騙されるな!auひかりで最高のキャッシュバックを勝ち取る全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

「auひかりで一番高いキャッシュバックを受け取りたい!」「1円でも高いとこはどこだろう」など、auひかりのキャッシュバック情報が気になりますね。

実は、一見高額に見えるキャッシュバックも、落とし穴があって、「思ってたほどもらえなかった」「月額料金が高くなった」と損している人もたくさんいます。

そこで、auひかりで騙されず、最も高額なキャッシュバックを勝ち取っていただけるように、下記の流れでauひかりのキャッシュバックを徹底的に解説していきたいと思います。

1. auひかりのキャッシュバックをランキング!申し込むべきなのはこの1社!

まずは、各社のキャッシュバックをランキング化していきたいと思います。

基本的にスマートバリュー適用のためには、ひかり電話の申し込みが必要ですので、ひかり電話をつけた時でキャッシュバックを比較していきます。

順位申し込み窓口キャッシュバック金額備考
125110,000※別途指定オプションが必要・auの公式キャンペーン込
1グローバルキャスト110,000※別途指定オプションが必要・auの公式キャンペーン込
1フルコミット110,000※別途指定オプションが必要・auの公式キャンペーン込
4GMOとくとくBB61,000
5アシタエクリエイト40,000
6DTI38,000
7auに直接申し込み10,000
 @nifty
So-net月額利用料独自割引
Asahi Net月額利用料独自割引
@TCOM月額利用料独自割引

次の章で、上記の高額キャッシュバックのカラクリをできる限り紹介し、「3. 月額料金まで徹底比較!本当にお得なのはやっぱりここ!」では、月額や工事費までトータルした時に本当に『GMOとくとくBB』がおすすめなのかを検証していきます。

1-1. 最もおすすめの窓口:GMOとくとくBB

auひかりの最もおすすめの窓口は、『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB』は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、auひかりの最もお得なキャンペーンをしている窓口です。

最大6.1万円の業界最高クラスのキャッシュバックをする「キャッシュバック」、月額料金を大幅に下げ、キャッシュバックも最大5万円もらえる「月額割引」の2つのキャンペーンから選べます。

auのスマホとのセット割に「スマートバリュー」に必要なひかり電話も無料でつけられるため、どちらを選んでも最もお得にauひかりを使うことができます。

GMOとくとくBBはどちらのキャンペーンを選んでも最もお得な窓口ですが、マンションの場合は「キャッシュバック」、一戸建ての場合は「月額割引」を選ぶのが最安です。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/
GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン: https://gmobb.jp/service/auhikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが大幅に劣る可能性があるので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

1-2. 各社こんなにキャッシュバックが大きいのはなんで?

auひかりは、他社よりも圧倒的にキャッシュバックの相場が高いです。

厳しい条件なしでもらえる最高キャッシュバック金額は以下の通りで、auひかりはダントツにキャッシュバック金額が高いです。

フレッツ光10,000円前後
ソフトバンク光30,000円前後
ドコモ光20,000円前後
auひかり61,000円前後

これは、auひかりを紹介するところが「プロバイダ」「代理店」「KDDI本体」と3パターンあり、それぞれで競争が起こっているからです。

auひかりの申し込み窓口

この中で、auに直接申し込むと、ほとんどキャンペーンを受けられませんが、プロバイダや代理店はキャンペーン内容が優れているケースが多いです。

パターン①プロバイダのキャンペーン

プロバイダは、auひかりの中で自分のプロバイダを使って欲しいこと、たくさん売れるとauからお金をもらえることから、キャンペーンに力を入れています。

中にはauからもらう紹介料の一部をキャンペーンで私たちに還元してくれるプロバイダまであります。

auひかり プロバイダのキャンペーン

参考:プロバイダって?

プロバイダは、下記のようにインターネットにつながる入り口のような役割をしていて、必ず契約しなければいけないものです。

プロバイダの役割

auひかりでもプロバイダはもちろん必要で、8種類の中から選べ、料金は月額利用料に含まれています。

パターン②代理店のキャンペーン

代理店(光回線を専門に扱っている販売店や家電量販店)に関しても、独自のキャンペーンを行っています。

中には数万円の高額なキャッシュバックをしているところもあります。

ただし、auやプロバイダとは違い、自分の会社のサービスというわけではないので、毎月キャンペーンスペックはプロバイダ に劣ります。

また、悪徳な代理店も中にはあるため、利用には注意が必要です。

結論、おすすめの窓口は?

2020年8月現在、最もおすすめのキャンペーンは大手プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーンで、下記の2つのどちらかを選べます。

  • 最大61,000円のキャッシュバックをもらえる「キャッシュバック
  • 月額料金を大幅に下げた上で30,000円のキャッシュバックがもらえる「月額割引

auのスマホとのセット割「スマートバリュー」を適用するために必須な光電話も無料で付けられるので現在最もお得な窓口です。

どちらを選んでもGMOとくとくBBは最もお得な窓口ですが、一戸建ての場合は「月額割引」、マンションの場合は「キャッシュバック」を選ぶのが最安です。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/
GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン:
https://gmobb.jp/service/auhikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

2. 騙されるな!auひかりのキャンペーンには落とし穴がたくさん

auひかりの窓口はたくさんあって、キャッシュバック額が大きいものもたくさんあります。

でもそういったところには必ずと行っていいほど落とし穴がありますので、ここで紹介をしておきます。

2-1. 高額なオプションをつけさせられる

キャッシュバックの条件に「弊社指定オプション」の加入などと書いてあったら注意しましょう。

auひかり キャッシュバック条件

無駄なオプションにお金を払い続けることになるので、キャッシュバックの恩恵が減ってしまいます。

中には月額数千円のオプションをつけさせるところもあり、キャッシュバックを受けないほうが得だったということも良くあります。

家電量販店の高額キャッシュバックがこの傾向が強いので、家電量販店での契約はおすすめしません。

ひかり電話はスマホとのセット割「スマートバリュー」適用のために必須なので、ひかり電話だけで高額なキャッシュバックを受けられるところを選びましょう。

2-2. 現実以上にキャッシュバックが高くなる見えるように細工がされている

中には、現実以上にキャッシュバックが高く見えるように広告を出しているケースもあります。

例えば良くあるのは以下の例。

auひかり キャッシュバック条件2

auひかり新スタートサポートは、どこで申し込んでも受けられるauのキャンペーンなのに、自社のキャンペーンのように扱ってキャッシュバックを水増ししています。

こういうところに引っかかったら思ったよりも少ない..ということのなるので、注意しましょう。

2-3. もらい忘れを狙ったかのような申請期間

中には、もらい忘れを狙ったかのような業者も存在します。例えば以下のように、キャッシュバックがもらえるのが2年後のケース。

auひかり キャッシュバック条件3

上記のケースでは2年後に自動的に振り込まれるわけではなく、手続きをしなければいけないので、2年間覚えておかなければいけません。

こう行ったもらい忘れを狙ったような仕組みのキャンペーンには気をつけるようにしましょう。

ちなみに、価格.comはこの傾向が強く他の落とし穴も多いので、おすすめしません

2-4. 現実的ではないキャンペーン条件

中には現実的ではないキャンペーン条件をつけているところもあります。よくあるのが知人の紹介。

auひかり キャッシュバック条件4

光回線は一家に一つなので、そんなに紹介できる人はいないかと思います。

キャッシュバック金額につられても、結局1円も得られない..ということにならないように、できるだけ現実的なキャンペーンを選んでいきましょう。

2-5. キャッシュバックをつけると、月々の料金が上がる

高額なキャッシュバックを受けると、月々の割引が減ったり、月額料金が上がるというものです。

auひかり キャッシュバックを付けた月額料金

auひかりは、工事費分キャッシュバックを行なっていますが、窓口によってはそれが受けられないケースもあります。

申し込み窓口によって、月額の料金が変わるので、そこも踏まえて、トータルで払うお金で比較することがおすすめです。

基本的にネットで申し込むのがおすすめ

auひかりは基本的にネットで上記に気をつけながら申し込みをしましょう。ネットではない、下記の申し込み窓口だと損する可能性が高いです。

  • 訪問販売
  • 家電量販店
  • 営業の電話
  • 携帯ショップ

これらは、以下2つの理由から条件が悪くなる(一見、高額でも落とし穴がある)傾向にあるので、注意しましょう。

理由① 人件費がかかるので還元されにくくなる

店舗などの場合は契約を取るための営業マンや販売員が働いているので、必然的に人件費が増えます。

ネットの窓口の場合、そういった人件費が少ないので、その分利用者にキャッシュバックなどで還元してもらえるケースが多いです。

同じサービスに申し込んだのに、店舗だったからキャッシュバックが減った..というケースもあるので注意しましょう。

家電量販店では高額なキャッシュバックをPRしていますが、よくキャンペーン内容を確認すると、+αのオプションをつけさせられるなどの落とし穴があります。

理由② 相手が営業のプロだから

2点目は相手が営業のプロであること。じっくり選んで決めることができなかったり、口車に乗せられて不要なオプションをつけさせられるケースもあります。

もちろん、全てが悪い窓口ではありませんが、ベストな選択をするためにネットでの申し込みがおすすめです。

3. 月額料金まで徹底比較!本当にお得なのはやっぱりここ!

それでは、上記の落とし穴に引っかからないように、最もお得なキャンペーンを選んでいきたいと思います。

キャンペーン内容は「キャッシュバック」以外にも「月額割引」など様々なので、トータルでどこがお得かわかるように全てを合計した金額を1ヶ月あたりの価格に直して比べていきたいと思います。

3-1. 窓口を徹底比較

auひかりは申し込み窓口が非常にたくさんありますが、窓口によって、キャッシュバック金額・工事費・月額料金が変わります

ちなみに、プロバイダでのスペックの差は全くない(公式に問い合わせ済)なので、料金に着目し、どこがお得かで選んでいきましょう。

キャンペーン内容は「キャッシュバック」以外にも「月額割引」など様々なので、トータルでどこがお得かわかるように全てを合計した金額を1ヶ月あたりの価格に直して比べていきたいと思います。

比較の観点:

  • 1ヶ月あたりの実質料金=初期費用+月額料金-キャッシュバック+スマホとのセット割に必要なひかり電話基本料金を利用月数(一戸建て36、マンション24ヶ月)で分割
  • 一戸建てはずっとギガ得プランで開通月の翌月から36ヶ月、マンションは開通月の翌月から24ヶ月で計算。
  • マンションはタイプvの16契約以上の場合です。これが最安値でマンションの形態によっては一律+300円/月程度になるケースがよくあるので申し込み時にかかってくる電話などで確認しましょう

-スマホの方はスクロールできます-

区分申し込み窓口一戸建てマンション
1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金1ヶ月あたり実質キャッシュバック月額料金
プロバイダGMOとくとくBB
(月額割引)
3,250 30,0004,0001,525 30,0002,600
(24ヶ月目3,800)
GMOとくとくBB
(キャッシュバック )
 3,38361,000変動(4,900~5,100)1,61451,0003,800
So-net3,563-3,4802,725-2,100
BIGLOBE
(月額割引)
4,98350,0004,900 2,675-2,050
BIGLOBE
(キャッシュバック)
 4,18350,000変動(4,900~5,100) 2,34250,0003,800
au one net5,30010,000変動(4,900~5,100)4,00810,0003,800
DTI4,52238,000変動(4900~5,100)2,84238,0003,800
@nifty4,74430,000変動(4,775~4,975)2,975-2,550
Asahi Net5,585-変動(4,650~4,900)4,425-2,550
TCOM5,578-変動(4,775~4,975)4,425-2,150
代理店NEXT3,99752,000変動(4,900~5,100)2,46747,0003,800
アシタエクリエイト4,05045,000変動(4,900~5,100)2,62045,0003,800
グローバルキャスト3,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,550+オプション代45,000※3,800
フルコミット3,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,342+オプション代50,000※3,800
253,911+オプション代60,000※変動(4,900~5,100)2,342+オプション代50,000※3,800

※キャッシュバック11万円などと記載されていますが、auの行っている、どの窓口でも受けられるキャンペーンは除外して計算しています。
※10ギガを選ぶ場合は別途月額780円かかります。

以上のように比較すると、不要なオプションもなしで高額キャッシュバックがもらたり、割引が受けられる「GMOとくとくBB」経由の申し込みがおすすめです。

スマートバリューを適用するために必要なひかり電話も無料でつけられ、月額で見ると最も安くなります。

3-2. 最もおすすめの窓口はやはり、GMOとくとくBB

やはりおすすめのキャンペーンは大手プロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーンで、下記の2つのどちらかを選べます。

  • 最大61,000円のキャッシュバックをもらえる「キャッシュバック
  • 月額料金を大幅に下げた上で30,000円のキャッシュバックがもらえる「月額割引

auのスマホとのセット割「スマートバリュー」を適用するために必須な光電話も無料で付けられるので現在最もお得な窓口です。

どちらを選んでもGMOとくとくBBは最もお得な窓口ですが、一戸建ての場合は「月額割引」、マンションの場合は「キャッシュバック」を選ぶのが最安です。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/
GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン:
https://gmobb.jp/service/auhikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

Q. プロバイダで速度などに差は出ないの?

KDDIに問い合わせをしたところ、プロバイダで速度に差は出ないという回答でした。

ただし、販売員をしていた経験から言うと、あなたのエリアの混み具合によっては差が出る可能性もあります。(KDDIは特定のプロバイダをおすすめするわけにはいかないので「差はない」という見解を示していると思います。)

光回線 プロバイダは地域・顧客数で速度が変わる

とはいえ、どこが遅いのかはお住まいの地域にもよってくるので一概には言えません。

今速くても、来年遅くなる可能性がありますし、その逆もあります。

しかし、auひかりに対応しているプロバイダは大手が多く、設備投資をきちんとしてくれる可能性も高いので、どこを選んでも将来後悔する可能性は低いです。

そのため、速度などのスペックは本当に甲乙つけにくいのが現状です。

3-3. GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りのフロー

GMOとくとくBBに申し込むと、「月額割引」「キャッシュバック」のどちらの場合でも、申し込み月を含む11ヶ月目に半額、23ヶ月目にもう半額もらえます。

GMOのアカウントを作成したときに作ったメールアドレスに案内があるので、届いた翌月の末日までにメールに従って手続きが必要です。

確実にもらうため、下記のポイントを注意しておきましょう。

  • 申し込み月を含む11ヶ月目、23ヶ月目を忘れないようにカレンダーに入れておく
  • GMOから発行されるメールアドレスやパスワードを控えておく
  • キャッシュバックを受け取るまで解約しない

心配であれば、申し込み時の確認電話の際などに質問すれば丁寧に答えてくれます。

3-4. 今なら、au公式キャンペーンもアツい!急ごう!

上記の窓口独自のキャッシュバック以外に、au自体のキャンペーンもあり、基本的にauひかりを使う人は窓口の特典に+αでキャンペーンを受けることができます。

2020年8月のキャンペーンも非常にアツいので、逃さないようにしましょう。

先ほどの『GMOとくとくBB』の場合、申し込み後、かかってくる電話でキャンペーンを受けたいと伝えれば適用を受けられます。

<auひかり新スタートサポート:乗り換えの違約金キャッシュバック!>

auひかり 新スタートサポート

auひかり新スタートサポートは乗り換え時に他社の違約金を最大30,000円まで負担してくれるサービスです。

スマホも一緒に乗り換えでお得!

さらに、スマホも一緒にauに乗り換える方は、スマートバリュー2台以上を新規登録の場合、1契約回線あたり1,000円×10ヵ月/台のキャッシュバックを受けられます。

<初期利用相当額の割引:工事費が実質無料に!>

auひかりホーム 初期費用相当額を月額利用料から割引

工事費を下記のように分割で支払い、その相当額を割り引いてくれるというものです。(電話サービスへの申し込み要)

      • 一戸建て:37,500円=625円×60回
      • マンション:30,000円=1250円×24回

もちろん途中で解約したら、割引がなくなるので自己負担になりますが、基本的に実質無料で始められるので積極的に活用したいキャンペーンです。

一戸建ての方は要注意!

auひかりは2018年春から一戸建ての場合の工事費が60回払いになり、工事費を無料にするためには60ヶ月(5年)使わなければいけません。

5年使いたくないという方もキャッシュバックが圧倒的に高いことからauひかりがおすすめですが、2~3年で解約を決めている方は「So-net光」がしばりもゆるくおすすめです。

<その他:キャンペーンじゃないけど「スマートバリュー」>

キャンペーンではなく、常に行われているサービスですが、auひかりの最大のメリットがスマホが安くなる「スマートバリュー」です。

ネット+電話を使うことで、auのスマホが安くなるいうもので、下記のようにプランに応じて割引額が変わっていきます。

プラン(抜粋)割引額(円)
データ定額302,000(3年目以降934)
データ定額5/201,410(3年目以降934)
データ定額2/3934
データ定額1934(3年目以降500)
auフラットプラン20/301,000
auピタットプラン2GB超~20GBまで1,000

この割引の最大のメリットが、以下のように、それぞれのスマホが割引を受けられることです。家族全員が受けられる割引額を足したら、光回線の金額分割引を受けられることもあります。

auスマートバリュー スマホ割

このように、auひかりはキャンペーンが光回線の中でも抜群に優れているので、auユーザーはもちろんauユーザー以外にもおすすめできます。

4. まとめ

auひかりのキャンペーンを比較してきましたがいかがでしたか?

2020年8月のキャンペーンを比較したところ、『GMOとくとくBBというプロバイダ経由での申し込みが一番お得で、トータルで下記のようなキャンペーンを受けられます。

      • 「最大61,000円のキャッシュバック」か「30,000円のキャッシュバック+月額割引
      • ひかり電話無料
      • 工事費実質無料
      • 他社からの乗り換えで違約金最大30,000円バック

GMOとくとくBBはどちらのキャンペーンを選んでも最もお得な窓口ですが、マンションの場合は「キャッシュバック」、一戸建ての場合は「月額割引」を選ぶのが最安です。

GMOとくとくBB「キャッシュバック」キャンペーン:https://gmobb.jp/lp/auhikarik/
GMOとくとくBB「月額割引」キャンペーン: https://gmobb.jp/service/auhikari/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

他のキャンペーンを探す際は、このページで紹介した落とし穴に引っかからないようにキャンペーンを選んでいきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket