WiMAXでソフトバンクのスマホ料金が安くなる基準と方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
WiMAX ソフトバンク アイキャッチ

「WiMAXを使ってソフトバンクのスマホ(パケット)料金を安くすることができないかな」とお悩みですね。

その他にもソフトバンクユーザーでもWiMAXを契約することができるのか、iPhoneや自分の使っているスマートフォンで使えるのか、など分からないことがありますよね。

このページでは、業界で長年様々な通信サービスや機器に関わってきた私の経験と知識からWiMAXを使ってソフトバンクのパケット料金を安くする方法について、以下の流れで分かりやすく解説します。

  1. WiMAXを使ってソフトバンクのパケット代を節約できるか分かる1つの基準
  2. WiMAXとソフトバンクのデータ通信の比較
  3. ソフトバンクでWiMAXを使う時に知っておきたい3つのこと

最後まで読めば、WiMAXを利用することでソフトバンクに比べて安い料金でスマートフォンにかかる通信費を上手に節約でき、あなたのインターネット生活が快適になることが分かるでしょう。

1. WiMAXでソフトバンクのパケット代を節約できるかの1つの基準

WiMAXでソフトバンクのパケット料金を節約できるかどうか分かる1つの基準について説明していきます。

基準:スマホの月間使用パケット量が20GBを超えるか超えないか

ソフトバンクは9月13日より「ギガモンスター」という新しいデータプランを開始しました(新規契約・機種変更を伴わないプラン変更の場合は9月29日より受付開始)

これまでのデータ定額パック・標準(8)、大容量(10)~(30)の新規申し込み受け付けを終了し、下記の2つのプランが新たに加わります。

  • データ定額 20GB|月額6,000円
  • データ定額 30GB|月額8,000円

大量にデータを使う人にとっては良いプランで、もし使い切れなくてもデータくりこしで余ったデータ容量をすべて翌月に繰り越せます。

また、2017年4月末までテザリングオプションの月額使用料1000円が無料となるキャンペーンも発表されています。

しかし、一見お得に見える新プランでも月に20GB以上使う人はWiMAXの方が安くなるのでおすすめです。

パケット料金を節約できる具体的な計算

パケット定額サービスを20GB使用する場合は6000円です。

WiMAXを利用してデータ通信を無制限に使う場合、パケット定額を2GBにしてWiMAXギガ放題プランを選択すると下図のようになり、お得になります。

WiMAX スマホ softbank

データ定額小容量(2)+WiMAX無制限プランは下記のようになり、データ定額20の方がまだ安いです。

3500円(2GB)+4380円(無制限)=7880円(無制限)

※データ定額パック・小容量(1)に加入された場合には、月月割は適用されなくなるので、一般的な利用状況に合わないため2GBプランを選んでいます。

20GB以上は「データ定額 30GB」は8000円になるので、価格が逆転しWiMAXを併用した方が安くなります。

なお、「パケットし放題フラット for 4G LTE」が7GBで5700円で使えますが、300円差で13GBも多く使えるようになり、今後このサービスを利用する人はいなくなると考えられるため、比較からは外しています。

結論

パケット量が20GB以上なら、データ定額ミニとWiMAX無制限プランを組み合わせて利用した方がパケット料金を安くすることができます

2. WiMAXとソフトバンクのデータ通信の比較

WiMAXに比べるとあまり知られていないですが、ソフトバンクでもWiMAXと同じようなモバイルデータ通信サービスを行っています。

ここではWiMAXとソフトバンクのモバイルデータ通信のメリット・デメリットを比べてみます。

ソフトバンクモバイルデータ通信のメリット

1. 比較的安い料金で利用することができる

2番目に挙げるメリットと一部内容が重なるのですが、キャンペーンが多いため、比較的安い料金でサービスを利用することができます。

下記の条件で2年間の料金を比べてみました。

  • ソフトバンク利用中のユーザーがPocket WiFi 501HWをiPhoneやスマートフォンを通話し放題プラン(2年契約時)・データ定額パック・標準(5)の条件で契約
  • WiMAXを2016年12月現在最安値で使えるキャッシュバックありの『GMOとくとくBB(通常プラン)』、キャッシュバックなしの条件で安い料金で使える『GMO鬼安(通常プラン)』でそれぞれ契約
会社名 SoftBank GMO GMO
プラン名 4G/LTEデータし放題フラット 鬼安(通常) とくとくBB(通常)
初期費用 0円 3000円 3000円
端末受取月(初月) 980円 0円 0円
1ヶ月目〜2ヶ月目 980円 2760円 3609円
3ヶ月目〜24ヶ月目 3196円 2760円 3609円
キャッシュバック 0円 0円 33000円
2年間の総額費用 72252円 69240円 56616円
2年間の実質月額費用 3010円 2885円 2359円

(※2016年12月現在の情報を基に作成。全てキャンペーン適応後の税抜き価格。SoftBankは新Wi-Fiセット割(スマホ割)の分も含めています)

7GBを使用する場合、2016年12月現在キャッシュバック業界最高額の33000円の『GMOとくとくBB』で契約すると、2年間で16000円ほど料金が変わってきます

受け取れないリスクがあるキャッシュバックがない、安い料金で使える『GMO鬼安』で契約してもまだWiMAXの方が安く使えます。

ソフトバンクの方はこれにiPhoneの利用料金が毎月8000円かかります。

使えるデータ通信量の合計がiPhoneの5Gを合わせて12GBになり、WiMAXと条件が異なってしまうので比較は難しいですが比較的安い料金でモバイルデータ通信を利用することができると言えます。

2. キャンペーン・プレゼントが多いので上手に活用・適応されればさらに安い料金で使える。

ソフトバンクはキャンペーン・プレゼントを積極的に行っているため、自分の利用条件に当てはまる割引が受けられたりプレゼントが当たったりするとさらに安い料金で使えます。

2016年12月現在ではWiMAXの方が安く使えるように見えますが、ソフトバンクが期間限定のキャンペーンなどを行えば逆転することも考えられます。

ソフトバンクデータ通信のデメリット

1. 通信業界で最も厳しい通信制限条件

ソフトバンクとWiMAXの通信速度と速度制限の条件、制限時の通信速度を比較してみました。

WiMAX ソフトバンク 短期制限 比較

4Gデータし放題フラット(+)プランでは3日間の使用でたったの1Gという、通信業界で最も厳しい制限が課されます

1GBで出来ることを下図で示しました。

WiMAX ソフトバンク 1G

もし高画質の動画を見たい場合、速度制限にかからないようにするには1日2分くらいしか見れません。

しかしネットサーフィンをしていれば分かりますが、最近はリッチコンテンツというユーザーが希望しないのに勝手に動画の広告が流れたり、映像が動いたり音楽がかかったりします。

これらにも当然パケットは使用されてしまうので、思わぬところでデータ量が使われて速度制限になりやすい状態になり、速度制限を受けてしまうと128kbpsの速度にされてしまいます。

速度制限の体感時間

どのくらい遅い速度になるのか、3つの利用例を元に比較してみました。

WiMAX ソフトバンク 速度制限

このように、速度制限の128kbpsが通常のインターネットも満足にできない遅い速度である事に対して、6MbpsはYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、WiMAXは制限を受けても快適に使い続けることができます。

2. 品質の低い通信を使わされる可能性が高い

ソフトバンク側の通信量を削減するために勝手にデータ内容を省略されます。

そのため、動画や写真を開く時に時間がかかるのと他社の通信に比べて画質が悪くなります。

WiMAX ソフトバンク 通信制御

出典:SoftBank モバイル 通信速度の制御について

まずは通信速度の制御ですが、上記対象の通信を利用する場合速度制限がかかっていない時でも通信速度を抑えられます。動画・写真関係を使う時は通信速度が遅くなることが多いと考えて良いでしょう。

実際にどのくらいの画像圧縮・劣化・制限がかかるかについて画質や動画の読み込み速度を確認したい人はこちらの記事で紹介されている内容が参考になります。

また、ワイモバイルの親会社で共通の回線を使っているソフトバンク回線で、自動圧縮劣化のせいで、アプリのゲームデータに不具合が発生する事例もあります。

次に「最適化」なる一見するともっともらしい良い印象を受けるような言葉を使っています。

しかし、その意味はSoftBank側の通信量を抑えるためにパケットを省略したり圧縮したりして常に劣化したコンテンツしか見られませんよということです。

上記対象となるコンテンツサービスをよく利用される方で、画質などを気にされる場合は特におすすめできないことが分かります。

3. ソフトバンクでWiMAXを使う時に知っておきたい3つのこと

ご存知の方も多いでしょうが、WiMAXはUQ コミュケーションズという会社から提供されている「家でも外でもインターネットを使えるモバイル通信のこと」で、WiMAXの通信端末を利用してデータ通信を行います。

原理は皆さんが使っている携帯電話やスマートフォンと一緒です。

ただ、WiMAXを使うのによくある誤解を見聞きするので、ここではその誤解と回答を幾つかご紹介します。

3-1. WiMAXはプロバイダで契約するのが一番お得

現在、WiMAXを契約する方法は3つあります。

  • UQ WiMAX公式ホームページhttp://www.uqwimax.jp/
  • 家電量販店・auショップの店頭:『ヨドバシカメラ』『ヤマダ電機』など
  • プロバイダ(代理店)のホームページ:『GMO』『BIGLOBE』『So-net』など

結論から申しますと、多くのキャッシュバックをもらえて通信料金を更にお得に安く節約できるプロバイダのホームページから契約するのが最もおすすめになります。

ソフトバンクショップでWiMAXを契約できる?

契約できません。上記で説明した通りWiMAXはUQ コミュケーションズという会社から提供されているサービスになるので、ソフトバンクから契約をすることはできません。

3-2. WiMAXとスマホの接続は簡単

使用しているスマホの機種(Android、iPhone)によって若干設定画面が違いますが、方法は同じです。

ソフトバンクのiPhoneやスマートフォンではWiMAXは使えないという誤解をよく聞きますがきちんと使えます。

WiMAXの電波をソフトバンクの製品に直接使うことはできませんが、Wi-Fiを使ってWiMAXとソフトバンクの製品をつなげてあげることで、WiMAXの電波を使って通信することができます。

下図のように、[設定]から[Wi-Fi]を選択し、WiMAX端末機器(ルーター)名を選び、パスワードを入力すれば接続することができます。

分からない場合は、WiMAX端末機器の取扱説明書をご確認ください。

WiMAX スマホ 接続方法出典:UQコミュニケーションズ スマートフォンでもWiMAX

なお、ここではスマホを例に挙げましたが、iPadのようなタブレットやPC・PSPやニンテンドーDSといったゲーム機もWi-Fi接続してインターネットを使うことができますので安心してください。

3-3. ソフトバンクのパケットプランを最小容量変更する

WiMAXの端末が届いたら、上記の手順で通信ができるように設定をした後に忘れずにソフトバンクのパケットプランを最小容量に変更してください。

まずはMy SoftBankにアクセスします。

ご自分の携帯電話番号とパスワードを入力し、ログインします。

WiMAX ソフトバンク My SoftBank

出典:My SoftBank

ログイン後に「割引サービス」項目内の「パケット通信料割引サービス変更」のチェックを確認 し「次へ」を選択します。

ご希望のデータ定額パックの種類にチェック し「次へ」を選択してパケットプランを最小容量に変更する手続きをします。

4. まとめ

WiMAXを使うとソフトバンクのサービスを利用するよりもソフトバンクのスマホ料金を安くすることができることがご理解が頂けたでしょうか。

スマホ料金を大きく節約できるWiMAXを更に1番安い料金で使うなら2016年12月現在、業界最高額33000円のキャッシュバックをもらえる『GMOとくとくBB』を選ぶと良いでしょう。

ただし、キャッシュバックを受け取る際は注意が必要ですので、プロバイダの特徴とキャッシュバックの受け取り方を解説した『WiMAX2+を最安で!GMOでの契約前に読むべき全知識』を必ずご覧ください。

通信をするための端末機種はW03を、料金プランはギガ放題プラン(月間通信量無制限)を選ぶことで、WiMAXを使ってソフトバンクのスマホ料金を安くして通信制限を気にしない快適なインターネット生活を楽しんでください。

※WiMAXをこれから購入しようとしている方へ

2016年12月現在、一番おすすめなプロバイダは『BIGLOBE』です。最安で使うなら『GMOとくとくBB』ですが、キャッシュバックを受け取れないリスクがあります。詳しくは『元販売員が教えるWiMAXはBIGLOBEを選ぶべき全理由』をご覧ください。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket