安くてもYahoo!WiFiをおすすめしない全理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Yahoo! Wi-Fi アイキャッチ

Yahoo!WiFiの広告を見て安く使えそうだから契約しようとしていませんか。

私の結論としては、Yahoo!WiFiについて通信制限やサービス内容、実際に利用した方の口コミや評判などを他のモバイル通信サービスと比較した結果、Yahoo!WiFiはおすすめしないと判断します。

広告の表示は料金が安く見える・データを無制限で使えるなど、一見すると他のモバイル通信に比べてとても良いサービスのように見えますが、Yahoo!WiFiの契約は落とし穴だらけできちんと約定やサービス規約を読んで契約をしないと満足に通信ができずストレスが溜まるだけでなく、最大で5万円近い違約金を請求されます

このページでは、業界で長年様々な通信サービスや機器に関わってきた私の経験と知識からYahoo!WiFiについて下記の流れでご紹介します。

  1. Yahoo!WiFiをおすすめしない4つの理由
  2. Yahoo!WiFiキャンペーンやサービスの口コミや評判
  3. 他のモバイル通信サービスとの比較
  4. 最もお得にWiMAXを契約するための全手順

すべて読めば、最もお得でストレスなくモバイルルーター(ポケットWiFi)を利用できるようになりますよ。

1. Yahoo!WiFiをおすすめしない4つの理由

Yahoo!WiFiを提供しているYahoo! JAPANは、日本で最もアクセス数の多いページで日本を代表する優良IT企業の一つです。

しかし、以下の4つの理由から「Yahoo!WiFi」というサービスについてはおすすめしません。

  • 動画や写真を快適に見ることができない
  • 端末(モバイルルーター)の性能が低い
  • 無制限で使えるエリアは非常に狭い
  • 実質的な値段が高く、コストパフォーマンスが悪い

これからその理由を、具体的にご説明します。

理由1. 動画や写真を快適に見ることができない

口コミ・評判

20代男性「なんか画質が悪いように感じる」
Yahoo!WiFiを契約した感想
ヤフーWiFi契約したあたりから、youtubeを観てても画質が悪いように感じていました。なんでかなと思って調べたら、画像を勝手に圧縮されるということを知り、とても後悔しました。
もっと契約のときに調べておけばよかったです…

『Yahoo!WiFi』側の通信量を削減するために、勝手にデータ内容を省略されます。

そのため、下記の2つのデメリットがあります。

  1. 動画や写真を開く時に時間がかかる
  2. 他社の通信に比べて強制的に画質が悪くなる

実際に、私自身使ってみた実感を含め、ネット上の口コミ・評判でも「遅い」「繋がらない」「画質が悪い」という言葉をよく見かけます。

以下の公式ページからの引用をもとに、どういうことかわかりやすくご紹介します。

YahooWiFi 約款 サービス規約2

出典: Yahoo!Wi-Fi 購入前のご確認とお申し込み

(1)動画や写真を開く時に時間がかかる

まずは通信速度の制御ですが、上記対象の通信を利用する場合、速度制限がかかっていない時でも通信速度を抑えられます。

具体的には、動画・写真関係を使う時は通信速度が遅くなることが多いと考えて良いでしょう。

(2)他社の通信に比べて強制的に画質が悪くなる

次に「最適化」なる一見するともっともらしい良い印象を受けるような言葉を使った表現ですが、要するに下記のようなことです。

Yahoo!WiFi側の通信量を抑えるために、動画や画像のサイズを小さくし、常に「劣化したコンテンツ」しか見られない

ちなみに、docomoauなど他のポケットWiFiサービスでも「最適化」は行われていますが、オプションの設定画面で「最適化」を行わないように変更することができます。

しかし、Yahoo!WiFiなどソフトバンク系では強制的に「最適化」を選択させられます。

WiMAXでは「最適化」は行われていません。

注:サービス規約にはさらなる罠も

更に契約時の約款・サービス規約には以下のような注意書きも記載されています。

YahooWiFi 約款 サービス規約1

出典:Yahoo!Wi-Fi 購入前のご確認とお申し込み

「事前に通知することなくその通信を切断または制限する場合があります」とありますが、これは常時接続と高速通信の保証がないという解釈ができます。

また基準の見直しの可能性にも触れており、ソフトバンクグループではよくあることですが開始数か月後に改悪して使い物にならないサービスになることが予想されます。

「安かろう悪かろう」という言葉がこれほど当てはまるケースもそうないと思います。

目先の料金に惑わされて約款やサービス規約をよく読まずに契約する方が一人でも減って、ご自分の利用目的に本当に合ったサービスを利用して欲しいと心から願います。

理由2. 端末(モバイルルーター)の性能が低い

『Yahoo!WiFi』自体が、同社系列の『ワイモバイル』で発売されているモバイルルーターの中でも、古くなった「性能が低い機種」を低価格で販売するというコンセプト商品であるように思えます。

どれくらい性能が低いのかを、他社のモバイルルーターを含めて比較しました。

ポケットwifi比較

右の2つはdocomo、UQ WiMAXそれぞれの最新機種です。

それと比較すると、Yahoo!WiFiはどちらも約1年ほど古い端末です。そのため、最高通信速度を見ていただくと、2〜3倍ほど速度が違うことがわかります。

その他、重くてかさばったり、バッテリーが持たなかったり、それぞれ大きなデメリットを抱えています。

理由3. 無制限で使えるエリアは非常に狭い

「Yahoo!WiFi」は、「無制限」というところが一つのウリなのですが、実はこの「無制限」という言葉、あなたのイメージと違う可能性があります。

2016年12月現在、Yahoo!Wi-Fiでは下図のような広告を出しています。

ポケットWiFi 無制限 YahooWiFi データプラン2 502HW

出典: Yahoo!Wi-Fi

パッと広告を見ると「月間データ容量上限なし」で使えると思ってしまいます。

その上に小さい文字で書かれてある「アドバンスモードでAXGPエリア内なら」という表示をあまり意識しないでしょう。

これを知らないで、携帯などの電波で使われている「LTE」が無制限で使えると思っていて、いざ契約したら全然つながらなかったという人も多いと聞きます。

口コミ・評判

30代女性「無制限でも全然つながらない…」
Yahoo!WiFiの失敗談
無制限で使えると広告で書いてあり、Yahoo!WiFiでポケットWiFiを契約したのですが全くつながらないという最悪の思いをしました。
問い合わせてみても、携帯で使えるLTEの電波だと思ってたら違うみたいで…最悪の買い物でした。

実際にどれくらい狭いのか見てみましょう。

以下の画像は、ワイモバイルの通常エリア(赤色)アドバンスモードエリア(青色)の対応エリアを色分けしたものです。(2016年12月)

アドバンスモード対応エリア

引用:Yahoo!WiFi公式サイト

赤色の「通常エリア(LTE)」は都市から山まで広く対応していますが、青色の「アドバンスモード」対応エリアは圧倒的に少ないのが一目瞭然ですね。

※「無制限」と言いつつ、厳しい速度制限も存在する

後述しますが、Yahoo!WiFiでは「3日で3GB」を超える通信をすると、128kbpsの速度制限を受けます。

実際に、128kbps以下に制限されてしまうと、通常のインターネットも満足にできない速度で、ストレスたまりまくりです。

理由4. 実質的な値段が高く、コストパフォーマンスが悪い

前述の通りの低品質なサービスにも関わらず、実は広告ほどお得ではありません。

Yahoo!WiFiが集客をするための良いアピールは大きく広告していますが、実際に利用者が契約をして使うのに不利な内容は約款やサービス規約の小さな文字で分かりにくくしています。

ここでは、30分以上かけて約款やサービス規約を読み込んだ筆者が特に気になった3つの点(上図内黒太字)について解説します。

(1)月額料金はそんなに安くはない

実際に負担する金額をきちんと明示しないで、広告では安く思える数字を大きく表示しています。

しかし実際は、下記の通り「2,942円(7GB)」「4,380円(無制限)」と安くありません。

Yahoo!Wi-Fi プラン 比較

期間限定のキャンペーンの割引額を見せたり、事実上必須であるYahoo!プレミアムの会員費を含めないなど利用者がすぐに月額料金が分かるようにしていないのは不親切です。

(2)契約期間が3年と長期間

Yahoo!WiFiの契約期間は3年で、その途中で解約してしまうと、契約解除料(9,500円)端末代の分割代金が請求されます。

この契約期間が長いと、携帯でもそうですが、乗り換え時のキャッシュバックなどの割引キャンペーンを逃すことになるので長期的に見るとデメリットなのです。

他社のポケットwifiが2年契約であることを考えると、残念です。

契約解除料自体も非常に高額

表を見て頂いて分かる通り、契約解除料が2つあります。それぞれ別に請求されるので最大48380円(税抜)の契約解除料を払う必要があります

この金額は他社のポケットWiFiサービスの契約解除料と比べても飛び抜けて高額な金額です。

どのくらい高いのかが分かるように、他社との比較表を作りました。

Yahoo! Wi-Fi 契約解除料 比較

Yahoo!Wi-FiはY!mobileから回線を提供されているので似たような金額になります。他社の2〜4倍の契約解除料を払う可能性が高いのはかなりのリスクです。

また、契約解除料を払わなくて済むのは契約した月から37カ月目にならないといけません。

3年(36カ月目)が満了月と書かれてありますが、満了月で解約をしても9500円+10080円(全て税抜)かかってしまいます。

安く見える月額料金は契約解除料に上乗せされていると考えた方が良いでしょう。

(3)ユニバーサルサービス料の謎

月額料金の安さを売りにしている4GデータプランSでは、なぜかユニバーサルサービス料が6円になっています。

ユニバーサルサービス制度とは
簡単に説明しますと、公衆電話や110や119といった緊急通報など日本全国で提供されるサービスをNTTだけではコストを負担しきれないので、通信サービスを利用する人からお金を徴収して、その負担分を減らしてあげましょうという制度です。

総務省のページによりますと、2016年のユニバーサルサービス料は7月より3円になっています。携帯やスマホ、他社のモバイル通信サービスなどでも3円を負担します。

なぜYahoo!WiFiのこのプランだけが6円負担になっているのでしょうか。差額の3円がどこに流れて使われているのか、非常に不可解に感じます。

2. Yahoo!WiFiキャンペーンやサービスの口コミや評判

この記事だけでなく、他の人の口コミや評判も当然気になり判断するための参考にしたいと考えるでしょう。

この章ではネット上での良い評判と悪い評判の2つに分けてご紹介します。

2-1. 良い評判

(見た目の)月額料金が最安級で使えること、最短翌日から使用できること、テレビも見れることなどがあります。

Yahoo WiFi 良い評判1 Yahoo WiFi 良い評判2 Yahoo WiFi 良い評判3

2-2. 悪い評判

サポートの悪さや回線速度の遅さ、解約金が高額であるなどの意見が多いです。

また、テレビを見れることを売りにしているデータプラン2の502HW端末で使うアプリも「全然見れない・繋がらない」という評価がズラリと並んでいます。

Yahoo WiFi 悪い評判1Yahoo WiFi 悪い評判2Yahoo WiFi 悪い評判3

投稿されている口コミや評判も悪いものが非常に多く、サービスの質が良くないことが伺えます。

解約の手続きと問い合わせ先

解約の手続きはWeb上で手続きをすることができずに、一度カスタマーセンターに直接電話をして解約申込書を送ってもらい、必要事項を記載・捺印しEM chipを同封の上、返送する必要があります。

解約申込書が届いた時点で、解約が成立するという時間も手間もかかる手続きになるので余裕を持って手続きをしてください。

Yahoo! Wi-Fi カスタマーセンター:0120-736-020 (受付時間9:00~20:00)

3. 徹底比較でわかる本当におすすめなモバイルルーター

『Yahoo!Wi-Fi』をおすすめしない理由はわかりました。それではどのモバイルルーターを買えばいいのでしょうか?

結論としては、『UQ WiMAX』という会社から出ている『W03』というポケットWiFiがおすすめです。

スクリーンショット 2016-08-18 13.09.35

選定の理由としては、下記の通りシンプルです。

  • 「無制限」でデータ容量が使える
  • 「速度制限」がかかりづらい
  • 「最高速度」が現存の機種中No.1
  • 「操作」が簡単
  • 「コストパフォーマンス」が一番高い

実際にUQ WiMAXの『W03』を後述の販売代理店『GMOとくとくBB』経由で購入すると、下記のような最高の条件で利用が可能です。

<7GBプランの場合>

wimax yahoowifi 比較 7GB

<無制限プランの場合>

wimax yahoo wifi 無制限 比較

このように、WiMAXに関しては、他の選択肢と比較しても約1万円以上も安く利用が可能です。

特に重要な比較ポイントは以下の5つです。

  • 料金の安さ
  • 通信速度
  • 通信制限の条件
  • 通信エリアの広さ
  • 契約期間

それでは、具体的にご説明していきます。

ポイント1. 料金の安さ

Yahoo! WiFiは広告表示では月額料金が安く見えますが、Yahoo!プレミアム料金が含まれていなかったり、長い期間での総額費用や月額費用を比べなくてはなりません。

<7GBプランの場合>

wimax yahoo wifi 7GB

<無制限プランの場合>

wimax yahoo wifi 無制限

Yahoo!WiFiが契約上3年での利用を、WiMAXは2年での利用を想定しているので解約金の事を考えると同じ条件での比較はなかなか難しいのですが、2年間の総額費用ではWiMAXの方が安いことが分かります。

ポイント2. 通信速度

先程も比較しましたが、改めてご説明すると、Yahoo!WiFiはどちらも約1年ほど古い端末なので、WiMAXの最新機種「W03」と比較すると、最高通信速度が2〜3倍ほど速度が違います

ポケットwifi 比較 3機種

ポイント3. 通信できるエリアの広さ

いくら料金が安くても、そもそもご自分の利用する予定の場所で使うことができなければ意味がありません。

必ずご自分の自宅や職場、よく行く場所などが使えるエリアなのかを下記のリンクで判定をして確認してください。

特に注意して欲しいのはデータプラン2では「AXGPエリア内」でないと月間データ量を上限なしで使うことができません。意外とAXGPエリアは狭いので、このプランでの利用を考えている方は特に気をつける必要があります。

ポイント4. 通信制限の条件

Yahoo!WiFiやWiMAXなどのモバイル通信を契約しても通信速度が遅かったり、すぐに速度制限がかかってしまうと十分に使えませんよね。

また月にどのくらいの量の通信ができるのか、速度制限を受けてしまうとどのくらいの遅さになってしまうのか気になるところです。

この章の最初の表にも少し書きましたが、Yahoo!WiFiとWiMAXの通信速度と速度制限の条件、制限時の通信速度をより詳しく比較します。

Yahoo!Wi-Fi vs WiMAX 制限 比較

上図の比較からWiMAXギガ放題プランが月間無制限で通信することができ、3日で3G以上使用して速度制限を受けた場合でも公式で700kbpsが十分に通る速度は出すと発表しており、ユーザーが実際に計測すると6Mbps前後は出るのでストレスなく使える事が分かります。

速度制限の体感時間

どのくらい遅い速度になるのか、3つの利用例を元に比較してみました。

Yahoo!WiFi 速度制限

このように、速度制限の128kbpsが通常のインターネットも満足にできない遅い速度である事に対して、6MbpsはYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、WiMAXは制限を受けても快適に使い続けることができます。

結論:モバイルルーターならWiMAX

WiMAXの通信量は月間無制限で利用することができ、3日間で3GB以上使って速度制限を受けても実測で6MbpsというYoutubeの動画を標準画質で見るのにストレスを感じないほどの速度で使い続けることができます。

WiMAXは価格も他のサービスと比較しても最安値で、最大速度は370Mbpsでこの中では最速なので、モバイル通信サービスの中でただ一つの選択肢と言って良いでしょう。

4. 最もお得にWiMAXを契約するための全手順

WiMAXを契約するのであれば、上記で紹介した『GMOとくとくBB』のWiMAXが最安値で利用することができます。

WiMAXを申し込むために、下記3点を決めなければなりません。

  • 契約プランを決める
  • 機種を決める
  • プロバイダを決める

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種は「W03」、プロバイダは『GMOとくとくBB』か『BIGLOBE』の2社から選びましょう。

申し込む際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるため購入は必ず公式ページ経由で行うことを推奨します。

・GMOとくとくBB公式ページ: http://gmobb.jp/service/wimax2/

・BIGLOBE公式ページ: http://join.biglobe.ne.jp/wimax/

それぞれ解説します。

4-1. 契約プランを決める

プランは「通常プラン3670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4350円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

ポケットwifi docomo 7G

4-2. 機種を決める

機種は主に4種類から選ぶことができますが、結論からいうと最新機種の「W03」が圧倒的にオススメです

W03は万能機種で、対応エリアはWiMAX2+とau 4G LTE回線で広域をカバー、速度は最新技術「キャリアアグリゲーション」で高速、デザインも非常にスタイリッシュです。前期種の「W02」からバッテリーも2時間も強化されています。

「WX01/WX02」は通信モードを旧回線「WiMAX」と新回線「WiMAX2+」を自動で切り替える機能があるため、電波が悪いときや移動中は電池の消耗が早いという口コミが見受けられます。

詳しくはどの機種を選べば良いのか、スペックや口コミから徹底検証を行った『WiMAXルーター徹底比較|機種選びで失敗しない3原則』で解説していますので、ご参考ください。

スクリーンショット 2016-08-01 11.29.37

電話オペレーターと良く連絡をしておりますが、おすすめを聞くと「W03」と答える方がほとんどなので安心です。

クレードル・USBケーブルについて

クレードルとケーブルは同時購入が可能ですが、高いので公式ページで購入する必要はありません。

ポケットwifi docomo クレードル

クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要であればAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3000円前後で手に入ります。

USBはスマートフォンなどに使われる汎用的な「Micro USBケーブル」なので、100円ショップなどでも購入可能です

4-3. プロバイダを決める

2016年12月の最新情報です。

選ぶべきプロバイダは『最適なWiMAXプロバイダ選びの5つの要点とおすすめ2選』で詳しく解説していますが、『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』のどちらかです。

※プロバイダで通信速度やサービス内容に違いは全くありません。

スクリーンショット 2016-09-01 9.20.00

『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』のどちらを選ぶべきか

両者の大きな違いは下記2点です。

  • キャッシュバック金額(GMO: 33,000円 BIGLOBE: 20,000円)
  • 受け取るための手続き(GMO: 必要 BIGLOBE: 不要)

どちらを選べばいいかというと、とにかく安く使いたい方には『GMOとくとくBB』、割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』を推奨します。

※キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目に来る「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

それさえ見落とさなければキャッシュバックは確実にもらえるのでご安心ください。

『BIGLOBE』は口座情報を登録しなくても、郵便局で換金できる「振替払出証書」が送付されてくるので、それを郵便局に持っていくだけでキャッシュバックが受け取れます。

忙しくてメールチェックを一切しない方や、面倒くさがりの方は、『BIGLOBE』にしておきましょう

どちらが人気かというと、簡単な手続きで1万円以上の差がでるため、最終的に『GMOとくとくBB』を選ぶ方が多いです。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

2社以外のプロバイダはどうなの?

結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。

なぜなら、他のプロバイダは『GMOとくとくBB』と同じく手続きが必要で、その割には速度などサービスは一切変わらないのに値段だけがGMOと比べると高いからです。

『GMOとくとくBB』で最もやすく使うか、『BIGLOBE』で手続きなしでそれなりの価格で使うか、2択となります。

2016年12月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。

昨年2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社減額する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらも予算が消化され次第、徐々に減額していくものと予想されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-13-28-41

突然12月にキャンペーンが終わることはないとは思いますが、今後減額される可能性は十分にあるため、購入する予定のある方は12月中の購入をおすすめします。

5. まとめ

Yahoo!WiFiはモバイル通信サービスを提供している会社として最低クラスの通信品質であることと、サービス内容の広告が誤解を与えやすいので信用ができず、利用者に不利な契約内容を分かりにくくしていることがご理解頂けたでしょうか。

あまり通信をせずにYahoo!Japanのサービスを良く利用している方なら、プレミアム会員費の元も取れて比較的安い値段でポケットWiFiサービスを利用することができるのでおすすめです。

しかし、たくさんのデータ通信をストレスなく安価に利用したい方ならWiMAXをおすすめします。

2016年12月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。

  • 契約プラン:ギガ放題
  • 機種:W03
  • プロバイダ:GMOとくとくBB(割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』)

上記の内容で契約をし、快適で良心価格のポケットWiFi通信生活を楽しんでください。

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるようなので、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

GMOとくとくBB公式ページ:  http://gmobb.jp/

BIGLOBE公式ページhttp://join.biglobe.ne.jp/wimax/

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket