元販売員おすすめ!ドコモ光でWiFiを最もお得に利用するための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「ドコモ光でWiFi接続するための設定方法は?」「ドコモ光でWiFi接続するのに必要なものは?」など、ドコモ光のWiFiに関して、お悩みではありませんか?

結論、ドコモ光でWiFiを最もお得に利用する方法は、高額キャッシュバックを受け取れるプロバイダ「GMOとくとくBB」から申し込み、高性能WiFiルーターを無料でレンタルすることをおすすめします。

本ページでは、過去に光回線の販売員をしていた筆者が、ドコモ光のWiFi設定方法やつながらない時の対処法、利用する際の注意点を伝授した上で、おすすめのWiFiルーターの入手方法を以下の流れで説明します。

このページを読めば、設定方法や接続で困ったときもすぐに対処でき、さらにドコモ光でWiFiをお得に利用することができます。

1.WiFiルーターの入手方法と料金

ドコモ光でWiFiを利用するには、WiFiルーターが必要です。

WiFiルーターは、デバイスとインターネットをつなぐネットワーク機器のことで、入手方法は以下の4つです。

  • 市販の無線LANルーターを購入する
  • プロバイダで無料レンタルする
  • ドコモショップで専用ルーターを購入する
  • ドコモ光電話対応ルーターをレンタルする

筆者としてはプロバイダ経由で契約し、無料でレンタルすることをおすすめします。

それでは、詳しく説明していきます。

1-1.市販の無線LANルーターを購入する

自分で購入する場合は、こだわりに合わせて自分で好きなWiFiルーターを選ぶことができます。

市販のWiFiルーターは3,000円~8,000円程度で購入できますが、搭載されている機能が多い高機能ルーターは、さらに価格が高くなります。

1-2.プロバイダで無料レンタルする

プロバイダからドコモ光に申し込むことで、WiFiルーターを無料レンタルできる場合があります。

プロバイダでレンタルした場合、WiFiルーター自体の出費が0になり、自分で購入するよりお得にインターネットを利用できます。

ただし、無料でレンタルするには、プロバイダ経由でドコモ光を契約する必要があります。

1-3.ドコモショップで専用ルーターを購入する

ドコモショップでは、9,768円で専用WiFiルーターである「ドコモ光ルーター01」を購入することができます。

「ドコモ光ルーター01」には、以下のような機能があります。

  • 情報表示機能
  • 遠隔設定機能
  • ネットワークセキュリティ

専用ルーターであるため少し高額ですが、機能性は抜群です。

ただし、機能の中には利用する場合に別料金が必要になるものもあります。

1-4.ドコモ光電話対応ルーターをレンタルする

ドコモ光回線でひかり電話を利用する場合に、ホームゲートウェイと呼ばれるONU「ドコモ光電話対応ルーター」をレンタルすることができますが、このルーターには無線LANの機能が内蔵されているものがあります。

ただし、無線LAN機能を利用するためには、追加料金がかかるため注意しておきましょう。

2.ドコモ光のWiFiの設定方法

ドコモ光でWiFiを利用するためには、ONUとWiFiルーターをLANケーブルで接続する必要があります。

また、WiFi接続するために、以下の2つを用意しなければなりません。

  • アクセスポイントの識別名である「SSID」
  • ログインするための「暗号化キー」や「パスワード」

設定の際に必要な「SSID」と「暗号化キー」もしくは「パスワード」は、機器に貼られているシールに記載されていることが多いですが、機器によっては、貼られていない場合もあります。

その場合は、プロバイダなどから送られてきた書類には記載されているはずなので、確認してみましょう。

下記では、具体的にドコモ光とWiFiの設定方法について、機種別に解説します。

  • パソコンの場合
  • スマホ・タブレットの場合
  • AOSSボタンやWPSボタンがある場合

一つずつ見ていきましょう。

2-1.パソコンの場合

パソコンでドコモ光のWiFiに接続する場合、まずはディスプレイ下に表示されているWiFiマークをクリックしてください。

その後、以下の手順で設定します。

  1. 設定画面から「ネットワークとインターネット」を選択
  2. 設定画面で「WiFi」をクリックして”オン”にする
  3. 「利用できるネットワークを表示」をクリック
  4. 接続先一覧が表示されるため、契約しているWiFiの「SSID」と同じ名称の接続先をクリック
  5. 同じく、接続機器の側面ラベルなどに記載されている「暗号化キー」をネットワークセキュリティ キーの入力欄に入力し、「次へ」を押す
  6. 「接続」をクリック

上記にて設定は完了です。

2-2.スマホ・タブレットの場合

スマホやタブレットでWiFi接続の設定する手順は、以下の通りです。

  • 「設定」内の「WiFi」を選択
  • 「SSID」の電波を選択する
  • パスワード入力画面にてパスワードを入力

iPhoneとAndroidで設定画面の表示が少し異なる場合がありますが、大まかな流れは上記と同じです。

画面右上にWiFiのマークが表示されれば、接続が完了している状態となります。

2-3.AOSSボタンやWPSボタンがある場合

無線LANルーターの機種によっては、WPSボタンやAOSSボタン等が利用できる場合があります。

WPSボタンやAOSSボタンは、ボタンを押すだけで簡単に近くにある通信機器とWiFi接続してくれます。

スマホやパソコンだけでなく、携帯ゲーム機やスマートスピーカー等、WPSやAOSSでの接続設定に対応している機器は多いので、WiFiルーター本体にボタンがついている場合はぜひ試してみるとよいでしょう。

3.ドコモ光でWiFiがつながらない時の対処法

ドコモ光を利用していて、急につながらなくなってしまった場合の対処法についても、5つご紹介します。

具体的な方法は以下の通りです。

  • 端末やWiFiルーターを再起動する
  • ケーブルの接続を再確認する
  • セキュリティソフトを再確認する
  • ONUの初期設定を再確認する
  • ドコモ光やプロバイダの通信障害の可能性を確認する

以下で詳しく解説します。

3-1.端末やWiFiルーターを再起動する

まず試していただきたいのが、端末やWiFiルーターの再起動です。

WiFiルーターの再起動の手順は以下の通りです。

  1. WiFiルーターの電源を落とし、コンセントからコードを抜く
  2. WiFiルーターに接続しているONU等の機器も一度電源を落とし、コンセントからコードを抜く
  3. 1~2分経ったらコンセントを挿し、ONU、WiFiルーターの順で電源を入れる

上記のように、WiFiルーターに接続されている機器も一緒に再起動します。

3-2.ケーブルの接続を再確認する

ONUとWiFiルーターがしっかり接続されているかを確認してください。

上記2つがつながっていなければ、インターネットへは接続できません。

場合によっては、落雷などにより接続切れや熱を持つことにより、インターネットに利用できなくなっている可能性もあります。

3-3.セキュリティソフトを再確認する

セキュリティソフトは、外部からウイルスがパソコン内に侵入しないよう監視する役割がありますが、この監視が強くなりすぎると、インターネットへの接続そのものをブロックしてしまうことがあります。

セキュリティソフトを一時的に無効にし、接続できるか確認してみてください。

接続に成功した際は、再度セキュリティソフトを有効にしておくとともに、監視が強くなりすぎないよう、ファイアウォール等の設定を確認しておきましょう。

3-4.ONUの初期設定を再確認する

ONUの設定を完了してもWiFi接続できない場合は、設定が間違っていないか確認しましょう。

ルーターの説明書や本体を確認し、ルーターの管理画面に入力するIDやパスワードが間違っていないか確認してみてください。

それでもつながらない場合は、機器の初期不良も考えられますので、プロバイダやドコモインフォメーションセンターへ問い合わせてみましょう。

3-5.ドコモ光やプロバイダの通信障害の可能性を確認する

上記の対処法で再接続できない場合は、ドコモやプロバイダでの通信障害が起こっている可能性があります。

通信障害については、公式サイト内でも確認できます。

問い合わせを行う前に、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

4.ドコモ光でWiFiを利用する時の注意点

この章では、ドコモ光でWiFiを利用する時の注意点は以下の通りです。

  • レンタルの場合、WiFiルーターを返却する必要がある

プロバイダのドコモ光からレンタルしたWiFiルーターは、解約時に返却しなければなりません。

返却していないと機器補償料を請求されるので、破損や故障には気をつけてください。

5.ドコモ光でWiFiを利用する際のルーターの選び方

WiFiルーターには様々な種類があるので、ポイントを押さえた選び方を理解しておくことが重要です。

WiFiルーターの選び方のポイントは、以下の2つです。

  • プロバイダで無料レンタルできる高性能なものを選ぶ
  • 通信速度が速いものを選ぶ

それでは、詳しくご説明します。

5-1.プロバイダで無料レンタルできる高性能なものを選ぶ

プロバイダから無料でレンタルできるWiFiルーターの中には、高性能なものもあります。

高性能のWiFiルーターを使うことで、以下のようなことが期待できます。

  • 複数人でルーターを使用し混雑していても機能が低下しない
  • 通信速度が速い
  • 電波の届く範囲が広い

高性能なルーターは、かなり値段が高いので、プロバイダから無料レンタルして利用することをおすすめします。

5-2.通信速度が速いものを選ぶ

ドコモ光でWiFiを利用するには、あらかじめレンタルか自前でルーターを用意しておく必要があります。

WiFiルーターをレンタルする場合は、「GMOとくとくBB」というプロバイダがおすすめです。

上記プロバイダは、高性能なルーターを無料でレンタルできるサービスがあり、通信速度も公式サイトで公開しているので、安心して利用できます。

6.無料でWiFiルーターをレンタルできるおすすめプロバイダ

前述したように、ルーターを無料でレンタルしたいなら、GMOとくとくBBというプロバイダがおすすめです。

GMOのキャンペーンページから申し込むことで、以下のWifiルーターのいずれかを無料でレンタルできます。

GMOとくとくBBルーター比較出典:GMOとくとくBB

ドコモ光にはルーターを無料でレンタルできるプロバイダが複数ありますが、GMOとくとくBBは下記のように最も高価で性能のいいルーターをレンタルできます。

無料で借りられるWiFiルーターメーカー希望小売価格最大通信速度/5GHz最大通信速度/2.4GHz
GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WXR-1750DHP2(BUFFALO)¥14,3001300Mbps450Mbps
Aterm WG1900HP2(NEC)¥9,800※1300Mbps600Mbps
WRC-2533GST2(ELECOM)¥17,9701733Mbps800Mbps
ぷららWN-AX1167GR2(IODATA)¥8,300867Mbps300Mbps
DTIWRC-1167GST2(ELECOM)¥8,970867Mbps300Mbps
@niftyWRC-1167GST2(ELECOM)¥8,970867Mbps300Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

上記のように比較するとGMOとくとくBBで無料レンタルできるWiFiルーターは、性能が他を圧倒していることがわかります。

WiFiルーターは、5GHzと2.4GHzと、2つの無線電波の帯域で使えますが、どちらも最も速いのがGMOとくとくBBで無料レンタルできるWiFiルーターです。

比較からわかることをまとめると、以下の3つの特徴があることがわかります。

  • 5GHz最大通信速度が最も速い
  • 2.4GHz最大通信速度が最も速い
  • メーカー希望小売価格が最も高い

WiFiルーターの性能は、販売価格にも反映されているので、価格も参考に性能の高いものを無料でレンタルすることをおすすめします。

以前まで、上記ルーターを借りると37ヶ月の縛りが発生しましたが、縛りもなくなり、さらに37ヶ月使えば解約しても返却不要です。

また「GMOとくとくBB」は、無料で通信速度が非常に速い高性能WiFiルーターを貸し出ししてくれるだけでなく、2万円の高額キャッシュバックやdポイント付与など、お得な特典が満載なので非常におすすめです。

GMOとくとくBB 公式ページ:http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口から申し込むと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい場合は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

まとめ

ドコモ光の設定方法やつながらない時の対処法、利用する際の注意点を伝授した上で、おすすめのWiFiルーターの入手方法を説明してきましたが、いかがでしたか?

結論、ドコモ光でWiFiを最もお得に利用する方法は、高額キャッシュバックを受け取れるプロバイダ「GMOとくとくBB」から申し込み、高性能WiFiルーターを無料でレンタルすることをおすすめします。

あなたが無料で高性能ルーターをレンタルし、お得にドコモ光でWiFiを利用できることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket