エブリィフレシャス辛口レビュー|口コミ・評判からわかった3つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 

「エブリィフレシャスってどうなの?」「悪い口コミはある?」など、エブリィフレシャスについて気になっていませんか?

エブリィフレシャスは「定額で飲み放題、ボトル不要」を売りとしていますが、その点は他の浄水型サーバーも全く同じなため、それだけを理由に選ぶのは危険です。

このページでは、過去に5年間ウォーターサーバーの営業経験のある筆者が、エブリィフレシャスの特徴や注意点について、以下の流れで解説していきます。

  1. エブリィフレシャスってどうなの?
  2. 口コミでわかる!エブリィフレシャスのメリットとデメリット
  3. 要確認!エブリィフレシャスを選ぶ前に知るべき2つのこと
  4. エブリィフレシャスの料金と選べる2機種のスペック解説
  5. エブリィフレシャスに関してよくある質問

全て読めば、エブリィフレシャスにはどんな口コミがあり、どんなメリットデメリットがあるのか、他の浄水型サーバーと比べて使うべきかがわかり、自分にとってベストな一台を見つけることができるでしょう。

1. エブリィフレシャスってどうなの?

エブリィフレシャスは、水道水を補充して使う浄水型サーバーが人気のウォーターサーバーブランドです。

everyfrecious

水を使えばその分高くなる宅配水サーバーと異なり、月額3,300円で使い放題と、コストの面では申し分ありません。

ただ、定期的に水を補充するのが面倒と感じる人もいるなど、使い勝手の面では注意点もあります。

具体的にエブリィフレシャスのメリットとデメリットをまとめると、以下の通りです。

メリット
  • 定額で使い放題
  • 常温水も飲める
  • ボトルがいらない(ゴミが出ない、宅配便の受け取りや保管のスペースが不要)
  • 水が美味しい
  • デザインがいい
デメリット
  • 水の補充が必要
  • 不具合が起きることがある
  • 解約金が高い

おすすめできるのはこんな人

メリット・デメリット・他の浄水型サーバーとの比較を踏まえると、エブリィフレシャスは、以下に当てはまる方におすすめです。

  • 手間がかかってもいいから、とにかく安い方を選びたい
  • 工事不要のものがいい
  • キッチン周りにサーバーを置くスペースがない

当てはまる方は、高機能で料金も安いエブリィフレシャスを選んでおけば間違いありません。

一方、使い勝手を重視するなら、水の補充が不要で手間がかからない水道直結型のウォーターサーバーの方を選ぶべきです。

水道直結型のおすすめは、コンパクトで機能性も高い、ウォータースタンドの最新機種「アイコン(https://waterstand.jp/products/icon.html)」です。

icon

エブリィフレシャスには、定額で飲み放題、ボトル不要などのメリットもありますが、こうした点はどの浄水型も変わらないため、これだけを理由に選ぶのはやめましょう。

次の章から、具体的なエブリィフレシャスのメリットとデメリットについて解説していきます。

2. 口コミでわかる!エブリィフレシャスのメリットとデメリット

エブリィフレシャスに関するSNS上の口コミや、他社との比較を元に、メリットとデメリットついて解説していきます。

2-1. エブリィフレシャスの5つのメリット

  • 毎月定額で使い放題
  • 常温水が飲める
  • ボトルがいらない
  • 水が美味しい
  • デザインがいい

メリット①|毎月定額で使い放題

エブリィフレシャスは一般的な宅配水サーバーと違い、水をいくら使っても月額は3,300円の定額制になります。

毎日1L以上水を使うなど消費量が多い人だと宅配水サーバーより確実に安く使えるため、このメリットを実感できるはずです。

逆に消費量が少ないと割高になる!

定額のエブリィフレシャスは、水を使わなくてもまとまった月額がかかるため、水の消費量が少ないとむしろ割高になる場合もあります。

宅配水サーバーは注文ノルマがあり、一定の量は頼む必要があるものの、2ヶ月に一度24L(月間12L)といった少ない注文でも続けられるブランドがほとんどです。

その量の水を宅配水サーバー、エブリィフレシャスそれぞれで利用した場合の月額を比べると、以下のようになります。

-スマホでは左右にスクロールできます-

月間12Lの消費で使った場合の月額比較
1月目 2月目 3月目 4月目 4ヶ月間の合計
宅配水
サーバー
4,104円
(24L注文)
0円
(注文なし)
4,104円
(24L注文)
0円
(注文なし)
8,208円
エブリィフレシャス 3,300円
(レンタル代)
3,300円
(レンタル代)
3,300円
(レンタル代)
3,300円
(レンタル代)
13,200円

※宅配水サーバー:コスモウォーター「スマートプラス」

エブリィフレシャスの方が明らかに高くなっていることがわかります。

そのため、水を使う量が少なく(毎月20L以下)、コスト重視の方は宅配水サーバーの方を選ぶべきです。

宅配水サーバーのおすすめについては以下に全てまとめています。

人気のウォーターサーバー50台を辛口比較!宅配水・浄水型のおすすめ10選

メリット②|常温水が飲める

エブリィフレシャスの床置きタイプの機種「トール」は温度機能が豊富で、常温水も飲めるようになっています。

ウォーターサーバーは温冷水はどれも作れますが、常温が飲めるタイプは少なく、この点は大きなメリットと言えます。

実際以下のように、ウォーターサーバーを使っていてい、この機能が助かると感じている人の口コミは複数見られます。

メリット③|ボトルがいらない

エブリィフレシャスは浄水型サーバーのためボトルがいらず、宅配水サーバーでは必要な重いボトル交換やゴミの処理が不要です。

さらに、ボトルのゴミや補充用の水の保管に使うスペースも不要となります。

必要な手間やスペースが大きく減るため、これまで宅配水サーバーを使っていた方はこのメリットを特に実感できるはずです。

メリット④|水が美味しい

浄水器が除去すべき有害物質や臭みの原因となる物質の項目は、家庭用品品質表示法という法律で決まっています。

エブリィフレシャスも浄水器と同じく、それらの物質が除去できる仕様になっている点は変わりなく、公式サイトでもその旨が表示されています。

everyfrecious_water

※エブリィフレシャス式ページより

そのため、「浄水器の水がまずいと感じたことがある」など特別味に敏感な人でない限り、エブリィフレシャスの水は美味しく飲むことができるはずです。

メリット⑤|デザインがいい

エブリィフレシャスは全体を白、黒に統一したスタイリッシュなデザインを強みとしており、この点が良いと感じている人の声も見られました。

tall

ボトルや水タンクが目立って、いかにもウォーターサーバーらしいデザインのものは部屋の中で浮いてしまいがちです。

しかし、エブリィフレシャスは、タンクが目立たないデザインで、インテリアに馴染みやすい特長があります。

2-2. エブリィフレシャスの3つのデメリット

  • 水の補充が必要
  • 不具合が起きることがある
  • 解約金がかかる

デメリット①|水の補充が必要

エブリィフレシャスは、4~5L使うごとに水の補充が必要になります。

特に卓上タイプの「ミニ」は、タンクの容量が小さい分より頻繁に補充が必要になるため、この点が面倒と感じる声が見られました。

一方、同じ浄水型でも、給水自体が不要な水道直結型のものを選ぶと、こうした手間はゼロにすることができます。

定期的にタンクを洗う必要もある

エブリィフレシャスは、3日に一回を目安に貯水タンクを取り外して洗う必要があるため、この点も面倒に感じる方がいるかもしれません。

こうした手間も、水道直結型のものを選んでおくと解消が可能です。

デメリット②|不具合が起きることがある

一部ですが、エブリィフレシャスの機種に不具合や故障があり、「最悪」と感じている人の口コミが見られました。

ただ、こうした声が見られるのは、どのウォーターサーバーも共通していて、あくまで一部の声であることは理解しておきましょう。

ウォーターサーバーは精密機械で、他の家電のように、一部不具合が出るのは仕方ないと言えます。

自然故障の場合は無料で交換してもらえることが多く、エブリィフレシャスでもそれは変わりません。

デメリット③|解約金が高い

短期解約だとまとまった解約金がかかるのはどのウォーターサーバーも変わりません。

ただ、エブリィフレシャスは、金額や解約金がかかる期間などの条件が、他社と比べてややきついというデメリットがあります。

解約金の決まり
エブリィフレシャス 1年未満:22,000円
1年以上2年未満:16,500円
2年以上3年未満:11,000円
ハミングウォーター 2年以内の解約で16,500円
ウォータースタンド 1年未満の解約で6,600~9,900円
シャインウォーター 2年以内の解約で14,300円
Locca 3年以内の解約で15,000円

3年使えば一切かかりませんが、短期利用だと、解約金が高くなるリスクが高いです。

こうした解約金を払わないためには、他社と比較し、コストや使い勝手の面で長く使っていけるかを確認した上で契約することが重要です。

次の章から、他の浄水型ウォーターサーバーとの比較を元に、エブリィフレシャスを使うべきかを詳しく解説していきます。

3. 要確認!エブリィフレシャスを選ぶ前に知るべきこと

数ある浄水型サーバーの中でも、自分は本当にエブリィフレシャスを選ぶべきなのかを知るために、以下の点は必ず理解しておきましょう。

  • 「水道直結型」の方が手間はかからず使い勝手はいい

口コミ調査の結果、エブリィフレシャスを使うメリットとして、以下が上がりました。

  • 定額で使い放題
  • 常温水も飲める
  • ボトルが不要(ゴミが出ない、保管スペースが不要、宅配の受け取りが不要)
  • 水が美味しい
  • デザインがいい

ただ、これらは他の水道水を使ったウォーターサーバーにも共通しています。

よって、これらにメリットを感じたからといってすぐにエブリィフレシャスを選ぶべきとは言えません。

3-1. 「水道直結型」の方が手間はかからず使い勝手はいい

水道水を使ったウォーターサーバーには、エブリィフレシャスのような「水道水補充型」だけでなく、給水自体が不要な「水道直結型」もあります。

二つの特徴を比べると、以下の通りです。

-スマホでは左右にスクロールできます-

水道水補充型 水道直結型
水道水補充型 水道管直結
給水方法 水道水をくんできて補充する 水道管とつなげて自動で給水
メリット ・工事不要
・置き場所は自由
使う上で手間がかからない
デメリット 給水やタンクを洗う手間がかかる ・水道管とつなげる工事が必要
・置き
場所はキッチン周辺に限られる
月額目安 3,000~3,500円 4,000~5,000円

どっちを使うべき?

給水不要でかかる手間がほとんど無くなるため、使い勝手の良さを求めるなら「水道直結型」の方が断然おすすめです。

ただ、「水道直結型」には以下の注意点があります。

  • 月額は「水道水補充型」よりやや高め
  • 水道管とつなげる工事が必要で、置き場所はキッチン付近に限られる

そのため、以下に当てはまる方はエブリィフレシャスのような「水道水補充型」を選んでおきましょう。

  • 手間がかかってもいいから、とにかく安い方を選びたい
  • 工事不要で始めたい
  • キッチン周りに設置スペースがない

水道直結型ならウォータースタンドの「アイコン」がおすすめ

水道直結型のウォーターサーバーのおすすめは、ウォータースタンドの最新機種「アイコン(https://waterstand.jp/products/icon.html)」です。

icon

水道直結型のウォーターサーバーは機種ごとに以下が変わります。

  • コスト:レンタル代、設置費用
  • 機能性:常温水が飲めるか、温水の温度調節機能があるか
  • 設置スペース:どれだけ場所を取るか

これらで主要なものを比較した結果、最も優れていたのは以下の通り「アイコン」でした。

-スマホでは左右にスクロールできます-

機種 総合評価 コスト 機能性 設置スペース
アイコンアイコン
ウォータースタンド
★★★★★
4.7
★★★★☆
4,400円/月
※設置無料
★★★★★ ★★★★★
ガーディアン
ウォータースタンド
★★★★☆
4.3
★★★☆☆
4,400円/月
★★★★★ ★★★★★
ピュレスト
楽水
★★★★☆
4
★★★★☆
3,278円/月
★★★★★ ★★★☆☆
ネオ
ウォータースタンド
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3,850円/月
★★★★☆ ★★★☆☆
SKサーバー
Locca
★★★★☆
3.7
★★★★☆
4,378円/月
※設置無料
★★★★☆ ★★★☆☆
NUOVO
キララ
★★★★☆
3.7
★★★☆☆
5,478円/月
※設置無料
★★★★★ ★★★☆☆
ファミリアⅡ
キララ
★★★☆☆
3.3
★★★★☆
4,378円/月
※設置無料
★★★☆☆ ★★★☆☆
 オーシャン ★★★☆☆
3.3
★★★★☆
4,378円/月
※設置無料
★★★☆☆ ★★★☆☆
アクアスタイル ★★★☆☆
3.3
★★★★★
3,608円/月
※設置無料
★★★☆☆ ★★☆☆☆
S3
ウォータースタンド
★★★☆☆
3
★★☆☆☆
5,280円/月
★★★★☆ ★★★☆☆

コスト(以下の合計)

  • レンタル代:3,000円台=★4、4,000円台=★3、5,000円台=★2、6,000円~=★1
  • 初期費用(工事費など):無料=★1

機能性(以下の合計)

  • 温水の温度調整機能あり=★4、なし=★3
  • 常温水:あり=★1

設置スペース(以下の合計)

  • 卓上=★2、床置き=★1
  • 設置面積:~700㎠=★3、700~1,000㎠=★2、1,000㎠~=★1

そのため、迷ったら「アイコン」を選んでおきましょう。

「アイコン」の具体的な強みは以下3つです。

  • コンパクトで場所を取らない
  • 温度調節機能が充実
  • 設置費無料・セルフメンテナンス可は「アイコン」だけ
コンパクトで場所を取らない

アイコンは卓上タイプで、場所をとらないだけでなく、横幅が18cmとかなりコンパクトなデザインとなっています。

そのため、キッチンなどのちょっとした隙間に置くことができます。

アイコン

温度調節機能が充実

温水、冷水、常温水が出せるだけでなく、温水の温度が「70℃、80℃、90℃」の3種類から選択できるようになっています。

そのため、以下のような細かいニーズにも柔軟に対応ができます。

  • インスタント食品や、コーヒーを作るのに高温のお湯が使いたい
  • 白湯、粉ミルクなどに最適な、熱すぎないお湯が欲しい
設置費用無料・セルフメンテナンス可は「アイコン」だけ

ウォータースタンドでは複数の機種が出ていますが、以下のメリットがあるのはアイコンだけです。

  • 設置費用無料:他機種は9,900円の初回設置費用がかかる
  • セルフメンテナンス可:他機種は半年に一度スタッフが訪問してメンテナンス

浄水フィルターは、半年ごとに届くものを自分で交換するだけで良く、予定を合わせてスタッフの訪問を受ける必要がありません。

対面のやり取りなしで使える点は、大きなメリットと言えます。

水道管とつなげる工事は意外と簡単!

水道直結型サーバーの設置には、水道管とつなげる工事が必要です。

ただ、設備に穴を開けたりする必要はなく、配水管などに分岐する部品を取り付ける簡単な取り付け工事で済みます。

水道管直結工事例

つなげたパイプは以下のように壁に沿って配置してコーティングまでしてもらえるため、邪魔になることもありません。

水道水サーバーパイプ

これらは取り外して原状回復もできるため、賃貸での利用も問題なくできます。

工事費は、「アイコン(https://waterstand.jp/products/icon.html)」のように、無料のことが多いです。

「アイコン」基本データ
月額税込 4,400
初回設置費用 無料
タイプ 水道直結型
フィルター交換 定期的に届くフィルターを自分で交換する
出水可能温度 温水:90℃、80℃、70℃
冷水:5~8℃
常温水
解約金 1年未満の解約:9,900円
対応エリア 全国
サイズ アイコンサイズ

ウォータースタンド「アイコン」公式ページ

https://waterstand.jp/products/icon.html

3-2. 補充型ならエブリィフレシャスの「トール」が最もおすすめ

水道水補充型のウォーターサーバーなら、エブリィフレシャスの「トール(https://every.frecious.jp/tall/)」が最もおすすめです。

水道水補充型のウォーターサーバーは、以下の点ではほぼ全て共通していて、コストや設置スペースの面では目立った違いがありません。

  • 月額が3,000円台と安い
  • 床置きタイプ(一部除く)

ただ、以下のように、使える水の温度が変わります。

-スマホでは左右にスクロールできます-

温冷水 常温水 再加熱機能 (参考)月額
トール(エブリィフレシャス) 3,300円
フローズ(ハミングウォーター) 3,300円
スノーアルプス浄水型サーバー × 3,280円
シャインウォーターリング × 3,630円
リフィルサーバー(Locca) × × 3,146円
シャインウォーター × × 3,300円
ミニ(エブリィフレシャス) × × 3,300円
クリクラ浄水型サーバー × × 3,300円
  • 温冷水:◎=弱冷水・弱温水が作れる、◯=調節機能なし
  • 常温水:◎=あり、×=なし
  • 再加熱機能(高温水が作れる):◎=あり、×=なし

シンプルに温度のバリエーションが最も多く、高機能なため、迷ったらエブリィフレシャスの「トール」を選んでおきましょう。

tall

また、機能面では「トール」に劣りますが、コンパクトなものが使いたい人には、補充型で唯一の卓上タイプの「ミニ(https://every.frecious.jp/mini/)」がおすすめです。

mini

【結論】エブリィフレシャスを使うべきなのはこんな人

ここまでを踏まえると、浄水型サーバーの中でも、エブリィフレシャスのような「水道水補充型」を使うべきなのは、以下に当てはまる方だけです。

  • 手間がかかってもいいから、とにかく安い方を選びたい
  • 工事不要のものがいい
  • キッチン周りにサーバーを置くスペースがない

浄水型サーバーは以下二つがありますが、使い勝手を重視する方は、補充が不要な「水道直結型」を選ぶべきです。

  • 水道直結型
  • 水道水補充型

「水道直結型」のおすすめは、省スペースで機能性も高いウォータースタンドの「アイコン」です。

icon

ウォータースタンド「アイコン」公式ページ

https://waterstand.jp/products/icon.html

一方、水道水補充型なら、エブリィフレシャスの「トール(https://every.frecious.jp/tall/)」が最も高機能なのでおすすめです。

また、機能面では「トール」に劣りますが、コンパクトなものが使いたい人には、補充型で唯一の卓上タイプの「ミニ(https://every.frecious.jp/mini/)」もおすすめです。

エブリィフレシャスの料金や、機種ごとの詳しいスペックについて、次から解説していきます。

4. エブリィフレシャスの料金と選べる2機種のスペック解説

本章では、エブリィフレシャスを使いたいという方向けに以下二つについて解説していきます。

  1. エブリィフレシャスの料金
  2. 選べる2機種のスペック

4-1. エブリィフレシャスの料金

エブリィフレシャスで基本的にかかる料金は、以下だけです。

  • 毎月の利用料金
  • サーバー引き取り手数料(解約金)

毎月の利用料金

エブリィフレシャスでは、以下3つの費用を全て含んだものとして、毎月税込3,300円の利用料金がかかります。

every_fee

最初の1ヶ月のみ、利用料金は無料になります。

電気代(360円~)、水道代以外で毎月かかるのは、この利用料金だけです。

解約金

エブリィフレシャスでは、3年の契約期間内の解約だと、以下の解約金がかかります。

  • 1年未満:22,000円
  • 1年以上2年未満:16,500円
  • 2年以上3年未満:11,000円

4-2. 選べる2機種のスペック解説

エブリィフレシャスでは、以下2機種が選べるようになっています。

月額レンタル代
(税込)
特徴
tallトール 3,300円 温度機能が充実し、常温水も飲める
miniミニ
水道水補充型で唯一の卓上タイプ

いずれも水道水を補充して使う浄水機能付きサーバーで、6ヶ月に一度届く浄水フィルターを自分で交換して使う点は変わりません。

mini

それぞれの特徴を簡単に解説していきます。

トール:温度機能が充実した最新モデル

トール

「トール(https://every.frecious.jp/tall/)」は、温度調節機能が豊富で、以下のように用途に合わせて様々な温度を使い分けることができます。

tall温度

以下の通り、主な補充型のサーバーの中でも、温度調節機能は最も優れています。

-スマホでは左右にスクロールできます-

温冷水 常温水 再加熱機能 (参考)月額
トール(エブリィフレシャス) 3,300円
フローズ(ハミングウォーター) 3,300円
スノーアルプス浄水型サーバー × 3,280円
シャインウォーターリング × 3,630円
リフィルサーバー(Locca) × × 3,146円
シャインウォーター × × 3,300円
ミニ(エブリィフレシャス) × × 3,300円
クリクラ浄水型サーバー × × 3,300円
  • 温冷水:◎=弱冷水・弱温水が作れる、◯=調節機能なし
  • 常温水:◎=あり、×=なし
  • 再加熱機能(高温水が作れる):◎=あり、×=なし

また、部屋の明るさを検知して、自動で省エネ運転になるなど、省エネ性能が優れていて、電気代が月360円〜と安いメリットもあります。

使いやすさも重視したデザイン

エブリィフレシャスの「トール」は、インテリアに馴染みやすいデザイン性の高さを強みとしています。

tall

一方、見た目がおしゃれなだけでなく、出水ボタンが上にあるデザインで、以下の点で、使い勝手の面でも優れています。

  • 大人はかがまずに使える
  • 小さい子供が出水ボタンに触る心配がない

デュオ特徴

また、水受け部分が広く設計されていて、鍋などの大きな器を使う際に便利なデザインにもなっています。

tall

「トール」基本データ
月額税込 3,300円※初月無料
初期費用 無料
フィルター交換 6ヶ月に一度届く浄水カートリッジを自分で交換
出水可能温度 ・温水:80℃~85℃
※エコモード利用時70~75℃
※再加熱時85~90℃
・冷水:5~10℃
※エコモード利用時10~15℃
・常温水
サイズ トールサイズ

エブリィフレシャス「トール」公式ページ

https://every.frecious.jp/tall/

ミニ:水道水補充型で唯一の卓上タイプ

ミニ

「トール」のコンパクト版「ミニ(https://every.frecious.jp/mini/)」は、補充型で唯一の卓上タイプで、他の機種と比べて、圧倒的にコンパクトで、軽い特長があります。

ミニのサイズと重さ

そのため、以下のメリットがあります。

  • 移動がしやすい:設置場所を気軽に変えられる
  • 省スペース:キッチンやテーブルの空きスペースを活用して始められる
  • 小さい子供がいても安心:高い位置に置けば、子供の手が届かない
機能面では「トール」に劣る

ミニは普通の温冷水に加え、弱温水、弱冷水も作れますが、以下の点では床置きタイプの「トール」に劣ります。

  • 常温水が使えない
  • 温水を高温にする再加熱機能がない

また、本体が小さい分、タンクの容量が以下のように少なく、「トール」よりこまめに水の補充が必要になります。

  • トール:8.7L
  • ミニ:5L

これらの点が気になる方は、同じ価格で使えて、高機能な「トール(https://every.frecious.jp/tall/)」の方を選んでおきましょう。

「ミニ」基本データ
月額税込 3,300円※初月無料
初期費用 無料
フィルター交換 6ヶ月に一度届く浄水カートリッジを自分で交換
出水可能温度 ・温水:80℃~85℃
※エコモード利用時70~75℃
・冷水:5~10℃
※エコモード利用時10~15℃
サイズ ミニサイズ

エブリィフレシャス「ミニ」公式ページ

https://every.frecious.jp/mini/

5. エブリィフレシャスに関してよくある質問

最後に、エブリィフレシャスに関してよくある以下7つの質問について回答していきます。

Q1. 運営会社は?

2010年に設立され、山梨県富士吉田市に本社を置く富士山の銘水株式会社です。

エブリィフレシャス以外に、「フレシャス」という宅配水サーバーのブランドも運営しています。

Q2. 利用可能エリアは?

沖縄、離島を除く全国です。

Q3. 毎月の支払い方法は?

クレジットカード払いのみとなっています。

<利用可能カード>

VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners
※デビットカードは不可

Q4. お得なキャンペーンはある?

エブリィフレシャスでは新規契約、乗り換えでそれぞれ以下のキャンペーンをやっています。

いずれも2022年10月10日までの期間限定となっています。

新規契約 エブリィフレシャスキャンペーン
乗り換え エブリィフレシャスキャンペーン

Q5. お試しはできる?

2022年現在、エブリィフレシャスではお試しでのレンタルは実施していません。

Q6. 使えるまでの流れは?

公式ページから申し込み後、7日後〜3ヶ月後までの指定した日にサーバー本体が家に届きます。

サーバーを受け取り後に、自分で以下のセットを行うと使えるようになります。

  • 本体に浄水カートリッジを取り付け
  • タンクに水道水を入れて、電源を入れる
  • 初期給水をする(温水、冷水、常温水のボタンを押して7~8杯水を出して捨てる)
  • 背面の温水、冷水のスイッチを入れる(約1時間で適温になる)

詳しい使い方は、公式ページの動画(https://every.frecious.jp/movie/tallmanual/)で確認ができます。

申し込みはこちらから

エブリィフレシャス公式ページ「https://every.frecious.jp

Q7. 解約方法は?

以下のお客さまサポートセンターから、電話か、メールで解約の申請ができます。

エブリィフレシャス「お客様サポートセンター」

フリーダイヤル:0120-907-352

お問合せフォーム:https://every.frecious.jp/contact/contact.php

受付時間:平日 9:00~18:00(土日祝 9:00~17:00)

6. まとめ

エブリィフレシャスの特徴や注意点、実際に使うべきかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

浄水型サーバーの中でも、エブリィフレシャスのような「水道水補充型」を使うべきなのは、以下に当てはまる方だけです。

  • 手間がかかってもいいから、とにかく安い方を選びたい
  • 工事不要のものがいい
  • キッチン周りにサーバーを置くスペースがない

浄水型サーバーは以下二つがありますが、使い勝手を重視する方は、補充が不要な「水道直結型」を選ぶべきです。

  • 水道直結型
  • 水道水補充型

「水道直結型」のおすすめは、省スペースで機能性も高いウォータースタンドの「アイコン」です。

icon

ウォータースタンド「アイコン」公式ページ

https://waterstand.jp/products/icon.html

一方、水道水補充型なら、エブリィフレシャスの「トール(https://every.frecious.jp/tall/)」が最も高機能なのでおすすめです。

tall

また、機能面では「トール」に劣りますが、コンパクトなものが使いたい人には、補充型で唯一の卓上タイプの「ミニ(https://every.frecious.jp/mini/)」もおすすめです。

当ページの内容が、あなたにとってベストなウォーターサーバー選びにつながることを祈っています。

<エブリィフレシャス公式ページ>

https://every.frecious.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る