WiMAXが圏外に!即座にやるべき3つの手順と本質的な全解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「WiMAXがいきなり圏外になった」「原因はともかく、とにかく圏外から復旧しないと困る」そのような緊急事態、とにかくすぐにでも直したいですよね。

「圏外なのにつながらない」という状態はWiMAXでは良くある話ですが、「電波自体が圏外」になるというのはレアケースといえます。

このページでは通信端末を長年販売してきた自身の経験から、WiMAXが圏外になってしまう全ての理由と、それらを改善する画期的な方法を下記の流れで徹底解説していきます。

  1. すぐになおせる!とりあえずやってみるべき3つの方法
  2. WiMAXが圏外になる5つの原因と解決策

最後まで読めば、WiMAXが圏外となってしまう原因がわかり、解決することができるでしょう!

電波は数本たってるけど繋がらない!とお困りの方は、下記ページに飛んでください。

1. とりあえずやってみるべき2つの方法

第二章では原因ごとに対策方法を紹介しますが、「原因はどうでもいいから、圏外になってしまう状況をとりあえず元に戻したい!」と言う方は下記の流れを試してください。

  • Step1. 移動してみる
  • Step2. WiMAXと機器(スマホやパソコン)を再起動する
  • Step3. 通信モードを5GHzに切り替える

8割がたのケースで、WiMAXを圏外から元に戻すことができます。

Step1. 移動してみる

WiMAXの電波は直線に飛ぶため、障害物の影響を受けやすい性質があります。

そのため、まずは電波が良さそうなところに移動して見てください。

Step2. 再起動する

WiMAXそのものと、ご使用の機器(スマホやパソコンなど)をどちらとも再起動しましょう。

Step3. 通信モードを5GHzに切り替える

実はWiMAX端末で使える電波は2種類あり、初期設定は2.4GHzですが5.0GHzに変更することで電波干渉による接続不良を解決することができるのです。

利用はもちろん無料です。

Wシリーズの場合

  • タッチメニューの「設定」>「通信設定」>「Wi-Fi設定」より設定

WXシリーズの場合

  • クイック設定Webで5GHz帯の「使用する」にチェックを入れる
  • 端末のディスプレイを通常表示にしてからSELECTボタンを押す
  • メニューの「無線LAN帯域切替」を表示させ、SETボタンを押す
  • SELECTボタンを押し、「5GHz(屋外)」または「5GHz(屋内)を選択し、SETボタンを押す

上記をすべて試しても繋がらない状況が改善されない場合

次章で全ての原因と解決策を個別に解説していきますので、すべて心当たりがないか確認し、紹介する対策法を試していってください。

本当ににごく稀ですが、通信障害が起きることがあるようです。

速報はUQ WiMAXの下記ページに掲載されますので、念のためチェックしてみてください。

UQ WiMAX 障害情報: http://www.uqwimax.jp/information/maintenance/

2. WiMAXが圏外になる5つの原因と解決策

適切な使用環境でWiMAXが圏外になることには必ず理由があり、そしてそのほとんどが解決可能なものです。

WiMAXが圏外になる5つの原因

1. サービスエリアの範囲外で圏外になる

2. 置く場所が悪くて圏外になる

3. 他の電波と干渉して圏外になる

4. WiMAXの基地局で障害が発生していて圏外になる

5. 端末が完全に壊れていて圏外になる

原因1. サービスエリアの範囲外で圏外になる

まずは使っている場所が対象エリア内かどうか、「UQ WiMAX」公式ページの「ピンポイントエリア判定」を使いましょう。

使い方は2STEPのにの手順で、簡単です。

上記URLから「①ピンポイント判定」を選び、②住所を入力するだけです。

すると、次のような画面がでてきます。

「◯」「△」「×」の三段階での評価となります。

「×」の場合は諦めるしかありませんが、「△」の場合は問題なく使えるケースがほとんどです。

エリア内にも関わらず繋がらない場合は、次章で解説する「置く場所」「他の電波との干渉」が原因かもしれません。

万が一自分の居るところがエリア外だった場合は解決策としては1つかありません。

  • au 4G LTEを使った「ハイスピードプラスエリアモード」を使う

ただし、WXシリーズでは対応していませんので、その場合は使えません。

ハイスピードプラスエリアモード切り替え手順 ※Wシリーズの場合

1. ホーム画面で [ 設定 ] をタップします。スクリーンショット 2015-08-04 15.35.50
2. [ 通信設定 ] → [ 通信モード設定 ] の順にタップします。
 スクリーンショット 2015-08-04 15.35.58

3. 下段[ ハイスピードプラスエリア ] をタップするとこの画面が出てきます。※当月は1005円料金発生

スクリーンショット 2015-08-04 15.38.28

これで終了です。これでダメなら部屋の中を歩き回り、何とか繋がるところを探していきます。

あるいは気の長い方は「おきかせください。WiMAXのエリアについて」で要望を出しましょう。

重要!ハイスピードプラスエリアモードを利用する際の注意点

  • 当月内は追加料金がかかる(プロバイダによりますが、1000円前後です)
  • 当月内は「ハイスピードモード」に戻すことができません
  • 当月内は速度制限が7GBになり、越えると128kbpsの速度制限がかかります。

原因2. 置く場所が悪くて圏外になる

WiMAXはルーターの置く場所を3cm動かしただけでも電波強度が弱→強になるケースがあります。

WiMAX使用電波の特徴

  • WiMAXの電波は「まっすぐに速く進む」のみで、回り込めず障害物に弱い
  • 「プリントアンテナ」内臓のため、バッグなど何かに覆われると弱い

電波の特徴を考えると、置き方のポイントは非常にシンプルで、下記の通りです。

「窓際、高い位置、通信対象との間に障害物がない、本体は覆わない」

原因3. 他の電波と干渉しており圏外になる

Wi-Fiでの通信は他のWi-Fi、Bluetooth、電子レンジなど各種電波の干渉を受ける性質があり速度低下の原因になります。

こんな環境で使っていませんか?

  • オフィスビル・マンション等の集合住宅
  • Wi-Fiスポット
  • カフェなどスマホ等が多い混雑した場所

電波干渉あるかも…そんな時は、簡単で非常に効果の高い解決策があります。

  • 802.11ac(5GHz)の電波帯を使用する

実はWiMAX端末で使える電波は2種類あり、初期設定は2.4GHzですが5.0GHzに変更することで電波干渉による速度低下を解決することができるのです。

2つの大きな違いとしては、5GHzは基本的にルーターでしか使われないため干渉が起きにくい事です。

スクリーンショット 2015-08-04 17.06.56

5GHzモードはあまり知られておらず初期設定ではオフになっておりますが簡単に設定が可能です。

Wシリーズの場合

  • タッチメニューの「設定」>「通信設定」>「Wi-Fi設定」より設定

WXシリーズの場合

  • クイック設定Webで5GHz帯の「使用する」にチェックを入れる
  • 端末のディスプレイを通常表示にしてからSELECTボタンを押す
  • メニューの「無線LAN帯域切替」を表示させ、SETボタンを押す
  • SELECTボタンを押し、「5GHz(屋外)」または「5GHz(屋内)を選択し、SETボタンを押す

以上で終了です。私の場合は、オフィスビルにて15.3Mbppsから28.1Mbpsまで改善しました。

原因4. WiMAXの基地局で障害が発生していて圏外になる

本当ににごく稀ですが、通信障害が起きることがあるようです。

速報はUQ WiMAXの下記ページに掲載されますので、念のためチェックしてみてください。

UQ WiMAX 障害情報: http://www.uqwimax.jp/information/maintenance/

原因5. 端末が完全に壊れていて圏外になる

今までの原因を全てふまえても圏外が続く場合、端末が壊れている可能性があります。

購入したプロバイダに連絡し、修理・交換を試みましょう。

3. まとめ

いかがでしたでしょうか。

WiMAXが圏外になってしまった場合は、まず下記をぜひお試しください。

  • Step1. 移動してみる
  • Step2. WiMAXと機器(スマホやパソコン)を再起動する
  • Step3. 通信モードを5GHzに切り替える

それでも解決しなければ、ご紹介したそれぞれの方法を試して見ましょう。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket