危険!SoftBank Air(ソフトバンクエアー)をおすすめしない全理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「一緒に使うとスマホがお得になる」「工事なしで家でインターネットができる」などと聞いてSoftBank Air(ソフトバンクエアー)が気になっていませんか?

私も使ったことがありましたが、いくつか不満の残ることがあり、ネットで口コミを調べると同じように悩んでいる人がたくさんいました。

それなのに、サイトによってはいい口コミしか書かれておらず、購入すべきか判断に迷う人が多いと思ったので、Twitterなどのユーザーの声をまとめ、私なりにSoftBank Airを解説していきます。

<このページの目次>

  1. 口コミでも裏付け!SoftBank Airをおすすめしない3つの理由
  2. 徹底比較!SoftBank Airよりも快適なインターネットはこれ!
  3. 速度重視ならソフトバンクのスマホとセット割できる光回線を!

1. 口コミで裏付け!SoftBank Airをおすすめしない3つの理由

「SoftBank Air」(ソフトバンクエアー)はソフトバンクが出すWi-fiルーターでコンセントにさすだけで、家で無線LANを使えると注目されています。

ソフトバンクのスマホとセットで安くなるなどという理由で提案を受けたことのある人も多いのではないでしょうか。

私自身、使ったことがありますが、以下の理由でおすすめしていません。

  • 速度に疑問?ネットに不満の声が多数
  • 料金にたくさんの注意点が!4年使わないと損する場合も
  • 持ち運べないから家でしか使えない

特に1点目がおすすめでない最大の理由です。後悔しないようにチェックしていきましょう。

1-1. 速度に疑問?ネットに不満の声が多数

私が使った個人的な感想は、時間帯などによって、速度が遅い時間があるなということです。

実際、ネット上をみると、私の想像以上に多くの人が速度に不満の声を出しています。

出典: 価格.com

ネット上のユーザーからはこのような声が多く、反対に「速度に満足している」という口コミをあまり見かけませんでした。

ただし、あくまでも、一部の口コミです。100%遅いサービスというわけではなく、「遅い」と感じている方が多いといということだけ覚えておきましょう。

利用するエリア、時間帯、建物などによって満足度はまた違ってくるはずです。

実際速度は出ないサービスなの?

SoftBank Airは、最大速度261Mbps(ごく一部のエリアでは最大350Mbps)ですが、これは他のネットサービスと比較しても、若干遅いです。

回線 サービス名 下り最大速度
モバイル SoftBank Air 261Mbps
光回線 フレッツ光 1Gbps(およそ1,000Mbps)
光回線 ソフトバンク光 1Gbps(およそ1,000Mbps)
モバイル UQ WiMax(L01) 440Mbps
モバイル  au(W04) 440Mbps
モバイル ドコモ(HW-01H) 370Mbps

光ファイバーで家までつながっているインターネット「光回線」よりも遅いのはわかるかと思いますが、同じように家まで無線でつながるタイプのWiMaxやauポケットWi-Fiの2/3程度です。

そして、これはあくまでも、最大の速度で、口コミを見てもわかるとおりこの1/100、1/1,000すら出ないこともあるのです

速度が出にくいのは夜の時間!?

元々の速度は他と比べてもそこまで速くないサービスですが、他と比べて圧倒的に低いというわけではありません。なぜ口コミではここまで悪く言っている人がいるのか調べてみました。

わかったのが、回線が混み合う時間に速度制限すると小さく書かれていること。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。

ソフトバンクの公式ページから引用

つまり、ネットを使いたい時間には遅くなる可能性があり、動画なども制限される可能性があるということです。

おそらく、ネット上の書き込みの多くがこのソフトバンクの速度制限に引っかかってしまったことが原因と考えられます。

とはいえ、ネットが混み合う時間=みんながネットをしたい時間なので、その時間に速度制限の可能性があるのは大きなデメリットです。

1-2. 料金にたくさんの注意点が!4年使わないと損する場合も

通信業界全般が料金がわかりにくいですが、SoftBank Airの料金を徹底的に調べると、実は、料金にも注意点がありました

ソフトバンクのホームページを見ると、SoftBank Airは以下のように料金が解説されています。

基本料金 ルーターを分割払いで使う場合の実質料金 ルーターをレンタルして使う場合の実質料金
SoftBankAirのみ 4,880円 3,800円 4,290円
SoftBankAir(おうち光セット割) 4,300円からセット割 4,790円からセット割

おうち光セット割はソフトバンクのスマホとのセット割で、スマホで使っているプランによって割引額が変わります。

“ソフトバンクのおうち光セット割(税込の割引金額)”

  • データ定額50GBの場合・・・1,080円
  • データ定額5GB、20GBの場合・・・1,522円(3年目以降1,008円)
  • データ定額ミニ2GB、1GBの場合・・500円

毎月の料金が割安なルーターを分割で購入するタイプと、購入せずにレンタルをするプランがあります。

分割であれば、毎月の端末支払い分を割引してくれるので、実質端末代が0円とお得に見え、多くの人が選んでしまいますが実質、「4年間」使わないと解約時にお金がかかります。

分割払いの場合は実質、「4年間」使わないと解約金や分割の残高がかかる

SoftBankAirは一見、「2年契約」に見えますが、実は分割払いで購入する際は4年間使わなければ解約する時やその後に高いお金を払うことになります。

それはサービス自体は2年契約ですが、それとは別に、ルーターである「Airターミナル」が36回払いになっていて解約すると端末の割引がなくなり、残金を支払わなければいけないからです。

イメージとしては以下のイラスト。

2年間使ってようやく終わる…と思っても、ルーターである「Airターミナル」の支払いが終わっていないので、そこで解約しても高額な残金を支払わなければいけません。

2年間使い切ったタイミングで解約しても、ルーターの残金18,000円を払わないといけないのです。

私は6ヶ月で解約をすることにしましたが、SoftBank Airの解約金が9,500円、ルーターが45,000円の合計54,500円を払うことになりました。恐ろしい話です。

しかも、25ヶ月目から料金が上がる…

分割払いだと、2年経っても解約しにくいのに、2年経ったら料金が上がります。

先ほどの実質料金は「はじめようSoftBankAir割」というおうち光セット割を適用しない方で1,080円、する方で580円の割引が適用された後の料金になっています。

そして、25ヶ月目からこれが適用されなくなるので、料金が上がります。

「解約時の料金が高い!」という声も!

ネットを見ると、契約自体に後悔して、解約時の料金のせいでさらに不満を持っている人がちらほらいました。

出典: 価格.com

ルーターレンタルの場合は月額料金が割高に!

じゃあルーターをレンタルすればいいのでは..?と言う方もいらっしゃるかと思います。レンタルにすれば24ヶ月で解約しやすいですが、ルーターをレンタルするには月額490円の費用が別途必要になってきます。

490円×24ヶ月の1万円以上の料金が別途かかるので、料金は分割払いと比べて割高になります。

今、「はじめようSoftBankAir割」をしていますが、他の24ヶ月縛りの人気なホームルーター(UQ WiMAX)と比べると料金に大差をつけられます。

契約手数料 月額料金 その他
SoftBank Air(ルーターレンタル時) ソフトバンクユーザー(おうち割適用時) 3,000円 4,790円 ここからスマホのセット割
ソフトバンク以外のユーザー(おうち割非適用時) 4,290円
参考:UQ WiMAX GMOとくとくBB通常プラン 3,000円 3,609円 プロバイダからキャッシュバックあり

セット割があるし..と思われてもおうち割をつけると「はじめようSoftBankAir割」の割引額が減るので、そこまで差がつかなくなります。

スマホのセット割はデータ定額ミニ1G/2Gの場合は税込500円、データ定額50GBの時は税込1080円だけの割引なのでこの時は特にセット割の恩恵はほぼ無くなります。

上記のように圧倒的に安くなるわけではないので、セット割があってもそれが決め手になるわけではありません。

1-3. 持ち運べないから家でしか使えない

SoftBank Airは工事なしで、電源を入れるだけでインターネットができるのが強みですが、家の中でしか使えません。

そもそも持ち運ぶつもりがないなら、光回線の方が安定していますし、工事が嫌な場合はポケットWi-Fiなどのモバイルルーターを使ったほうが家の外でも使えるので便利です。

  通信速度 持ち運び
光回線(ソフトバンク光)
最大1Gbps
×
家のみ
ポケットWi-Fi(UQWiMAX)
最大440Mbps

外出先でも
SoftBank Air
最大261(一部エリア350)Mbps
×
家のみ

総評. 実体験や口コミ、サービス内容からSoftBank Airはおすすめしません

私の使ってみた感想や、ユーザーの評価からも、SoftBank Airは少し疑問の残るサービスでした。

特に、速度が遅いという声や、分割払いにしてしまった時の実質的な4年間の縛りを考えると、自信を持っておすすめできるサービスではありません。

どんなにいい話を聞いたとしてもSoftBank Airの契約前にはよく考えましょう。

家でネットが使いたい、手軽にインターネットを始めたいという方は次の章を参考にしてみましょう

2. 徹底比較!SoftBank Airよりも快適なインターネットはこれ!

ここまでの話でも分かる通り、私はSoftBank Airをおすすめしていません。

特に、速度に対する利用者からの文句がネット上に大量にあることが通信サービスとしては不安で、後悔しないためにも別のサービスを選ぶのがおすすめです。

もっとお得で、もっ使い勝手がいいサービスがたくさんあります。

この章で徹底的に検証していきますが、最もおすすめなのはUQWiMAXの持ち運べるルーターを、GMOとくとくBB経由で申し込むことです。

・GMOとくとくBB公式ページ: http://gmobb.jp/service/wimax2/

2-1. 基本的に持ち運びが可能なポケットWi-Fiがおすすめ

先ほども申し上げましたが、SoftBank Airは工事不要ですが、家でしか使うことができません。

家では同じように使え、外でも使える回線が同水準の価格で、速度などの観点でSoftBank Airよりも評判のいい商品が大量に出ているため、そちらから選びましょう。

後ほど、次の章で徹底的に比較、解説して行きますが、持ち運べるWi-Fiルーターはたくさんの種類があり、評判のいいものも選び放題です。

持ち運ばないタイプのWi-Fiルーターで評判がいいのはないの?

現在、持ち運ばないタイプのWi-Fiルーターは「SoftBank Air」以外だとWiMAXのホームルーター「L01」くらいです。

「SoftBank Air」よりは「最大速度が速い」「ユーザーからの口コミ」「2重の縛りが発生しない」などの理由でWiMAXホームルーター「L01」を選ぶことをおすすめします。

後ほど紹介しますが、WiMAXの最もお得な申し込み窓口は「GMOとくとくBB」です。

ただし、WiMAXホームルーター「L01」は持ち運べるWiMAXと最高速度や料金が同じなので、基本的に選ぶ理由が見つかりません。

2-2. おすすめなポケットWi-Fiは『UQ WiMAX』

docomoなどの計5社からポケットWi-Fiが出ていますが、『UQ WiMAX』のポケットWi-Fiがおすすめです。

理由はポケットWifiの良し悪しを決める以下の4つの大切なポイントで欠点なく高いレベルを出しているからです。

 大切なポイント 大切な理由
データ容量 会社によっては月ごとに5GB・7GBなどの容量で制限をかけているものもあれば、無制限で使える「無制限プラン」をもつ会社もあるから。
速度制限 速度制限になった時、使い物にならないくらい遅くされる会社もあるから
月額料金 会社によっては3,000円以上の差がつくケースもあるくらい月額料金がバラバラだから。
高速通信 高速通信できるエリアが会社によって若干差があるため。

ちなみに上記の観点で5社を比較すると、以下のように「UQ WiMAX」が圧倒的に優れていました。

ちなみに「UQ WiMAX」のモバイルルーターは先ほど置き型のWi-FiルーターとしてSoftBankAirと比較した「L01」と同様のスペックで、いかにSoftBankAirよりいいサービスかはお分りいただけたかと思います。

データ容量(無制限で使えるか) 速度制限がかからないか 月額料金 高速エリア通信
docomo ×

5GB or 20GB

×

契約容量を超えると128kbps

×

6,900円

広い

au

7GB or 無制限

3日で10GB超えると1Mbps※

3696円(7GB)/4380円(無制限)

全く困らないレベル

SoftBank ×

7G

×

3日で1GB超えると128kbps

3696円

全く困らないレベル

Y!mobile

7GBまたは無制限

×

3日で3GB超えると128kbps※

3696円(7GB)/4380円(無制限)

全く困らないレベル

UQ WiMAX

7GBまたは無制限

3日で10GB超えると1Mbps※

3696円(7GB)/4380円(無制限)

プロバイダによる割引有

全く困らないレベル

※無制限プランの場合。無制限プラン以外の場合、月間の契約容量を超えると128kbpsになります。

よく、ルーターの機種によって差がつくんじゃないかときにする方がいますが、5社の最新の機種を比較すると性能にほとんど差がありません。

そのため、上記のようなスペックで選んでしまって構いません。

以上のことを考慮すると、おすすめのポケットWi-Fiは「UQ WiMAX」であると自信を持って言えます。

そして後ほど紹介しますが、キャッシュバックなどを考慮して、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選び、プロバイダ経由から申し込みを行いましょう。

申し込む際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるため購入は必ず公式ページ経由で行うことを推奨します。

・GMOとくとくBB公式ページ: http://gmobb.jp/service/wimax2/

2-3. UQ WiMAXの評判は大丈夫?

「SoftBank Air」には正直悪い口コミが目立っていました。それに対してUQWiMAXの評判は実際どうなの?と気になる方もいらっしゃるかと思いますが、悪い口コミの割合は私が数えた限り「SoftBank Air」と比べても少なかったです。

出典: 価格.com

UQWiMAXには「問題なく使えている」という声が多かったです。

実は、WiMAXの実測値はポケットWi-Fi5社の中でも非常に速く、公式ホームページで紹介している実測マップでも場所によっては100Mbpsと光回線並の速度が出ているのでおすすめです。

ただし、100%の方が満足しているわけではないということだけ覚えておきましょう。

あくまでも「SoftBank Air」と同じモバイル回線です。光で家までつながる「光回線」のようなイメージで使い始めると後悔するケースもあります。

電波が悪いと感じることもあれば、使いすぎると速度制限がかかります。

工事不要の手軽さよりも、ストレスない速度を大切にしたい場合は、「光回線」と呼ばれる家まで光のケーブルでつなぐタイプの回線の方が満足できるでしょう。

3. 速度重視ならソフトバンクのスマホとセット割できる光回線を!」にソフトバンクユーザーの方がお得に使える光回線を紹介してます。

2-4. UQ WiMAXのプランは無制限にしておこう

「UQ WiMAX」のプランですがプランは「通常プラン3609円(税抜)」か「ギガ放題プラン4260円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

ポケットwifi docomo 7G

2-5.機種は最新のものを選ぼう

W05

ルーターは主に5機種から選ぶことができますが、結論としては最新機種の「W05」が圧倒的に優れており、具体的には以下3つの理由から間違いなくおすすめです。

  • 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で758Mbps)
  • 「au 4G LTEモード」含め、全ての機能が使える
  • 上り通信速度も大幅アップし、画像アップロードなども高速化

1つ1つのポイントを簡潔にご紹介します。

※スペック比較表

ポイント1. 通信速度が最速

「W04」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が758Mbpsと現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。

WiMAXは当然ながら通信速度が最重要ですので、この時点で選択肢は最新機種の「W05」と旧機種「W04」に絞られます。

「WX04」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。

ポイント2. 上り通信速度も大幅アップ

あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も2.5倍に大幅向上しています。

  • W05:上り最大75MBps
  • WX04以前:上り最大30MBps

※「上り速度」とは簡単に言うと、写真や動画のデータをWEB上にアップロードする際の速度です。WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。

上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際にを、よりサクサク快適に利用することができます。

今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W05」で2.5倍の大幅向上となりました。

ポイント3. 「au 4G LTEモード」の758Mbps通信に対応

何ができるかというと、「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度758Mbpsの高速通信が可能です。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au  4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

利用した月は1005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか?

クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、高いので公式ページで購入する必要はありません。

クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「Wimax クレードル」と検索すれば3000円前後で手に入ります。

「WX04」をオススメしているWebサイトがあるけど、どうなの?

WX04を推奨する理由として、苦し紛れに「バッテリーの交換が自分でできる」としているサイトがありますが、的外れです。

というのも、WX04のバッテリーは、2018年7月時点で、UQ WiMAX公式でもAmazonでも売っていないからです。

予備バッテリーがそもそも手に入らないのであれば、意味がないですね。

2-6. プロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぼう

2018年7月の最新情報です。

WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記のポイントから選ぶことが重要です。

  • 3年プランではなく、2年プランで申し込めるか
  • 「最新端末」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか

結論として、選ぶべきプロバイダは、2018年7月現在、下記一択です。

要点をしぼって説明していきます。

2年契約プランでもキャンペーンの適用ができるか

キャンペーンを選ぶとき、申し込みは「2年契約」を選べるのか絶対に確認してください。

2017年から、「3年契約プラン」をプロバイダが打ち出していますが、プランとしては最悪です

3年契約にしてしまうと、3年ごとに自動更新されてしまうため、解約できるタイミングが3年に1回しか来ません

37ヶ月目、73ヶ月目、108ヶ月目をピンポイントに狙って解約手続きをしないと、解約違約金(9,500円〜)を支払わなければなりません。

だからといって、料金が大幅に安くなるなどのメリットはありません。

さらに、同じルーターを3年間使い続けなければならないのも、3年プランをおすすめできないポイントです

2年も経てば、スペックが格段に向上した新しいルーターが発売されています

下記は、発売時期が2年離れているルーターを比較した表です。

下り最高通信速度は3倍以上、バッテリーの持ちも大きく改良されています。

また、バッテリーの持ちが悪くなったり、故障したら修理代がかかるなど、同じ機種を長時間使うのはデメリットが多すぎておすすめできません

2年契約プランで申し込み、2年たったら一旦解約し、再度新しい機種で申し込みなおすのが最善の方法です

3年プランにメリットはないの?

唯一のメリットは「au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)」が無料で使えることですが、そもそも使われることが少ないモードなので、確実に使うという方以外は2年プランを選びましょう。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていない山間部などで使われるモードで、「au  LTE回線」を使用して通信をするモードです。

端末のタッチパネルから簡単に切り替えることが可能です。

通常は下記のようにデメリットが多いモードのためあまり使われませんが、地方への出張や旅行など万が一のときには非常に重宝するモードです。

デメリット

  • 別途料金がかかる (1005円/月)
  • このモードで7GB以上使用すると、その月は通常の通信モードも含めて128kbpsの低速制限がかかる
  • 制限がかかってしまうと、救済措置がなく当月は諦めるしかない

次の項目でまとめる表で、2年プランで申し込んだ場合に一番安いプロバイダはどこか比較していきます。

「最新端末」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか

選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。

注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて基本契約期間の2年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかどうかです。

「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。

また、一見キャッシュバック金額が高く見えても、「古い端末限定でキャッシュバック金額が高い」というプロバイダも多いため、注意が必要です。

下記の表では、2018年7月現在の情報で、「2年プラン」「最新端末W05」を選んだ場合にかかる実質費用を計算しました。

※実質費用 = 登録料 + 初月料金 + その他費用 + 月額料金×23 + 端末代 – キャッシュバック – その他割引

順位 プロバイダ名 2年間利用時のトータル費用 キャッシュバック金額
通常プラン ギガ放題
1 GMOとくとくBB 57,417 71,150  32,200
2  3WiMAX  75,070  89,040  0
3 @nifty  –  101,691  0
4  DTI  89,500 103,800  0
5  家電量販店  91,704  106,068  0
6  UQ WiMAX  92,504  106,868  0
7  So-net  99,685  120,096  0
 BIGLOBE  W05で2年プラン取り扱いなし
 Broad WiMAX  2年プラン取り扱いなし
 朝日ネット  W05取り扱いなし

比較すると、『GMOとくとくBB』が圧倒的に一人勝ちしている状況です。

※ちなみに、旧機種の「W04」で比べても、GMOとくとくBBが一番安い結果となりました。

2018年7月 最新情報

2018年7月より、残念ながらほとんどの主要プロバイダが2年プランから撤退し、3年プランに移行してしまいました

ビジネスとしての収益性が3年プランの方が高い(顧客の囲い込みができる)という背景からだと思われます。

前述した通り3年プランはデメリットも多いため、選べるうちは2年プランを選びましょう。

『GMOとくとくBB』も近いうちに2年プランから3年プランに注力すると予想されます。

それでは、GMOで買うべきか?

現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。

ただし一点だけ、購入前に知っておくべき注意点があります

それは『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という手続きで、何も知らずに購入してしまうと、32,200円のキャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。

※キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目にGMOから送られる「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。

『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。

手続きが不要でお得なプロバイダはないの?

結論から言うと、2018年7月現在、手続きが不要でお得なプロバイダはありませんでした。

今は終了してしまいましたが、以前は『BIGLOBE』が変わった手続き方法をとっていましたので、選択の余地がありました。

旧BIGLOBEキャッシュバック受け取り方法

  • 購入後すぐにアンケートに期限内に答える
  • 13ヶ月目に引換券(振替払出証書)が郵送で送られてくる
  • 所定の期間内に銀行で手続きを行い、現金を受け取る

手間はかかるものの、忘れにくさで言えば優れたキャンペーンでしたが、2018年5月で終了してしまいました。

現在はGMOと同じく手続きが必要です。

GMO以外のプロバイダはどうなの?

結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。

なぜなら、他のプロバイダは『GMOとくとくBB』と全く同じ手続きが必要なのに、その割には速度などサービスは一切変わらず料金だけがGMOと比べると高いからです。

また、『3WiMAX』の「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、『BIGLOBE』がデータ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

3年プランで申し込みたい場合はどこを選べばいいの?

3年間絶対に解約しない場合でも、大きく安くなるわけでもなくメリットが少ないので基本的におすすめしませんが、最新端末W05で3年プランの場合を比較しました。

※実質費用 = 登録料 + 初月料金 + その他費用 + 月額料金×35 + 端末代 – キャッシュバック – その他割引

順位 プロバイダ名 3年間利用時のトータル費用 キャッシュバック金額
通常プラン ギガ放題
1 GMOとくとくBB 92,474 114,056  40,450
2  So-net  100,300  121,300  0
3 @nifty  97,879  123,791  30,100
3  Broad WiMAX  101,686  124,291  0
4  BIGLOBE  102,325  124,930  30,000
5  DTI  133,900  156,465  0
6  家電量販店  136,057  158,629  0
7  UQ WiMAX  138,856  161,428  0
 3WiMAX  3年プラン取り扱いなし
 朝日ネット  W05取り扱いなし

比較すると、こちらも『GMOとくとくBB』が圧倒的に一人勝ちしている状況です。

2018年7月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。

2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社減額する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらも予算が消化され次第、徐々に減額していくものと予想されます。

最近の大きな動きでは、2017年10月で『@nifty』、2018年2月に『DTI』がキャッシュバックを終了しました。購入を検討している方は、早めの申し込みをおすすめします。

プロバイダ選びについて|まとめ

プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。

  • 2年プラン、最新端末(W05)が選べるプロバイダを選ぶのが基本
  • キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる
  • 2018年7月現在、『GMOとくとくBB』(https://gmo.jp)が最もお得
  • 購入後11ヶ月目にメールを確認し、キャッシュバック受け取りの手続きは忘れず行う

※申し込む際は、特定の紹介サイト経由だと条件が変わることがあるため、必ず公式ページから申し込みましょう。

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

※電話の問い合わせ窓口から申し込むことはおすすめできません。理由は明確で、口頭のやりとりだと契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。必ず上記内容が明記されている公式ページのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。

3.速度重視ならソフトバンクのスマホとセット割できる光回線を!

手軽に、工事なしで家の外でも使いたい場合は、ポケットWi-Fiがおすすめですが、通信の安定性を求める場合や、無制限で動画やゲームをガンガン使いたい方は光回線の方が向いています。

光回線は、月々の料金がSoftBank Airと同水準で、以下のようなメリットがあります。

  • 最大通信速度下り1Gbps(SoftBank Airの4倍)
  • どんなに使っても通信制限なし
  • SoftBank Airのようにわかりにくい落とし穴がない

工事が必要ですが、とにかくゲームやネットをしたいという方は無線の回線ではなく光回線を選んでおきましょう。

ここからはソフトバンクのスマホとのセット割をメインに話をしていきます。ソフトバンクユーザー以外の方は「騙されるな!最安で使える光回線の選び方と状況別の最安5選」でスマホに合わせた最安の回線を紹介しています。

3-1. ソフトバンク光が圧倒的におすすめ!

ソフトバンクの方は、「ソフトバンク光」が圧倒的におすすめです。

理由はSoftBank Airと同様にセット割を受けられるからです。

インターネット回線 一戸建て マンション お得なキャンペーン
フレッツ光 6,000円前後 4,000円前後 代理店ごとにCBあり
エキサイト光 4,360円 3,360円
OCN光 5,100円 3,600円
So-net光 4,800円 3,500円 30,000円CB
@nifty光 4,500円 3,400円 20,000円CB
ドコモ光 5,200円 4,000円 ドコモポイント最大10,000pt
+代理店CB
auひかり 5,100円 3,800円 代理店ごとにCBあり(最大50,000円)
BIGLOBE光 4,980円 3,980円 最大25,000円CBB
ぷらら光 4,800円 3,600円 35,000円CB
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 代理店ごとにCBあり
(最大30,000円~)
DMM光 4,820円 3,780円 最大5,000円CBD
NURO光 4,743円 4,743円 代理店ごとにCBあり
(最大30,000円~)
U-NEXT光 5,280円 4,210円
TSUTAYA光 5,200円前後 4,000円前後 動画が見放題
(1000円相当のサービス)
ソフトバンク光(ソフトバンクユーザー) 4,291円 2,891円 代理店ごとにCBあり
(最大30,000円~)
※データ定額5Gの時,おうち割光セット

※CB=キャッシュバック、(平成29年6月現在)、1年目の料金で比較、別途要工事費。状況によって価格が変動したり突如内容が変わるケースもありますので、必ず公式ページで料金を確認しましょう。携帯会社のユーザーの料金は「光回線の料金-セット割金額」の実質的な負担で計算しています。

ソフトバンク光はWi-Fiルーターもパックに!

上記は、おうち割光セットを受けるための500円のパックオプションをつけた価格になっていますが、Wi-Fiルーターも付いてきます。

そのため、わざわざ別でルーターを揃えなくても、家でWi-Fiを飛ばすことができます。

2年縛りで料金もスッキリ!

上記以外に必要な料金は基本的に、工事費1,000円×24回払いと、契約手数料の3,000円で、 SoftBankAirのように、2重の縛り期間が発生することは基本的にありません。

しかも、他社からの乗り換えや引越し先での新規利用は工事費がかかりません。

SoftBank Airはひどかったけど、速度は本当に信頼できる?

SoftBankAirと同じ会社の提供なので、速度が不安な方もいるかと思いますが、ソフトバンク光は、NTTの光回線を使っています。

NTTが保守している回線ですので、信頼して問題ありません。少なくともSoftBank Airのように「遅くて使いにくい」という声はほとんどないので安心してください。

3-2.ソフトバンク光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ

ソフトバンク光は、基本的にプロバイダが「Yahoo!BB」で固定されます。「Yahoo!BB」はOCNの次に利用者が多いという調査結果もあるくらいたくさんの人が使っているプロバイダなので信頼できます。

ソフトバンク光は基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法がありますが、基本的に代理店が自社独自のキャンペーンを行なっているので代理店経由がおすすめです。

ソフトバンクが行なっている「工事費相当額を商品券で還元」などのキャンペーンに上乗せして代理店のキャッシュバックをもらえます。

代理店も複数ありますが、比較するともらえるキャッシュバックのお金や受け取るためのハードルが全然違います。

申し込み窓口 CB額(円) 左記CB条件 CB受取難易度
LifeBank 60,000 ×

知り合いを4人紹介

1年近くもらえない

株式会社STORY 80,000(S) ×

知り合いを4人紹介

1年近くもらえない

アウンカンパニー 32,000

条件無し

最短2ヶ月後

例えば「LifeBank」「株式会社STORY」はキャッシュバック額が多いですが、4人ソフトバンク光に知り合いを紹介しないといけないことからかなりハードです。またお金を受け取るまでに時間がかかります。

その中で最も簡単でそれなりのお金をすぐにもらえるのは「アウンカンパニー」と言えます。

アウンカンパニー

アウンカンパニー』はソフトバンク光の代理店です。

ソフトバンク光の場合、基本的に高額なキャッシュバックはオプションや紹介など高いハードルをクリアしないとキャッシュバックをもらえません。

その中で、アウンカンパニーはオプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。

また、申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです

アウンカンパニー「ソフトバンク光キャンペーンページ」:https://aun-softbank-hikari.com/

他の窓口ですと、キャンペーンスペックが劣る可能性もありますので、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。

4. まとめ

SoftBank Airに関して、私がおすすめしていない理由を解説してきましたがいかがでしたか?

SoftBank Airは正直以下の理由で、基本的におすすめはしないサービスです。

  • 速度に疑問?ネットに不満の声が多数
  • 料金にたくさんの注意点が!4年使わないと損するかも?
  • 持ち運べないから家でしか使えない

工事がなくてサクサク使いたい方はWiMAXを、回線速度に悩まずに使いたい方はソフトバンク光など光回線がおすすめです。

比較の結果、それぞれ以下の窓口が最もおすすめです。

以上を参考にあなたが後悔しないネット選びができることを心から祈っています。

参考. SoftBank Air 解約のための窓口

SoftBank Airを解約したいときは基本的に電話での問い合わせが必須です。

お問い合わせ窓口:0800-1111-820 <10:00~19:00 受付>

My SoftBankなどで契約状況を確認のうえ、問い合わせしてみましょう。

 契約から8日以内の方は解約金なしで解約できるかも

契約書面の受領日、契約成立日の遅い日を1日目として8日間であれば、解約金なしで契約を解除できる可能性があります。

8日というのは法律で決まった日にちです。8日すぎると解約金なしの解除がほぼ不可能になるので契約して8日以内の方は一刻も早く連絡しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket