時代遅れ!WiMAXの旧機種WX02を選ぶべきでない全理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WiMAXで「W02」という機種が選べるけど、最新機種の「WX03」と「W04」とどちらを選ぶべきか迷っていませんか。

どうしても他の機種だけ在庫切れで頼めない時や、キャッシュバック金額が「WX02」だけお得というケースが時々あるので悩む方もいるかと思いますが、結論からいうと購入は全くおすすめできません

最新機種とは最高速度が2倍違ったり、バッテリーの持ちが悪かったりと、発売時期は1年ほどしか違いませんが性能には大きな差があり良いところが有りません

このページでは、長年の通信機器販売の知識をもとに、「WX02」についてUQ WiMAXのテクニカル担当に問い合わせをしながら下記について解説していきます。

  • どの機種を選べば良いのか
  • 最新機種との徹底比較
  • もっともお得にWiMAXを買うための全手順

全て読めば、WiMXA2+でどの機種を選ぶか、また最適な契約方法がわかり、快適なネット生活を楽しむことができるでしょう!

1. どの機種を選べば良いのか

「WX02」を選ぶべきではないとして、どの機種を選べば良いのか、まずは結論からお伝えします。

徹底比較した結果、やはり最新機種の「WX03」か「W04」を選ぶべきといえます。

スクリーンショット 2017-01-29 16.44.08

440kbpsの高速通信、バッテリー、対応機能など全てにおいて「WX02」を含め旧機種に勝ち目は全くない優れた機種と言えます。

「WX03」と「W04」のどちらを買うべきか?

どちらを買っても間違いありませんので、下記の違いから判断しましょう。

「WX03」と「W04」の違いは下記の通りです。

  • 「WX03」は「ハイスピードプラスエリアモード」に非対応
  • 「WX03」バッテリーの持ちが2時間弱ほど「W04」よりも優れている

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていない山間部などで使われるモードで、「au  LTE回線」を使用して通信をするモードです。

通常はデメリットが多いモードのためあまり使われませんが、地方への出張や旅行など万が一のときには非常に重宝するモードです。

デメリット

  • 別途料金がかかる (1005円/月)
  • このモードを使うと、その月は7GB制限がかかる
  • 一回モードを設定してしまうと、その月は戻せない

この機能は「出張や旅行で良く山奥に行く」といった方以外はほとんどのユーザーは実際には使わない機能ですので、不要だと思ったらバッテリーの持ちが良い「WX03」をおすすめします。

どの機種を選んでも『GMOとくとくBB』や『BIGLOBE』といった主要プロバイダであればルーターは基本的に無料でもらえますので、あえて性能の低い機種を選ぶ必要は全くないでしょう。

※購入時の注意点

2017年3月現在、最も安く購入できるプロバイダは『GMOとくとくBB』ですが、キャッシュバックの受け取りに簡単ですが重要な注意点があり、知らないと3万円ほど損しますので、『元販売員が教えるGMOのWiMAXで契約前に読むべき全知識』を事前に参考にしてください。

2. 現行機種との徹底比較

最新機種との比較を下記流れで解説します。

  • スペック比較
  • デザイン比較

1-1. スペック比較

先ほどお伝えした通り、「WX02」のスペックを比較したところ、最新機種「WX03」と「W04」との比較で、勝っている点はひとつもありませんでした。

スクリーンショット 2017-01-29 16.44.08

速度が2倍違うだけでも雲泥の差といえますが、バッテリーの持ちや機能含めて全くおすすめできませんね。在庫処分でセールになっていたとしても、手を出すものではありません。

WiMAXは2年契約で途中でルーターの機種だけ変えることはできないので慎重に選びましょう。

1-2. サイズ・デザイン比較

UQ WiMAXから出ているのは下記のみですが、WX01からさらに丸みを帯びたデザインです。

スクリーンショット 2015-11-14 12.31.37

無骨ですね。ビジネス向けでしょうか。

スクリーンショット 2016-05-01 18.19.33

サイズは下記の通りです。

  • WX02 110×66×9.3mm

最新機種と比較すると、下記の通りとなります。

スクリーンショット 2017-01-29 16.52.39

最新機種と比べると、性能は低い割りにやや大きく感じてしまいます。

他の機種のデザイン

参考までに現在販売している他機種についてもデザインを紹介しますので、比較して下さい。

発売日が新しいものから紹介していきます。

W04(2017年2月17日発売)

スクリーンショット 2017-01-26 0.11.01

裏面の丸みを帯びたゴールドの質感など、非常にデザイン性の高い機種です。縦型ということで操作性もあがり、細長い形状なのでカバンのポケットにもしまいやすい印象です。

WX03(2016年12月2日発売)

スクリーンショット 2017-01-26 0.09.02

サイズとしても一番コンパクトで、ほぼ名刺サイズです。実物を見てみるとマットな仕上がりが非常にきれいで、「W03」よりもおしゃれに感じます。

W03(2016年7月1日発売)

前期種W02と同じく、美しいデザインですね。光沢があって心配でしたが、傷がつきにくく、長く使えるデザイン性の高い機種です。

スクリーンショット 2016-06-16 19.42.20

W02(2016年2月19日)

デザイン性は非常に高いです。ホワイトは特におすすめで、タッチスクリーンの中の文字もシャンパンゴールドになっていたりと、全体的に高級感があふれています。ブラックについては、好きな人は好きな斬新さがありますね。

スクリーンショット 2016-05-01 18.19.27

WX02(2015年11月20日)

全機種WX01と同じく、無骨なデザインです。ビジネス向けでしょうか。

スクリーンショット 2016-05-01 18.19.33

3. もっともお得にWiMAXを手にいれる全手順

ルーター機種選びの次は、WiMAXを申し込むために、下記2点を決めなければなりません。

  • 契約プラン
  • プロバイダ

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、プロバイダは『GMOとくとくBB』か『BIGLOBE』の2社から選びましょう。

申し込む際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるため購入は必ず公式ページ経由で行うことを推奨します。

・GMOとくとくBB公式ページ: http://gmobb.jp/service/wimax2/

・BIGLOBE公式ページ: http://join.biglobe.ne.jp/wimax/

それぞれ解説します。

3-1. プランの選び方

プランは「通常プラン3,670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,350円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

3-2. プロバイダの選び方

2017年3月の最新情報です。

選ぶべきプロバイダは『最適なWiMAXプロバイダ選びの5つの要点とおすすめ2選』で詳しく解説していますが、『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』のどちらかです。

※プロバイダで通信速度やサービス内容に違いは全くありません。

『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』のどちらを選ぶべきか

両者の大きな違いは下記2点です。

  • キャッシュバック金額(GMO: 34,000円 BIGLOBE: 20,000円)
  • 受け取るための手続き(GMO: 必要 BIGLOBE: 不要)

どちらを選べばいいかというと、とにかく安く使いたい方には『GMOとくとくBB』、割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』を推奨します。

※キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目に来る「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

それさえ見落とさなければキャッシュバックは確実にもらえるのでご安心ください。

『BIGLOBE』は口座情報を登録しなくても、郵便局で換金できる「振替払出証書」が送付されてくるので、それを郵便局に持っていくだけでキャッシュバックが受け取れます。

忙しくてメールチェックを一切しない方や、面倒くさがりの方は、『BIGLOBE』にしておきましょう

どちらが人気かというと、簡単な手続きで1万円以上の差がでるため、最終的に『GMOとくとくBB』を選ぶ方が多いです。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

2社以外のプロバイダはどうなの?

結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。

なぜなら、他のプロバイダは『GMOとくとくBB』と同じく手続きが必要で、その割には速度などサービスは一切変わらないのに値段だけがGMOと比べると高いからです。

『GMOとくとくBB』で最もやすく使うか、『BIGLOBE』で手続きなしでそれなりの価格で使うか、2択となります。

2017年3月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。

昨年2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社減額する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらも予算が消化され次第、徐々に減額していくものと予想されます。

突然今月でキャッシュバックキャンペーンが終わることはないとは思いますが、減額される可能性は十分にあるため、購入する予定のある方は3月中の購入をおすすめします。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

WX02は時代遅れのルーターなので、「WX03」または「W04」を選びましょう。

まとめると、2017年3月現在、機種・プラン・プロバイダは下記の通りが一番おすすめです。

  • 契約プラン:ギガ放題
  • 機種:W04(LTEを使わずバッテリー重視の方はWX03)
  • プロバイダ:GMOとくとくBB(割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』)

上記組み合わせで安心・お得に、WiMAXで快適な通信生活を楽しみましょう!

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるようなので、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

GMOとくとくBB公式ページ:  http://gmobb.jp/

BIGLOBE公式ページhttp://join.biglobe.ne.jp/wimax/

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket