全25社の徹底比較!WiMAX2+キャンペーン総一覧とおすすめ2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WiMAX2+のキャンペーンはどれを選ぶべきなのか迷いますよね。

全25のWiMAX2+キャンペーンを徹底的に調べた結論からいうと、おすすめできるのはたったの2つしかありませんでした

もはや詐欺まがいのキャンペーンも存在し、解約できない期間が3年以上になってしまったり、安いと思ったら旧回線にしか対応していない端末だったり、余計な追加購入品を知らずに契約していたり、落とし穴が大量に存在しています。

WiMAX2+は基本的に2年契約で、途中解約は違約金がとられてしまうので注意が必要です。

このページでは、安心して利用できるWiMAXのキャンペーンについて下記3点をお伝えします。

  1. 2017年9月キャンペーン全25総一覧
  2. 本当におすすめのキャンペーン2選
  3. 最もお得にWiMAXを契約するための全手順

全て読めば、あなたが本当に選ぶべきキャンペーンがわかり、最もお得に、安心してWiMAX2+を契約することができるでしょう!

旧回線「WiMAX」は新規申し込みを終了しているため、いま申し込む方は「WiMAX2+」となります。

1. 2017年9月キャンペーン全25総一覧

結論から言うと、安心して契約できて、おすすめなキャンペーンは下記2つのみでした。

  • GMOとくとくBB|キャッシュバック32,200円(全プロバイダ最安条件)
  • @nifty|キャッシュバック20,000円(特典は微妙だがその他条件が良い)

その他のキャンペーンについては2017年9月現在、比較すると全てパッとしないものでした。

まずは全てのキャンペーンを一覧でまとめて、次章で個々の詳細や根拠を徹底解説していきます。

おすすめ順 プロバイダ名 2年間実質費用 キャンペーン種類 特典内容 現金換算すると 備考 
通常プラン ギガ放題
1 GMOとくとくBB  57,517   68,381 キャッシュバック   32,200 32,200 キャッシュバック要注意 
2 @nifty  60,471  74,751 キャッシュバック 20,000 20,000  ★キャッシュバック確実に受け取り可
3 DTI  60,500  74,800  キャッシュバック  29,000 キャッシュバック要注意
4 3WiMAX  63,680  77,015  キャッシュバック  28,000 キャッシュバック要注意 
5 BIGLOBE  60,471  74,751  キャッシュバック  15,000  15,000 キャッシュバック要注意 
6 so-net  60,471  82,349  キャッシュバック  20,000  20,000 キャッシュバック解約要注意 
7 Broad  72,250  86,635  月額割引/加算 月額割引  実費参照 計算が複雑なので実質費用で要判断
8 J:COM加入者  85,296  101,711  月額割引 -200/月  2,400 – 
9 DIS  91,705  108,528
10 au WiMAX  91,705  112,500 – 
11 ヤマダ電機  91,705  106,069 店舗による デメリット多い。詳細こちら
12 ビックカメラ  91,705  106,069 店舗による デメリット多い。詳細こちら 
13 ヨドバシカメラ  91,705  106,069 店舗による デメリット多い。詳細こちら 
14 エディオン  91,705  106,069 店舗による デメリット多い。詳細こちら 
15 ノジマ  91,705  106,069 店舗による デメリット多い。詳細こちら 
16 ケーズデンキ  91,705  106,069 店舗による デメリット多い。詳細こちら 
17 PC DEPOT  91,705  106,069 店舗による デメリット多い。詳細こちら 
18 UQ WiMAX  91,705  106,069  たまに商品券5000円~10000円
19 インボイス  96,400  111,448  
20 UQ WiMAX  147,997  162,361   Tablet同時購入  Nexus 9   41,999  実費加算。実際には単なる同時購入
21 UQ WiMAX  119,809  134,173  Tablet同時購入  ZenPad Z370c   13,980  実費加算。実際には単なる同時購入
22 Broad WiMAX  110,953  125,317  Tablet割賦購入  KEIAN tablet  15,000  実費加算。実際には単なる分割購入
23 Broad WiMAX   123,913  138,277  Tablet割賦購入  Yoga Tablet  21,558  実費加算。実際には単なる分割購入
24 Broad WiMAX   167,977  182,341  PC割賦購入 ideapad300  34,800  実費加算。実際には単なる分割購入
25 Broad WiMAX   147,241  161,605  PC割賦購入 HPノート  不明 実費加算。実際には単なる分割購入

申し込むキャンペーンを決める際の2つの注意点

  1. プレゼントキャンペーンの場合は一番右に「Amazonの現在価格をもとに、現金に換算するといくらお得になるか」を記載していますので、お得かどうかの判断材料にしてください。
  2. キャッシュバック金額は大きくても、「事務手数料」「登録料」などで請求を水増しされる場合もあるので、「2年間契約を続けた場合に実際に支払う金額」も記載しています。

『UQ WiMAX』や『Broad WiMAX』が実施しているPC・タブレットが一見もらえそうなキャンペーンは、ただ単にWiMAXと同時で「追加で購入できる」だけなので注意してください。

例えば、『Broad WiMAX』のIdeapad300のキャンペーンですが、Amazonで34,800円前後で買えるノートパソコンを、3024円×24ヶ月=72,576円でWiMAX2+と同時購入するという内容です。

Amazonで買った方がどう考えても安い、極めてお得ではないキャンペーンです

特に『Broad WiMAX』には要注意です。

次に「本当におすすめできるキャンペーン2選」がなぜおすすめなのか、根拠を徹底解説します。

2. 本当におすすめできるキャンペーン2選

下記2つのキャンペーン以外は、特におすすめする理由はありませんでした。

  • GMOとくとくBB|キャッシュバック32,200円(全プロバイダ最安条件)
  • @nifty|キャッシュバック20,000円(特典は微妙だがその他条件が良い)

根拠としては、下記3つです。

  • 「プレゼント」よりも「キャッシュバック」を選んだ方が得
  • 『@nifty』はキャッシュバックが簡単・確実に受け取れる唯一のプロバイダ
  • 『GMOとくとくBB』以外はキャッシュバックが安いだけで何も変わらない

順番に解説します。

「プレゼント」よりも「キャッシュバック」を選んだ方が得

大前提として、プレゼントキャンペーンは選ぶべきではありません。

理由はシンプルで、プレゼントを直接もらうよりもキャッシュバックをもらってからAmazonなどの通販で買った方が断然お得だからです。

ときどきAmazon価格の高いタブレット端末などがキャンペーンで出てますが、「マイナー機種で値段が高い粗悪品、売れなかった在庫品」というケースがほとんどです。

なので、どうしても欲しいと思えるキャンペーンがある場合以外は、プレゼントキャンペーンは選ばないでおきましょう。

この時点で、選ぶべきキャンペーンは「キャッシュバック」にしぼられます。

プレゼントキャンペーン自体が減っており、いまは全くお得ではない「同時購入」ばかり残っています

例)『Broad WiMAX』のIdeapad300のキャンペーンですが、Amazonで34,800円前後で買えるノートパソコンを、3024円×24ヶ月=72,576円でWiMAX2+と同時購入するという内容です。

購入前に、細心の注意を払ってください。

キャッシュバックの受け取り難易度に注意

キャッシュバック金額がそれほど高くないのに『@nifty』を推奨している理由としては、ほかの全てのプロバイダが「キャッシュバックの受け取り方」に難があり、最悪の場合1円も受け取ることができず結局高くついてしまうことがあるからです。

ネット上には、キャッシュバックをもらえなかった人たちのクレームを見かけます。

スクリーンショット 2017-02-06 17.13.19

『@nifty』は全プロバイダで唯一、キャッシュバックを簡単・確実に受け取ることができるので、金額自体が素晴らしい訳ではないですがおすすめしています。

では、具体的に、受け取り方にどんな難があるの?という点についてですが、知っていれば簡単に対処できる内容です。

キャッシュバックの受け取り方

キャッシュバックを受け取る手続きは全プロバイダで3パターン存在し、『@nifty』『BIGLOBE』がそれぞれ独自のパターンで2通り、他のほぼ全てのプロバイダは『GMOとくとくBB』と同じ内容です。

それぞれで、「受け取れる時期」と「手続きの面倒さ」、「受け取れない危険性」が変わってきます。

『@nifty』で申し込んだ場合、するべきことは「マイページで銀行口座を登録すること」だけです

『GMOとくとくBB』の手続きは事前に知っていれば簡単ですが、メールが届くのはプロバイダで発行されるメールアドレスのため、気付かずに見逃してしまう可能性があり、先ほど紹介した口コミのようなクレームが散見されますので注意は必要です。

『BIGLOBE』は初回アンケートにさえ答えれば、郵送で引換券が届くため手続きを忘れることが少なく、以前はおすすめしていましたが、『@nifty』が2017年5月より上記の新しい制度を始めたため、比較するとおすすめではなくなってしまいました。

『GMOとくとくBB』以外はキャッシュバックが安いだけで何も変わらない

『@nifty』以外の全てのプロバイダは『GMOとくとくBB』と同じくキャッシュバックの手続きが必要で、その割にはキャッシュバックの金額だけ劣っています。

そのため、『GMOとくとくBB』と『@nifty』以外を選ぶ意味が全くありません。

そのため、キャッシュバックキャンペーンは下記の2択となります。

  • 『GMOとくとくBB』で手続きに注意しながら高額なキャッシュバックを受け取るか
  • 『@nifty』で簡単な手続きでそれなりのキャッシュバックを早期に受け取るか

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件が変わるため、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

『@nifty』: http://www.nifty.com/

※特に『@nifty』は、公式ページ以外だとキャッシュバック時期が9ヶ月(本来は5ヶ月)なので注意しましょう。

3. 最もお得にWiMAX2+を契約するための全手順

キャンペーンをどこにするか決めたら、WiMAX2+を申し込むために、下記2点を決めなければなりません。

  • 契約プランを決める
  • 機種を決める

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種は「W04」を選んでおけば間違いなしです。

順番に解説します。

3-1. 契約プランを決める

プランは「通常プラン3,670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,350円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります。
  • ギガ放題プラン:3日間で10GBを超えると1Mbpsの制限がかかりますが、月間制限はありません。

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

また、2017年2月2日より「ギガ放題プラン」が大幅に改善されました。

主な変更点は下記3点です。

  • 「3日で3GBで速度制限(速度非公開)」から「3日で10GBで1Mbps速度制限」に大幅改善
  • 制限を受ける時間が「13時〜翌13時」から、「18時から26時」に改善
  • 制限後の速度が「未公表」から「1mbps」と明言され改善

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-15-57-20

制限後の速度は1Mbpsなので、You Tubeの標準画質の動画や、ニコニコ動画の配信は視聴が可能なレベルです。

制限されたとしても、10GBを超えてしまった翌日の夜だけ(18時〜26時)ですので、大幅な改善といえます。

10GBってどのくらい?

10GBでどれくらいのことができるのか、スマートフォンとパソコンの場合でまとめました。

スクリーンショット 2017-02-02 22.27.32

これだけ使えれば、通常利用で速度制限の心配はほぼないでしょう。

ギガ放題は、光回線の代用としても使えるレベルなので、1000円前後高くなりますが、こちらを推奨します。

3-2. 機種を決める

ルーターは主に5機種から選ぶことができますが、結論としては2月17日から発売開始した最新機種「W04」が、以下3つの理由から間違いなくおすすめです。

  • 通信速度が最速(440Mbps)
  • 既存機種のすべての機能を搭載している
  • バッテリーの時間が長い

前機種「WX03」はダメなの?

W04がおすすめ(WX03はおすすめではない)

以下2つの理由から、おすすめではありません。

理由1. auのLTE(ハイスピードエリアモード)が使えない

「WX03」の致命的な欠点は、au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)に非対応だということです。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au  4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

利用した月は1005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

また、2017年1月15日の報道者向け発表会で、夏以降に無料化することを検討していると公式発表があり、将来性が非常に高い機能です。

理由2. 2017年9月現在、在庫切れで1ヶ月以上の待ち

2017年2月17日に最新機種「W04」を発売して以降、「WX03」の生産台数を大幅に減らしているのでしょうか。

どのプロバイダも発送に最大1ヶ月もかかるようです。

デザインが好きなど特別なこだわりがない限りは旧機種「WX03」を選ぶ理由は見当たりません。

クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか?

クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、高いので公式ページで購入する必要はありません。

クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「Wimax クレードル」と検索すれば3000円前後で手に入ります。

端末が届いた後にするべきこと

使用するまでは非常に簡単で、「箱を開けて、SIMカードを本体に刺して、電源を入れる」だけです。

(1)申し込みより3日前後で商品が届きます

スクリーンショット 2015-08-08 20.02.23

(2)同梱のSIMカードを本体にさしこみ、電源をいれる。(これで端末の設定は終了)

スクリーンショット 2015-08-08 20.03.03

(3)Windows PCの場合、通信アイコンをクリック

スクリーンショット 2015-08-07 12.47.08

(4)同封されていたシールのセキュリティキーを入力(これでPC側の設定も完了!)

スクリーンショット 2015-08-07 13.00.29

(5)3分で完了!どこでもインターネットを楽しめます。

とても簡単ですね。

あとはプレゼントが届く / キャッシュバックの案内が来るのを待ちましょう!

4. まとめ

WiMAX2+のキャンペーンは、全25社を徹底比較したところ、選ぶべきものが明確でした。

まとめると、2017年9月現在、機種・プラン・プロバイダは下記の通りが一番おすすめです。

上記組み合わせで安心・お得に、WiMAX2+で快適な通信生活を楽しみましょう!

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件が変わるため、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

『@nifty』: http://www.nifty.com/

※特に『@nifty』は、公式ページ以外だとキャッシュバック時期が9ヶ月(本来は5ヶ月)なので注意しましょう。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket