auのWiMAXをおすすめできない2つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
au WiMAX アイキャッチ

auのWiMAXを使いたいけど、本当に契約しても良いのか迷っていませんか。

結論から言うと、長年に渡りポケットWiFiなどの販売員をしていた知識と経験からauのWiMAXはおすすめしません。

このページでは、業界で長年様々な通信サービスや機器に関わってきた私の経験と知識からauのWiMAXをおすすめできない2つの理由をご説明します。

最後まで読んで頂ければ、auのWiMAXを契約して約2万円損をする可能性を避けることができたり、2年間で約3万円お得に契約できる方法が分かりますので是非ご覧ください。

1.auをおすすめできない2つの理由

auは、日本を代表する大企業の一つであることは間違いありませんが、ポケットWiFiサービスに関してはおすすめしません。

しかしそれでもおすすめできないのは、KDDI系列会社のUQコミュニケーションズが提供しているWiMAXと同じサービス内容なのに料金が高いからです。

理由. 「au」で買うと「UQ WiMAX」よりも高い

実は、WiMAXサービスを提供しているのは「au」だけではなく「UQ WiMAX」でも提供しています。

そして、『au』でも『UQ WiMAX』でも、通常プラン(7G)3696円と無制限プラン4380円の料金は変わりません。

では、なぜauの料金が高いのかと言うと、『UQ WiMAX』ではプロバイダと呼ばれる販売代理店のような存在を通して契約した方が、2年間で最大36000円もお得にWiMAXを契約できるからです。

ポイント1. UQ WiMAXは約3万円安く買える

実は『UQ  WiMAX』という会社の場合、『au』や『docomo』などと異なり、直営店よりも販売代理店を通した方が安く購入することができます。

  • au:基本的にauショップでの購入
  • UQ WiMAX:直営の販売店だけでなく『BIGLOBE』『GMO』『So-net』などの販売代理店(プロバイダ)でも購入可能

具体的な例をあげた方がわかりやすいので、「au」と「UQ WiMAX」の他に業界最高額のキャッシュバックを出す『GMOとくとくBB』という販売代理店(プロバイダ)を例に挙げ、下表で料金を比べてみました。

会社名 UQ WiMAX ロゴ au アイキャッチ GMO ロゴ
プラン名 UQ Flatツープラス ギガ放題

WiMAX 2+ フラット for DATA EX

GMOとくとくBBギガ放題
初期費用 3000円 3000円 3000円
端末受取月(初月) 3696円 4380円 0円
1ヶ月目〜2ヶ月目 3696円 4380円 3609円
3ヶ月目〜24ヶ月目 4380円 4300円 4263円
キャッシュバック 0円 0円 33000円
2年間の総額費用 110449円 111448円 71004円
2年間の実質月額費用 4602円 4643円 2958円

上記の表の通り、2年間の総額で3万円以上安く契約できるというのがおわかりいただけるかと思います。

ポイント2. 「au」と「UQ WiMAX」のサービスは基本的に同じ

「UQ WiMAX」は、「au」の系列会社なので、サービスは基本的に同じです。

違いというと、前述した通り「UQ WiMAXの方が、販売代理店(プロバイダ)を通して買えるからお得」ということだけといっても過言ではありません。

実際に「機種」「速度・エリア」「割引」の3点を比較しました。

(1)機種:「au」で選べる機種は「UQ WiMAX」でも選べる

選べる機種に関しても、「au」はW03、W01の2種類からしか選べず、これらはどちらも「UQ WiMAX」でも選ぶことができます。

ちなみに後述しますが、最新機種の「W03」は速さ・バッテリーの持ち・通信速度のすべてにおいて、とても素晴らしい端末です。いま販売されている全22機種の中でも最も優秀と言っても過言でないほどの機種です。

(2)エリア・速度:どちらも同じ

どちらもサービスとしては「WiMAX」の電波を使っているので、エリア・速度ともに変わりません。

「LTE」というau携帯に使われる電波に関しても、「au」「UQ WiMAX」ともにオプションで利用可能という点も同じです。

(3)割引:auユーザーは「au」だけでなく「UQ WiMAX」でも割引可能

auのスマートフォンや携帯電話を使っているユーザーは利用料金が最大934円/月割引になる「auスマートバリューmine」があります。

この割引は、auまたはUQ系WiMAXのどちらで契約しても受けられる割引になります

au WiMAX auスマートバリューmine

出典: UQコミュニケーションズ  auスマートバリュー mine

auスマートバリュー mineの詳細については「auホームページ」を確認してください。

※auショップのスタッフはWiMAXに詳しくない

auショップではWiMAXは主力商品ではないので、スタッフも知識がなく、サポートには期待できません。

口コミ・評判

@salacook さん
Twitterでの口コミ
何処とは申しませんが、auショップの店員なのにWiMAXのことをイーモバイルなどと抜かす輩がおりましてなぁ…

他にも、auショップの店員の知識がなく利用することができないのに使えますと言って契約をさせられて使えなかったというトラブルを多くネット上で見かけます。

2. 最もお得にWiMAXを契約するための全手順

WiMAXであれば、auよりもUQ系の方が月額料金が圧倒的に安くおすすめです。

WiMAXを申し込むために、下記3点を決めなければなりません。

  • 契約プランを決める
  • 機種を決める
  • プロバイダを決める

それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種は「W03」、プロバイダは『GMOとくとくBB』か『BIGLOBE』の2社から選びましょう。

申し込む際には、特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるため購入は必ず公式ページ経由で行うことを推奨します。

・GMOとくとくBB公式ページ: http://gmobb.jp/service/wimax2/

・BIGLOBE公式ページ: http://join.biglobe.ne.jp/wimax/

それぞれ解説します。

2-1. 契約プランを決める

プランは「通常プラン3670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4350円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

ポケットwifi docomo 7G

2-2. 機種を決める

機種は主に4種類から選ぶことができますが、結論からいうと最新機種の「W03」が圧倒的にオススメです

W03は万能機種で、対応エリアはWiMAX2+とau 4G LTE回線で広域をカバー、速度は最新技術「キャリアアグリゲーション」で高速、デザインも非常にスタイリッシュです。前期種の「W02」からバッテリーも2時間も強化されています。

「WX01/WX02」は通信モードを旧回線「WiMAX」と新回線「WiMAX2+」を自動で切り替える機能があるため、電波が悪いときや移動中は電池の消耗が早いという口コミが見受けられます。

詳しくはどの機種を選べば良いのか、スペックや口コミから徹底検証を行った『WiMAXルーター徹底比較|機種選びで失敗しない3原則』で解説していますので、ご参考ください。

スクリーンショット 2016-08-01 11.29.37

電話オペレーターと良く連絡をしておりますが、おすすめを聞くと「W03」と答える方がほとんどなので安心です。

クレードル・USBケーブルについて

クレードルとケーブルは同時購入が可能ですが、高いので公式ページで購入する必要はありません。

ポケットwifi docomo クレードル

クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要であればAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3000円前後で手に入ります。

USBはスマートフォンなどに使われる汎用的な「Micro USBケーブル」なので、100円ショップなどでも購入可能です

2-3. プロバイダを決める

2016年12月の最新情報です。

選ぶべきプロバイダは『最適なWiMAXプロバイダ選びの5つの要点とおすすめ2選』で詳しく解説していますが、『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』のどちらかです。

※プロバイダで通信速度やサービス内容に違いは全くありません。

スクリーンショット 2016-09-01 9.20.00

『GMOとくとくBB』と『BIGLOBE』のどちらを選ぶべきか

両者の大きな違いは下記2点です。

  • キャッシュバック金額(GMO: 33,000円 BIGLOBE: 20,000円)
  • 受け取るための手続き(GMO: 必要 BIGLOBE: 不要)

どちらを選べばいいかというと、とにかく安く使いたい方には『GMOとくとくBB』、割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』を推奨します。

※キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目に来る「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

それさえ見落とさなければキャッシュバックは確実にもらえるのでご安心ください。

『BIGLOBE』は口座情報を登録しなくても、郵便局で換金できる「振替払出証書」が送付されてくるので、それを郵便局に持っていくだけでキャッシュバックが受け取れます。

忙しくてメールチェックを一切しない方や、面倒くさがりの方は、『BIGLOBE』にしておきましょう

どちらが人気かというと、簡単な手続きで1万円以上の差がでるため、最終的に『GMOとくとくBB』を選ぶ方が多いです。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

2社以外のプロバイダはどうなの?

結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。

なぜなら、他のプロバイダは『GMOとくとくBB』と同じく手続きが必要で、その割には速度などサービスは一切変わらないのに値段だけがGMOと比べると高いからです。

『GMOとくとくBB』で最もやすく使うか、『BIGLOBE』で手続きなしでそれなりの価格で使うか、2択となります。

2016年12月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。

昨年2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社減額する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらも予算が消化され次第、徐々に減額していくものと予想されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-13-28-41

突然12月にキャンペーンが終わることはないとは思いますが、今後減額される可能性は十分にあるため、購入する予定のある方は12月中の購入をおすすめします。

3. まとめ

auのWiMAXは選べるモバイルルーターの種類が少ないのと、キャッシュバックキャンペーンなどがなく料金が安くないのが欠点ですが、店頭でわからないことを店員に確認したい人にはおすすめです。

しかし、より安い料金で利用したい方はUQ系WiMAXを選択して契約しましょう。

2016年12月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。

  • 契約プラン:ギガ放題
  • 機種:W03
  • プロバイダ:GMOとくとくBB(割高でも手続きを一切したくない方は『BIGLOBE』)

上記の内容で契約をし、快適で良心価格のポケットWiFi通信生活を楽しんでください。

※特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件や解約条件が変わってしまう場合もあるようなので、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

GMOとくとくBB公式ページ:  http://gmobb.jp/

BIGLOBE公式ページhttp://join.biglobe.ne.jp/wimax/

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket