騙されるな!WiMAXの最新機種WX05をおすすめしない全理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
wimax WX05

WiMAX(WiMAX2+)で2018年の11月1日に「WX05」という機種が発売になりましたが、その詳細な情報を調べていませんか?

結論からいうと、「WX05」は微妙な新機能が追加されているものの、旧端末「WX04」とほぼスペックに変更がありませんでした。

そのため、最高速度が118Mbpsも現行機種より遅い割に、その他に特筆すべきメリットがないため、前機種「W05」の方がおすすめです。

このページでは、長年の通信機器販売の知識をもとに、UQ WiMAXの技術担当に問い合わせた内容も含めて下記について解説していきます。

  1. 現行機種との徹底比較
  2. 結局どの機種を買えばいいのか
  3. 機種を決めた後に、最もお得にWiMAXを買うための全知識

全て読めば、WiMXA2+でどの機種を選ぶべきか、また最適な契約方法がわかり、快適なネット生活を楽しむことができるでしょう!

1. 現行機種との徹底比較|「WX05」はバッテリー以外微妙

WX05とW05のスペックを比較したところ、バッテリーは優勢なものの、それ以外は特筆すべきメリットはありませんでした。

現時点で判明している現行機種と比較した上でのメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット
  • バッテリーが長持ちする
デメリット
  • 最高速度が118Mbpsも遅い
その他変更点
  • 微妙な新機能が追加された

表で全スペックを比較したあと、それぞれを詳しく解説します。

wimax端末スペック比較_WX05
まずはメリットから解説します。

◯メリット1. バッテリーが長持ちする

wimax端末スペック比較_WX05_通信速度

「WX05」はバッテリーが長持ちします。

LTEモード使用時はなぜかバッテリーの持ちが悪いですが、「W05」よりも3時間ほどバッテリーが長持ちします。

14時間も持てば、日常利用で困ることはないでしょう。

※WiMAXのバッテリーはあまり重要ではないという意見も多い!
そもそもになりますが、WiMAXに関しては常に起動しているシーンはあまりないはずなので、バッテリーの持ちはさほど重要な要素ではありません。
実際には、6時間半もバッテリーが持てば、基本的に不自由なくインターネットが楽しめるかと思います。

×最大のデメリット. 最高速度が118Mbpsも遅い

wimax端末スペック比較_WX05_バッテリー

「WX05」は440Mbps、「W05」は558Mbpsですので、118Mbpsも最高速度が遅いことになります。

さらに、LTE利用時はさらに差が開いてしまい、268Mbpsも最高速度が遅い結果となりました。

WiMAXは当然ながら通信速度が最重要ですので、この時点で選択肢は「W05」と「W04」に絞られます。

次に、追加された新規機能を解説します。

△その他変更点・新規機能

新規で追加された機能は下記の通りです。

  • 「ワンタイムHS+A」通信モード切替機能
  • おまかせ一括設定機能
  • WiMaxハイパワー機能

それぞれ解説します。

「ワンタイムHS+A」通信モード切替機能

WX05_「ワンタイムHS+A」通信モード切替機能
一世代前の「WX04」で搭載された「ワンタイムHS+A」機能のデメリットの一つを解消する機能です。

「ワンタイムHS+A」とは、『W05』や他の機種では設定メニューから10秒程度で行なっていたモード切り替えの設定を、トップ画面で一発で行えるようになった、という内容です。

まず前提知識として、WiMAXには「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)」というモードが搭載されています。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは
主にWiMAX回線が通っていない山間部などで使われるモードで、「au LTE回線」を使用して通信をするモードです。
端末のタッチパネルから簡単に切り替えることが可能です。
通常は下記のようにデメリットが多いモードのためあまり使われませんが、地方への出張や旅行など万が一のときには非常に重宝するモードです。
デメリット

  • 別途料金がかかる (1005円/月)
  • このモードで7GB以上使用すると、その月は通常の通信モードも含めて128kbpsの低速制限がかかる
  • 制限がかかってしまうと、救済措置がなく当月は諦めるしかない

上記デメリットのなかでも、「このモードで7GB以上使用すると、その月は128kbpsの低速制限がかかる」というのが大きな縛りで、使いにくいモードであり、「ワンタイムHS+A」モードは、液晶上で容易に切り替えができるので便利な反面、下記のようなリスクがありました。

  • ワンタッチで切り替えられるため、間違えてボタンを押してしまい、いつの間にかHS+Aモードに。
  • そして、切り替えたまま気づかずに、いつの間にか7GBを超えて低速に。
  • その月はWiMAXが使い物にならなくなる

今回追加された通信モード切替機能は、自由に設定する通信量に達した際に、通常モードに自動で切替えることができるため、上記のリスクを軽減することができます。

しかし、一度通信モードが戻った後に、再度誤ってボタンを押してしまうリスクは残ってしまいます。

また、基本的にWiMAX2+回線だけでも十分なので、別途料金がかかるというリスクに対して、メリットの少ない機能です。

おまかせ一括設定機能

WX05_おまかせ一括設定機能
3通りのパターンで、電池持ちを減らして通信速度を上げるか、電池持ちを増やして通信速度を下げるかを、ワンタッチで行える機能です。

通信速度を最優先したパターンでは、電池持ちが8時間程になりますが、最高速度は先に述べた通り他機種に比べて118Mbpsも遅いままなので、あまり意味のない機能といえます。

WiMaxハイパワー機能

WX05_WiMaxハイパワー機能
電波が弱いエリアにおいて、基地局とWiMAX端末の通信を強化する機能です。

技術としては新しいものではなく、消費する電力を増やして、WiMAX端末からの電波の発信力を強化することで、これまで繋がりづらかった場所での通信を可能にする仕組みになっています。

実は、WiMAX2+の前身であるWiMAX回線では搭載されていた機能で、読み込みの速度や通信スピードは大きく変わらないものの、ギリギリ繋がるかどうかといった場所からの通信がやや安定するものでした。

地下や窓から遠い部屋など、限定的なシーンにおいてのみ使える機能です。

2. 結局どのルーターを買えばいいのか

WX05は、WiMAXを選ぶ上で最重要といえる最高速度がW05に比べて118Mbpsも遅いという点でおすすめできない機種です。

常に、バッテリーの持ちが10時間以上必要な場合をのぞき、「W05」を選ぶことをおすすめします。

wimax端末_おすすめ機種_W05

ルーターはWX05を除けば主に5機種から選ぶことができますが、「W05」が圧倒的に優れており、具体的には以下3つの理由から間違いなくおすすめです。

  • 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で758Mbps)
  • 「au 4G LTEモード」含め、全ての機能が使える
  • 上り通信速度も大幅アップし、画像アップロードなども高速化

1つ1つのポイントを簡潔にご紹介します。

※スペック比較表

wimax端末スペック比較

ポイント1. 通信速度が最速

wimax端末スペック比較_下り通信速度

「W04」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が758Mbpsと現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。

WiMAXは当然ながら通信速度が最重要ですので、この時点で選択肢は「W05」と「W04」に絞られます。

「WX05」や「WX04」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。

ポイント2. 上り通信速度も大幅アップ

wimax端末スペック比較_上り通信速度

あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も2.5倍に大幅向上しています。

  • W05:上り最大75Mbps
  • W05以外:上り最大30MBps

※「上り速度」とは簡単に言うと、写真や動画のデータをWEB上にアップロードする際の速度です。WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。

上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。

今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W05」でのみ2.5倍の大幅に向上されています。

ポイント3. 「au 4G LTEモード」の758Mbps通信に対応

何ができるかというと、「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度758Mbpsの高速通信が可能です。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au  4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

利用した月は1005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

3. 機種を決めた後に、最もお得にWiMAXを買うための全知識

ルーターが決まったら、 次は下記2点を決めなければなりません。

  • 契約プランを決める
  • プロバイダを決める

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選びましょう。
順番に解説します。

3-1. プランの選び方

プランは「通常プラン3,670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,350円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。
スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

3-2. プロバイダの選び方

2018年11月の最新情報です。
WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記のポイントから選ぶことが重要です。

  • 3年プランではなく、2年プランで申し込めるか
  • 「W05」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか

結論として、選ぶべきプロバイダは、2018年11月現在、下記一択です。

要点をしぼって説明していきます。

2年契約プランでもキャンペーンの適用ができるか


キャンペーンを選ぶとき、申し込みは「2年契約」を選べるのか絶対に確認してください。

2017年から、「3年契約プラン」をプロバイダが打ち出していますが、プランとしては最悪です
3年契約にしてしまうと、3年ごとに自動更新されてしまうため、解約できるタイミングが3年に1回しか来ません

37ヶ月目、73ヶ月目、109ヶ月目をピンポイントに狙って解約手続きをしないと、解約違約金(9,500円〜)を支払わなければなりません。
だからといって、料金が大幅に安くなるなどのメリットはありません。

さらに、同じルーターを3年間使い続けなければならないのも、3年プランをおすすめできないポイントです
2年も経てば、スペックが格段に向上した新しいルーターが発売されています

下記は、発売時期が2年離れているルーターを比較した表です。

下り最高通信速度は3倍以上、バッテリーの持ちも大きく改良されています。
また、バッテリーの持ちが悪くなったり、故障したら修理代がかかるなど、同じ機種を長時間使うのはデメリットが多すぎておすすめできません

2年契約プランで申し込み、2年たったら一旦解約し、再度新しい機種で申し込みなおすのが最善の方法です

3年プランにメリットはないの?

唯一のメリットは「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)」が無料で使えることですが、そもそも使われることが少ないモードなので、確実に使うという方以外は2年プランを選びましょう。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは
主にWiMAX回線が通っていない山間部などで使われるモードで、「au  LTE回線」を使用して通信をするモードです。
端末のタッチパネルから簡単に切り替えることが可能です。
通常は下記のようにデメリットが多いモードのためあまり使われませんが、地方への出張や旅行など万が一のときには非常に重宝するモードです。
デメリット

  • 別途料金がかかる (1005円/月)
  • このモードで7GB以上使用すると、その月は通常の通信モードも含めて128kbpsの低速制限がかかる
  • 制限がかかってしまうと、救済措置がなく当月は諦めるしかない

次の項目でまとめる表で、2年プランで申し込んだ場合に一番安いプロバイダはどこか比較していきます。

「W05」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか

選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。

注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて基本契約期間の2年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかどうかです。
「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。

また、一見キャッシュバック金額が高く見えても、「古い端末限定でキャッシュバック金額が高い」というプロバイダも多いため、注意が必要です。
下記の表では、2018年11月現在の情報で、「2年プラン」「W05」を選んだ場合にかかる実質費用を計算しました。
※実質費用 = 登録料 + 初月料金 + その他費用 + 月額料金×23 + 端末代 – キャッシュバック – その他割引

順位プロバイダ名2年間利用時のトータル費用キャッシュバック金額
通常プランギガ放題
1GMOとくとくBB57,21769,300 34,050
2 3WiMAX 75,050 88,405 0
3@nifty – 101,691 0
4 家電量販店 91,704 106,068 0
5 DIS – 106,068 0
6 UQ WiMAX 92,504 106,868 0
7 So-net 99,685 120,096 0
 BIGLOBE W05で2年プラン取り扱いなし
 Broad WiMAX 2年プラン取り扱いなし
 朝日ネット 2年プラン取り扱いなし
 DTI W05で2年プラン取り扱いなし

比較すると、『GMOとくとくBB』が圧倒的に一人勝ちしている状況です。
※ちなみに、「W05」で比べても、GMOとくとくBBが一番安い結果となりました。

2018年11月 最新情報
2017年11月より、残念ながらほとんどの主要プロバイダが2年プランから撤退し、3年プランに移行してしまいました
ビジネスとしての収益性が3年プランの方が高い(顧客の囲い込みができる)という背景からだと思われます。
前述した通り3年プランはデメリットも多いため、選べるうちは2年プランを選びましょう。
『GMOとくとくBB』も近いうちに2年プランから3年プランに注力すると予想されます。

それでは、GMOで買うべきか?

現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。

ただし一点だけ、購入前に知っておくべき注意点があります
それは『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、何も知らずに購入してしまうと、34,050円のキャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。

※キャッシュバックを受け取るための手続きって?
手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目にGMOから送られる「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。
簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。

『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。

手続きが不要でお得なプロバイダはないの?

結論から言うと、2018年11月現在、手続きが不要でお得なプロバイダはありませんでした。
今は終了してしまいましたが、以前は『BIGLOBE』が変わった手続き方法をとっていましたので、選択の余地がありました。

旧BIGLOBEキャッシュバック受け取り方法

  • 購入後すぐにアンケートに期限内に答える
  • 13ヶ月目に引換券(振替払出証書)が郵送で送られてくる
  • 所定の期間内に銀行で手続きを行い、現金を受け取る

手間はかかるものの、忘れにくさで言えば優れたキャンペーンでしたが、2018年5月で終了してしまいました。
現在はGMOと同じく手続きが必要です。

GMO以外のプロバイダはどうなの?

結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。

なぜなら、他のプロバイダは『GMOとくとくBB』と全く同じ手続きが必要なのに、その割には速度などサービスは一切変わらず料金だけがGMOと比べると高いからです。

また、『3WiMAX』の「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、『BIGLOBE』がデータ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

3年プランで申し込みたい場合はどこを選べばいいの?

3年間絶対に解約しない場合でも、大きく安くなるわけでもなくメリットが少ないので基本的におすすめしませんが、おすすめの「W05」で3年プランの場合を比較しました。
※実質費用 = 登録料 + 初月料金 + その他費用 + 月額料金×35 + 端末代 – キャッシュバック – その他割引

順位プロバイダ名3年間利用時のトータル費用キャッシュバック金額
通常プランギガ放題
1GMOとくとくBB92,824112,506 42,000
2 So-net 100,300 121,300 0
3@nifty 101,351123,791 30,100
3 Broad WiMAX 101,686 124,291 0
4 BIGLOBE 102,325 124,930 30,000
5 朝日ネット 110,192 128,679 0
6 DTI 133,400 134,850 0
7 家電量販店 136,057 158,629 0
8 UQ WiMAX 138,856 161,428 0
 3WiMAX 3年プラン取り扱いなし
 DIS 3年プラン取り扱いなし

比較すると、こちらも『GMOとくとくBB』が圧倒的に一人勝ちしている状況です。

2018年11月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。
2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社2年プランから撤退する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらもライバルがいない分、キャッシュバックを少なくしても顧客獲得ができるので、徐々に減額していくものと思われます。

最近の大きな動きでは、2018年2月に『DTI』がキャッシュバックを終了しました。『GMOとくとくBB』もいきなり2年プランキャッシュバックが終了という可能性もありますので、購入を検討している方は早めの申し込みをおすすめします。

プロバイダ選びについて|まとめ

プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。

  • 2年プラン、「W05」が選べるプロバイダを選ぶのが基本
  • キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる
  • 2018年11月現在、『GMOとくとくBB』(https://gmo.jp)が最もお得
  • 購入後11ヶ月目にメールを確認し、キャッシュバック受け取りの手続きは忘れず行う

※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。
『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/
※電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

4. まとめ

WX05は悪くはないものの、W05とスペックを比べるといまいちでした。
WiMAXは速度が重要ですので、バッテリーがよほど大事な方以外はW05を選ぶことをおすすめします。

2018年11月現在は下記で契約することをおすすめします。

上記の内容で契約をし、お得に安心してWiMAXを手に入れましょう!

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件が変わるため、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。
『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket