プロが教える!卓上型のウォーターサーバー選びのコツとおすすめ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「コンパクトな卓上型のウォーターサーバーが欲しい」「おすすめはある?」など、卓上型のウォーターサーバーについて気になっていませんか?

卓上型のウォーターサーバーは便利な機種がある一方で使い勝手が悪いものも多いため、正しい選び方をおさえておかないと危険です。

このページでは、過去に5年間のウォーターサーバーの営業経験のある私が、卓上サーバー選びの秘訣やおすすめ機種について、以下の流れで解説していきます。

  1. 卓上型のウォーターサーバーって実際どうなの?
  2. 卓上サーバー選びで意識すべき3つのポイント
  3. 主要ブランドの卓上サーバー14機種を比較してわかったおすすめ2選
  4. とにかく安さ重視の人におすすめの卓上サーバー2選
  5. おしゃれなデザインが人気の卓上サーバー2選
  6. こっちはどうなの?異なる2タイプの卓上サーバー

全て読めば卓上サーバー選びのコツがわかり、選んでも後悔しないベストな一台を見つけることができるでしょう。

1. 卓上型のウォーターサーバーって実際どうなの?

結論から言うと、卓上型のウォーターサーバーは以下3つのうち一つでも当てはまるものがある人には自信を持っておすすめできます。

  • コンパクトで場所を取らないものが使いたい
  • 水を使う時にかがみたくない
  • 小さい子供がいても安心して使えるものが欲しい

中でもおすすめは以下2機種!

機種
(ブランド)
こんな人におすすめ

高機能サーバー高機能サーバー
(富士の湧水)

・水を使う量が少なめ

・温冷水の温度が調節できるものが欲しい

デュオミニデュオミニ
(フレシャス)
・おしゃれなものが使いたい

・音が静かな方がいい

ただ、卓上タイプは床置きタイプに比べて種類が少なく、特におしゃれな機種が少ないという特徴があるため、おしゃれなデザインに最もこだわって探したいという人は注意が必要です。

具体的に、卓上サーバーを使うメリットと注意点をまとめると、以下のようになります。

メリット注意点
・コンパクトで省スペース
・大人はラクな姿勢で使える
・小さい子供の手が届かない位置で使える
選べるデザインが少ない

それぞれ簡単に解説していきます。

床置きタイプとの違いって?

シンプルにその大きさと置き場所が2つの大きな違いとなります。

卓上と床置き

価格と機能の面で卓上タイプと床置きタイプに目立った違いはなく、以下のようなパターンは基本的にありません。

  • 卓上タイプだから価格が安い
  • 卓上タイプだから機能性が落ちる

以下二つの点でやや違いが出るものの、普通に使う上で影響が出ることはまずありません。

  • サーバー本体の重さ
  • 内部の温水、冷水のタンクのサイズ

卓上型のウォーターサーバーを使う3つのメリット

床置きでなく、卓上型のウォーターサーバーを使うことで得られるメリットには、以下三つがあります。

  • コンパクトで省スペース
  • 大人はラクな姿勢で使える
  • 小さい子供の手が届かない位置で使える

コンパクトで省スペース

床置きタイプの場合、設置するにはフロアにA4用紙2枚分ほどのスペースを新たに作る必要があります。

狭いキッチンや一人暮らしの家だと、その程度のスペースでも作るのが大変な場合があり、実際、以下のように床置きタイプを使っている人で「場所を取る」と感じている人の口コミも見られます。

その点卓上タイプは、キッチンやテーブルの上の空きスペースを利用して始められるため、新たにスペースを作ることが難しい場合でも、比較的始めやすいというメリットがあります。

以下のように、卓上サーバーを使っている人でコンパクトな点を評価する声はやはり多いです。

大人はラクな姿勢で使える

床置きタイプのウォーターサーバーは給水口が低い位置にあることが多く、以下のように使うときにかがむ必要が出てくることがよくあります。

ウォーターサーバーの給水

それに対して卓上タイプは、キッチンやテーブルに置いて使うと給水口が高くなるため、以下のようにかがまずにラクな姿勢で使えるというメリットがあります。

卓上の利用

小さい子供の手が届かない位置で使える

前述のように、給水位置が高くなることで小さい子供の手が届かなくなることから、卓上タイプは子供の事故やイタズラ防止にもなるというメリットがあります。

卓上と床置き

床置きのウォーターサーバーもチャイルドロックがついており、簡単には温冷水が出せないようになっていることが基本です。

しかし、給水口が低く届く位置にあると、以下のように小さい子供でも解除する方法を覚えてしまい苦労する方もいます。

卓上タイプは高い位置で使うとこうした心配が一切なくなるため、小さい子供がいる家庭で使うのにもおすすめです。

卓上型のウォーターサーバーの唯一の注意点

床置きタイプに比べておしゃれなサーバーの種類が少ない

床置きのウォーターサーバーは主要ブランドのものだけで種類は軽く50を超えますが、卓上タイプの種類はその半分もなく、特におしゃれな機種が少ないという特徴があります。

以下は主要ブランドでおしゃれな見た目が人気のウォーターサーバーを並べたものですが、卓上タイプは数えるほどしかないことがわかります。

おしゃれ機種一覧

卓上タイプにもおしゃれな機種のおすすめはありますが、選択肢が減ってしまうことに変わりはありません。

そのため、とにかくおしゃれなデザインにこだわって探したいという方は床置きタイプもあわせて検討したほうが、自分好みのデザインが見つかりやすくなるはずです。

以下のページでは、床置きタイプも含めたおしゃれデザインのウォーターサーバーのおすすめについて紹介しています。

おしゃれなウォーターサーバー選びで失敗しないためのコツとおすすめ12選

2. 卓上サーバー選びで意識すべき3つのポイント

卓上サーバーは、以下3つを意識して選ぶことが重要です。

  • コスト
  • 使いやすさ
  • デザイン

これら全てで納得のいくものを選ぶことができれば、使い始めてから後悔することはまずなくなります。

コスト

納得のいく月額で省エネ機能があるものを選べば間違いない

卓上サーバーに毎月かかるコストは、水24L換算で3,000~6,000円が相場です。

主要ブランドが出している卓上のウォーターサーバーを、水24Lを使った場合の月額(税込)の価格帯ごとに並べると以下のようになります。

卓上サーバー価格帯

安さを重視する方は、月額が比較的安い3,000円台までのものを選んでおけば、後々「他に比べて高い」と感じることはなくなるはずです。

ただ、卓上サーバーは、安くなるとその分機能性や使い勝手がイマイチになる傾向があるため、その点には注意して納得のいく月額のものを選ぶようにしましょう。

電気代も大事

卓上サーバーの一月あたりの電気代目安は、省エネ機能の有無によって大体以下のように変わってきます。

  • 省エネ機能あり → 500円
  • 省エネ機能なし → 1,000円

省エネ機能の有無は、1月あたりだと500円程度の差にしかなりませんが、3年使うと20,000円近くもの差になる重要なポイントです。

コストで失敗しないためには、納得のいく月額で省エネ機能があるものを選んでおけば間違いありません。

使いやすさ

使い勝手の面で後悔しないためにも、以下4つについては必ず納得のいくものを選んでおきましょう。

  • ボトルのタイプ
  • ボトルのサイズ
  • 注文ノルマ
  • 片手で使えるか

ボトルのタイプ

パック式が一番便利

卓上サーバーのボトルには、以下3タイプがあります。

再利用ボトル使い捨てボトル使い捨てパック
再利用ボトル使い捨てボトル水パック

再利用ボトルだと、空きボトルの保管に余分なスペースが必要になり、以下のようにボトルが邪魔と感じる人もいるため注意が必要です。

配達のたびに回収はしてもらえるため、大きなスペースが必要になることはありませんが、その点が気になる方は使い捨てタイプの方を選んでおきましょう。

中でも使い捨てパックのものだと、捨てるときにもゴミとしてかさばらないため、使い勝手は最も良くなります。

ボトルのサイズ

交換がラクな軽量サイズが選べるものがおすすめ

卓上サーバーのボトルのサイズには、以下2パターンがあります。

重量(10~12L)軽量(6~7L)
重量ボトル交換軽量交換

重量ボトルは持ち上げるのが大変で、中には以下のように体を痛めてしまう人もいるため、力に自信がある人を除き使うことはおすすめしません。

こうならないためにも、持ち上げるのがラクな軽量の水が使えるものを選んでおくことをおすすめします。

卓上サーバーをキッチンやテーブルの上に置いて使う場合、以下のようにボトルの位置は床置きタイプより高くなります。

卓上と床置き

高くなる分卓上サーバーの水の交換では、ボトルをより高い位置に持ち上げることが必要になります。

そのため、卓上サーバー選びでは、水の持ち上げやすさがより重要になってくると言えます。

注文ノルマ

消費量が少ない人はノルマなしを選べば間違いない

ウォーターサーバーの水は定期配送で、「毎月少なくとも24~30Lは注文は必要」というノルマが決められていることが基本です。

ノルマ分が使いきれないと、中には以下のように山のように水をためてしまう人もいるため注意が必要です。

こうならないためにも、水の消費量が少ない方は、なるべくノルマが少ないものを選んでおく必要があります。

配送スキップのルールも要チェック

ブランドによっては1ヶ月であれば配送を無料でスキップできる場合もあり、それを活用すると実質一月あたりノルマの半分の12~15Lの利用でも続けることも可能になります。

スキップイメージ

月間15Lと言うと、1日平均で使うべき水は500ml(約コップ2杯分)と少なくなります。

飲むべき水の量

そのため、消費量に不安がある方は配送スキップの決まりについてもあわせて確認し、1ヶ月であれば無料で配送スキップが可能なものを選ぶようにしましょう。

注文ノルマがないブランドなら、さらに少ない消費量でもOK

次章で紹介する「富士の湧水」のように、注文ノルマが一切ないブランドも存在します。

そういったブランドを選んでおけばなくなり次第注文するだけでよくなり、水の消費に追われることが全くなくなります。

そのため、一人暮らし等で一日に500mlの消費も不安という方は、ノルマ自体のないブランドを選んでおけば間違いありません。

片手で使えるか

卓上サーバーは以下の2パターンに分かれます。

片手と両手

ウォーターサーバーはスマホを使いながら等、片手がふさがった状態で使いたいシーンも必ず出てきます。

両手が必要になるタイプはそれができないという点で不便であり、実際以下のようにストレスに感じている人の口コミもあります。

片手で使えるタイプの方が使い勝手は確実に良くなります。

デザイン

ボトルが隠れているデザインの方がインテリアには馴染みやすい

卓上サーバーのデザインには、以下2パターンがあります。

デザインの違い

ボトルが見えているいかにもウォーターサーバーらしいデザインは見栄えがいいとは言えず、部屋の中で浮いてしまいがちです。

実際以下のように、このタイプを使っていてダサいと感じている人の声もあります。

ボトルが隠れていると、それだけで変に目立つことがなくなり、以下のようにインテリアにも馴染みやすくなります。

デュオミニ利用例引用:(左)roomclip、(右)roomclip

こうしたボトルが隠れているものを選んでおけば、いざ使い初めてからダサいと感じることはなくなるはずです。

その他に卓上サーバー選びで意識すべきこと

選ぶ上で特に重要なのは「コスト」、「使いやすさ」、「デザイン」の3つですが、その他に選ぶ上で意識すべきことを以下に全てまとめました。

  • 水の種類
  • 余裕を持って置けるサイズか
  • 解約金の決まり

水の種類:天然水 or RO水

安全で美味しい水が飲めるのはどちらも一緒!

宅配のウォーターサーバーの水には天然水とRO水の2種類があります。

天然水とRO水

どちらも以下2つの点では違いはありません。

  • 十分な殺菌がされている安全な水
  • 美味しい水

よって、どちらを選んでも「水の種類で失敗した」となることはまずありえません。

ただ、天然水にこだわりたい方や一緒に使う家族等にこだわりのある方がいる場合は、契約前にどちらの水かを忘れずに確認しておきましょう。

余裕を持って置けるサイズか

後ろに10~15cmは余裕を持って設置できるものを選ぶこと

ウォーターサーバーは水を冷やしたり、温水を温めたりする温度調整機能がある関係上、背面から放熱が必要な設計になっていることがほとんどです。

このことから、各ブランドは公式ページで設置の際は背面に少なくとも10~15cmは間隔を空けるよう呼びかけています。

ウォーターサーバー後部

壁との距離を取らずに置いて熱がこもってしまうと、余計に温度調整の機能を使って電気代が上がってしまう可能性もあるため注意が必要です。

そうならないためにも、卓上サーバーを選ぶ際は設置予定のスペースと照らし合わせ、後ろに10~15cmは余裕を持って置けるサイズなのかを確認しておくようにしましょう。

解約金の決まり

ウォーターサーバーは携帯の契約と同じように、契約後1~2年以内に解約すると解約金がかかるのが一般的で、金額は3,000~20,000円とブランドによって開きがあります。

そもそも長く使えるものを選ぶことができれば発生するものではないため、比較の優先順位としては低いと言えます。

ただ、以下のようにいざ解約となった時に焦ってしまう人もいるため、契約前には念のため解約金の決まりについて確認しておきましょう。

3. 主要ブランドの卓上サーバー14機種を比較してわかったおすすめ2選

卓上サーバー

今回当サイトでは、上記の主要ブランドの卓上サーバー14機種を、選ぶ上で重要な「コスト、使いやすさ、デザイン」の3つの点で徹底比較しました。

その結果、以下の通り3つのバランスが最も良いのは富士の湧水の「高機能サーバー」であることがわかりました。

-スマホでは左右にスクロールできます-

卓上ウォーターサーバーの総合評価トップ10

機種
(ブランド)

総合評価
コスト使いやすさ
デザイン
月額
(24L)
省エネ機能ボトル交換のしやすさ月間ノルマ片手で使えるか
高機能サーバー高機能サーバー
(富士の湧水)
★★★★☆
4
4,126円
(12Lパック)
5,133円
(8Lパック)
なし
デュオミニ3デュオミニ
(フレシャス)
★★★☆☆
3.5
5,638円
18.8L
卓上サーバー
(ふじさくら命水)
★★★☆☆
3.5
4,213円
(11.5Lパック)

4,621円
(9Lパック)
23L
サイフォンプラス/ショート
(フレシャス)
★★★☆☆
3
4,152円
28.8L
スタンダードサーバー/卓上
(アルピナウォーター)
★★★☆☆
3
2,885円
(12Lボトル)
3,269円
(7.6Lボトル)
なし
スタイリッシュサーバー
(ワンウェイウォーター)
★★★☆☆
3
2,700円
36L
スリムサーバーⅢ
(プレミアムウォーター)
★★★☆☆
3
3,974円
(12Lボトル)

6,072円
(7Lボトル)
24L
グランデ
(うるのん)
★★☆☆☆
2.5
4,430円
24L
アクアスリムS
(アクアクララ)
★★☆☆☆
2.5
4,238円
(12Lボトル)
5,132円
(7Lボトル)

なし
クリクラ省エネサーバー
(クリクラ)
★★☆☆☆
2
3,380円
(12Lボトル)
4,020円
(6Lボトル)
24L

コストの基準

  • 月額税込(24L):~3,000円台=◎、4,000円台=◯、5,000円~=△ 
  • 省エネ機能:あり=◎、なし=△

使いやすさの基準

  • ボトル:使い捨てパック=◎、使い捨てボトル=◯、再利用ボトル=△
  • 交換のしやすさ:軽量対応=◎、重量のみ=△
  • 月間ノルマ:ノルマなし=◎、20L未満=◯、20L以上=△
  • 片手で使えるか:片手でOK=◎、両手が必要=△

デザインの基準

  • ボトルが見えている=◎、ボトルが隠れている=△

そのため、とにかく良い卓上サーバーが知りたいという人には、「高機能サーバー」を真っ先におすすめします。

富士の湧水

ただ、「高機能サーバー」は見た目のデザインがシンプルなため、その点が物足りないという人もいると思います。

そういった方には、総合評価が2番目に高く、数ある卓上サーバーの中でも特にデザインがおしゃれで、使い勝手も抜群に良いフレシャスの「デュオミニ」をおすすめします。

デュオミニ

主要ブランドの卓上サーバー14機種を比較した結果、総合評価が特に高くなった以下2機種について、それぞれ紹介していきます。

  • 総合No. 1:富士の湧水「高機能サーバー」
  • 総合No.2:フレシャス「デュオミニ」

富士の湧水「高機能サーバー」:総合1位!迷ったらこれ

富士の湧水

富士の湧水の「高機能サーバー」は、その名の通り機能性の高さが売りの天然水が飲める卓上サーバーです。

「高機能サーバー」の具体的な強みは以下三つです。

  • 水がパック式で軽量タイプも選べる
  • 注文ノルマがない
  • 機能が豊富

水がパック式で軽量タイプも選べる

富士の湧水ではパック式の水が採用されているため、ボトルのゴミがでないというメリットがあります。

富士の湧水の水

また、水代がやや高くなるものの8Lの軽量パックも選べるようになっているため、交換をラクにすることも可能です。

注文ノルマがない

富士の湧水は水の注文ノルマがないため、Amazonや楽天で買うように自分のタイミングで注文するだけでいいという強みがあります。

定期配送で使い切れない水がたまってしまう心配が一切ないため、消費量が少ないという方でも安心して使うことができます。

機能が豊富

温水と冷水だけが出せる卓上サーバーが多い中、高機能サーバーは以下4パターンの温度調節できるという特長があります。

サーバーの温度

また、サーバー内部を殺菌する自動クリーン機能や、省エネ機能もあり、衛生的に電気代をおさえて使うことも可能です。

「高機能サーバー」基本データ
月額税込
(24L)
12Lパック:4,126
8Lパック:5,133
省エネ機能あり
解約金1年未満:5,500円
注文ノルマなし
水の種類天然水
ボトル12L、8L使い捨てパック
片手で使える?△常に両手が必要
対応エリア沖縄、離島を除く全国
サイズ高機能サーバーサイズ

富士の湧水公式ページ

https://www.fujinoyusui.net/water/

フレシャス「デュオミニ」:おしゃれなデザインにこだわりたい人向け

デュオミニ

「デュオミニ」は「高機能サーバー」に比べてコストは高めですが、デザインだけでなく、使いやすさの面でも卓上サーバーの中では群を抜いているため、おしゃれで使いやすい機種を探している人にはダントツでおすすめです。

「デュオミニ」の具体的な強みは以下4つです。

  • デザインがおしゃれ
  • サイズが圧倒的にコンパクト
  • 卓上サーバーの中でも水が最軽量
  • 機能性が高い

デザインがおしゃれ

デュオミニの1番の強みはなんといってもデザインがおしゃれであるという点です。

世界的に活躍するデザイナーが手がけた製品で、クールな見た目がどんな部屋にも馴染みやすいという強みがあります。

以下のように、実際にインテリアに馴染みやすいと感じている人の口コミもあります。

サイズが圧倒的にコンパクト

「デュオミニ」は、そのサイズが以下のように他の卓上タイプに比べても圧倒的にコンパクトであるという特長があります。

卓上サーバーサイズ比較

今回比較した卓上タイプの14機種の中でもサイズは最小であるため、とにかく場所を取らない省スペースなものが欲しいという人には特におすすめできます。

卓上サーバーの中でも水が最軽量

「デュオミニ」は軽量の水パックが採用されていますが、1パックの量が4,7Lと他の軽量のものと比べてもさらに小さいという特長があります。

デュオミニ交換

よりラクに水が交換できるため、女性の一人暮らしなどで、交換のしやすさを重視する人にはうってつけです。

機能性が高い

「デュオミニ」は、以下3つの点で高機能であるという特長があります。

  • サーバー内を自動で定期的にクリーニングする機能がある
  • 周囲が暗くなると自動で省エネ運転になる
  • 静音設計で動作音が寝室にも置けるレベル

中でも、静音性にまでこだわって設計された卓上サーバーは他にないため、音に敏感な方には特におすすめです。

「デュオミニ」基本データ
月額税込
(24L)
5,638
(前月37.6L以上注文で5,088円)
省エネ機能あり
解約金1年未満16,500円
1年以上2年未満9,900円
注文ノルマ18.8L/月
※1ヶ月であれば無料で配送スキップができるため、毎月半分の9.4Lでも利用可
水の種類天然水
ボトル4.7L使い捨てパック
片手で使える?◎常に片手でOK
対応エリア沖縄、離島以外
サイズ
デュオミニ

フレシャス「デュオミニ」公式ページ

https://www.frecious.jp/dewomini/

4.とにかく安さ重視の人におすすめの卓上サーバー2選

卓上サーバーを選ぶにあたり、とにかく安さを重視して探したいという人もいると思います。

本章では、そういった方向けに安い月額で使える以下2機種の卓上サーバーについて紹介していきます。

機種
(ブランド)
月額税込(24L)

スタンダードサーバースタンダードサーバー
(アルピナウォーター)

12Lボトル:2,885
7.6Lボトル:3,269
クリクラサーバークリクラサーバー
(クリクラ)
12Lボトル:3,380
6Lボトル:4,020

アルピナウォーター「スタンダードサーバー」

スタンダードサーバー

アルピナウォーターの「スタンダードサーバー」は、温冷水が出るだけのごくシンプルな設計の卓上サーバーです。

関東以外は追加で送料がかかるものの、7.6Lの軽量ボトルが選べるようになっており、交換をラクにすることも可能です。

12Lボトルは再利用タイプで空きボトルの保管が必要なのに対し、7.6Lボトルは使い捨てタイプのため、保管が不要でより便利に使えるという特長があります。

アルピナ ボトル

また、注文ノルマがなく自分のタイミングで注文するだけでいいため、一人暮らしなどで消費量が少ない方でも水をためる心配が一切ないという強みがあります。

「スタンダードサーバー」基本データ
月額税込
(24L)
12Lボトル:2,885
7.6Lボトル:3,269
※22.8Lあたり追加で発生する送料
関東(群馬、栃木を除く):無料
上記以外の本州:385円
北海道、四国、九州:660円
省エネ機能なし
解約金1年以内の解約:11,000円
注文ノルマなし
水の種類RO水
ボトル12L再利用ボトル、7.6L使い捨てボトル
片手で使える?△常に両手が必要
対応エリア12Lボトル:関東のみ
7.6Lボトル:沖縄、離島以外
サイズスタンダードサーバーサイズ

アルピナウォーター公式ページ

https://www.alpina-water.co.jp

クリクラ「クリクラサーバー」

クリクラサーバー

「クリクラサーバー」も温冷水が出るだけのシンプルな設計の卓上サーバーです。

クリクラは全国に配送事業所があることから、対応可能な全地域で送料が無料であるという強みがあります。

そのため、関東以外の地域で安く使える卓上サーバーを探している人には、先程のアルピナウォーターの「スタンダードサーバー」よりも「クリクラサーバー」の方がおすすめです。

「クリクラサーバー」基本データ
月額税込
(24L)
12Lボトル:3,380
6Lボトル:4,020
省エネ機能なし
解約金なし
注文ノルマ12Lボトル利用の場合:24L/月
6Lボトル利用の場合:18L/月
水の種類RO水
ボトル12L、6L再利用ボトル
片手で使える?△常に両手が必要
対応エリア沖縄、離島以外
サイズクリクラサーバーサイズ

クリクラ公式ページ

https://www.crecla.jp

5. おしゃれなデザインが人気の卓上サーバー2選

おしゃれな卓上サーバーの1番のおすすめはフレシャス「デュオミニ」ですが、デザイン重視で「もっといろんなデザインを見てみたい」という人もいると思います。

本章では、そういった方向けに、おしゃれなデザインが人気の以下2機種について紹介していきます。

機種
(ブランド)
月額税込(24L)

サイフォンプラススリムサーバーⅢ/ショート
(プレミアムウォーター)

12Lボトル:3,974
7Lボトル:6,072
サイフォンプラス卓上サイフォンプラス/ショート
(フレシャス)
4,152

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」

スリムサーバーⅢ

「スリムサーバーⅢ」は、おしゃれなデザインが人気のプレミアムウォーターが出している卓上モデルで、上記4カラーが選べるようになっています。

夜間などで周囲が暗くなると温水タンクの電源を自動で切るエコモードを搭載しており、電気代を抑えて使うことが可能です。

チャイルドロックが温水と冷水に常備されている関係上、以下の通り、操作には常に両手が必要になります。

スリムサーバーチャイルドロック

そのため、子供のイタズラ防止という観点では優秀と言えるものの、主に大人が利用する場合はストレスに感じる場合があるため注意が必要です。

「スリムサーバーⅢ」基本データ
月額税込
(24L)
12Lボトル:3,974
7Lボトル:6,072
省エネ機能あり
解約金3年以内の解約:15,000円
注文ノルマ12Lボトル利用:24L/月
7Lボトル利用:約18L/月
※1ヶ月であれば無料で配送スキップ可能
水の種類天然水
ボトル12L、7L使い捨てボトル
片手で使える?△常に両手が必要
対応エリア沖縄、離島以外
サイズスリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター「スリムサーバーⅢ」公式ページ

https://premium-water.net/waterserver/slim_server3_short/

フレシャス「サイフォンプラス」

サイフォンプラス

「サイフォンプラス」は「デュオミニ」と同じくフレシャスから出ている卓上サーバーで、上記6色が選べるようになっています。

水は7.2Lの軽量パックが使われており、交換がしやすくゴミとしてもかさばりません。

ウォーターサーバー水

以下二つの機能があるため、電気代を抑えて衛生面でも安心して使うことが可能です。

  • 光センサーが夜間に自動で省エネ運転に切り替える
  • サーバー内部を自動で殺菌する

ただ、出水方法は先程の「スリムサーバーⅢ」と同様に常に両手が必要なタイプなため、その点には注意しましょう。

「サイフォンプラス」基本データ
月額税込
(24L)
4,152
省エネ機能あり
解約金1年未満の解約:16,500円
1年以上2年未満の解約:9,900円
注文ノルマ28.8L/月
※1ヶ月であれば無料で配送スキップ可能なため、実質1ヶ月14.4Lでの利用も可
水の種類天然水
ボトル7.2L使い捨てパック
片手で使える?△常に両手が必要
対応エリア沖縄、離島以外
サイズサイフォンプラスサイズ

フレシャス「サイフォンプラス」公式ページ

https://www.frecious.jp/feature/siphondesign/

6. こっちはどうなの?異なる2タイプの卓上サーバー

卓上のウォーターサーバーは、一般的な宅配の水を使ったタイプ以外に、以下二つがあります。

水道水を使ったタイプペットボトルの水を使ったタイプ
水道水サーバーペットボトルサーバー

これらの特徴と、実際に使うべきかについて、それぞれ解説していきます。

水道水を使ったタイプ

水を使う量が多い場合は、定額の水道水を使ったタイプの方が安くなる

「家族が多い」、「料理にも使う」といった理由で、ウォーターサーバーで一日あたり2L近くは水を使いたいという方もいると思います。

宅配の水を使った卓上サーバーでそれだけの量の水を使っていると、どんなに安い機種でも月額で7,000円は超えてきます。

しかし、水道水を使ったタイプだと、いくら使っても毎月の費用は4,000~5,000円の定額のレンタル代だけになります。

宅配水と水道水の比較

宅配タイプに比べて安く使うことができるため、コストを重視する方で以下に当てはまる方は、水道水を使ったタイプの卓上サーバーがおすすめです。

  • 水を毎日2L近く使う(一月あたり50L以上)
  • 浄水した水道水を使うのに抵抗がない

水道水を使ったタイプのおすすめは、水道管直結型ウォーターサーバーのリーディングカンパニーであるウォータースタンドから出ている以下2機種です。

機種ポイント

ナノラピアネオナノラピアネオ
(ウォータースタンド)

温水、冷水、常温水が定額制で飲み放題
ナノラピアガーディアンナノラピアガーディアン
(ウォータースタンド)
ナノラピアネオより月額が高いが、よりスリムで省スペース

ウォータースタンド「ナノラピアネオ」

ナノラピアネオ

「ナノラピアネオ」は、ウォータースタンドの温冷水が出せるサーバーの中でも最も安いモデルで、温冷水に加え、常温水も使えるという特長があります。

定額制でいくら使っても費用が変わらないだけでなく、水道管に直結しているため「水の補充」という一般的なウォーターサーバーで必要になる手間が一切かからないという強みがあります。

ボトル不要

そのため、単純に日頃使う上で手間をかけたくないという人にも「ナノラピアネオ」はおすすめです。

また、水道管とつなげる工事は、以下のように水栓やシンク下の配水管に、分岐する金具を取り付けるだけの簡単なものになります。

ウォータースタンドの工事

取り外して原状回復もできるため、賃貸での利用も問題なく可能です。

「ナノラピアネオ」基本データ
月額税込4,378
※初回11,000円払うと月額3,850円
省エネ機能あり
解約金1年未満の解約:11,000円
メンテナンス半年に一度専任スタッフがフィルター交換も含めて行う
片手で使えるか◯温水のみ両手が必要
対応エリア全国
サイズ ナノラピアネオサイズ

ウォータースタンド「ナノラピアネオ」公式ページ

https://waterstand.jp/products/nano_neo.html

ウォータースタンド「ナノラピアガーディアン」

ナノラピアガーディアン

「ナノラピアガーディアン」は、「ナノラピアネオ」よりもやや月額が高くなるものの、以下二つの点でより使い勝手がいいという特長があります。

  • よりスリムで省スペース
  • 温水の温度が三段階(93℃、85℃、75℃)に調節可能

瞬時に温冷水を作る機能があり、内部に温冷水のタンクを持たないことから圧倒的にコンパクトになっており、奥行きは「ナノラピアネオ」の半分以下になっています。

ナノラピアガーディアンサイズ

より狭いスペースにも置くことが可能になるため、この点に魅力を感じる方は「ナノラピアガーディアン」の方がおすすめです。

その他、常温水が飲めたり、水道管直結型で補充の手間がかからないという点は「ナノラピアネオ」と同様です。

「ナノラピアガーディアン」基本データ
月額税込4,928
※初回11,000円払うと月額4,400円
省エネ機能あり
解約金1年未満の解約:11,000円
メンテナンス半年に一度専任スタッフがフィルター交換も含めて行う
片手で使えるか?◎常に片手でOK
対応エリア全国
サイズ ナノラピアガーディアンサイズ

ウォータースタンド「ナノラピアガーディアン」公式ページ

https://waterstand.jp/products/nanoLapia_guardian.html

ペットボトルを使ったタイプ

レンタルのウォーターサーバーより安く使えるが、使い勝手が悪いのでおすすめしない

このタイプは、10,000~20,000円で以下のようなサーバー本体を購入することが必要になります。

ペットボトルサーバー

※(左)Toffy 税込価格17,468円  (右)SOUYI卓上ウォーターサーバー 税込価格9,980円 

ただ、ペットボトルの水代は以下の通り宅配タイプのウォーターサーバーの水代の半額程度になります。

ウォーターサーバー(宅配水)ペットボトル(2L)
1Lあたりの水代120~170円50~60
24Lあたりの水代3,000~4,000円1,200~1,500

そのため、ペットボトルを使ったタイプは、サーバー本体の購入費を加味したとしても、レンタルの卓上サーバーより確実に安く使うことが可能です。

しかし、以下3つのデメリットがあるためこのタイプの利用はおすすめしません。

  • 冷水の温度が10~15度とぬるめ(レンタルタイプは4~10℃)
  • 故障等のトラブル時のサポートがほとんどない(あっても一年保証)
  • ボトル交換の回数が多く手間になる

一つ目の「水がぬるい」という点は、買って後悔したポイントとして、Amazon等の口コミでも多く上がっています。

使い勝手も含めて比べると、レンタルの高性能なウォーターサーバーの方が断然おすすめです。

7. まとめ

卓上のウォーターサーバー選びのコツやおすすめ機種について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

卓上のウオーターサーバー選びで後悔しないためには、以下の三つで納得のいくものを選んでおくことが重要です。

  • コスト
  • 使いやすさ
  • デザイン

サーバー選びで迷った方は、上記3つの観点で主要ブランド14機種を比較した結果の総合評価が最も高くなった富士の湧水の「高機能サーバー」を選んでおけば間違いありません。

富士の湧水

「富士の湧水」公式ページ

https://www.fujinoyusui.net/water/

ただ、デザイン重視の方で、「高機能サーバー」は見た目のデザインがシンプルで物足りないという人もいると思います。

そういった方には、14機種の中でもデザイン性が圧倒的に高く、使い勝手も抜群に良いフレシャスの「デュオミニ」をおすすめします。

デュオミニ

フレシャス「デュオミニ」公式ページ

https://www.frecious.jp/dewomini/

このページの内容が、あなたにとってベストな卓上のウォーターサーバー選びにつながることを祈っています。

<その他当ページでおすすめした卓上サーバー>

安さ重視の人におすすめスタンダードサーバー(アルピナウォーター
クリクラサーバー(クリクラ
おしゃれなデザインが人気スリムサーバーⅢ(プレミアムウォーター)
サイフォンプラス(フレシャス)
水道水を使ったタイプのおすすめナノラピアネオ(ウォータースタンド)
ナノラピアガーディアン(ウォータースタンド)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket