「デュオ」の卓上版フレシャス「デュオミニ
水道水を使ったタイプのおすすめエブリィフレシャス「ミニ」
ウォータスタンド「ナノラピアガーディアン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る