インターネットのプロバイダとは|正しく理解しお得に選ぶ全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「プロバイダってなんのことだろう」「どのプロバイダを選べばいいの?」など、インターネットのプロバイダに関して疑問を持たれる方も多いかと思います。

プロバイダはインターネットの門番のような役割をしていて、必ず契約しなければいけません。しかし、選び方次第では速度が遅かったり、無駄に高いお金がかかることもあります。

このページでは、インターネットの販売を4年間していた経験を生かして、プロバイダについて下記の流れで紹介していきます。

    1. プロバイダって何?イラストでスッキリ解決!
    2. まだインターネットを契約していない方の賢いプロバイダの選び方
    3. プロバイダを乗り換えたい方へ!37プランの一覧でわかる料金・スペック比較

このページを読めばプロバイダに関する疑問をスッキリさせ、快適なネット生活に近づくでしょう。

1. プロバイダって何?イラストでスッキリ解決!

インターネットを使うためにはプロバイダを必ず利用しなければいけません。つまりインターネットを使うためには、回線の料金+プロバイダの料金を払わなければならないのです。

なぜわざわざプロバイダを使わないといけないのか、プロバイダはどんな役割をしているのか、この章では解説をしていきます。

1-1. 初心者にもわかる「プロバイダとは?」

プロバイダは簡単にいうと、回線をインターネットにつなげるサービスのことで、ISP(Internet Service Provider)とも呼ばれることがあります。

下記のイラストでも分かる通り、インターネットの入り口のような役割をしています。

プロバイダの役割

インターネット回線を契約しただけでは、インターネットに鍵がかかっている状態で、プロバイダと契約することでそれを開けてくれるというイメージです。

つまり、回線に加えて、プロバイダも契約しなければインターネットは使えないということを覚えておきましょう。

皆さんが使っているスマホや携帯電話などを含めて、ネットをするためのサービスでは必ずプロバイダは契約さています。

1-2. プロバイダは好きな会社が選べるの?

使うインターネット回線によって対応しているプロバイダが決まっていて、その中であれば自由に選ぶことができます。

例えばドコモ光は下記のようにたくさんのプロバイダの中から選ぶことができ、その数は20以上になります。

ドコモ光で選べる主なプロバイダ

プロバイダには「OCN」や「ぷらら」などみなさんもよく聞く名前のものも多いです。

最近の傾向:プロバイダは選べなくなってきている

ただし、最近の傾向として、プロバイダは選ぶことができないインターネットも増えてきています。理由としては、プロバイダが回線のサービスを始めてきたことが考えられます。

例えば、「OCN」が「OCN光」などのインターネット回線の事業者になって、「光回線+プロバイダ」をセットで提供し始めました。「OCN光」ではプロバイダは「OCN」しか使えないように、選べるプロバイダは限られて来ます。

このように、プロバイダを選べない回線も増えてきているので、そこにも注意しながらプロバイダを選んでいきましょう。

1-3. プロバイダが違うと何が違うの?

プロバイダが違うと基本的に、下記の2つが変わります。

  • 通信速度
  • 料金

通信速度に関しては、光回線などで「1ギガ」と呼ばれていても、1ギガ出ることはなく、プロバイダによっても若干変わってきます。

料金も数百円の差ですが変わってきますので、選ぶポイントになります。

通信速度

実はプロバイダによって、速度に若干差が出るケースが存在します。

プロバイダの速度は「住んでいるエリア」「そのエリアの会員数」などによって変わってきます。

イメージとしては下記のように、インターネットはエリアごとに基地局があるケースが多いですが、そのエリアごとにプロバイダの設備があります。

光回線 プロバイダは地域・顧客数で速度が変わる

シンプルに、そのエリアの設備に対して使う人が多ければ多いほど、混み合うので、遅くなる可能性があります。

「夜はインターネットがつながりにくい」、「最近速度が安定しなくなった」というときはあなたのお住いのエリアで夜に使う人が多い、もしくは最近利用者が増えたということが考えられます。

反対に遅いと思っていても、プロバイダが設備を増強して一気に速くなることだってあります。

じゃあどこが速いの?

正直、お住いのエリアや、そこのユーザー数、または時間によってガラリと変わってくるため一概にここがいいとは言えません。

ただ、大手のプロバイダであれば、設備増強などを定期的にきちんと行っていることから、将来遅くなるという心配をあまりしなくてもいいので大手のプロバイダがおすすめです。

安すぎるようなプロバイダは設備の増強をするコストをかけない可能性もあるので注意しましょう。

インターネットは長期間使うもので、目先の速度よりも「ずっと安心して使えるか」の方が大切なので、大手のプロバイダをおすすめします。

ただ、本当に今の速度が心配な方は「Radishみんなの測定結果」と呼ばれる、速度計測を報告し合う掲示板がありますので、そこで近くに住んでいる方の情報を参考にしながら考えましょう。

光回線 Radishみんなの測定結果

出典:Radishみんなの測定結果

ただし、誰でも書き込める性質上、自作自演も多いので注意が必要です。

参考:プロバイダで速度を早くする取り組みも!

プロバイダごとに特殊な技術を使って、速度を早くしているものもあります。

例えば、ドコモ光などで使えるプロバイダである「GMOとくとくBB」は「V6プラス」と呼ばれる下記のように混雑するポイントを作らない技術を使うようになりました。

GMOとくとくBB v6プラス 通信速度

上記のように、v6プラスは混雑するポイントを通らないという技術でつなぐサービスで、インターネットが快適になりますので、通信速度が不安な方にも安心です。

v6プラスを使えるプロバイダは限られていて、大手ですと下記2つです。

速度がどうしても不安であれば、大手の中でもこういった最新の技術を取り入れているプロバイダを選ぶようにしましょう。

料金

プロバイダによって、料金などにも差がありますので、しっかりと見ておきましょう。

例えば、ドコモ光はプロバイダによって下記のように2つのプランがあります。

プラン月額料金(マンションプランの場合)プロバイダ
タイプA4,000円ぷらら、So-netなど
タイプB4,200円OCNなど

また、NTTの提供する「フレッツ光」は自由にプロバイダを決められますが、安いものと高いものでは、下記のように、月額で数百円の差が出ます。

プロバイダ名プロバイダの月額
BBエキサイト500円
BIGLOBE1,200円

このように数百円ですが、差がつくことも多いので、プロバイダを決める際は料金も確認しておきましょう。

基本的に価格の差は、安く提供しようという企業努力の結果です。ただ、あまりに安すぎるプロバイダに関しては、設備にお金をかけず、将来的に遅くなる..という不安もありますので、値段だけで飛びつくのには慎重になりましょう。

また次の章で解説していきますが、新規でインターネットを契約する際は、プロバイダ経由での申し込みで特典がつくケースもあります。そういった面も踏まえてお得に選んでいきましょう!

1-4. 結局どうやってプロバイダを決めればいい?

では、どうやってプロバイダを選べばいいのでしょうか。基本的にあなたの状況や目的に合わせて、下記のように選べば失敗しにくいです。

こんな方どうやって選べばいい?チェックすべき章
まだインターネットを契約していない方まずは最もお得なインターネット回線を選び、そこで使えるプロバイダを比較して決める「2. まだインターネットを契約していない方の賢いプロバイダの選び方」
プロバイダの乗り換えを検討している方今のインターネット回線に対応しているプロバイダを比較して選ぶ「3. プロバイダを乗り換えたい方へ!37プランの一覧でわかる料金・スペック比較」

それぞれ、各章で具体的に解説をしていきます。特に、まだインターネットを契約していない方は、プロバイダ以前に、回線と申し込み窓口で大きく差がついて、数万円損する可能性もあります。

2章でより具体的に、徹底的に比較し紹介していますが、あなたのスマホに合わせて下記申し込み窓口でそれぞれの回線・プロバイダを申し込むのがおすすめです。

光回線の選び方

申し込み窓口の比較もしていますが、下記ページが各回線で最もお得な申し込み窓口です。

モバイル回線のプロバイダを検討中の方へ

このページでは固定の光回線を中心にプロバイダの選び方を紹介していきます。ただし、現在はWifiルーターを持ち歩く、モバイル回線も世の中にどんどん出てきています。

速度や使える量は光回線が優れていますが、価格や手軽さという面ですとWiMAXなどのモバイル回線も優れています。

光回線とモバイル回線の比較

モバイル回線を検討していて、プロバイダ選びに悩まれている方も、選び方を間違えると数万円レベルで損する可能性があります。

また、それ以前にどこのモバイル回線を使うかも重要で、「速度制限が厳しい」「回線の利用料が高額」といったリスクがありますので、回線選びから慎重になりましょう。

モバイル回線の選び方は「モバイルと光回線どっちがいいの?元販売員が徹底比較して選びます!」に詳しく紹介していますので、後悔のないように選んでいきましょう。

2. まだインターネットを契約していない方の賢いプロバイダの選び方

インターネットを契約していない方は下記のようにまずはインターネットの会社を決めて、その上でプロバイダと申し込み窓口を決めることをおすすめします。

      • Step1: 光回線の会社を決める
      • Step2: プロバイダと申し込み窓口を決める

上記のように選ぶべき理由はシンプルに、インターネット回線は人によって価格差が大きく、ぴったりなものを選ぶことで、月々2,000円近く料金を節約できることもあるからです。

プロバイダで節約できるのは数百円ですのでいかに回線の影響が大きいかがわかります。

基本的に下記で紹介するような大手のプロバイダであれば、「混み合っている」というストレスを感じることも少なく、設備もどんどん増強されますので、将来的にも安心です。

しかし、とことん速度にこだわりたいのであればv6プラスに対応し、高性能なルーターも無料で貸してくれるGMOとくとくBBを「ドコモ光」で使うことがおすすめです。

ルーターレンタルのキャンペーンページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

では実際にコスパがいいインターネットを選んでいきましょう。

Step1: 光回線の会社を決める

先ほども紹介しましたが、回線の会社は基本的にどのスマホを使っているかで決めましょう

なぜなら、スマホ会社や提携企業の光回線とスマホのセット割を使うと料金がガクッと安くなるからです。

大手携帯会社は基本的にスマホと光回線のセット割を行っていますが、「どちらも使って欲しい」と考えていることから割引額も圧倒的に大きいです。

例えば、auひかりをauのスマホとセットに使うことで、以下のようにスマホで毎月最大2,000円の割引を受けられます。

auひかりのauセット割

出展:auひかり

実際、大手プロバイダーが使える回線で回線利用料+プロバイダ料金で比較をしてみました。

たくさんの人で設備を共有するので、マンションの方が若干安くなります。

インターネット回線プロバイダ一戸建て(円/月)マンション(円/月)お得なキャンペーン初期費用工事費(円)契約料など(円)
フレッツ光100社以上から選べる5,000円前後4,000円前後代理店ごとにCBあり18,000800
エキサイト光BBエキサイト4,3603,360-18,0001,000
OCN光OCN5,1003,600-18,0003,000
So-net光So-net5,5804,480(最大)37,000円24,0003,000
@nifty光@nifty4,6003,48030,100円15,0002,000
ドコモ光20社以上から選べる5,2004,000

・ドコモポイント2,000pt+20,000円CB

・新規工事費無料

 

3,000
auひかり5社以上から選べる5,1003,800(最大)61,000円実質無料3,000
BIGLOBE光BIGLOBE3,7802,780(最大)26,000円実質無料3,000
ぷらら光ぷらら4,8003,600(最大)35,000円18,000無料
ソフトバンク光Yahoo!BB5,2003,800(最大)33,000円24,000円※乗り換えの場合実質無料3,000
eo光eo光4,9533,524-実質無料3,000
NURO光So-net4,7434,743(最大)40,000円実質無料3,000
U-NEXT光U-Pa!4,9803,480-24,0003,000
ドコモ光(ドコモユーザー)20社以上から選べる4,0002,800

ドコモポイント最大2,000pt+20,000CB※ギガライト~7GBの時

・新規工事費無料

実質無料3,000
auひかり(auユーザー)5社以上から選べる4,1902,806

(最大)61,000円※データ定額8の時,ひかり電話

実質無料3,000
BIGLOBE光(auユーザー)BIGLOBE3,5702,570(最大)26,000円※データ定額8の時,ひかり電話実質無料3,000
ソフトバンク光(ソフトバンクユーザー)Yahoo!BB3,7802,780(最大)33,000円 ※データ定額5Gの時,おうち割光セット24,000円※乗り換えの場合実質無料3,000
NURO光(ソフトバンクユーザー)So-net4,7434,743(最大)40,000円※データ定額5Gの時,ひかり電話実質無料3,000

※CB=キャッシュバック、ネットのみ(2020年7月現在)、1年目の料金で比較、別途要工事費。状況によって価格が変動したり突如内容が変わるケースもありますので、必ず公式ページで料金を確認しましょう。携帯会社のユーザーの料金は「光回線の料金-セット割金額」の実質的な負担で計算しています。

工事費についての補足
一戸建てで、新規に回線を引く時の基本的な料金を表示しています。基本的に分割払いも可能なので、月々700~800円程度を払っていくイメージです。

乗り換えについての補足(事業者間変更)
がついている回線は、すべてNTTの光回線を使っています。2019年7月以降、それらの事業者間で乗り換える際は多くの場合で工事不要で乗り換えが可能です。工事費がかからないケースが多いので、よりお得に乗り換えられます。

上記のようにスマホ会社のセット割の威力が凄まじいので、光回線は基本的に使っているスマホに合わせて選んでいきましょう

対応しているエリアが回線によってバラバラなので、以下のようにお住まいのエリアも考慮する必要があります。

光回線の選び方

また、大手各社には代理店や申し込み窓口となるプロバイダが存在し、そういった代理店経由で申し込むと高額なキャッシュバックももらえるので、申し込み窓口もしっかり選んでいきましょう。

後ほど紹介しますが、下記ページが各回線で最もお得な申し込み窓口です。

回線最もお得な申し込み窓口申込窓口ページ
ドコモ光GMOとくとくBBhttp://gmobb.jp/docomohikari/
auひかりGMOとくとくBBhttps://gmobb.jp/lp/auhikarik/
ソフトバンク光アウンカンパニーhttps://aun-softbank-hikari.com/
NURO光アウンカンパニーhttps://aun-nuro-hikari.net/
ビッグローブ光株式会社NEXThttps://www.biglobe-hikari.net/

一部のauユーザーは要注意!

auひかりはまだ全国36地域しか対応しておらず、基本的に下記エリアの方は残念ながら対応していません。

中部静岡県・愛知県・岐阜県
近畿三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県
沖縄沖縄県

ただし、実は上記の表の中でも下記2社はセット割である「スマートバリュー」に対応しています。どちらもキャッシュバックや工事費の面でauひかりには劣りますが十分お得に使えます。

この中で「BIGLOBE光」が若干auひかりよりもキャッシュバックが劣るものの、工事費も実質無料で、お得ですので、上記エリアのauユーザーの方は「BIGLOBE光」にしておけば間違いありません。

一戸建ての方は契約の縛りに要注意!!

auひかりは2018年の春から一戸建ての工事費無料の条件が厳しくなりました。

60ヶ月(5年)使わないと実質無料ではなくなります。そのため、一戸建てで、5年使う予定のない方は「BIGLOBE光」(3年縛りにすれば工事費無料)がおすすめです。

マンションの方は他社と同じように24ヶ月縛りです。

ソフトバンクユーザーが使うべきなのは…?

ソフトバンクは提携している「NURO光」でもスマホとのセット割が受けられます。

ソフトバンク光よりNURO光の方が工事費も無料でお得ですが、一部エリアの方しか使えず、またマンションプランを無条件で選べるのは一部の8階建て以上の設備の入ったマンションだけで、多くのマンションでは対応していません

7階建以下マンションの方がマンションタイプを使うためには4人以上の申し込みが必要で、満たさない場合はマンションタイプを使えず割高になります。

つまり、対応エリアの一戸建ての方以外は使いにくいサービスと言えますので、それ以外の方は「ソフトバンク光」がおすすめです。

NURO光対応エリア(2020年7月現在)

  • 【北海道・東北】北海道
  • 【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 【東海】愛知、静岡、岐阜、三重
  • 【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
  • 【九州】福岡、佐賀

その他の携帯を使っている場合はどうすればいい?

格安SIMなど、その他の携帯会社を使っている場合は、一戸建てであれば、工事費が実質無料で高額キャッシュバックももらえる「NURO光」がおすすめです。

ただ、対応エリア以外の方やマンションの方は、工事費がそもそも無料で、縛りも緩く、高額キャッシュバックもある「BIGLOBE光」がおすすめです。

以前までおすすめだったauひかりが工事費無料の条件を改悪したことで、auユーザー以外にはそこまでおすすめできなくなりました。

Step2: プロバイダと申し込み窓口を決める

先ほどの比較の結果、下記回線がお得ということがお分かりいただけたかと思います。

特にこれらは申し込み窓口がたくさんあり、また「ドコモ光」「auひかり」に関してはプロバイダもたくさん選べます。

そして、申し込み窓口によって、キャッシュバックなどの特典が変わりますので、慎重に選んでいきましょう。

そこで、どの申し込み窓口で、どのプロバイダを使うべきか解説していきます。

ドコモ光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ドコモ光は公式ページもしくはプロバイダ経由での申し込みがメインとなりますが、独自キャンペーンを実施しているプロバイダ経由での申し込みが最もお得です。

ドコモは「dポイント最大10,000ptプレゼント」「工事費無料」というキャンペーンを行なっていますが、プロバイダによってはプラスで独自キャンペーンを行なっているものもあります。

ちなみに、2020年7月現在、ドコモ光全24社のプロバイダの中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、高額キャッシュバックが受け取れ、最高水準のWi-Fiルーターをレンタルできるのは、下記のプロバイダ一択です。

以下、ドコモ光の代表的なプロバイダ4社のキャッシュバック額を比較しました。

プロバイダ名独自キャッシュバック(オプション等なし)
GMOとくとくBB20,000円
@nifty20,000円
DTI20,000円
ぷらら15,000円

「GMOとくとくBB」「@nifty」「DTI」のキャッシュバック金額が、「ぷらら」より5,000円も高いことがわかります。

この4社だけでなく24社を全てチェックしたい場合は、「24社を徹底比較してわかったドコモ光で使える最高のプロバイダ」の記事をご覧ください。

また、この4社は、無料レンタルできるWiFiルーターのスペックにも差があり、価格や最大速度が下記のように違います。

 無料で借りられるWiFiルーター買ったらいくらするもの?(メーカー希望小売価格)最大通信速度(5GHz)

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
¥9,780※1733Mbps
Aterm WG2600HS
(NEC)
¥7,820※1733Mbps
WRC-2533GST2
(ELECOM)
¥14,1101733Mbps
ぷららWN-AX1167GR2(IODATA)¥8,300※867Mbps
@niftyWRC-1167GST2
(ELECOM)
¥7,040867Mbps
DTIAterm WG1200HS4
(NEC)
¥5,280※867Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

以上のように、「GMOとくとくBB」で無料レンタルできるルーターは3種類とも性能がよく、光回線の高速通信を特に生かしやすいです。

したがって、「キャッシュバック」と「ルータースペック」のレベルが圧倒的に高いので、ドコモ光は「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つです。

「オプションなしで2万円」とドコモ光で最高水準のキャッシュバックをもらえます。

混みにくい接続方式v6プラスにも対応していて、とにかくハイスペックなルーターを無料で貸してくれるので、圧倒的におすすめです。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

ちなみにGMOで借りられるルーターはどれがおすすめ?

GMOとくとくBBでは3種類の高性能なルーターから選ぶことができます。

ただし、正直ここまでくると、どちらも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。

スペックで選ぶなら「WRC-2533GST2(ELECOM)」ですが、迷った場合は、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのがおすすめです。

キャッシュバック受け取りのステップ

dポイントは自動的に付与されるので、GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介していきます。

①まず、GMOとくとくBBでのお手続きを終えると、「GMOとくとくBBお客さまセンター」より、指定のメールアドレス宛に「キャッシュバック受け取り手続きご案内メール」が送られてくるので大切に保管しておきましょう。

②開通後、工事完了の翌月末日までに、申し込み時のメールに記載された指定URLをクリックし、口座情報など指定された情報を登録しましょう。

③申請した翌月の月末にあなたの口座に振り込みが行われます。

auひかりのおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

auひかりは申し込み窓口が非常にたくさんありますが、窓口によって、キャッシュバック金額・工事費・月額料金が変わります

ちなみに、プロバイダでのスペックの差は全くない(公式に問い合わせ済)なので、料金に着目し、どこがお得かで選んでいきましょう。

キャンペーン内容は「キャッシュバック」以外にも「月額割引」など様々なので、トータルでどこがお得かわかるように全てを合計した金額を1ヶ月あたりの価格に直して比べていきたいと思います。

比較の観点:

  • 1ヶ月あたりの実質料金=初期費用+月額料金-キャッシュバック+スマホとのセット割に必要なひかり電話基本料金を利用月数(一戸建て36、マンション24ヶ月)で分割
  • 一戸建てはずっとギガ得プランで開通月の翌月から36ヶ月、マンションは開通月の翌月から24ヶ月で計算。
  • マンションはタイプvの16契約以上の場合です。これが最安値でマンションの形態によっては一律+300円/月程度になるケースがよくあるので申し込み時にかかってくる電話などで確認しましょう

-スマホの方はスクロールできます-

区分申し込み窓口一戸建てマンション
1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金
プロバイダGMOとくとくBB
(月額割引)
3,250 30,0004,0001,525 30,0002,600
(24ヶ月目3,800)
GMOとくとくBB
(キャッシュバック )
 3,38361,000変動(4,900~5,100)1,61451,0003,800
So-net3,563-3,4802,725-2,100
BIGLOBE
(月額割引)
 4,983-4,900 2,675-2,050
BIGLOBE
(キャッシュバック)
 4,19050,000変動(4,900~5,100) 2,34250,0003,800
au one net5,30010,000変動(4,900~5,100)4,00810,0003,800
DTI4,52238,000変動(4900~5,100)2,84238,0003,800
@nifty4,74530,000変動(4,775~4,975)2,850-2,550
Asahi Net5,585-変動(4,650~4,900)4,425-2,550
TCOM5,578-変動(4,775~4,975)4,425-2,150
代理店NEXT3,99752,000変動(4,900~5,100)2,46747,0003,800
アシタエクリエイト4,05045,000変動(4,900~5,100)2,62045,0003,800
グローバルキャスト3,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,550+オプション代45,000※3,800
フルコミット3,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,342+オプション代50,000※3,800
253,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,342+オプション代50,000※3,800

※キャッシュバック11万円などと記載されていますが、auの行っている、どの窓口でも受けられるキャンペーンは除外して計算しています。
※10ギガを選ぶ場合は別途月額780円かかります。

以上のように比較すると、不要なオプションもなしで高額キャッシュバックがもらたり、割引が受けられる「GMOとくとくBB」経由の申し込みがおすすめです。

スマートバリューを適用するために必要なひかり電話も無料でつけられ、月額で見ると最も安くなります。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンをしている窓口です。

最大6.1万円の業界最高クラスのキャッシュバックをする「キャッシュバック」、月額料金を大幅に下げ、キャッシュバックも最大5万円もらえる「月額割引」の2つのキャンペーンから選べます。

auのスマホとのセット割に「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、どちらを選んでも最もお得にauひかりを使うことができます。

GMOとくとくBBはどちらのキャンペーンを選んでも最もお得な窓口ですが、マンションの場合は「キャッシュバック」、一戸建ての場合は「月額割引」を選ぶのが最安です。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/
GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン: https://gmobb.jp/service/auhikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが大幅に劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

ソフトバンク光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ソフトバンク光は、基本的にプロバイダが「Yahoo!BB」で固定されます。

「Yahoo!BB」はOCNの次に利用者が多いという調査結果もあるくらいたくさんの人が使っているプロバイダなので信頼できます。

ソフトバンク光は基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法がありますが、独自のキャンペーンを行なっている代理店を窓口にするのがおすすめです。

ソフトバンクが行なっている「工事費相当額を商品券で還元」などのキャンペーンに上乗せして代理店のキャッシュバックをもらえます。

代理店も複数ありますが、比較するともらえるキャッシュバックのお金や受け取るためのハードルが全然違います。

その中で、無駄なオプション加入がなく、キャッシュバックの受け取り時期が最も早く、手続きがいらないのは以下の代理店です。

以下の表で、ソフトバンク光の代表的な代理店3社について、キャッシュバックの「条件」「受け取り時期」「手続きの有無」を比較しました。

申し込み窓口CB額(円)左記CB条件CB受取難易度
アウンカンパニー33,000
条件無し最短2ヶ月後
LifeBank70,000×
Softbank Airへの加入(月額料金がおよそ+4,000円)1年近くもらえない
株式会社STORY80,000×
Softbank Airへの加入(月額料金がおよそ+4,000円)1年近くもらえない

※株式会社LifeBankは、一人紹介する度に20,000円のキャッシュバックが贈呈されます。

以上のように比較すると、キャッシュバックを追加オプションなしで申し込め、受け取り時期が圧倒的に早く、別途手続きをする必要がない「アウンカンパニー」経由の申し込みがおすすめです。

なぜなら、「LifeBank」「株式会社STORY」はキャッシュバック額が多いですが、4人ソフトバンク光に知り合いを紹介しないといけなかったり、家でしか使えないWi-Fiを申し込まないといけないなど、キャッシュバックの受け取り条件が非常に厳しいです。

またキャッシュバックの受け取りに1年近くかかり、別途手続きが必要なので、不便な上に申し込みから10か月後の手続きを忘れてしまうと全くもらえません。

アウンカンパニー

株式会社アウンカンパニー ソフトバンク光 申し込み特典

アウンカンパニー』はソフトバンク光の代理店です。

ソフトバンク光の場合、基本的に高額なキャッシュバックはオプションや紹介など高いハードルをクリアしないとキャッシュバックをもらえません。

その中で、アウンカンパニーはオプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。

また、申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです

アウンカンパニー「ソフトバンク光キャンペーンページ」:https://aun-softbank-hikari.com/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

NURO光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

NURO光」はプロバイダであるSo-netが提供する光回線ですので、So-netのプロバイダ一択になります。

また、NURO光は、基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法があります。

オプションをつけるとキャッシュバックが高額になりますが、オプション料で損をすることも多いので、最低限のオプションで申し込みをしましょう。

基本的にソフトバンクとのセット割を受けて、実質月額料金をお得にするためには、ひかり電話の申し込みが必要です。

そのため、以下の表では、ひかり電話を条件に高額キャッシュバックを実施している代理店と公式ページを比較しました。

申し込み窓口 CB受け取り難易度工事費キャンペーン
アウンカンパニー40,000円 ◎ 受け取り手続きなしで35,000円が振り込まれる
LifeBank50,000円 △ 複数の指定オプションへの加入が必須
NURO公式43,000円△ 受け取り手続きが必要で忘れる可能性が高い

※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

NURO公式で申し込むと最もお得に見えますが、公式ページのキャッシュバックは、開通翌月15日後に受け取り手続きが必要なので手間がかかります。

また、NURO光は、公式ページからの申し込むと、以下2つの落とし穴があるので注意しましょう。

  • ひかり電話の追加手続きが必要
  • キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうと1円も受け取れない

上記のように比較すると、NURO光の申し込みは、ひかり電話とセットで40,000円のキャッシュバックを受け取れ、手続きなしで最短1ヵ月で35,000円が振り込まれる「アウンカンパニー」が最もおすすめです。

株式会社アウンカンパニー

株式会社アウンカンパニー NURO光 キャッシュバック

NURO光の中でも『株式会社アウンカンパニー』は、光回線+ひかり電話の契約で40,000円のキャッシュバックをほぼ確実に受けられる代理店です。

申し込み時の確認の電話で聞かれた口座番号に最短1ヶ月で振り込まれるのでもらい忘れもないので、損しないためにもこういったシンプルなキャッシュバックをしている代理店がおすすめです。

アウンカンパニー「NUROひかりキャンペーンページ」:https://aun-nuro-hikari.net/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記公式ページから申し込みをしましょう。

BIGLOBE光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ビッグローブ光は、公式ページもしくは代理店経由での申し込みがメインとなりますが、それぞれの窓口によって「キャッシュバックや工事費割引の金額」「工事費割引の適用期間」が異なります。

そのため、本当にお得な申し込み窓口を選ぶためのポイントは、「キャッシュバック額+工事費割引額」です。

ちなみに、2020年7月現在、ビッグローブ光の数ある申し込み窓口の中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、3年間の契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高いのは、下記の代理店です。

以下の表で、ビッグローブ光の公式ページと代表的な代理店3社について、3年間契約した場合の「キャッシュバック額」「工事費割引額」「工事費割引適用期間」を比較しました。

申し込み窓口工事費キャンペーンCB額+工事費割引額CB額工事費割引額契約期間適用期間
(契約期間差分)
ビッグローブ光公式×割引52,000円25,000円27,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)
株式会社NEXT〇実質無料56,000円26,000円30,000円36ヵ月36ヵ月
NNコミュニケーションズ×割引53,000円26,000円27,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)
ブロードバンドナビ×割引45,000円33,000円12,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)

※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

以上のように比較すると、契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高い「株式会社NEXT」経由の申し込みがおすすめです。

また、株式会社NEXT以外の申し込み窓口は、工事費割引の適用期間が40ヵ月間なので、工事費を実質無料にしたい場合、36ヵ月目の契約更新月に解約ができません。

もし契約更新月に解約をしてしまうと、4ヵ月分の工事費が一括請求されてしまうので、割高になってしまいます。

株式会社NEXT

ビッグローブ光 NEXT

株式会社NEXT』は、ビッグローブ光をはじめ19社の光回線サービスを取り扱う販売代理店で、ビッグローブ光の最もお得なキャンペーンを実施しています。

「工事費無料+最大2.6万円キャッシュバック」キャンペーンは、3年の契約期間内に工事費が実質無料になり、キャッシュバック額と合計すると最大5.6万円もお得に契約ができます。

株式会社NEXT「ビッグローブ光キャンペーンページ」:https://www.biglobe-hikari.net/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

3. プロバイダを乗り換えたい方へ!37プランの一覧でわかる料金・スペック比較

ではここからはすでにインターネットを使っていてプロバイダを乗り換えたいという方におすすめのプロバイダを紹介していきます。

しかし、今のインターネットの縛りがないタイミングなら下記のように回線ごと見直してしまった方がコスパがいい可能性があります。

またキャッシュバックや違約金負担してくれる回線も多いので、違約金がかかる場合もこのタイミングで見直してしまった方がお得かもしれません。

とはいえ、プロバイダだけを変えたいという方は、あなたが使っている回線に合わせて対応しているプロバイダを選んでいく必要があります。

特にプロバイダで迷うことの多い「フレッツ光」・「auひかり」・「ドコモ光」・「ADSL」のプロバイダをできる限り一覧にまとめてみました。

3-1. フレッツ光のプロバイダ11選

NTT東日本・西日本の提供するフレッツ光は選べるプロバイダが膨大です。そこで、大手の信頼できるプロバイダをピックアップしました。

 戸建月額マンション月額v6プラス
BBエキサイト500円
BIGLOBE600円~250円~ –
ASAHIネット780円700円 –
WAKWAK950円800円 –
DTI951円680円 –
GMOとくとくBB991円991円
@nifty1,000円950円
ぷらら1,000円600円
So-net1,000円900円
OCN1,100円650円~
hi-ho1,200円890円

おすすめは、v6プラスに対応し、高性能なルーターを貸してくれる「GMOとくとくBB」です。

価格だけで選ぶのであれば「BBエキサイト」もおすすめですが、「遅い」「安いだけ」という声もネットにありますので、慎重に選びましょう。

プロバイダに関しては、エリア、時間、時期によって将来的にも差が出る可能性があります。

そのため、悩む可能性を少しでも減らすために、できればv6プラスのような「速くする仕組み」を取り入れているプロバイダの方がおすすめです。

3-2. ドコモ光で使えるプロバイダ10選

ドコモ光で使えるプロバイダは20以上ありますが、料金は2パターンしかありません。

回線+プロバイダの料金で以下のように2パターンに分けられます。

一戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円

以上のように、料金が安いタイプA、少し高いタイプBに分けられますが、サービスに差があるわけではないので、強い希望がなければタイプAで決めてしまって大丈夫です。

大手10社をピックアップして、v6プラス対応などの観点で比べてみました。

プロバイダタイプv6プラス
ぷららタイプA
(ドコモ光を安く使えるタイプ)
ハイホー
GMOとくとくBB
DTI
BBエキサイト
BIGLOBE
ドコモnet
@niftyタイプB
(タイプAより200円高いタイプ)
OCN
@TCOM

v6プラスにドコモ光で対応しているのは増えてきましたので、プロバイダの乗り換えであれば、タイプA、v6プラスを使える業者から選びましょう。

また、新規申し込みであれば、「24社を徹底比較してわかったドコモ光で使える最高のプロバイダ」のページで比較した結果、「GMOとくとくBB」一択です。

3-3. auひかりで使えるプロバイダ7選

auひかりは下記7つのプロバイダが使えますがどこでも価格が変わりません。

正直サービス面でもほとんど違いが出ず、auひかりにはv6プラス対応のプロバイダもなく、どれも大手なので速度もそこまで差がつかないです。

そして、auひかりは基本的にプロバイダの乗り換えは不可能です。

乗り換えるなら一度解約して再契約するしかない

そのため、どうしても乗り換えたい場合は一度解約してもう一度auひかりに申し込みをするしか方法はありません。

解約金や、再度契約するための余計な出費が必要になるため、プロバイダの乗り換えは基本的におすすめしません。

参考:auひかりの解約金

auひかりを解約する時は、auに払う解約金とプロバイダに払う解約金が存在します。

区分プラン解約金
プランの縛り
(一戸建て)
ずっとギガ得プランの契約期間内(3年)15,000円
ギガ得プランの契約期間内(2年)9,500円
標準プランプランの解約金はなし
プランの縛り
(マンション)
お得Aプラン契約期間内(2年)7,000円
標準プランプランの解約金はなし
その他工事費の残金一戸建て:37,500円-払った分
マンション:30,000-払った分

これ以外にもキャンペーンを受けた場合、そのキャンペーンの違約金も追加でかかる可能性があるので、契約時の料金をしっかりと確認しましょう。

解約はKDDIお客様センターへの電話です。電話番号:0077-777

どうしても変えたければ、キャンペーンを上手に使おう!

どうしても乗り換えたければ、キャンペーンを上手に使ってお得に再契約しましょう。

auひかりは申し込み窓口が非常にたくさんありますが、窓口によって、キャッシュバック金額・工事費・月額料金が変わります

ちなみに、プロバイダでのスペックの差は全くない(公式に問い合わせ済)なので、料金に着目し、どこがお得かで選んでいきましょう。

キャンペーン内容は「キャッシュバック」以外にも「月額割引」など様々なので、トータルでどこがお得かわかるように全てを合計した金額を1ヶ月あたりの価格に直して比べていきたいと思います。

比較の観点:

  • 1ヶ月あたりの実質料金=初期費用+月額料金-キャッシュバック+スマホとのセット割に必要なひかり電話基本料金を利用月数(一戸建て36、マンション24ヶ月)で分割
  • 一戸建てはずっとギガ得プランで開通月の翌月から36ヶ月、マンションは開通月の翌月から24ヶ月で計算。
  • マンションはタイプvの16契約以上の場合です。これが最安値でマンションの形態によっては一律+300円/月程度になるケースがよくあるので申し込み時にかかってくる電話などで確認しましょう

-スマホの方はスクロールできます-

区分申し込み窓口一戸建てマンション
1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金
プロバイダGMOとくとくBB
(月額割引)
3,250 30,0004,0001,525 30,0002,600
(24ヶ月目3,800)
GMOとくとくBB
(キャッシュバック )
 3,38361,000変動(4,900~5,100)1,61451,0003,800
So-net3,563-3,4802,725-2,100
BIGLOBE
(月額割引)
 4,983-4,900 2,675-2,050
BIGLOBE
(キャッシュバック)
 4,19050,000変動(4,900~5,100) 2,34250,0003,800
au one net5,30010,000変動(4,900~5,100)4,00810,0003,800
DTI4,52238,000変動(4900~5,100)2,84238,0003,800
@nifty4,74530,000変動(4,775~4,975)2,850-2,550
Asahi Net5,585-変動(4,650~4,900)4,425-2,550
TCOM5,578-変動(4,775~4,975)4,425-2,150
代理店NEXT3,99752,000変動(4,900~5,100)2,46747,0003,800
アシタエクリエイト4,05045,000変動(4,900~5,100)2,62045,0003,800
グローバルキャスト3,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,550+オプション代45,000※3,800
フルコミット3,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,342+オプション代50,000※3,800
253,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,342+オプション代50,000※3,800

※キャッシュバック11万円などと記載されていますが、auの行っている、どの窓口でも受けられるキャンペーンは除外して計算しています。
※10ギガを選ぶ場合は別途月額780円かかります。

以上のように比較すると、不要なオプションもなしで高額キャッシュバックがもらたり、割引が受けられる「GMOとくとくBB」経由の申し込みがおすすめです。

スマートバリューを適用するために必要なひかり電話も無料でつけられ、月額で見ると最も安くなります。

マンションの時はどっちがいいのか

auひかりは申し込み窓口が非常にたくさんありますが、窓口によって、キャッシュバック金額・工事費・月額料金が変わります

ちなみに、プロバイダでのスペックの差は全くない(公式に問い合わせ済)なので、料金に着目し、どこがお得かで選んでいきましょう。

キャンペーン内容は「キャッシュバック」以外にも「月額割引」など様々なので、トータルでどこがお得かわかるように全てを合計した金額を1ヶ月あたりの価格に直して比べていきたいと思います。

比較の観点:

  • 1ヶ月あたりの実質料金=初期費用+月額料金(開通の翌月から24ヶ月)-キャッシュバック+スマホとのセット割に必要なひかり電話基本料金を利用月数(24ヶ月)で分割
  • マンションはタイプvの16契約以上の場合です。これが最安値でマンションの形態によっては一律+300円/月程度になるケースがよくあるので申し込み時にかかってくる電話などで確認しましょう

-スマホの方はスクロールできます-

区分申し込み窓口マンション
1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金
プロバイダGMOとくとくBB
(キャッシュバック )
1,61451,0003,800
GMOとくとくBB
(月額割引)
1,525 30,0002,600
(24ヶ月目3,800)
So-net2,605-2,980
BIGLOBE
(キャッシュバック)
 2,34250,0003,800
BIGLOBE
(月額割引)
 2,675-2,050
au one net4,00810,0003,800
DTI2,84238,0003,800
@nifty2,67130,0002,550
Asahi Net4,425-2,550
TCOM4,425-2,150
代理店NEXT2,25852,0003,800
アシタエクリエイト2,75840,0003,800
グローバルキャスト2,550+オプション代45,000※3,800
フルコミット2,342+オプション代50,000※3,800
252,342+オプション代50,000※3,800

※キャッシュバック11万円などと記載されていますが、auの行っている、どの窓口でも受けられるキャンペーンは除外して計算しています。

以上のように比較すると、不要なオプションもなしで高額キャッシュバックがもらえる、「GMOとくとくBB」経由の申し込みがおすすめです。スマートバリューを適用するために必要なひかり電話が無料で、かつ高額なCBをもらえます。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンをしている窓口です。

最大6.1万円の業界最高クラスのキャッシュバックをする「キャッシュバック」、月額料金を大幅に下げ、キャッシュバックも最大5万円もらえる「月額割引」の2つのキャンペーンから選べます。

auのスマホとのセット割に「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、どちらを選んでも最もお得にauひかりを使うことができます。

GMOとくとくBBはどちらのキャンペーンを選んでも最もお得な窓口ですが、マンションの場合は「キャッシュバック」、一戸建ての場合は「月額割引」を選ぶのが最安です。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/
GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン: https://gmobb.jp/service/auhikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが大幅に劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

3-4. フレッツADSLのプロバイダ9選

大半のエリアで新規募集を停止してしまったフレッツADSLですが、プロバイダの乗り換えはまだできます。

 月額
BBエキサイト500円
DTI680円
ASAHIネット700円
ぷらら850円
hi-ho933円~
WAKWAK1,000円
OCN1,200円
@nifty1,880円~
So-net1,950円

上記のように、「BBエキサイト」が最も安いです。そのため、価格を安くしたいということであれば「BBエキサイト」でいいかと思います。

ただ、ADSLは利用者がどんどん減っていることから、口コミなどでも速度の速さを検証することが困難になっています。

速度の速いプロバイダを求めるのであれば、思い切ってこのページで紹介した光回線にするか、回線自体を速いプランに切り替えることを検討しましょう。

4. まとめ

インターネットのプロバイダについて解説をしてきましたがいかがでしたか?

プロバイダはインターネットの門番のような働きをしていて、プロバイダなしでは基本的にインターネットは使えません。

料金や速度が若干変わりますが、これから回線に申し込もうという方は、スマホなどに合わせてインターネット回線から選ぶことをおすすめします。

申し込み窓口によってお得度が変わります。下記ページがそれぞれの回線の最もお得な窓口です。

また、プロバイダだけ変えたいという方は、値段と、速くなる工夫に着目して慎重選んでいきましょう。

あなたが快適なネットライフを送れることを心から祈っています。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket