元営業マンが教える光回線の料金を下げるための方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

毎月決まったお金が出てしまう光回線の料金はなんとか下げたいところですよね。

しかし、安いからといって他の光回線にすぐに飛びついてしまうと思わぬ失敗をする恐れがあります。

このページでは過去にNTTの代理店でフレッツ光の提案に携わっていた筆者が光回線の料金に関して以下のポイントで紹介をしていきます。

  • 光回線の料金は選び方・使い方で大きく差がつく
  • 光回線の料金を下げる5つのポイント
  • あなたの状況別おすすめ格安インターネット7選

全て読めば、光回線の料金について基本を理解した上で、一番いい選択ができるようになります。

0. 状況別おすすめ回線

このページでは、あなたの状況別に安くする方法や最安で使える光回線を紹介していきます。

光回線はとても複雑なので、このページで必要事項をすべてなるべくシンプルにお伝えしますが、結論だをけ知りたい方のために、まずはあなたの状況に合わせて最も安く使える光回線や、お得な申込窓口をまとめました。

あなたの要望や状況 おすすめ回線 おすすめ申込窓口
ドコモユーザー ドコモ光 「GMO」キャンペーンページ
ソフトバンクユーザー ソフトバンク光 代理店「株式会社アウンカンパニー」
auユーザー フレッツを使っていない au光 「So-net」キャンペーンページ
フレッツ光を使っていてフレッツの工事費は払い終えた @nifty光 @nifty公式ページ
フレッツ光を使っていてフレッツの工事費の残額が残っている So-net光 So-net公式ページ
DMM格安SIMと一緒に申し込みたい DMM光 キャンペーンページ
上記に当てはまらない/スマホとセットにしたくない エキサイト光 エキサイト公式ページ

これらをおすすめする理由も含めてこのページでは光回線の料金について解説していきます。

1. 光回線の料金は選び方・使い方で大きく差がつく

光回線の料金は選び方や使い方で大きな差が生まれます。

例えば、以下のように「一人暮らし」「10世帯くらいのマンション住まい」「同じ品質の光回線」の2名でも選び方を間違えてしまっていることから大きな差が生まれてしまっています。

Aさん Bさん
月額総額 4850円 2900円
ネット回線 フレッツ光(3450円) So-net 光(2900円)
プロバイダ プロバイダOCN(900円)
工事費 500円

実は、Bさんは元々「フレッツ光」を使っていてAさんくらい料金を払っていましたが、ご自身のライフスタイルに合わせて「So-net 光」に変えたことで、圧倒的に料金を下げることに成功しています。

このように、あなたの使っているネット以外のサービスや、住んでいる場所に合わせて料金を見直せば、下げられる可能性は非常に高いです。

そこでまずは光回線の料金と割引にはどんな要素があるのかを紹介していきます。

1-1. 光回線の料金を左右する3つの要素

光回線の月々の料金を構成するのは主に以下の3つの要素です。

  • 回線使用料
  • プロバイダ
  • 工事費

回線使用料

ネットをつなぐ線に対するお金です。これが全国、世界に繋がっているのでネットが使えるというイメージです。

一戸建ての場合は専用に線を引くことになるので高くなり、反対にマンションなどでは一つの線を複数の人で分けるので安くなります。

だいたい以下のような料金です。

一戸建て 集合住宅
5000円前後 3000円前後

プロバイダ

ただ線でつながっていてもインターネットに繋がりません。インターネットにつながるためには「プロバイダ」と呼ばれるサービスが必要です。

スクリーンショット 2017-01-24 23.26.29

このプロバイダは非常に多くの業者があり、好きなように選ぶことができます。

また、最近は光回線とパックになっているものも増えてきました。

だいたい以下のような料金です。

一戸建て 集合住宅
1000円前後 900円前後

工事費

光回線は、電柱などから光のケーブルをあなたの家へ引き込まないといけないので、工事費が発生します。

サービスにもよりますが、だいたい2~4万円程度の工事費がかかり、2~3年かけて分割で支払っていくケースが多いです。

分割にすることで、私たちはネットを始めやすくなりますし、事業者側は長く使ってもらえるなどお互いに得をする形になっています。

だいたい以下のような料金です。

一括払い 分割払い
2~4万円前後 2~3年間月々500円~1500円

1-2. 光回線の割引の3つの要素

光回線の料金を見直すために、割引の仕組みを理解することが大切です。

  • 長く使うことを前提とした割引
  • 初回契約者が優遇される割引
  • 他のサービスと掛け合わせる割引

長く使うことを前提とした割引

多くの通信会社は1人の利用者を増やすために、広告や営業など非常に多くの苦労をしています。そのため、一度使い始めた方には長く使ってもらうために「長く使うことを前提とした割引」を実施しています。

割引をしますが、決められた期間内に解約をしてしまうと違約金が発生します。

例えば、NTT東日本のフレッツ光に適用される「にねん割」は一戸建ての方は毎月700円ずつ割引されますが、2年間使わないと1万円弱の違約金が発生してしまいます。

初回契約者が優遇される割引

まだサービスを使い始めていない方や他社のインターネットを使っている方に向けて、料金を優遇することで新たに使い始めてもらうことを目指した割引があります。

例えば以下のような割引です。

  • 工事費を割り引く・無料
  • 月額料金から割り引く
  • 契約時にキャッシュバックや商品プレゼント
  • 他社の違約金負担

これらの割引は初回契約者のみに適用されることが多く、インターネットを乗り換える時の指標の一つです。

他のサービスと掛け合わせる割引

例えば、「ドコモ光」とドコモのスマホをセットで使うことで最大3000円以上の割引を受けられます。

画像:NTTドコモ

そのため、今あなたが使っているインターネット以外のサービスを考えてそれと組み合わせることが安くするための武器になるかもしれません。

2. 光回線の料金を安くする5つのポイント

今の料金を下げるために以下の5つのポイントを意識・実践しましょう。

  • まずは、今の会社から変えないことを重視
  • オプションを外す
  • プランを見直す
  • プロバイダだけでも変更する
  • 他社のインターネットに乗り換える

2-1. まずは、今の会社から変えないことを重視

まずは今の会社から変えずに安くできないかを考えることが大切です。理由は以下の3つです。

  • 切り替えの際に違約金などがかかる恐れがある
  • 切り替えると長い期間縛られる恐れがある
  • 工事費などが余計にかかる恐れがある

そのため、目先のキャッシュバックや割引に目がくらんで別の会社やサービスを変えてしまうと、意外に高くなってしまったり、やめたい時に解約できなくなるため注意が必要です。

中には、他社違約金負担・や工事費キャッシュバックなどのキャンペーンを行う事業者もあるため、有効活用しましょう。

2-2. オプションを外す

光回線を開通させた時にキャッシュバックの代わりにオプションに入るように言われた方もいらっしゃるかと思います。

1つ数百円のオプションでも数を重ねると数千円になります。そのため、一度料金の明細をきちんと見て使っていないものがあれば解約をしましょう。

例えば、利用者の多いフレッツ光では、以下のような余分なオプションをつけている方が多いかと思います。

オプション名 月額 概要
フレッツ・ウイルスクリア 400円 ウイルス対策のソフトなので、他に対策がしてあれば不要なオプション。
リーモートサポートサービス 500円 電話でネットの使い方などをサポートしてくれるサービス。誰にも頼らずに調べてなんとかできれば不要なオプション。
なおせ〜る 500円〜 パソコンやタブレットなどの破損を補償してくれるサービス。全額の補償ではないことを考慮して必要か判断することがおすすめ。

上記のように、インターネットの加入時に何気なく加入したオプションにダラダラとお金を払っているケースが多いため注意しましょう。

また、プロバイダにもオプションがあるケースが非常に多いです。プロバイダの明細もしっかりと確認した上で不要なオプションは外すことをおすすめします。

2-3. プランを見直す

今の光回線の会社が複数のプランを出している場合はプランの見直しを検討しましょう。例えば、よくあるのが以下の2パターンです。

こんな人が安くなる 内容
①ネットをほとんど使わない 従量制の通信にする
②光回線と別に固定電話を使っている ひかり電話を使う

それではそれぞれに関して解説をしていきます。

①ネットをほとんど使わない

ネットをほとんど使わない方や動画などを観ない方は、「使ったぶんだけ課金されるサービス」にできないか今の契約している会社のサービスを見直しましょう。

例えば、フレッツ光だと「フレッツ光ライト」というサービスが存在し、以下のようにほとんど使わなかった月は2800円(割引適用で2200円)にまで料金が下がります。(東日本の場合)

スクリーンショット 2017-01-18 22.19.18

画像:NTT東日本

ちなみに使いすぎてしまっても5800円(割引適用で5200円)で上限が決まっているため安心です。

以上のように、あまり使っていない方は従量制のプランがないか確認し、あるようであれば切り替えをすることを検討しましょう。

②光回線と別に固定電話を使っている

以前は、光回線で電話をすると「安定しない」「停電が起きたら使えない」などの理由であまりインターネットを使った電話(以下ひかり電話)は好まれませんでした。

ただ、今は通話も安定していたり、携帯電話の普及で停電時も電話ができることなどからひかり電話を使う方は非常に増えています。

固定電話のためにアナログの電話回線を使っている方は以下のようにまとめてあげると非常に安く使うことができます

スクリーンショット 2017-01-18 22.45.30

例えば、auひかりとNTTの電話回線を別々に契約している方は以下のように、auのひかり電話に切り替えると大幅に基本料を1000円以上安くできます。

今まで まとめると
インターネット料金 auひかり5200円 auひかり5200円
電話の基本料 NTTアナログ電話1700円 auひかり電話500円
総額 6900円 5700円

そのため、今アナログ電話を使っている方は、ひかり電話にすると料金を大幅に引き下げられる可能性が高いです。

2-4. プロバイダだけ変えてみる

光回線自体を変えれなくても、プロバイダだけ変えることも一つの手段です。

プロバイダは1000円前後のものが多いですが、例えば「BBエキサイト」のプロバイダであれば500円、キャンペーン期間は300円でプロバイダを提供してくれます。

スクリーンショット 2017-01-19 22.41.03

プロバイダには違約金がかかることが多いため、今ご利用のプロバイダの違約金などと月額を比較して乗り換えを検討しましょう。

プロバイダによって速度の安定性が変わることもよくあります。ただし、これはあなたのエリアなどによっても良し悪しが大きく変わってしまいますので、一概にどこにすればいいかは結論を出せません。

ただ、このページで紹介しているような設備のしっかりしている大手であれば失敗する可能性が低いです。

どうしても気になる方は「Radishみんなの測定結果」と呼ばれる、速度計測を報告し合う掲示板がありますので、そこで近くに住んでいる方の情報を参考にしながら乗り換えを考えましょう。ただし自作自演もあるので注意しましょう。

2-5. 他社の光回線に乗り換える

料金体系が全く違う他社の光回線に乗り換えることも非常にインパクトがあります。

先ほどのBさんは元々Aさんと同じようにフレッツ光を使っていましたが、「So-net 光」に乗り換えたところ料金が2,000円近く落ちました。

Aさん Bさん
月額総額 4850円 2900円
光回線 フレッツ光(3450円) So-net 光(2900円)
プロバイダ プロバイダOCN(900円)
工事費 500円

ちなみに乗り換える場合は以下のポイントを意識することで料金を安くできる可能性が高くなります。

  • 乗り換えるなら基本的に「何かを使っている会社」の光がおすすめ
  • キャッシュバックや違約金の条件をよく確認する
  • フレッツ光ユーザーの方は「光コラボレーション」に切り替えるとお得
  • 光回線以外の方法も考慮する

乗り換えるなら基本的に「何かを使っている会社」のネットがおすすめ

乗り換え時は基本的に「何かを使っている会社」のネットがおすすめです。わかりやすいところだと携帯電話です。

携帯各社はネットとスマホなどを組み合わせて、お得に長く使ってもらおうとします。

そのため、以下のようにスマホとインターネットをセットにすることで高額な割引を実施しています。

 携帯会社 ネットの名前 ネットの基本料
(一戸建て)
ネットの基本料
(マンション)
セットでの割引
ドコモ ドコモ光 5,200円 4,000円 携帯の料金から最大3,200円/月割引
ソフトバンク ソフトバンク光 5,200円 3,800円 携帯の料金から2年間最大2,000円/月割引
au auひかり 5,100円 3,800円 スマホの料金が2年間最大2,000円/月割引

以上のように、ネット以外のサービスを使っている方は、そのサービスと合わせることで毎月の料金が安くなる可能性が高いです。

キャッシュバックや違約金の条件をよく確認する

安い会社に乗り換える際に注意しなければならないのが、「今のサービス」と「乗り換え後のサービス」それぞれの違約金です。

特に、インターネットの場合は工事費などを解約時に一括で請求される可能性も高いので、よく確認をしましょう。残額などが分からなければ、事前に電話で問い合わせてみるのも一つの手段です。

違約金が気になる方は、ソフトバンク光のように他社の違約金を全額返金してくれる会社もあるので、興味のある会社のキャンペーンを覗いてみましょう。

スクリーンショット 2017-01-19 16.44.53

出典:ソフトバンク光

フレッツ光ユーザーの方は「光コラボレーション」に切り替える

フレッツ光ユーザーの方は、「光コラボレーション」への切り替えの検討をおすすめします。なぜなら、今の回線をそのままに月額料金の大幅な削減を目指せるからです。

光コラボレーションとは、以下のようにNTTとの契約を他社を間に挟みその会社のサービスとして光を使う仕組みです。

スクリーンショット 2017-01-16 13.28.41

以上のような「光コラボレーション」の仕組みが詳しく気になる方は「図解でわかる光コラボレーションとは|仕組みと注意点が3分でまるわかり」を参考にしてみてください。

毎月の月額の削減を目指せますが、ここで光コラボレーションに切り替える時はフレッツ光の「違約金」がかからないです。

これはNTTのホームページでも以下のように紹介されています。

スクリーンショット 2017-01-17 16.25.32

抜粋: NTT西日本ホームページより

  • あなたの状況や契約体系によっては工事が必要で、工事費がかかる恐れがあります。
  • あなたのフレッツの工事費の残高がある場合は、NTTからコラボ事業者に請求されますが、事業者によってはあなたに請求するため注意しましょう。

ちなみに先ほどの「ドコモ光」「ソフトバンク光」はこの「光コラボレーション」による提供です。

au光は「光コラボレーション」のサービスではないため、auの携帯と「フレッツ光」ユーザーの方は「@nifty光」にすると優遇されます。

先ほどのBさんはこの「光コラボレーション」の仕組みを上手に活用できたいい例です。

光回線以外の方法も考慮する

光回線の料金を見直したい時に、「固定の回線」だけに縛られないことも大切です。

以下のような「モバイル系の通信サービス」が非常にお得で使えます。

スクリーンショット 2017-01-19 17.22.10

前までは家なら回線を使ったインターネットが常識でしたが、ここ最近その常識は崩れています。

なぜならここ数年で、以下のようにいわゆるモバイル系の通信サービスが急速に発展したからです。

  • スマホで20GB/30GBの大容量をお得に使える
  • 格安SIMの出現でスマホが圧倒的に安く使えるようになった
  • ポケットWifiに動画がサクサク無制限で見られるサービスができた

以上のようなタイミングで中で筆者は以下の方はインターネットを見直すタイミングで本当に固定回線でいいのかを見直すことが大切だと考えています。

ちなみに、以下のようにインターネットの料金は設備などが不要なことから「ポケットWi-Fi」などのモバイルの方が安く使えます。

月額目安 工事費
固定回線 6000円前後 必要
ポケットWi-Fi 3~4000円 不要

工事費が不要で、外でもネットに繋げるポケットWifiの方が場合によってはコスパがいいと言えます。

特に、ポケットWifiで動画がサクサク無制限で観られることで、コスト的にも使いやすいポケットWifiが光回線よりも使いやすいサービスになってきたと筆者は考えます。

そこで、ポケットWifiについてより詳しく知りたい方は「騙されるな!無制限で使えるポケットWiFiと最安購入方法」を参考に後悔せずに無制限で使う方法を掴んでいただければと思います。

3. あなたの状況別おすすめ格安光回線7選

では最後にあなたの状況別に使えるおすすめの格安光回線を紹介します。

ここでは、100以上の光回線の中から、「全国どこに住んでいても申し込める」「回線やプロバイダが安心」という基準と「料金を大きく左右する」以下のポイントに着目をして料金を算出し、状況別に格安の光回線を紹介していきます。

  • プロバイダを含めた月額利用料
  • 他のサービスを含めた割引額
  • 工事費

ちなみに、スマホとのセット割のインパクトがあまりに強いため、シンプルにあなたがどの会社のスマホを使っているかに合わせて選んでいただければ大きな失敗はありません。

おすすめ回線 こんな人におすすめ 想定実質月額※
一戸建て/マンション
おすすめな理由
ドコモ光 ドコモユーザーの方 2000円~/800円~ ドコモの携帯が安くなるから/初期工事費無料
ソフトバンク光 ソフトバンクユーザーの方 3200円~/1800円~ ソフトバンクの携帯が安くなるから/開通工事費無料/他社違約金還元
auひかり auユーザーでフレッツを使っていない方 3100円~/1800円~ auの携帯が安くなるから/豊富なキャッシュバック
@nifty光 au+フレッツのユーザーでフレッツの工事費を払い終えた方 4000円~/2780円~ auセット割が適用されるから/フレッツからの転用で工事費が割安
So-net光 au+フレッツのユーザーでフレッツの工事費が残っている方 4000円~/2900円 auセット割が適用されるから/フレッツ工事費の残高を負担してもらえる
DMM光 スマホを格安SIMに変えてトータルで安くしたい方 4320円~/3280円~ DMMMobileとのセットがお得/初期工事費無料
エキサイト光 上記に当てはまらない方・スマホとセットにしたくない方 4360円/3360円 単体での料金が業界最低水準・縛りなし/フレッツからの転用で工事費が割安

※スマホのセット割などのキャンペーンを最大限利用できた時の実質の料金。(プロバイダを含む)セットで使うことで受けられるスマホ料金の割引もネット回線の割引として実質月額を算出。

また、それぞれの回線で、キャッシュバックなどのキャンペーンを考慮してお得に申し込むための窓口も紹介していきますので参考にしてみてください。

申し込みの注意点:価格.comはおすすめできない

価格.comでは独自のキャンペーンを行なっていますが、基本的に「割高」となってしまうケースが多いです。例えば、本ページで紹介している、「auひかり+So-net(プロバイダ)」の組み合わせですが、一見高額なキャッシュバックでお得に見えますが、よくよく調べると以下のような落とし穴があります。

  • 価格.comのキャンペーン経由だと短期解約時に違約金が20,000円増える。
  • 月々の割引が少なくなる。(一戸建てでプロバイダ経由だと1,700~1,900円/月が810円/月になる。)
  • 割引期間も短くなる。(プロバイダ経由だと2年間だが、11ヶ月になる。)

以上のように、価格.comは一見お得そうでも、落とし穴があるため要注意です。そのため、価格.comではなく、専属の代理店やプロバイダ経由での申し込みをおすすめします。

3-1. 『ドコモ光』|ドコモユーザーにおすすめ

スクリーンショット 2017-01-22 15.44.40

ドコモ光」はNTTドコモの光サービスです。NTTの光回線を使ったサービスで、品質はバッチリです。

最大の特徴はドコモユーザーの方はスマホとセットで最大5700円(ドコモずっと割併用時、セット割単体なら最大3200円)の割引を受けられることです。

割引額はドコモのスマホの高いプランを使っていればいるほど高くなるため、ドコモのヘビーユーザーの方に特におすすめです。

ドコモに直接申し込んでもプロバイダは選ぶことになりますので、割引やプレゼントなどのキャンペーンを受けるために、最初からプロバイダを経由して申し込むことをおすすめします。

ちなみに25社のドコモ光対応のプロバイダの中でキャンペーンを実施しているのは以下の3社だけで、どのプロバイダを選んでも料金は変わりません。

プロバイダ キャンペーン
GMOとくとくBB
  • 高性能な無線ルーターを無料レンタル
  • dポイント10,000円プレゼント
  • 関西の方は5,000円キャッシュバック
ぷらら
  • セキュリティが1年無料
  • dポイント10, 000円プレゼント
S0-net
  • セキュリティが1年無料
  • dポイント10,000円プレゼント

中でも、「GMOとくとくBB」で無料レンタルできるルーターは定価16,500円する高価なものなのでおすすめです。

また、「ドコモ光」開通後、以下のようにお住いの住所に応じてキャッシュバックを受け取れます。

10,000円キャッシュバック 5,000円キャッシュバック
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県の方 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、山梨県、新潟県、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県の方

ちなみにGMOとくとくBBのプランはドコモの中でも最安です。ここで安いからといって品質が違うわけではなく、低価格で提供されているのはGMOの企業努力の結果です。

プロバイダ込み、スマホのセット割を最大の「3,200円」と想定すると実質月額は以下の通りです。

一戸建て 集合住宅 工事費
2000円~ 800円~ 無料
※フレッツ工事費の残高がある方は請求されます。

※割引の条件や初期費用は必ず「公式ページ」「GMOキャンペーンページ」を確認しておきましょう。

キャンペーン情報(2017年4月時点)

  • 新規工事費が無料
  • dポイント10,000円プレゼント
  • GMO経由での申し込みで無線ルータを無料レンタル。また、「ドコモ光」開通後、関西の方は10,000円、関東甲信越、東北、東海、中国地方の方は5,000円のキャッシュバックが受け取れます。

3-2. ソフトバンク光|ソフトバンクユーザーにおすすめ

スクリーンショット 2017-01-19 16.45.46

ソフトバンク光」はソフトバンクが提供する光サービスで、ソフトバンクのスマホとセットで適用される「おうち割」などこちらもソフトバンクユーザーはお得に使えるサービスです。

光回線の違約金や撤去工事料を全て負担してくれるなど、申し込み時に様々な特典を受けることができます。

また、代理店によってキャンペーンスペックなどが異なるため、必ず事前にホームページを確認しましょう。

筆者がおすすめする代理店は「株式会社アウンカンパニー」です。理由は以下の3つです。

  • 24000円と高額なキャッシュバックを実施
  • キャッシュバックの条件にオプションに加入が必要ない
  • キャッシュバックの申請がスムーズ

プロバイダはYahoo!BB固定なので、選ぶ必要がありません。

プロバイダ込み、スマホのセット割を最大の2,000円と想定すると実質月額は以下の通りです。

一戸建て 集合住宅 工事費
3200円~ 1800円~ 他社乗り換えの方・引越しの方無料

※割引の条件や初期費用は必ず「公式ページ」「代理店ページ」を確認しておきましょう。

キャンペーン情報(2017年4月時点)

3-3. 『auひかり』|auユーザーにおすすめ

スクリーンショット 2017-01-19 21.32.16

auひかり」はKDDIの提供する光回線で、auユーザーの方は「auスマートバリュー」と呼ばれる割引を受けられ、最大2年間、最大毎月2,000円の割引を受けられます。

(注)500円のひかり電話への加入が必要です。家族が複数いる場合は全員のスマホ代がそれぞれ割引されるのでお得です。

自宅の固定電話とご自身のスマホ間の通話が無料になる「auまとめトーク」というサービスを受けることができるため、通話料もお得になります。

ドコモ光と同様、プロバイダを必ず選ばなければならず、プロバイダ経由の方がお得な可能性が高いです。

auひかりの代理店経由での申し込みも可能ですが、キャッシュバック金額が少なかったり、オプションをつけられるため、おすすめしません。

au光のプロバイダは7社ありますが、以下の5社が独自のキャンペーンを行なっています。

プロバイダ 一戸建て マンション
So-net 以下どちらか

  • 3年間最大1,900円/月割引き
  • 35,000円キャッシュバック+2年間最大1,900円/月割引
以下どちらか

  • 2年間最大2,000円/月割引き
  • 35,000円キャッシュバック+2年間1,250円割引
@nifty
  • 開通月0円、30ヶ月毎月750円程度値引き
  • 10,100円キャッシュバック
  • 開通月0~400円、2年間毎月1,250円程度値引き
  • 10,100円キャッシュバック
BIGLOBE
  • 25,000円(ひかり電話で+5,000円キャッシュバック)
  • 30ヶ月750円引き
  • 15,000円(ひかり電話で+5,000円キャッシュバック)
  • 24ヶ月1,250円引き
ASAHI ネット
  • 開通月無料、23ヶ月750円/月割引
  • 電話サービス30ヶ月無料
  • 開通月無料、23ヶ月2,000円/月割引
au one net
  • 30ヶ月1250円/月割引
  • 10,000円キャッシュバック
  • 30ヶ月1250円/月割引
  • 10,000円キャッシュバック

また、auから直接申し込むとプロバイダ独自のキャンペーンなどを受けられなくなります(一部除く)が、他社の違約金を最大30,000円まで負担してくれます。

この中でも「So-net」のキャッシュバックプランが圧倒的にお得ということが上の表からもお分かりいただけるかと思います。

プロバイダ込み、スマホのセット割を最大の2,000円と想定すると実質月額は以下の通りです。

一戸建て 集合住宅 工事費
2,450円~ 1,800円~
  • 1,250円×30回(マンションは24回)の分割払い
  • 37,500円一括払い

※割引の条件や初期費用は必ず「公式ページ」「プロバイダページ」を確認しておきましょう。特にauのずっとギガ得プランの契約期間は3年間なので注意が必要です。

キャンペーン情報(2017年4月時点)

  • ネット+電話を30ヶ月(マンションは24ヶ月)の利用で初期工事費の分割分を割引
  • So-net」などプロバイダ経由の申し込みでキャッシュバックや月額割引

続いて、フレッツ光を使っているauユーザーの方にオススメのひかりコラボ2社を紹介していきますが、「プロバイダのキャンペーン」「スマートバリュー」の組み合わせで、auひかりに切り替えた方が安くなる可能性が高いです。

そのため「開通工事が面倒ではない」「ここから長く使っていこう」という方はauひかりに切り替えてしまうのも一つの手です。

参考までに、フレッツ+auユーザーの方が「ひかりコラボレーション」と「auひかり」に切り替えた時のメリットを以下の表にまとめました。

 フレッツ+auユーザーの方 メリット
ひかりコラボレーション

(NTTの回線)

  • 工事が不要な可能性が高く手間がかからない
  • 工事費が新たにかかりにくい
  • 初回工事がない分、解約した時の違約金が少ない
  • フレッツの違約金(工事費残高除く)を負担してくれる
auひかり
  • 高額なキャッシュバック
  • 月額が安くなる可能性が高い

メリットを比較して、あなたに合った選択をしましょう。

3-4. 『@nifty光』|au+フレッツのユーザーで工事費を払い終えた方におすすめ

スクリーンショット 2017-01-17 21.17.19

@nifty光」はフレッツ光のプロバイダーとして有名だった、@niftyの光サービスで、auユーザーの方は光回線の料金が1200円値引きされるなど非常にお得に使うことができます。

特に、集合住宅のタイプで条件を満たしている方は2200円~と圧倒的に安く使えることが特徴です。またこちらは「光コラボレーション」の商品なのでフレッツ光を使っていればコスパよく乗り換えられます。

フレッツの工事費の残高がない方は、auひかりに乗り換えた方が安くなる可能性がありますが、「契約期間が長くなる」「回線を引き込む工事が必要」などのデメリットがあるため、長く使うつもりがない方は「@nifty光」に切り替えましょう。

元々プロバイダの会社だったので、基本的にプロバイダは@niftyで固定されます。

「@nifty光 × auセット割」で最大の割引を受けられると、想定月額は以下のようになります。

一戸建て 集合住宅 工事費
4000円~ 2200円~
  • フレッツからの転用・・手数料+フレッツ残高(注)の請求
  • 新規契約・・・・17,000円〜(30回の分割)

(注)あなたの契約内容によっては別途工事費や違約金が発生します。

※割引の具体的な条件や初期費用は申し込み前に「公式ページ」をチェックしておきましょう。

キャンペーン情報(2017年4月時点)

  • こちら」のページからの申し込みで5,000円キャッシュバック

3-5. So-net光|au+フレッツのユーザーでフレッツの工事費が残っている場合におすすめ

スクリーンショット 2017-01-28 18.03.58

So-net光」はソニー系のプロバイダである「ソニーネットワークコミュニケーション」によって運営される光コラボの回線です。

この回線も「auとのセット割」が適用されますが、@niftyよりも若干月額利用料が高いことや30ヶ月と比較的長期間縛られてしまうなどのデメリットがあります。

ただし、最大のメリットが、「フレッツ光の工事費残高」を負担してくれることです。

スクリーンショット 2017-01-28 18.16.47

出典:So-net公式ページ

そのため、auユーザーの方で工事費がネックでフレッツ光を解約しにくい方におすすめです。

So-netは元々プロバイダの会社なので、プロバイダも基本的にSo-netに固定となります。

一戸建て 集合住宅 工事費
4,000円~ 2,900円~
  • フレッツからの転用・・手数料のみ
  • 新規契約・・・・工事費24,000円(キャッシュバックあり)

※契約の具体的な条件や初期費用は申し込み前に「公式ページ」をチェックしておきましょう。

キャンペーン情報(2017年4月時点)

  • フレッツを使っていない新規ユーザーの方はこちらの「特設ページ」からの申し込みで24,000円キャッシュバック
  • こちらの「特設ページ(フレッツユーザーはこちら)」からの申し込みでプレイステーションストアチケットを最大35,000円プレゼント

3-6. 『DMM光』|スマホを格安SIMに変えてトータルで安くしたい場合におすすめ

スクリーンショット 2017-01-19 22.21.04

DMM光」はDMMが提供するインターネットで、DMMの格安SIMとセットで申し込むことで月々500円の割引を受けられます。

ちなみにDMMの格安SIMは、3Gのデータ通信と通話ができるプランが1500円で提供されるなど、スマホの料金を圧倒的に下げることが期待できます。

また、以下のように一戸建てプランであれば2段階定額の料金プランもあるため、あなたの使い方に合わせてサービスを選べます。

スクリーンショット 2017-01-19 22.30.03

また、今なら「キャンペーンページ」からの申し込みで新規申し込みの方の「工事費」が無料になります。転用の方は2,000円の手数料が割引です。

DMM光のプロバイダは基本的にDMMで固定です。格安SIMとのセットでの割引を受けた時の想定月額は以下のようになります。

一戸建て 集合住宅 工事費
3,220円~ 3,280円~ 無料

※契約の具体的な条件や初期費用は申し込み前に「公式ページ」をチェックしておきましょう。

キャンペーン情報(2017年4月時点)

  • キャンペーンページ」からの申し込みで新規申し込みの方の「工事費」が無料、フレッツ光からの転用の方は事務手数料が無料

3-7. 『エキサイト光』|上記に当てはまらない方・スマホとセットにしたくない場合におすすめ

スクリーンショット 2017-01-19 21.59.20

エキサイト光」は光回線+プロバイダでの料金が業界最安水準なので、スマホとセットにしたくない方におすすめです。

また、料金以外でのメリットが「契約の縛りがない」ことも強みです。契約時に工事費がかかってしまいますが、それさえ払ってしまえばあとはあなたの好きな時にやめても違約金などがかかりません。

ちなみに、すでにDMM以外の格安SIMをすでに使っている方は、以下のポイントから格安SIMと同じ業者の光回線ではなくエキサイト光がおすすめです。

  • DMM以外の格安SIMとセットにしてもエキサイト光と料金に差がないこと
  • 格安SIM事業者の多くの光回線で長い期間縛りがあること

元々プロバイダの会社なので、プロバイダも基本的にBBエキサイトに固定となります。想定月額は以下のようになります。

想定月額は以下のようになります。

一戸建て 集合住宅 工事費
4360円~ 3360円~
  • フレッツからの転用・・手数料+フレッツ残高(注)の請求
  • 新規契約・・・・16,000円〜

(注)あなたの契約内容によっては別途工事費が発生します。

※契約の具体的な条件や初期費用は申し込み前に「公式ページ」をチェックしておきましょう。

キャンペーン情報(2017年4月時点)

  • お得なキャンペーンは特にありません。もともとの価格が安いため公式ページから申し込みを行いましょう。

4. まとめ

インターネットの料金について、仕組みや下げ方を紹介してきましたが、いかがでしたか。目先の月額や料金に飛びついてしまうと反対に違約金などで今よりも高いお金を払うことになるので注意が必要です。

ちなみに筆者がおすすめの光回線とおすすめの申し込み窓口は以下の通りです。

あなたの要望や状況 おすすめ回線 おすすめ申込窓口
ドコモユーザー ドコモ光 「GMO」キャンペーンページ
ソフトバンクユーザー ソフトバンク光 代理店「株式会社アウンカンパニー」
auユーザー フレッツを使っていない au光 「So-net」キャンペーンページ
フレッツ光を使っていてフレッツの工事費は払い終えた @nifty光 @nifty公式ページ
フレッツ光を使っていてフレッツの工事費の残額が残っている So-net光 So-net公式ページ
DMM格安SIMと一緒に申し込みたい DMM光 キャンペーンページ
上記に当てはまらない/スマホとセットにしたくない エキサイト光 エキサイト公式ページ

あなたが、お得にインターネットを使えることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket