WiMAX最新機種WX03をおすすめしない全理由|12/1更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-13-39-00

【12月1日更新】WiMAXで「WX03」という新機種が12月上旬に発売されるけど、発売まで待って「WX03」を買うか、現行機種「W03」を買うか、どちらにすべきか悩んでいませんか。

結論からいうと、公式発表と関係者からの情報をもとにスペックを徹底比較したところ、弊サイトとしては12月発売の「WX03」ではなく現行機種の「W03」をおすすめします

これから根拠を解説しますが、主な理由としては「LTE非対応」「バッテリーの持ちが悪い」です。

このページでは、長年の通信機器販売の知識をもとに、公式発表と関係者からの情報を徹底検証した上で下記について解説していきます。

  1. 現行機種との徹底比較
  2. 結局どの機種を買えばいいのか
  3. 機種を決めた後に、もっともお得にWiMAXを買うための全知識

全て読めば、WiMXA2+でどの機種を選ぶか、また最適な契約方法がわかり、快適なネット生活を楽しむことができるでしょう!

1. 現行機種との徹底比較

スペックを比較したところ、結論からいうと、最新機種「WX03」はLTEに非対応であり、バッテリー持ちがやや優れないという観点から、「Wシリーズ」の最新機種「W03」のほうが弊サイトとしてはおすすめです

そういう意味で「おすすめはしない」としていますが、スペックを見る限り全く悪い機種ではなく、今までWXシリーズといえば発熱問題や通信回線の自動切り替えが余計な動きをして低評価でしたが、今回は期待ができそうです。

現行機種「WX02」との徹底比較と、改めてなぜ「W03」がおすすめなのか、根拠を解説します。

1-1. スペック徹底比較

現行機種「WX02」と比較すると、現時点で判明している変更点は下記の6点です。

  • バッテリー時間が1時間50分減少した
  • 旧WiMAX回線に非対応になった
  • 最高速度の理論値が440Mbpsに改良された
  • タッチパネルを採用した
  • 細かい新機能がいくつか追加された(通信料計測など)
  • デザイン

他の機種も含めて、表で比較したあと、それぞれを詳しく解説します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-13-10-50

(1) バッテリー時間が1時間50分減少した

WiMAXのハイパワーモードによるバッテリー駆動時間が1時間50分減少しました。

通信技術が「4×4 MIMO」から「CA」との併用になったため、両者の技術を一気につかうためにバッテリー消費が激しいからかと推測されます。

ただし、通信端末としては十分すぎるくらいの持ちなので、あまり気にする必要もないでしょう。

(2) 旧WiMAX回線に非対応になった

これは非常に良い変更です。

旧機種WX02では、WiMAX2+が繋がらないところでは、自動的に旧WiMAX回線に繋がる自動切り替えの機能がついていました。

しかし、旧WiMAX回線自体が縮小し続け非常に遅い点と、自動切り替えが不本意に行われる点で問題がありました。(例えば移動中は切り替えを続けてしまう可能性がある、など)。

最新機種WX03では本機能はなくなっているため、安定して回線を使用できることが予測されます。

(3) 最高速度の理論値が440Mbpsに改良された

あくまで理論値ですが、最高速度が440Mbspに改良されたとの発表があります。

ただし、使用できるエリアは限られているようで、実際にどれくらいのスピードがでるのか、どのエリアで利用可能なのかはまだ不明でなんともいえません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-13-24-07

出典: UQ WiMAX: http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201610245.html

ただし、いかに最高速度が速かろうと、通信量が3日間で3GBに達した時点で5MBps〜8Mbps程度まで速度制限がかかってしまいます。

一時的に重い動画を快適に見れたり、ネットゲームを快適にプレイできたとしても、すぐに速度制限にかかってしまってはあまり意味がありません。

速度制限との兼ね合いを考えると、最高速度がいかに出ようとあまり恩恵はないのではと弊サイトとしては考えています。

(4) タッチパネルを採用した

いままでWX02といえば、タッチパネルを搭載しておらず操作性に難がありました。

本機種ではようやくタッチパネルが搭載され、「Wシリーズ」のような使いやすさが期待できます。

(5) 新機能がいくつか追加された(通信料計測など)

使い所があるのかは不明ですが、細かい機能の追加がありました。

  • 通信料カウンターがついた
  • クレードルが強化された

旧機種WX02では通信料が月ごとにしか見れませんでしたが、WX03では日ごとに見れるようになりました。

また、クレードルについても強化され、自宅でこの上に置いて使えば通信が強くなるという機能がついたようです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-16-04-57

ただし、この手の商品は過去いくつか販売されていたものの、あまり良い実績を聞いたことがありません。

販売後すぐに弊サイトで実証テストを行います。

(6) デザイン

デザインは完全に個人の趣向になりますが、WXシリーズといえば無骨でやや大きく、どちらかといえば男性に向いてるかな、という印象でしたが、今回はWシリーズのような女性受けするデザインになるようです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-13-29-41

画像を見る限り、とてもおしゃれな印象を受けます。早く実物を見たいところです。

サイズについては前機種WX02との比較になりますが、そこまで大きくは変わりません(幅×奥行き×高さ)。

  • WX03:  W99×H62×D13.2
  • WX02: W109×H66×D9

WX02とほぼ同じですから、大きさのイメージとしては下記の表でイメージがわくでしょう。

名刺よりやや大きい程度です。

スクリーンショット 2015-07-20 0.34.12

重さは15g増えてますが、持っててとてもかっこいいデザインではないかと思います。

他の機種のデザイン

参考までに現在販売している他機種についてもデザインを紹介しますので、比較して下さい。

W03

白の光沢感がとても綺麗で特におすすめです。

7月1日以降、弊社でも何名か使っておりますが、傷も入りにくく、長くきれいに使えるデザインです。

スクリーンショット 2016-06-16 19.42.20

W02

前機種に引き続き、デザイン性は非常に高いです。ホワイトは特におすすめで、タッチスクリーンの中の文字もシャンパンゴールドになっていたりと、全体的に高級感があふれています。ブラックについては、好きな人は好きな斬新さがありますね。

スクリーンショット 2016-05-01 18.19.27

W01

全体的に光沢があり、傷もつきにくく長く愛用できる機種です。裏表で色合いが違い、とてもおしゃれです。写真で見るとブルーが少し子供っぽいかなと思われがちですが、実物を見てみると光沢があり艶やかで、デザイン性が高くおすすめです。

スクリーンショット 2016-05-01 18.22.19

WX01

シンプルですね。タッチスクリーンではないのがやや残念ですが、無難です。

スクリーンショット 2016-05-01 18.24.08

WX02

やや無骨な印象です。タッチパネルが前機種と同じくないのは残念です。

スクリーンショット 2016-05-01 18.19.33

※個人的には、全機種のなかで「W03」のホワイトが万人受けするデザインかと思います。

※全機種詳細の比較(興味のある方のみご参考下さい)

マニアな方向けに、最新機種「WX03」と「W03」の全ての詳細情報を公式ページより引用し、お伝えします。

すべて公式ページからの引用ですので、気になるところがある方はご参考ください。

「WX03」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-21-54-56

出展: http://www.uqwimax.jp/products/wimax/wx03/

「W03」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-21-56-19

出展: http://www.uqwimax.jp/products/wimax/w03/

2. 結局どの機種を買えばいいのか

最新機種の「WX03」も、最高速度など魅力は十分にありますが、LTE非対応、バッテリーの持ちが短いというのが理由で、やはりおすすめは「W03」です。

おすすめNo.1『 W03』
スクリーンショット 2016-06-16 19.56.58W03 (2016年7月1日発売)

220MbpsのWiMAX2+高速通信、au 4G LTEに対応しており、全国どこに行っても使えて安心で、万能機種です。

バッテリーの持ちも9時間30分とシリーズ最長で、現時点で間違いなく推奨できます。

3. 機種を決めた後に、最もお得にWiMAXを買うための全知識

ルーターが決まったら、 次は下記2点を決めなければなりません。

  • 契約プランを決める
  • プロバイダを決める

結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、おすすめプロバイダは『GMOとくとくBB』または『BIGLOBE』です。

それぞれ解説します。

3-1. プランの選び方

プランは「通常プラン3,670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,350円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

3-2. プロバイダの選び方

2016年12月の最新情報です。

選ぶべきプロバイダは『最適なWiMAXプロバイダ選びの5つの要点とおすすめ2選』で詳しく解説していますが、『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』のどちらかです。

※プロバイダで通信速度やサービス内容に違いは全くありません。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-10-54-03

『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』のどちらを選ぶべきか

両者の大きな違いは下記2点です。

  • キャッシュバック金額(GMO: 33,000円 BIGLOBE: 20,000円)
  • 受け取るための手続き(GMO: 必要 BIGLOBE: 不要)

どちらを選べばいいかというと、とにかく安く使いたい方には『GMOとくとくBB』、割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』を推奨します。

※キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目に来る「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

それさえ見落とさなければキャッシュバックは確実にもらえるのでご安心ください。

『BIGLOBE』は口座情報を登録しなくても、郵便局で換金できる「振替払出証書」が送付されてくるので、それを郵便局に持っていくだけでキャッシュバックが受け取れます。

忙しくてメールチェックを一切しない方や、面倒くさがりの方は、『BIGLOBE』にしておきましょう

どちらが人気かというと、簡単な手続きで1万円以上の差がでるため、最終的に『GMOとくとくBB』を選ぶ方が多いです。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOネットワーク株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

2社以外のプロバイダはどうなの?

結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。

なぜなら、他のプロバイダは『GMOとくとくBB』と同じく手続きが必要で、その割には速度などサービスは一切変わらないのに値段だけがGMOと比べると高いからです。

『GMOとくとくBB』で最もやすく使うか、『BIGLOBE』で手続きなしでそれなりの価格で使うか、2択となります。

2016年12月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。

昨年2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社減額する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらも予算が消化され次第、徐々に減額していくものと予想されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-13-28-41

突然12月にキャンペーンが終わることはないとは思いますが、今後減額される可能性は十分にあるため、購入する予定のある方は12月中の購入をおすすめします。

4. まとめ

最新機種WX03は、最高速度440Mbpsなど魅力は多いですが、現在のところスペックを比較すると弊サイトとしてはW03をおすすめします。

2016年12月現在は下記で契約することをおすすめします。

  • 契約プラン:ギガ放題
  • 機種:W03
  • プロバイダ:GMOとくとくBB(割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』)

上記組み合わせで安心・お得に、WiMAXで快適な通信生活を楽しみましょう!

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるようなので、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

GMOとくとくBB公式ページ:  http://gmobb.jp/

BIGLOBE公式ページhttp://join.biglobe.ne.jp/wimax/

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket