WiMAX口座振替で契約できる全知識|クレカ無しでもOK!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
WiMAX 口座振替

WiMAX(WiMAX2+)を使いたいと考えているけど、クレジットカードがなくて契約ができないと困っていませんか。

選べる回線の種類がWiMAXからWiMAX2+に完全移行してからは、クレジットカードでの契約がほとんどになってしまいました。そのため、クレジットカードを持てない未成年の学生やクレジットカードを持ちたくない人は簡単にWiMAXを契約をすることができなくなっています。

しかし2017年3月現在、口座振替でWiMAXを契約することができる会社は4社あります。

それぞれの会社に特長がありますが、このページに書いてあることを知らずに申し込むと、安くなると思って選んだ会社がWiMAXのサービス提供会社であるUQ WiMAXよりも高くて損をしてしまうことがあります。

このページではUQ WiMAXより2年間の利用で2万円以上安くお得に口座振替で契約できる会社をご紹介します。また、契約に必要な書類や手続きにかかる時間、対応している金融機関などもご紹介するので最後まご覧頂ければスムーズにWiMAXの口座振替手続きができるようになるでしょう。

0. 結論:口座振替に対応している中で最もおすすめの会社はBIGLOBE

口座振替できるプロバイダでなぜBIGLOBEがおすすめなのか、その理由は後ほど詳しく説明していきますが、早く口座振替契約の手続きをしたい方に結論からご紹介します。

おすすめの契約会社:『BIGLOBE

20000円のキャッシュバックを確実に受け取れるので、WiMAXのサービス提供会社であるUQ WiMAXよりも安く利用することができます。

1. 口座振替に対応しているWiMAX契約会社の料金比較

2017年3月現在、口座振替でのWiMAXの契約に対応している会社は下記の4社しかありません。

  • UQ WiMAX(本家)
  • @nifty(大手プロバイダ)
  • BIGLOBE(大手プロバイダ)
  • Broad WiMAX

実際に、下記の4社で契約した時にかかる料金を比較しました。

ここで重要なこととして、契約する会社で通信速度やサービス内容に違いは全くありません。

WiMAX 口座振替 比較表

第一のポイントは、UQ WiMAX以外の会社では、口座振替手数料が毎月200円(税抜)かかってしまうことです。(※請求書を書面で欲しい場合には別途100円必要です)

ただし、UQ WiMAXは表の通りキャッシュバックではなく商品券10000円分しかもらえず、『BIGLOBE』『@nifty』と比較すると2万円以上高いので選択肢としてはありえないでしょう。

第二のポイントは、一見すると『@nifty』がお得ですが、実は料金をお得に使いたい人は『BIGLOBE』の方が圧倒的におすすめということです。

なぜ価格2番目なのに『BIGLOBE』がおすすめなのか

最安値は『@nifty』ですがそれでも間違いなく『BIGLOBE』がおすすめです。

理由は明確で、『@nifty』の一見するとお得なキャッシュバックは、受け取るために紛らわしい手続きが必要なため「キャッシュバックを1円も受け取れなかった」という事故が多発しているからです

『@nifty』のキャッシュバックを受け取るための複雑な手続きとは

契約8ヶ月目に届く「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する手続きです。

一見簡単そうに見えますが、8ヶ月目という中途半端なタイミングに、しかも普段使うメールではなくプロバイダで取得したメール宛にひっそりと届くメールですから、意識しないと高確率で忘れます

実際に、ネット上にはクレームが散見されています。

WiMAX 口座振替 nifty wimax キャッシュバック

出典: 価格.com

それに比べて『BIGLOBE』は手続き不要で、最初のアンケートに答えれば引換券(振替払出証書)が13ヶ月目頃に届き、半年以内に郵便局に持っていくだけでキャッシュバックが貰えます。

万が一、紛失した場合も対応してくれます。

スクリーンショット 2016-07-16 17.35.54

BIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスク: 0120-86-0962 (10:00〜19:00 年中無休)

@niftyを選んでわざわざ受け取れないリスクを取る必要はないでしょう。

なぜ『BIGLOBE』はキャッシュバックが高く、唯一確実に受け取れるのか

『BIGLOBE』はWebでの集客に注力しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができています。またBIGLOBEはネットでの販売代理店の中でも最大手といえます。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっています。

そのため、引換券(振替払出証書)を発行するために高い費用をかけているにもかかわらず、高額なキャッシュバックを維持出来ているという背景があります。

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるようなので、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

BIGLOBE公式ページhttp://join.biglobe.ne.jp/wimax/

2. 口座振替の契約で知っておくべき3つのこと

この章では、WiMAXを口座振替で契約する時に必要な書類や対応している金融機関、契約にかかる時間についてご紹介します。

2-1. 契約の仕方

1章でご紹介したどの会社で契約する場合でも、インターネット上からの契約が基本となります。

先にインターネット上で契約をした上で、必要な書類の記入は原則として会社から送られてくる申し込み用紙に必要事項を記入・捺印の上返送します。

その他の必要な提出書類

口座振替でWiMAXを契約できる4社で申し込み用紙以外に必要な提出書類を一覧表にしました。

BIGLOBE Broad WiMAX @nifty UQ WiMAX
提出書類 支払方法登録申込書 ・申込書
・本人確認書類のコピー
・預金口座振替依頼書
・自動払込利用申込書
・預金口座振替依頼書
・本人確認書類のコピー
未成年者の
提出書類
保護者の同意書 両親の同意書
(19歳以上の申し込み)
親権者の同意書
(20歳未満の申し込み)
親権者同意書

Broad WiMAXとUQ WiMAXは本人確認書類のコピーが必要です。本人確認書類は運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・身体障がい者手帳などです。

2-2. 口座振替に対応している金融機関

どこの銀行の口座が振替に対応しているのか気になるでしょう。

結論から申しますと、ゆうちょ銀行や都市銀行、地方銀行・信用金庫・ネット専業銀行などほとんどの金融機関に対応しているので安心してください(Broad WiMAXのみ口座振替対応金融機関についての情報なし)

『BIGLOBE』であれば、同姓の家族名義の口座の登録が可能なので両親の口座からの振替もできて便利です。

2-3. 契約にかかる日数

書類を郵送する関係で、WiMAXを利用できるのが2〜3週間、口座から振替がされるようになるまでに1〜2ヶ月かかります。

WiMAXを契約した会社での審査の他に、口座振替先の金融機関でも審査や振替手続きが必要になります。そのため、クレジットカードでの支払いに比べるとどうしても契約に時間がかかるので時間に余裕を持って申し込みをしましょう。

口座振替手続き完了までは振込用紙での支払い

申請した金融機関での口座振替手続きが完了する最初の1〜2ヶ月の間は契約した会社から振込用紙が送られてくるので、その用紙で支払う必要があります。コンビニでも支払いをすることができます。

3. WiMAXを快適に利用するための全手順

WiMAXを口座振替でお得に契約できる会社と、契約で知っておくべき3つのことがご理解頂けましたか。

しかし、WiMAXを快適に利用するためには、下記2点を決めなければなりません。

  • 契約プランを決める
  • 機種を決める

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種は「WX03」または「W04」が最もおすすめです。

申し込む際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるようなので、契約は必ず公式ページ経由で行いましょう。

下記で詳しく解説していきます。

3-1. 契約プランを決める

プランは「通常プラン3670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4350円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

ポケットwifi docomo 7G

3-2. 機種を決める

ルーターは主に5機種から選ぶことができますが、結論からいうと昨年末発売の「WX03」か、2月17日から発売開始した最新機種「W04」のどちらかがオススメです。

なぜなら上記2機種は最大速度が440kbpsで、なおかつバッテリーの持ちが非常に優れており、現行の他機種に勝ち目はないほど優れた機種と言えるからです。

スクリーンショット 2017-01-26 3.01.27

「WX03」と「W04」のどちらを選ぶべきか?

「WX03」と「W04」の大きな違いは、「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用できるかどうかです。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていない山間部などで使われるモードで、「au  LTE回線」を使用して通信をするモードです。

通常はデメリットが多いモードのためあまり使われませんが、地方への出張や旅行など万が一のときには非常に重宝するモードです。

デメリット

  • 別途料金がかかる (1005円/月)
  • このモードを使うと、その月は7GB制限がかかる
  • 一回モードを設定してしまうと、その月は戻せない

「WX03」は「ハイスピードプラスエリアモード」に非対応ですが、バッテリーの持ちが2時間弱ほど「W04」よりも優れています

「ハイスピードプラスエリアモード」はほとんどのユーザーは実際には使わない機能ですので、あなたが使わないと思ったらバッテリー持ちの2時間弱優れた「WX03」を選びましょう。

クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか?

スクリーンショット 2017-01-26 3.00.21

クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、高いので公式ページで購入する必要はありません。

クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「Wimax クレードル」と検索すれば3000円前後で手に入ります。

USBはスマートフォンなどに使われる汎用的な「Micro  USBケーブル」なので、100円ショップなどでも購入可能です。

2017年3月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。

昨年2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社減額する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらも予算が消化され次第、徐々に減額していくものと予想されます。

突然2月にキャッシュバックキャンペーンが終わることはないとは思いますが、減額される可能性は十分にあるため、購入する予定のある方は3月中の購入をおすすめします。

4. まとめ

WiMAXを口座振替で契約する場合、BIGLOBEが最もお得であることが理解頂けたでしょうか。

クレジットカードでの手続きに比べて、書類の記入や返送などが必要でやや面倒に感じるかもしれません。しかし、記入例がホームページ上で紹介されていることも多く、もし分からないことがあってもコールセンターに問い合わせをすると親切に教えてくれるので大丈夫です。

口座振替でWiMAXを契約する場合、2017年3月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。

  • 契約プラン:ギガ放題
  • 機種:W04(LTEは不要でバッテリー重視の方はWX03)
  • プロバイダ:GMOとくとくBB(割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』)

クレジットカードで申し込むのとほぼ同じ安い価格で安心・快適なWiMAX通信生活を楽しんでください。

特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるようなので、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。( BIGLOBE公式ページ: http://join.biglobe.ne.jp/wimax/ )

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket