プロバイダ徹底比較!auひかりを最もお得に契約する方法とおすすめ申し込み窓口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「auひかりは他の光回線と比較してどうなの?」「auひかりはどんなユーザーにおすすめの回線なの?」などとauひかりの回線についてお困りではありませんか?

結論、auひかりはauスマホを利用している場合におすすめの回線ですが、他社のスマホユーザーは、契約中のスマホに合わせて光回線を選ぶと最もお得です

このページでは、長年光回線を販売してきた筆者が、auひかりとその他の光回線を比較した上で、auひかりをお得に契約するための方法について解説します。

  1. お得に光回線を契約するための鉄則
  2. auひかりとその他の光回線を徹底比較
  3. auひかりのプロバイダはどこがお得?
  4. その他の光回線のおすすめプロバイダ

このページを読めば、auひかりの回線について詳しく理解することができます。

1.お得に光回線を契約するための鉄則

結論、光回線はどのスマホを使っているかで選択しましょう。

なぜなら、利用しているスマホとセットで光回線を申し込むことでセット割が受けられるからです。

このセット割は、どの光回線でも割引金額が圧倒的に大きく、非常にお得です。

1-1.各スマホとセットの光回線を解説

それぞれのスマホとセットとなる光回線を以下にまとめました。

ただし、一点注意が必要で、光回線には対応エリアが存在します。

そのため、以下の図では、それぞれの光回線の対応エリアを考慮して示しています。光回線の選び方

例えば、auスマホを利用している場合、auひかりを契約するのが一番お得ですが、auひかりは一部の地域で対応エリア外となっています。

auひかりがエリア外の地域にお住まいの場合には、「ビッグローブ光」がおすすめになります。

実際、ビッグローブ光でもauスマホとのお得なセット割を受けることができます。

auひかりのエリア確認方法
  1. auひかり対応エリア検索ページを開き「エリア検索・料金診断」をクリックする
  2. 住居タイプ・郵便番号を入力して「エリアを検索する」をクリックする
  3. 住所・サービス速度・プランを選択して「サービス・プランの確認に進む」をクリックする
  4. 「ご利用サービスの選択」の画面で、サービス内容の確認画面が出たらauひかりの対応エリアとなります

auひかり以外を選ぶ場合のお得な申し込み方法については、4章の「その他の光回線のおすすめプロバイダ」で詳しく解説しています。

2.auひかりとその他の光回線を徹底比較

KDDIが提供している光回線であるauひかりは、その他の光回線と比較したところ以下のようなメリットがあります。

  1. 独自の回線を使っているから速度が信頼できる
  2. auのスマホが安くなる
  3. キャッシュバック金額が大きい
  4. 工事費が実質無料
  5. 他社の違約金を負担してくれる

それぞれのメリットについて以下で詳しく解説します。

ポイント1.独自の回線を使っているから速度が信頼できる

auひかりは独立回線を使っています。

その一方で、ドコモ光やソフトバンク光などは、NTTから回線を借りてインターネットを提供しています。

auひかりは独立回線

そのため、auひかりとその他の多くの回線は、そもそも別物と考えましょう。

たくさんのサービスで使われているNTTの回線とは違い、auの独立回線は利用者が少ないため、設備が混み合いにくいとも言われています。

実際にauひかりの速度についての口コミを見ても、満足できている方が多くいます。

auひかりについての口コミ

フレッツ光・ソフトバンク光・OCN光など、NTTの回線を使っていて速度が不満な場合は、思い切って乗り換えをしてみると速度の悩みが解決できるかもしれません。

動画をガンガン観たり、ゲームをする場合もストレスなく通信ができるでしょう。

ただし、回線速度で考えると、auひかりの速度は、下記のように業界の標準的なスピードとなっています。

光回線下り最大速度
auひかり1,237Mbps
ドコモ光1,288bps
ソフトバンク光838Mbps

※最大速度=モバイルWiFiに接続可能な回線の理論上の最大速度であり、実測はエリアごとに異なります

地域によっては、ここまで速度が出ないケースもありますので、理解した上で申し込みしましょう。

また、マンションの場合は、以下の表のように契約プランによって速度が異なります。

提供タイプ月額利用料(プロバイダ利用料込み)下り最大速度(カッコ内は上り)
タイプV16契約以上3,800100Mbps(35Mbps)※
8契約以上4,100円100Mbps(35Mbps)※
都市機構デラックス3,800100Mbps(35Mbps)※
タイプE16契約以上3,400100Mbps(100Mbps)
8契約以上3,700円100Mbps(100Mbps)
タイプF3,900円100Mbps(100Mbps)
マンションミニ ギガ5,0001Gbps
マンション ギガ4,0501Gbps

※マンションによっては下り最大70Mbps、上り最大30Mbps

上の表をみると、速度の速い「マンション ギガ」や料金の安い「タイプE16契約以上」がいいと思うかもしれませんが、マンションでの申し込みの場合、自分でプランを決めることはできません。

詳しくは「騙されるな!auひかりをマンションで最もお得に使う全知識」をご覧ください。

auひかりホーム10ギガプラン

2018年 5月からauひかりは、10ギガのサービスを首都圏の一戸建て向けに開始しました。

提供可能プロバイダ: @nifty・@TCOM・au one net・BIGLOBE・so-net

世界最速のサービスなので、興味がある場合は「auひかりが10ギガに!高速サービスに申し込む前に知るべき全注意点」をチェックしてみてください。

ポイント2.auのスマホが安くなる

auひかりは、auのスマホとセットにするとスマホ代が安くなります。

そのため、auユーザーにとって、auひかりは最もお得な回線のひとつと言えます。

スマホとのセット割「auスマートバリュー」

auひかりとセットにするとスマホが安くなる割引サービスは「auスマートバリュー」と呼ばれます。

ネット+電話を使うことでauのスマホが安くなるというもので、下記のようにプランに応じて割引額が変わっていきます。

プラン(抜粋)割引額(円)
新auピタットプランN(1GB超~7GBまで)500
auデータMAXプランPro1,000
auピタットプランN(s)(2GB超~20GBまで)
auフラットプラン7プラス
auピタットプラン(2GB超~20GBまで)

この割引の最大のメリットが、下の図のように、それぞれのスマホが割引を受けられることです。

auスマートバリュー スマホセット割

家族全員が受ける割引額を足したら、光回線の金額分になることもあります。

ただし、月額500円のひかり電話の申し込みが必須なので、注意してください。

実際に安くなったという口コミ

上記のような「auひかりに変えたら安くなった」という口コミがたくさんありました。

スマートバリューに対応している光回線は他にもある

実は、auひかり以外にもスマートバリューに対応している光回線は存在します。

しかし、キャッシュバックや工事費などの条件をみると圧倒的にお得なのがauひかりです。

スマートバリュー対応の光回線

スマートバリュー対応の光回線は下記3つです。

スマホのセット割であるスマートバリューを適用するためには3社とも+500円の電話サービスをつける必要がありますので、上記+500円が実際の料金と考えましょう。

インターネット回線一戸建てマンションキャッシュバック金額工事費
auひかり5,100円3,800円前後50,000円実質無料
So-net光4,800円3,500円33,000円800円×30ヶ月
BIGLOBE光4,980円3,980円25,000円実質無料

基本的に、一戸建ての場合は5,100円、マンションの場合はマンションにもよりますが3,800円前後で利用可能です。

それに500円の電話のオプションをつけるというイメージです。

auスマートバリューの料金

ちなみに、一戸建ての場合は料金プランを3種類から選べますが、月額も安く、各種キャンペーンを最も適用されやすい「ずっとギガ得プラン(3年縛り)」をもとに出しています。

他の料金プラン含め、詳しく料金体系を知ってから契約したい場合は「 auひかりの料金ガイド|元販売員が公式よりわかりやすく解説!」をご一読ください。

ポイント3.キャッシュバック金額が大きい

auひかりは高額なキャッシュバックを受け取れることが大きなメリットです。

auひかりは申し込み窓口が「プロバイダ」「代理店」「KDDI本体」と3パターンあり、それぞれでキャッシュバックなどのキャンペーンを行っています。

auひかりの申し込み窓口

auに直接申し込むと、お得ではありません。

プロバイダや代理店のほうが、キャンペーン内容が優れているケースが多いからです。

ちなみに、厳しい条件なしでもらえる最高キャッシュバック相場は各社以下の通りで、auひかりは断トツでキャッシュバックの金額が高いのです。

フレッツ光10,000円前後
ソフトバンク光30,000円前後
ドコモ光20,000円前後
auひかり60,000円前後

ただし、窓口によっては、意図的にキャッシュバックをもらいにくくしたり、高額なオプションを条件にしているところもあるので注意が必要です。

そこでおすすめなのが、GMOとくとくBB」という代理店です。

落とし穴もほぼなく最大61,000円のキャッシュバックを受けられます。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/

高額なキャッシュバックを受けられる理由は?

auひかりの場合、それぞれの窓口やプロバイダ間で、競争が加熱しています。

例えば、プロバイダは、たくさんauひかりを販売するとauから獲得件数に応じてお金をもらえるため、その一部をキャッシュバックとして還元しても利益が出るのです。

auひかりは代理店や選べるプロバイダが豊富なので、競争が起こることでお得に使えるようになっているのです。

参考:プロバイダって?

プロバイダは、下記のようにインターネットにつながる入り口のような役割をしていて、必ず契約しなければいけないものです。

プロバイダの役割

auひかりでもプロバイダはもちろん必要で、7種類の中から選べ、料金は月額利用料に含まれています。

どこを選んでもサービス内容に違いがないため、各社キャンペーンなどで利用者を増やそうとしています。

ポイント4.工事費が実質無料

auひかりは工事費が実質無料なので、多くの場合で新規契約しやすいサービスです。

以下は一例ですが、他社ですと20,000円ほどの工事費がかかるケースが多くあります。

インターネット回線初期費用工事費(一戸建て)
フレッツ光18,000円
エキサイト光18,000円
OCN光18,000円
So-net光24,000円
@nifty光18,000円
ぷらら光18,000円
ソフトバンク光24,000円

auひかりが実質無料なのは、工事費を下記のように分割で支払い、その相当額を月額料金から割り引いてくれるという仕組みです。

  • 一戸建て:37,500円=625円×60回
  • マンション:30,000円=1250円×24回

もちろん、途中で解約したら割引がなくなるので自己負担になりますが、長く使うのであれば実質工事費は0円です。

また、引っ越しの場合は、新規契約者向けの割引キャンペーンが適用されるので、工事費が2,000円になります。

ポイント5.他社の違約金も負担してくれる!

auひかり新スタートサポートは、乗り換え時に他社の違約金を最大30,000円まで負担してくれるサービスです。

さらに、スマホも一緒にauに乗り換える場合は、スマートバリュー2台以上を新規登録の場合、1契約回線あたり1,000円×10ヵ月/台のキャッシュバックを受けることができます。

適用条件は、以下の通りです。

  • 申請書送付までにau WALLET プリペイドカードを申し込む
  • auひかり申込日から申込月を含めて12カ月以内に「スタートサポート共通申請書」にて申請する
  • 他社固定インターネット、他社モバイルデータ通信端末からのauひかり「ずっとギガ得プラン」+「電話」+「電話オプションパックEX」に新規で申し込み、36カ月以上継続利用する契約を結ぶ

契約期間中に解約した場合は、10,000円の違約金がかかるので、注意しましょう。

また、申請時点で「auスマートバリューに加入している」または「他社違約金相当額が10,000円(税込)以下」の場合は発生しません。

3.auひかりのプロバイダはどこがお得?

auひかりをお得に契約するためには、スマホとセット割を利用する以外に、キャッシュバックを上手に受け取ることが非常に重要です。

以下の表では、auひかりの各プロバイダから受け取ることのできるキャッシュバック金額を比較しました。

プロバイダ一戸建てマンション
1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金
GMOとくとくBB
(月額割引)
3,250 30,0004,0001,525 30,0002,600
(24ヶ月目3,800)
GMOとくとくBB
(キャッシュバック )
 3,38361,000変動(4,900~5,100)1,38351,0003,800
So-net3,5833,5002,7252,100
BIGLOBE
(月額割引)
 4,9834,900 2,6752,050
BIGLOBE
(キャッシュバック)
 4,32845,000変動(4,900~5,100) 2,34250,0003,800
au one net5,30010,000変動(4,900~5,100)4,00810,0003,800
DTI4,52238,000変動(4900~5,100)2,84238,0003,800
@nifty4,74230,100変動(4,775~4,975)2,8502,550
Asahi Net5,585変動(4,650~4,900)4,4252,550
TCOM5,578変動(4,775~4,975)4,4252,150

※auひかりのプロバイダ比較ポイント

  • 1ヶ月あたりの実質料金=初期費用+月額料金-キャッシュバック+スマホとのセット割に必要なひかり電話基本料金を利用月数(一戸建て36、マンション24ヶ月)で分割
  • 一戸建てはずっとギガ得プランで開通月の翌月から36ヶ月、マンションは開通月の翌月から24ヶ月で計算
  • マンションはタイプvの16契約以上の場合

各プロバイダを比較したところ、1ヶ月あたりの実質料金が最もお得なプロバイダは、高額なキャッシュバックキャンペーンのある『GMOとくとくBB』です。

auひかりでは、どのプロバイダで契約しても、光回線自体の性能は変わらないため、キャンペーンによる割引金額でプロバイダを決めることをおすすめします。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンをしている窓口です。

最大6.1万円の業界最高クラスのキャッシュバックをする「キャッシュバック」、月額料金を大幅に下げ、キャッシュバックも最大5万円もらえる「月額割引」の2つのキャンペーンから選べます。

auのスマホとのセット割に「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、どちらを選んでも最もお得にauひかりを使うことができます。

GMOとくとくBBはどちらのキャンペーンを選んでも最もお得な窓口ですが、マンションの場合は「キャッシュバック」、一戸建ての場合は「月額割引」を選ぶのが最安です。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/
GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン: https://gmobb.jp/service/auhikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが大幅に劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

4.その他の光回線のおすすめプロバイダ

auひかり以外の以下の光回線について、お得なプロバイダを解説します。

それぞれのおすすめプロバイダは以下の通りです。

ドコモ光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ドコモ光は公式ページもしくはプロバイダ経由での申し込みがメインとなりますが、独自キャンペーンを実施しているプロバイダ経由での申し込みが最もお得です。

ドコモは「dポイント最大10,000ptプレゼント」「工事費無料」というキャンペーンを行なっていますが、プロバイダによってはプラスで独自キャンペーンを行なっているものもあります。

ちなみに、2020年7月現在、ドコモ光全24社のプロバイダの中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、高額キャッシュバックが受け取れ、最高水準のWi-Fiルーターをレンタルできるのは、下記のプロバイダ一択です。

以下、ドコモ光の代表的なプロバイダ4社のキャッシュバック額を比較しました。

プロバイダ名独自キャッシュバック(オプション等なし)
GMOとくとくBB20,000円
@nifty20,000円
DTI20,000円
ぷらら15,000円

「GMOとくとくBB」「@nifty」「DTI」のキャッシュバック金額が、「ぷらら」より5,000円も高いことがわかります。

この4社だけでなく24社を全てチェックしたい場合は、「24社を徹底比較してわかったドコモ光で使える最高のプロバイダ」の記事をご覧ください。

また、この4社は、無料レンタルできるWiFiルーターのスペックにも差があり、価格や最大速度が下記のように違います。

 無料で借りられるWiFiルーター買ったらいくらするもの?(メーカー希望小売価格)最大通信速度(5GHz)

GMOとくとくBB

※3種類から選べる

WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
¥9,780※1733Mbps
Aterm WG2600HS
(NEC)
¥7,820※1733Mbps
WRC-2533GST2
(ELECOM)
¥14,1101733Mbps
ぷららWN-AX1167GR2(IODATA)¥8,300※867Mbps
@niftyWRC-1167GST2
(ELECOM)
¥7,040867Mbps
DTIAterm WG1200HS4
(NEC)
¥5,280※867Mbps

※オープン価格のため、Amazonの価格を表示

以上のように、「GMOとくとくBB」で無料レンタルできるルーターは3種類とも性能がよく、光回線の高速通信を特に生かしやすいです。

したがって、「キャッシュバック」と「ルータースペック」のレベルが圧倒的に高いので、ドコモ光は「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つです。

「オプションなしで2万円」とドコモ光で最高水準のキャッシュバックをもらえます。

混みにくい接続方式v6プラスにも対応していて、とにかくハイスペックなルーターを無料で貸してくれるので、圧倒的におすすめです。

GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: http://gmobb.jp/docomohikari/

他の窓口ですと、無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

ちなみにGMOで借りられるルーターはどれがおすすめ?

GMOとくとくBBでは3種類の高性能なルーターから選ぶことができます。

ただし、正直ここまでくると、どちらも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。

スペックで選ぶなら「WRC-2533GST2(ELECOM)」ですが、迷った場合は、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのがおすすめです。

キャッシュバック受け取りのステップ

dポイントは自動的に付与されるので、GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介していきます。

①まず、GMOとくとくBBでのお手続きを終えると、「GMOとくとくBBお客さまセンター」より、指定のメールアドレス宛に「キャッシュバック受け取り手続きご案内メール」が送られてくるので大切に保管しておきましょう。

②開通後、工事完了の翌月末日までに、申し込み時のメールに記載された指定URLをクリックし、口座情報など指定された情報を登録しましょう。

③申請した翌月の月末にあなたの口座に振り込みが行われます。

ソフトバンク光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ソフトバンク光は、基本的にプロバイダが「Yahoo!BB」で固定されます。

「Yahoo!BB」はOCNの次に利用者が多いという調査結果もあるくらいたくさんの人が使っているプロバイダなので信頼できます。

ソフトバンク光は基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法がありますが、独自のキャンペーンを行なっている代理店を窓口にするのがおすすめです。

ソフトバンクが行なっている「工事費相当額を商品券で還元」などのキャンペーンに上乗せして代理店のキャッシュバックをもらえます。

代理店も複数ありますが、比較するともらえるキャッシュバックのお金や受け取るためのハードルが全然違います。

その中で、無駄なオプション加入がなく、キャッシュバックの受け取り時期が最も早く、手続きがいらないのは以下の代理店です。

以下の表で、ソフトバンク光の代表的な代理店3社について、キャッシュバックの「条件」「受け取り時期」「手続きの有無」を比較しました。

申し込み窓口CB額(円)左記CB条件CB受取難易度
アウンカンパニー33,000
条件無し最短2ヶ月後
LifeBank70,000×
Softbank Airへの加入(月額料金がおよそ+4,000円)1年近くもらえない
株式会社STORY80,000×
Softbank Airへの加入(月額料金がおよそ+4,000円)1年近くもらえない

※株式会社LifeBankは、一人紹介する度に20,000円のキャッシュバックが贈呈されます。

以上のように比較すると、キャッシュバックを追加オプションなしで申し込め、受け取り時期が圧倒的に早く、別途手続きをする必要がない「アウンカンパニー」経由の申し込みがおすすめです。

なぜなら、「LifeBank」「株式会社STORY」はキャッシュバック額が多いですが、4人ソフトバンク光に知り合いを紹介しないといけなかったり、家でしか使えないWi-Fiを申し込まないといけないなど、キャッシュバックの受け取り条件が非常に厳しいです。

またキャッシュバックの受け取りに1年近くかかり、別途手続きが必要なので、不便な上に申し込みから10か月後の手続きを忘れてしまうと全くもらえません。

アウンカンパニー

株式会社アウンカンパニー ソフトバンク光 申し込み特典

アウンカンパニー』はソフトバンク光の代理店です。

ソフトバンク光の場合、基本的に高額なキャッシュバックはオプションや紹介など高いハードルをクリアしないとキャッシュバックをもらえません。

その中で、アウンカンパニーはオプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。

また、申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです

アウンカンパニー「ソフトバンク光キャンペーンページ」:https://aun-softbank-hikari.com/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

NURO光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

NURO光」はプロバイダであるSo-netが提供する光回線ですので、So-netのプロバイダ一択になります。

また、NURO光は、基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法があります。

オプションをつけるとキャッシュバックが高額になりますが、オプション料で損をすることも多いので、最低限のオプションで申し込みをしましょう。

基本的にソフトバンクとのセット割を受けて、実質月額料金をお得にするためには、ひかり電話の申し込みが必要です。

そのため、以下の表では、ひかり電話を条件に高額キャッシュバックを実施している代理店と公式ページを比較しました。

申し込み窓口 CB受け取り難易度工事費キャンペーン
アウンカンパニー40,000円 ◎ 受け取り手続きなしで35,000円が振り込まれる
LifeBank50,000円 △ 複数の指定オプションへの加入が必須
NURO公式43,000円△ 受け取り手続きが必要で忘れる可能性が高い

※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

NURO公式で申し込むと最もお得に見えますが、公式ページのキャッシュバックは、開通翌月15日後に受け取り手続きが必要なので手間がかかります。

また、NURO光は、公式ページからの申し込むと、以下2つの落とし穴があるので注意しましょう。

  • ひかり電話の追加手続きが必要
  • キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうと1円も受け取れない

上記のように比較すると、NURO光の申し込みは、ひかり電話とセットで40,000円のキャッシュバックを受け取れ、手続きなしで最短1ヵ月で35,000円が振り込まれる「アウンカンパニー」が最もおすすめです。

株式会社アウンカンパニー

株式会社アウンカンパニー NURO光 キャッシュバック

NURO光の中でも『株式会社アウンカンパニー』は、光回線+ひかり電話の契約で45,000円のキャッシュバックをほぼ確実に受けられる代理店です。

申し込み時の確認の電話で聞かれた口座番号に最短1ヶ月で振り込まれるのでもらい忘れもないので、損しないためにもこういったシンプルなキャッシュバックをしている代理店がおすすめです。

アウンカンパニー「NUROひかりキャンペーンページ」:https://aun-nuro-hikari.net/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記公式ページから申し込みをしましょう。

BIGLOBE光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ビッグローブ光は、公式ページもしくは代理店経由での申し込みがメインとなりますが、それぞれの窓口によって「キャッシュバックや工事費割引の金額」「工事費割引の適用期間」が異なります。

そのため、本当にお得な申し込み窓口を選ぶためのポイントは、「キャッシュバック額+工事費割引額」です。

ちなみに、2020年7月現在、ビッグローブ光の数ある申し込み窓口の中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、3年間の契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高いのは、下記の代理店です。

以下の表で、ビッグローブ光の公式ページと代表的な代理店3社について、3年間契約した場合の「キャッシュバック額」「工事費割引額」「工事費割引適用期間」を比較しました。

申し込み窓口工事費キャンペーンCB額+工事費割引額CB額工事費割引額契約期間適用期間
(契約期間差分)
ビッグローブ光公式×割引52,000円25,000円27,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)
株式会社NEXT〇実質無料56,000円26,000円30,000円36ヵ月36ヵ月
NNコミュニケーションズ×割引53,000円26,000円27,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)
ブロードバンドナビ×割引45,000円33,000円12,000円36ヵ月40ヵ月
(+4ヵ月)

※状況次第で、キャッシュバックが変わる可能性もあります。事前に確認しておくことをおすすめします。

以上のように比較すると、契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高い「株式会社NEXT」経由の申し込みがおすすめです。

また、株式会社NEXT以外の申し込み窓口は、工事費割引の適用期間が40ヵ月間なので、工事費を実質無料にしたい場合、36ヵ月目の契約更新月に解約ができません。

もし契約更新月に解約をしてしまうと、4ヵ月分の工事費が一括請求されてしまうので、割高になってしまいます。

株式会社LBフォース

株式会社LBフォース ビッグローブ光 選べるキャンペーン

LBフォース」はキャッシュバック金額が新規申し込みで、35,000円とトップクラスでおすすめです。

ただし、12ヵ月以内の解約の場合、キャッシュバックの返金を依頼される場合があるので注意してください。

LBフォース「BIGLOBE光キャンペーンページ」: https://biglobehikari-kaisen.net/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記公式ページから申し込みをしましょう。

まとめ

auひかりとその他の光回線を比較してきましたがいかがでしたか?

結論、auひかりはauスマホを利用している場合におすすめの回線ですが、他社のスマホユーザーは、契約中のスマホに合わせて光回線を選ぶと最もお得です

また、auひかりではプロバイダ選びが非常に重要で、『GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB「auひかり申し込みページ」:https://au-hikari-gmo

auひかり以外の光回線の申し込みは、以下を参考にしてください。光回線の選び方

それぞれ申し込み窓口によって、料金が異なりますので、必ず下記の窓口から申し込みましょう。

このページを参考に、あなたが光回線を快適に利用できることを心から願っています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket