WiMAXを価格comで探す時の注意点3つと正しい活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WiMAXを価格comを使って、お得に契約したいと思っていませんか?

価格comは、とても便利で多くの商品の場合は最もお得に購入できる優良なサービスです。

ただし、WiMAXに限っては細心の注意が必要で、一見お得に見えますが解約時の費用が異常に高いなどデメリットもありますので、結論からいうと、価格com経由ではなく各プロバイダの公式ページで直接申し込むことをおすすめします。

このページでは、元販売員の経験から、WiMAXを価格.comで購入する際の全注意点を根拠を持って全て丁寧にご紹介し、後悔なくWiMAXを手にいれるための全手順を解説します。

参考)主要プロバイダ公式ページ一覧:

1. 価格comでWiMAXを探す時の3つの注意点

そもそも無理して価格com経由で購入する必要はなく、各プロバイダの公式ページから申し込むのをおすすめしていますが、価格com経由でどうしても購入したい事情がある方は下記3点を必ず確認した上で申し込みましょう。

  • 解約時の費用が異常に高くなる
  • 実は公式サイトで契約するより割引が少ない場合もある
  • お得なプロバイダやキャンペーンが網羅されていない

注意点1. 解約時の費用が異常に高くなる

最大の注意点が、価格.com経由の申し込みだと、なぜか解約金が異常に高くなる場合があることです。これは必ず確認しましょう。

例:GMOとくとくBBの場合

例えば、『GMOとくとくBB』の場合の契約内容を抜粋してみると、13ヶ月〜24ヶ月目までの解約だと約1万円以上の差がでてきます。

価格.com経由で申し込む場合の契約解除料

契約解除料
初月~24か月目までのご解約の場合:24,800円

参考:価格com

公式サイト経由で申し込む場合の契約解除料

契約解除料につきましては、下記の通りです。
端末受取月とその翌月を1ヶ月目とした1ヶ月目~12ヶ月目までのご解約の場合:19,000円(税抜)
13ヶ月目~24ヶ月目までのご解約の場合:14,000円(税抜)

参考:GMOとくとくBB

税込・税別表示がわかりづらいので、税込表示に統一して表で比較してみると下記の通りです。

 期間 価格.com 公式サイト
1ヶ月目〜12ヶ月目 26,800円 20,520円
13ヶ月目〜24ヶ月目 15,120円

上記の表からわかることをまとめると、次のようなケースがあるので解約金には、十分に注意しましょう。

  • 1ヶ月〜12ヶ月目の解約:約6,000円の損
  • 13ヶ月目〜24ヶ月目の解約:約11,000円の損

注意点2. 実は公式サイトで契約するより割引が少ない場合も

プロバイダによっては、公式サイトと契約するより割引が少ない(もしくは同じ)場合もあるので注意しましょう。これは書き方が巧妙なので気がつかない場合が多いです。

例:@niftyの場合

下図を見ると、公式サイトと比較して1万円以上お得なように見えます。

@nifty_WiMAX

この価格.comのキャンペーンは大きく2つです。

  • キャッシュバックが28,000円
  • 支払料金が「利用登録月無料」+「月額料2〜25ヶ月まで540円割引」

一方、公式ページを見てみると、同様のキャンペーンがあることがわかりました。

▶キャッシュバック28,000円

下記は公式ページのキャプチャですが、28,000円と同額のキャッシュバックであることがわかります。

Wimax-cashback01

▶「利用登録月無料」+「月額料2〜25ヶ月まで540円割引」

下記も公式ページからのキャプチャですが、実は価格コムのキャンペーンと比較して、2〜3ヶ月目がさらに約600円安くなっています。つまり、1,200円ほど公式ページからの申し込みの方が安い場合があるということです。

@nifty-cashback02

こういった安い例もあるので、しっかりと公式サイトも確認しないと損する可能性があるので注意しましょう。

注:
逆に『BIGLOBE』のように、公式よりも得する場合もあります。全てが損するという訳ではありません。

注意点3. プロバイダやキャンペーンが網羅されていない

価格comでは、すべてのプロバイダ・キャンペーン・プランが網羅されている訳ではありません。例えば、パソコンやタブレットがもらえるキャンペーンはありません。

価格.comで取り扱っているものも含めて、2017年7月の全てのキャンペーンを次章で紹介しますので、しっかりと比較してから契約することをおすすめします。

2. 絶対に失敗しない価格comの使い方3ステップ

価格com経由で購入すると決めた方は、下記の手順に従って慎重に申し込みをしましょう。

ステップ1. 契約プランを決める

WiMAXには、2通りのプランがあり「通常プラン3,670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,380円(税抜)」から選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため、制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。

データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

ステップ2. 価格comでキャンペーン情報を確認する

(1)価格comの「WiMAX特集ページ」にアクセスし、「ギガ放題プラン」の場合は下図の部分にチェックを入れましょう。

スクリーンショット 2015-08-14 16.18.23

(2)実質費用(2年間ご利用時点)の料金を確認しましょう。

kakaku-step02

WiMAXの最低利用期間は2年なので「2年間ご利用時点」を選択します。

すると、キャッシュバックを差し引いた2年間の実質費用の安い順に表示されます。

ポイント:

WiMAX契約はプランだけでなく、「プロバイダ」と「ルーター(機種)」によって、料金が変わります。ルーターによって大きな違いはありませんが、プロバイダによってキャッシュバック金額だけでなくと、キャッシュバックの条件アフターサポートが大きく変わるので注意が必要です。

「徹底比較でわかったWiMAXで絶対に失敗しない5ステップ」で詳しくご紹介していますが、プロバイダは下記の3社から選ぶのがベストです。

・とにかく最安を求めるなら『GMOとくとくBB
・キャンペーンによってはおすすめな『@nifty

(3)プランの詳細を確認しましょう。

まず、キャッシュバックと支払い料金の割引内容をチェック。

kakaku-step03

次に解約手数料も必ずチェックしましょう。

kakaku-step04

ステップ3.  3つのおすすめプロバイダのキャンペーンと比較する

ステップ2で確認した「キャッシュバック金額」「割引金額」「解約金」の3点を、必ずおすすめプロバイダの公式ページの情報比較しましょう。

基本的に条件が同じであれば、公式ページから申し込んだ方が安心でしょう。

迷うのは、例えば下記のようなケースです。

  • 価格comの方が、解約金は最大1万円かかる
  • 割引金額は価格comの方が年間2,000円安い

この場合には、冷静に自分が解約する可能性を考えましょう。下記にWiMAXでよくある解約理由をご紹介しますのでご参考ください。

  • WiMAXでは通信速度が足りず、固定回線に申し込もうと考えている
  • ネット回線はあまり使わず、スマホだけで十分だった

2. 公式ページから申し込む場合の全手順

価格com経由の申し込みよりも、公式ページからそのまま申し込むことをおすすめします。

その場合に、どのプロバイダを選べばいいのか、全てのプロバイダのキャンペーン最新情報をまとめますので、参考にしてください。

2017年7月 全プロバイダ価格比較

プロバイダを選ぶには、下記2観点が重要です。

  • キャッシュバックを含めた実質費用が安いか
  • キャッシュバックの適用条件

結論からいうと、選ぶべきプロバイダは最安値の『GMOとくとくBB』か、キャッシュバック条件が親切な『@nifty』の2択です

順番に説明していきます。

キャッシュバックを含めた実質費用が安いか

とにかく安くするために注目すべきなのは、キャッシュバックを含めた基本契約期間の2年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかどうかです。

2017年7月現在の、WiMAXのキャッシュバック金額を主要プロバイダ15社分すべてまとめました。

※トータル費用 = 登録料 + 初月料金 + 月額料金*23 + 端末代 – キャッシュバック – その他割引

順位 プロバイダ名 トータル費用 キャッシュバック金額
通常プラン ギガ放題
1 GMOとくとくBB  57,617   68,581  32,000
2 @nifty  60,571  74,851  20,000
3 DTI  60,500  74,800  29,000
4 3WiMAX  63,680  77,015  28,000
5 so-net  60,571  82,349  20,000
6 Broad  68,424 82,809
7 BIGLOBE  71,680  86,750  20,000
8 ヤマダ電機  91,705  106,069
9 ビックカメラ  91,705  106,069
10 ヨドバシカメラ  91,705  106,069
11 エディオン  91,705  106,069
12 ノジマ  91,705  106,069
13 ケーズデンキ  91,705  106,069
14 PC DEPOT  91,705  106,069
15 UQ WiMAX  94,504 108,868

『GMOとくとくBB』が圧倒的に一人勝ちしている状況です。

※選ぶプロバイダで通信速度やサービス内容に違いは全くありません。

なぜGMOだけキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができるのです。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX2+本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

それでは、GMOで買うべきか?

基本的には『GMOとくとくBB』で買って問題ありませんが、一点だけ注意点があります

それは『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という適用条件で、何も知らずに購入してしまうと、家電量販店で買うよりもむしろ高くついてしまいます

キャッシュバックは金額だけでなく、適用条件についても知った上で申し込むことが必要です。

キャッシュバックの適用条件

適用条件のパターンは、全プロバイダで3つ存在し、『@nifty』『BIGLOBE』がそれぞれ独自のキャッシュバック方法で2通り、他のほぼ全てのプロバイダは『GMOとくとくBB』と同じ内容です。

それぞれで、「受け取れる時期」と「手続きの面倒さ」、「受け取れない危険性」が変わってきます。

『GMOとくとくBB』の手続きは一見簡単そうに見えますが、メールが届くのはプロバイダで発行されるメールアドレスのため、気付かずに見逃してしまう可能性があります。

一番簡単なのは『@nifty』で、マイページで銀行口座の登録をするだけで100%キャッシュバックが受け取れます。

『BIGLOBE』は郵送で引換券が届くため手続きを忘れることが少なく、以前はおすすめしていましたが、『@nifty』が2017年5月より上記の新しい制度を始めたため、比較するとおすすめではなくなってしまいました。

上記を比較すると、「@nifty」の20,000円で安全に妥協するか、手続きを忘れず受取期間を我慢して「GMOとくとくBB」で32,000円の高額キャッシュバックを受けるかの2択となります

どちらが人気かというと、覚えてさえいれば簡単な手続きなので、最終的には最もお得な『GMOとくとくBB』を選ぶ方が多いです。

 ※申し込む際は、条件が変わることがあるため、公式ページから申し込みましょう。

『@nifty』: http://www.nifty.com/

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

特に『@nifty』は、公式ページ以外だと、キャッシュバック時期が9ヶ月であることがあるため、申し込む前に5ヶ月か確認してください。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

2社以外のプロバイダはどうなの?

結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。

なぜなら、他のプロバイダは『GMOとくとくBB』と同様の手続きが必要で、その割には速度などサービスは一切変わらないのにキャッシュバック金額がGMOと比べると劣っているからです。

『GMOとくとくBB』でやや面倒な手続きを行って33,000円の高額キャッシュバックをもらうか、『@nifty』の20,000円で妥協するか、2択となります。

要注意!サービス改悪が多発している

2社以外のプロバイダで申し込む場合は細かい部分まで注意してください。

キャッシュバックの規約を見ると、「24ヶ月以内に解約した場合には返金を求めます」という文言がこっそり追加されているプロバイダが増えています。

「特典違約金」という制度を導入しているプロバイダもありますので、油断してはいけません。

2017年7月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。

昨年2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社減額する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらも予算が消化され次第、徐々に減額していくものと予想されます。

突然7月にキャッシュバックキャンペーンが終わることはないとは思いますが、減額される可能性は十分にあるため、購入する予定のある方は7月中の購入をおすすめします。

3. まとめ

WiMAXを価格comで購入しようとする場合は、必ず「キャッシュバック金額」「実際の割引額」「解約金」の3つは必ず確認しましょう。

なんでも最安で買えると思われがちな価格comですが、WiMAXのように使い方によっては逆に高くなるケースもあるので注意が必要です。

しっかりと見比べて、少しでも不安が残るようでしたら公式ページでの申し込みをおすすめします。

主要プロバイダ一覧:

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket