『3WiMAX』の契約がおすすめできない3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WiMAXのプロバイダ選びで、『3WiMAX』ってどうなの?と思っていますね。

『3WiMAX』は、高額キャッシュバックを行ってこなかったためWiMAXのプロバイダとしてはあまり目立たない存在でしたが、2017年5月現在28,000円という高額キャッシュバックを決め、格安プロバイダとして認知され始めました。

では果たして買うべきなのか気になるところだと思いますが、私の結論は「特に買いではない」です。

このページでは長年の通信機器販売の経験から、『3WiMAX』が特におすすめではない全理由と、2017年5月時点で選ぶべきプロバイダを紹介します。

 1. 『3WiMAX』をお勧めできない3つの理由

『3WiMAX』は、株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスです。

キャッシュバック金額が28,000円でかなりお得に見えますが、実際には下記3つの理由からおすすめできません。

  • オプションや諸費用で、結局やすくない
  • キャッシュバックを受け取れない可能性がある
  • サポート体制がいまいち

順番に解説します。

オプションや諸費用で、結局やすくない

一見かなり安く見えますが、GMOや@niftyと比べ、特段安いわけではありません。

全15社のプロバイダをWiMAXを契約満期である2年間使った場合の実質費用を比べてみましょう。

とにかく安くするために注目すべきなのは、キャッシュバックを含めた基本契約期間の2年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかどうかです。

※トータル費用 = 登録料 + 初月料金 + 月額料金*23 + 端末代 – キャッシュバック – その他割引

順位 プロバイダ名 2年間利用時のトータル費用 キャッシュバック金額
通常プラン ギガ放題
1 GMOとくとくBB  57,167   68,581  32,000
2 @nifty  60,471  74,751  20,100
3 DTI  60,500  74,800  29,000
4 3WiMAX  63,680  77,015  28,000
5 so-net  67,985  82,349  20,000
6 Broad  68,424 82,809
7 BIGLOBE  71,680  86,750  20,000
8 ヤマダ電機  91,705  106,069
9 ビックカメラ  91,705  106,069
10 ヨドバシカメラ  91,705  106,069
11 エディオン  91,705  106,069
12 ノジマ  91,705  106,069
13 ケーズデンキ  91,705  106,069
14 PC DEPOT  91,705  106,069
15 UQ WiMAX  94,504 108,868

『GMOとくとくBB』が圧倒的に一人勝ちしている状況です。

※選ぶプロバイダで通信速度やサービス内容に違いは全くありません。

もちろん安い部類には入るのですが、通常の費用以外にも、かかってくる費用が複数あるため、注意が必要です。

  • 強制加入のオプションが高い
  • 3WiMAX独自の細かい費用がかかる
  • 24ヶ月以内に解約した場合の費用が高い

順番に解説します。

強制加入のオプションが高い

『3WiMAX』で契約すると、下記オプションが強制加入です。

  • 端末安心サポート(月額300円):故障した時の保証
  • My SSサポート(月額800円):電話サポートと、セキュリティソフトが無料

MySSサポートは2ヶ月無料ですが、端末安心サポートは初月から費用がかかります。

解約するのを忘れる方も多く、気付けば月額1100円、2年間WiMAXを使うと22,000円も余分にお金を払っていることになります

電話窓口などで上記オプションをつけずに申し込むことも可能なようですが、加入せずに申し込んでしまうと、キャッシュバックを受け取る権利を知らぬ間に喪失してしまいます。

スクリーンショット 2016-09-01 17.03.15出典: 公式ページ キャッシュバック適用条件 https://3-wimax.jp/campaign/kangen.php

解約手続きの具体的なやり方は見当たりませんでしたが、とにかく面倒ですね。

3WiMAX独自の細かい費用がかかる

月額利用料金などは一見変わらないものの、他のプロバイダではかからないようなものまで、3WiMAX独自の細かい費用があります。

  • 初月利用料が日割り(他のプロバイダは無料)
  • プロバイダ利用料金が月額200円がかかる

高額ではないものの、2年間WiMAXを使えば数千円の差はでてしまいます。

24ヶ月以内に解約した場合の費用が高い

3WiMAXは、全プロバイダの中でも違約金が最も高い部類といえます。

プロバイダ名 通常の解約金 その他
1年目 2年目 25ヶ月目
 @nifty  24800  24800  0  特になし
 GMOとくとくBB  19000  14000  0  特になし
 DTI  19000  14000  0  特になし
 So-net  19000  14000  0  24ヶ月以内解約は、キャッシュバックの返金請求をするとの記載あり
 3WiMAX  19000  14000  0  24ヶ月以内解約は、キャッシュバックの返金請求をするとの記載あり

通常の解約金に加えて、キャッシュバック28,000円を返金せねばならない旨、記載があります。

引用: https://3-wimax.jp/campaign/kangen.php

キャッシュバックを受け取れない可能性がある

キャッシュバックを受け取れたとしても結局安くないのは上記で説明しましたが、もはやそのキャッシュバックすら受け取れない可能性があります。

3WiMAXはキャッシュバックを受け取る条件が非常に厳しく、公式ページに記載されている条件を全てクリアせねば一切受け取ることができません。

スクリーンショット 2016-09-01 19.18.49

出典: 3wimax公式ページ https://3-wimax.jp/campaign/kangen.php

注意すべきは、下記の6項目です。

  • オプションに入らないとキャンペーン対象にならない
  • 料金の滞納が1度でもあったら対象外
  • キャッシュバックエントリーメールの手続きを逃したら受け取れない
  • 振込み口座番号を間違えると受け取れず、救済措置なし
  • 24ヶ月以内に解約したら返金
  • 独自に実施しているキャンペーンなので、予告なく終了・変更がある

その中でも特に問題なのが、下記項目です。

■開通月から13ヶ月後の15日に当社より、3WiMAX会員メールアドレス宛に「キャッシュバックエントリーメール」をお送りします。専用Webサイトにて受取口座をご指定ください。ご案内メールならびに受取手続きの結果メールは、ご登録いただいた連絡先メールアドレス宛てには送付されませんのでご注意ください。(公式ページより)

『3WiMAX』のキャッシュバックを受け取れない陥りがちな2つの罠

1. 多くの人がメールに気づかない

『キャッシュバックお受取手続き』メールですが、届くのは登録したアドレスではなく、3WiMAXのサービスアドレスです。

あなたが日常的に使っているアドレスには通知されません

ここでうっかり見逃してしまいキャッシュバックを受け取れない人が多発しています。

2. メールを誤って削除してしまうと、再発行してもらえない

メールを誤って削除してしまうとその一つのミスで高額キャッシュバックがなくなります。

スクリーンショット 2016-09-01 17.25.44

見逃してしまった場合の解決策は無い

結論としては諦めろとのことです。

スクリーンショット 2016-09-01 17.26.28

口座番号のミスですら、許してもらえないとのことです。

わざと手順を複雑にしてキャッシュバックをしないようにしているという印象すら受けます。

サポート体制がいまいち

上記であまり安くない点について解説しましたが、かといってサポートがダントツに優れてるわけでは一切ありません。

電話対応時間も短いです。

スクリーンショット 2016-09-01 19.55.31

サポートに関する口コミは見当たりませんでしたが、コールセンターをしっかりもった、老舗プロバイダのほうが安心ですね。

2. 3WiMAX以外で選ぶべきプロバイダ

2017年5月の最新情報です。

プロバイダを選ぶには、下記2つのポイントから選ぶことが重要です。

  • キャッシュバックを含めた実質費用が安いか
  • キャッシュバックの適用条件

結論として、選ぶべきプロバイダは下記のいずれかがおすすめです。

  • 『GMOとくとくBB』(とにかく最安値で使いたい方)
  • 『@nifty』(確実に安心して安くしたい方)

順番に説明していきます。

キャッシュバックを含めた実質費用が安いか

選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金がとにかく重要です。

注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて基本契約期間の2年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかどうかです。

「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。

2017年5月現在の情報で、かかる全てのトータル費用を計算しました。

※トータル費用 = 登録料 + 初月料金 + その他費用 + 月額料金×24 + 端末代 – キャッシュバック – その他割引

順位 プロバイダ名 トータル費用(2年間利用した場合) キャッシュバック金額
通常プラン ギガ放題
1 GMOとくとくBB  57,167   68,581  32,000
2 DTI  60,500  74,800  29,000
3 3WiMAX  63,680  77,015  28,000
4 @nifty  60,471  74,751  20,100
5 so-net  60,471  82,349  20,000
6 BIGLOBE  71,680  86,750  20,000
7 J:COM加入者  85,296  101,711
8 DIS  91,705  108,528
9 au WiMAX  91,705  112,500
10 ヤマダ電機  91,705  106,069
11 ビックカメラ  91,705  106,069
12 ヨドバシカメラ  91,705  106,069
13 エディオン  91,705  106,069
14 ノジマ  91,705  106,069
15 ケーズデンキ  91,705  106,069
16 PC DEPOT  91,705  106,069
17 UQ WiMAX  91,705  106,069
18 インボイス  96,400  111,448

『GMOとくとくBB』が圧倒的に一人勝ちしている状況です。

※選ぶプロバイダで通信速度やサービス内容に違いは全くありません。

それでは、GMOで買うべきか?

基本的には『GMOとくとくBB』で買って問題ありませんが、一点だけ注意点があります

それは『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という適用条件で、何も知らずに購入してしまうと、家電量販店で買うよりもむしろ高くついてしまいます

※キャッシュバックを受け取るための手続きって?

手続きといっても簡単で、「契約11ヶ月目にGMOから送られる「口座情報登録メール」から1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけです。

簡単ですが、気付けなかったり手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。

『@nifty』であれば、わざわざメールからではなく、マイページにログインしていつでも自由に振込口座の登録ができるので、購入直後に行ってしまえば忘れようがなく、親切です。

忙しくてメールチェックを一切しない方や、心配性の方は『@nifty』にしておきましょう

また、『@nifty』は5ヶ月目でキャッシュバックが受け取れ、『GMOとくとくBB』は12ヶ月目ですので、受取期間も差がでます。

最終的にどちらを選ぶ人が多いかと言うと、簡単な手続きでキャッシュバックが10,000円以上違ってくるため、『GMOとくとくBB』を選ぶ人が多いです。

 ※申し込む際は、条件が変わることがあるため、公式ページから申し込みましょう。

『@nifty』: http://www.nifty.com/

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

特に『@nifty』は、公式ページ以外だと、キャッシュバック時期が9ヶ月であることがあるため、申し込む前に5ヶ月か確認してください。

なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか?

『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。

また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。

2社以外のプロバイダはどうなの?

結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。

なぜなら、他のプロバイダは『GMOとくとくBB』と同じく手続きが必要なのに、その割には速度などサービスは一切変わらないのに料金だけがGMOと比べると高いからです。

『GMOとくとくBB』で注意しながら最も安く使うか、『@nifty』で簡単な手続きで安心してそれなりの価格で使うか、2択となります。

2017年5月は買うタイミングとしてはどうなのか?

間違いなく買い時です。

今後近いうちに、各社ともに高額キャッシュバックのキャンペーンが終了する可能性があります。

昨年2015年にWiMAX運営元のUQコミュニケーションズが基地局を一気に拡大する投資を行ったため、意地でも会員数を増やさなければならず、高額なキャッシュバックを用意していました。

その結果、総会員数は1年で1000万から2000万に急激に増大しWiMAXの知名度も十分なものになったためキャッシュバックを出す必要がなくなってきたからです。

各社減額する中で『GMOとくとくBB』はキャッシュバック金額3万円台をキープしていますが、こちらも予算が消化され次第、徐々に減額していくものと予想されます。

突然5月にキャッシュバックキャンペーンが終わることはないとは思いますが、減額される可能性は十分にあるため、購入する予定のある方は5月中の購入をおすすめします。

3. 申し込みから使用開始、そして解約まで

それでも購入する、という方は下記のフローが購入しましょう。

3-1. 利用可能エリアを確認する

「WiMAX2+サービスエリア」で、WiMAX2+が利用可能エリアかどうかを確認しましょう。

自宅や職場など頻繁にネットを使うところについても調べます。

3-2. プランを決める

プランは「通常プラン3,670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4,350円(税抜)」で選びます。

  • 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります
  • ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます

どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ

7GBというのがポイントになります。

データ容量7BGの基準は、下記の通りです。速度制限がかかってしまうと、ストレスを感じるほど遅くなるので、迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。

スクリーンショット 2015-06-03 22.32.11

3-3. 機種を決める

ルーターは主に5機種から選ぶことができますが、結論としては2月17日から発売開始した最新機種「W04」が、以下3つの理由から間違いなくおすすめです。

  • 通信速度が最速(440Mbps)
  • 既存機種のすべての機能を搭載している
  • バッテリーの時間が長い

前機種「WX03」はダメなの?

W04がおすすめ(WX03はおすすめではない)

以下2つの理由から、おすすめではありません。

理由1. auのLTE(ハイスピードエリアモード)が使えない

「WX03」の致命的な欠点は、au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)に非対応だということです。

「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは

主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au  4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。

利用した月は1005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。

また、2017年1月15日の報道者向け発表会で、夏以降に無料化することを検討していると公式発表があり、将来性が非常に高い機能です。

理由2. 2017年5月現在、在庫切れで1ヶ月以上の待ち

2017年2月17日に最新機種「W04」を発売して以降、「WX03」の生産台数を大幅に減らしているのでしょうか。

どのプロバイダも発送に最大1ヶ月もかかるようです。

デザインが好きなど特別なこだわりがない限りは旧機種「WX03」を選ぶ理由は見当たりません。

クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか?

クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、高いので公式ページで購入する必要はありません。

クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「Wimax クレードル」と検索すれば3000円前後で手に入ります。

3-4. 申し込む

特定の紹介サイト経由だとキャッシュバック条件が変わるため、購入は必ず公式ページ経由で行いましょう。

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

『@nifty』: http://www.nifty.com/

※特に『@nifty』は、公式ページ以外だとキャッシュバック時期が9ヶ月(本来は5ヶ月)なので注意しましょう。

3-5. 商品が届く&使う

特に設定は不要で、下記フローで行えば3分後には使えます。

(1)申込後3~5日で商品が届きます

スクリーンショット 2015-08-08 20.02.23

(2)同梱のSIMカードを本体にさしこみ、電源をいれる。(これでWiMAX端末の設定は終了!)

スクリーンショット 2015-08-08 20.03.03

(3)Windowsの場合、通信アイコンをクリック

スクリーンショット 2015-08-07 12.47.08

(4)同封されていたシールのセキュリティキーを入力(これでPC側の設定も完了!)

スクリーンショット 2015-08-07 13.00.29

(5)3分で完了!どこでもインターネットを楽しめます。

とても簡単です。タブレット端末などでも基本的には操作は同じです。

3-6. 解約する

ここでは『@nifty』のケースで説明します。

(1)解約手順

会員ページから解約するだけといたってシンプルです。端末やSIMカードの返送は必要ありません。

1. 『解除手続き』からログインします。

2.「解除する」申請を押すだけ。

月末23時:00までに解約すれば、当月内解約となります。

(2)解約金について

解約金については、25ヶ月目、49ヶ月目以外は下記の通りかかりますのでご注意下さい。

  • 1ヶ月目~12ヶ月目までの解約金:19,000円
  • 13ヶ月目~24ヶ月目までの解約金:14,000円
  • 25ヶ月目に解約金:0円
  • 26ヶ月目以降に解約金:9,500円

会員の方は、利用明細ページから今何ヶ月目なのかがわかります。

※他サイトからだと解約金が高くなる場合があるため、公式サイトから購入するのがおすすめです。

4.まとめ

『3WiMAX』は28,000円という高額キャッシュバックですが、結局あまり安くないのと、キャッシュバックを受け取る手順が複雑でおすすめできません。

2017年5月現在、WiMAXを購入する際は、下記組み合わせで登録することをおすすめします。

上記組み合わせで安心・お得に、WiMAXで快適な通信生活を楽しみましょう!

※申し込む際は、条件が変わることがあるため、公式ページから申し込みましょう。

『@nifty』: http://www.nifty.com/

『GMOとくとくBB』:  https://gmo.jp/

特に『@nifty』は、公式ページ以外だと、キャッシュバック時期が9ヶ月であることがあるため、申し込む前に5ヶ月か確認してください。

(※当サイトへの情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、情報を利用・使用するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等について一切責任を負いません。サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket